新型コロナウイルス対策をした上で参拝しましょう。各神社も御朱印対応が変更の可能性有。

神奈川県 御朱印一覧

御朱印一覧

神奈川県 御朱印一覧

ブログ内に掲載している神奈川県の御朱印画像一覧です。

通常御朱印から限定御朱印まで数多く掲載中。
神奈川の人気の神社からあまり知られていない神社までまとめています。
神社巡りの参考になりましたら幸いです。

神奈川県の御朱印を随時更新していきます。
※2020年9月7日御朱印追加
実際に筆者が自分で御朱印を拝受した神社のみ掲載。

御朱印は書き手や時期などで色々と変わる場合があります。掲載している御朱印と違う場合も多々ございます。自分だけの一期一会な縁ですので、その点はご理解下さい。
御朱印とは・もらい方
御朱印とは?御朱印についての疑問を初心者向けに分かりやすく紹介しています。御朱印のもらい方、集め方、御朱印帳の購入方法、参拝方法などを説明。初心者の方やこれから始めようと思っている方は是非ご一読下さい。マナーを守って参拝し、集印を楽しみましょう。

神奈川県横浜市

伊勢山皇大神宮

伊勢山皇大神宮 / 神奈川県横浜市
横浜総鎮守。関東のお伊勢さま。令和二年は創建150年・限定御朱印。伊勢神宮内宮より譲り受けた本殿。開港により急速な発展を遂げた横浜の精神的支柱として創建。はまっこの起源の1つである当宮の遷座祭。横浜港守り神の照四海・明治の注連柱。御朱印帳。

子神社(日ノ出町)

子神社(日ノ出町) / 神奈川県横浜市
黄金町一帯の鎮守・横浜の大国主さま。子神社(ねのじんじゃ)の由来は神使のねずみ。縁結び御朱印・令和二年子年御朱印。推古天皇御代に創建。人不入斗宮と称される・疫病神の伝承。日ノ出町の一画に鎮座。猿田彦命の石像。御朱印は「伊勢山皇大神宮」にて。

新羽杉山神社

新羽杉山神社 / 神奈川県横浜市
新羽総鎮守。新羽郷(新羽村)の歴史。日本武尊の伝説。鶴見川流域に散財する謎多き杉山神社。神仏分離と合祀政策。兼務社の北新羽杉山神社・狛鼠のいる神社。御朱印。

西八朔杉山神社

西八朔杉山神社 / 神奈川県横浜市
武蔵国六之宮。武蔵国総社「大國魂神社」との関係。式内社「杉山神社」の有力論社。鶴見川流域に散在する杉山神社の謎。菊紋の社殿。現在は「武州柿生琴平神社」の兼務社。御朱印。

大綱金刀比羅神社

大綱金刀比羅神社 / 神奈川県横浜市
旧神奈川台町鎮守。横浜のこんぴらさん。飯綱権現と金刀比羅権現の合祀。天狗の像・岩屋にある弁天社。源頼朝による創建の伝承・勝軍飯綱大権現。江戸時代初期に社殿造営。浮世絵で見る神奈川宿。戦前に描かれた当社と記録に残る古写真。御朱印。

中村八幡宮

中村八幡宮 / 神奈川県横浜市
旧中村鎮守の八幡さま。平安時代に八幡大明神として祀られていた伝承。鎌倉幕府より幣帛が捧げられる。戦前の荘厳な社殿。明治の鳥居。文化財の水準点や高低几号標。江戸中期の地蔵庚申塔。明治に寄進された獅子山。平成の社殿。横濱開港神社巡り。御朱印。

橘樹神社

橘樹神社 / 神奈川県横浜市
保土ヶ谷のお天王様。牛頭天王を祀る祇園信仰。浮世絵で見る江戸時代の程ヶ谷宿(保土ヶ谷宿)。後ろ向きの天王様伝説。橘樹神社への改称・戦前の古写真。苔むした江戸時代の狛犬。横浜市内最古の庚申塔・神田不動尊。天王町の旧東海道沿いに鎮座。御朱印。

潮田神社

潮田神社 / 神奈川県横浜市
潮田地区の総鎮守。潮田村西部鎮守の御嶽社。潮田村西部鎮守の杉山社。大正時代に二社が合併・潮田神社(うしおだじんじゃ)が創建。関東大震災・戦災からの再建。塩田公園の隣に鎮座・立派な大鳥居。大田蜀山人が記した海翁石。開運地蔵尊庚申様。御朱印。

神奈川熊野神社

神奈川熊野神社 / 神奈川県横浜市
神奈川郷総鎮守の熊野三社大権現。東神奈川に鎮座。苦難を乗り越えた大狛犬。平安時代に権現山に創建。権現山合戦での焼失。権現山から金蔵院のある現在地へ遷座。神奈川宿の発展・金川砂子に描かれた当社。郷社に列する。GHQに接収された戦後。御朱印。

日吉神社

日吉神社 / 神奈川県横浜市
日吉のお伊勢さま。旧矢上村(日吉)鎮守。神明社として創建。明治に7ヶ村が合併し日吉村が成立。日吉の地名由来は金蔵寺の日吉権現。新町名から日吉神社に改称。境内社に学問の神・矢上天神社(日吉の天神さま)。戦前の狛犬・江戸後期の水盤。御朱印。

駒林神社

駒林神社 / 神奈川県横浜市
旧駒林村鎮守の天神様。江戸時代は中駒林村の鎮守を担う。別当寺は金蔵寺。日吉の地名由来は金蔵寺の日吉権現。明治になり駒林村の多くの神社が合祀・駒林神社へ改称。急坂の途中に鎮座・江戸城外濠の廃石を使った石垣。江戸後期の狛犬。御朱印。

石川町諏訪神社

石川町諏訪神社 / 神奈川県横浜市
石川町鎮守・はまのお諏訪さん。火防の神とされる御神徳。石川村の諏訪山に創建・諏訪信仰の神社。灯明が絶えず漁船の目標となった伝承。江戸時代の石川町と当社。明治以降の石川町と当社の歩み。戦後に再建された社殿。横濱開港神社巡り。御朱印。御朱印帳。

矢向日枝神社

矢向日枝神社 / 神奈川県横浜市
旧矢向村鎮守の山王さま。御朱印には神使である猿のスタンプ。近隣七ヶ村の鎮守として創建。矢向(やこう)の歴史・地名由来。明治以降の歩み・戦前の古写真・戦後の大改修。大改修が行われた新社殿。江戸時代の狛犬が現存・御神木の大銀杏。やるき稲荷。

笠䅣稲荷神社

笠䅣稲荷神社 / 神奈川県横浜市
様々な伝承が残る「笠のぎ稲荷」。平安時代に勧福寿寺の僧侶によって伏見稲荷から勧請。笠脱稲荷の伝承。瘡病(性病)に霊験・土団子を供える特殊信仰。浦島寺と呼ばれ浦島太郎伝説があった勧福寿寺。鎌倉時代末期の板碑。社前に京急本線が通る立地。御朱印。

篠原八幡神社(篠原八幡大神)

篠原八幡神社(篠原八幡大神) / 神奈川県横浜市
旧篠原村(新横浜など)鎮守の八幡さま。日本神社百選の境内・冬至の日に鳥居から見る日の出。『逃げ恥』最終回のロケ地。天保年間の社殿が現存・社殿裏の御神木。鈴木村(後の篠原村)の鎮守・鶴崎八幡と称する。江戸時代に当地へ遷座。八幡山の頂。御朱印。

浅間神社(西区浅間町)

浅間神社(西区浅間町) / 神奈川県横浜市
袖すり山に鎮座する浅間さま。全国に四社しかない浅間造本殿。源頼朝によって社殿が造営。横穴古墳が密集する袖すり山。富士講の聖地・富士山に繋がるとされた「富士の人穴」。歌川広重の東海道五十三次にも描かれた当社。芝生村から浅間町への改称。御朱印。

お三の宮日枝神社

お三の宮日枝神社 / 神奈川県横浜市
横浜開拓の守護神(関外総鎮守)。横浜の基礎を作った吉田新田の鎮守として創建。お三と呼ばれた女性の人柱伝説。お三の宮の由来。神猿が押された御朱印・千貫神輿の御朱印帳。横浜随一の千貫神輿・市内屈指の例大祭。山王鳥居。珍しい砲弾狛犬。堰神社。

吾妻神社

吾妻神社 / 神奈川県横浜市
本牧原一円の鎮守・お吾妻さま。小児の守り神・粟餅を供える風習。新田義貞の家臣・篠塚重広による勧請説。木更津の「吾妻権現」の御神体が流れ着いた伝承。珍しい砲弾狛犬(獅子山)。漁業関係者の名が多い玉垣。御朱印は本務社「お三の宮日枝神社」にて。

師岡熊野神社

師岡熊野神社 / 神奈川県横浜市
横浜北部総鎮守の熊野神社。奈良時代創建の古社。関東随一大霊験所の称号。5代に渡る天皇の勅願所。徳川将軍家から朱印地を賜る。「い・の・ち」の池の伝説。サッカー神社・サッカー御守。令和神苑。八咫烏。明治の拝殿・江戸時代の本殿。筒粥神事。御朱印。

菊名神社

菊名神社 / 神奈川県横浜市
菊名総鎮守。水盤を支える当社のシンボル「がまんさま」。カラフルな月替り御朱印や限定御朱印。江戸時代の菊名村。菊名に鎮座していた五社が合祀。菊名の地名由来。平成の大改修で整備された社殿・美しい天井画。撫でがまんさま像。がまんさま御朱印帳。

元町嚴島神社(元町厳島神社)

元町嚴島神社(元町厳島神社) / 神奈川県横浜市
横浜元町鎮守の弁天様。源頼朝が創建したと伝わる関内厳島神社が起源。御朱印は平日のみの対応(土日祝は対応なし)。横濱村の鎮守であった清水弁天(横濱弁天社)。清水弁天と対となる杉山弁天と呼ばれた当社。横浜村の元住民による町・横浜元町の歴史。

金刀比羅大鷲神社

金刀比羅大鷲神社 / 神奈川県横浜市
酉の市で知られる横濱のお酉様。横浜橋通商店街の一画に鎮座。桂歌丸ゆかりの地。カラフルな月替り御朱印・歌丸桜の御朱印。横浜開港にあたり創建された金毘羅大権現。港崎遊郭の鎮守・浮世絵に描かれた遊郭と当社・遊郭と共に歩んだ歴史。吉原に倣う酉の市。

北方皇太神宮

北方皇太神宮 / 神奈川県横浜市
山手地域(旧北方村)鎮守の皇太神宮。平安時代後期に創建・伊勢山と称された高台。幕末に旧北方村が外国人居留地(現・山手地域)となる。山手と山下の地名由来。明治に現在地へ遷座。平成になって新造営された神明造の社殿。境内社の福徳稲荷神社。御朱印。

神明社(保土ケ谷区神戸町)

神明社(保土ケ谷区神戸町) / 神奈川県横浜市
旧神戸町や程ヶ谷町の鎮守。伊勢神宮の荘園である榛谷御厨の総鎮守。浮世絵で見る程ヶ谷宿(保土ヶ谷宿)。江戸名所図会に描かれた当社。本社である天照太神宮・摂社の豊受大神宮。清流人形流し。広大な社地は風致保安林・リスなど動物の生息も。御朱印。

星川杉山神社

星川杉山神社 / 神奈川県横浜市
星川鎮守の杉山神社。伝統的な手造りに拘った人気の御朱印帳。正月や祭事の限定御朱印。一部区域のみに見られる杉山神社の謎。式内社としての杉山神社。江戸名所図会に描かれた当社。星川の地名由来。重箱山と称される。星川の坂の上・高台に鎮座。標の杉。

本牧神社

本牧神社 / 神奈川県横浜市
本牧十二天社と呼ばれた本牧総鎮守。ハマの奇祭「お馬流し」・お馬流し展示館。江戸湾に突き出した崖の麓に鎮座。十二天を祀り本牧十二天社と称された神仏習合時代。厄除けの神。戦後は米軍により社地を接収・平成になり現在地へ遷座。御朱印。御朱印帳。

鶴見神社

鶴見神社 / 神奈川県横浜市
鶴見鎮守。横浜・川崎間最古の神社。杉山大明神を祀る神社。鶴見川流域に見られる杉山神社の謎。鎌倉将軍の参詣。天王宮を相殿とした江戸時代。三島由紀夫を祀る清明宮。父子神の二社相殿。境内奥にある富士塚。鶴見の田祭り。鶴見七福神・寿老人。御朱印

戸部杉山神社

戸部杉山神社 / 神奈川県横浜市
旧戸部村鎮守。狛ねずみが置かれたハマのだいこく様。回転する狛ねずみ。令和二年は狛ねずみの限定御朱印を授与。出雲一族によって開拓され創建された古社。一部区域のみに見られる杉山神社の謎。式内社としての杉山神社と論社。将軍家より朱印地を賜る。

神奈川県川崎市

丸子山王日枝神社

丸子山王日枝神社 / 神奈川県川崎市
丸子庄(中原区丸子地区)の総鎮守。江戸時代の本殿が現存・重要歴史記念物。朱色の山王鳥居。山王信仰の神使・神猿像。平安時代に山王権現の分霊を勧請して創建。平重盛による社殿造営。徳川将軍家より朱印地を賜る。丸子の由来。山王祭・酉の市。御朱印。

高津諏訪神社

高津諏訪神社 / 神奈川県川崎市
諏訪河原村鎮守。諏訪の地名由来・諏訪大社との関係。龍の版画御朱印。こぢんまりとした境内。御朱印。

若宮八幡宮

若宮八幡宮 / 神奈川県川崎市
大師河原総鎮守・若宮八幡宮。「かなまら様」と称される金山神社。イラスト付き御朱印。性の神・男根奉納物や国際的に知名度の高い奇祭・かなまら祭(ウタマロフェスティバル)。若宮八幡の意味・御祭神の仁徳天皇。旧別当寺は川崎大師。長十郎梨。御朱印帳。

武州柿生琴平神社

武州柿生琴平神社 / 神奈川県川崎市
柿生のこんぴらさん。神明社として創建、後に琴平社を合祀。徳川将軍家と繋がりの深い王禅寺村。急勾配の石段の上に鎮座する本殿・がまんさん。立派な大鳥居・バリアフリー化された儀式殿。御朱印。御朱印帳。

女躰大神(女躰神社)

女躰大神(女躰神社) / 神奈川県川崎市
南河原守護の大女様(おおめさま)。女性守護・子宝祈願の御神徳。ラゾーナ川崎の向かいに鎮座。東日本大震災復興祈願のアンパンマン大絵馬。幼稚園が併設する境内。六郷の民が移住し開墾した南河原村。村のために多摩川に身を投じた女性の伝承。御朱印。

上平間八幡大神

上平間八幡大神 / 神奈川県川崎市
上平間鎮守の八幡さま。多摩川の洪水の際に流失した府中の八幡さまを祀る。大正三年「アミガサ事件」集結の地。ガス橋通り沿いに鎮座・明治の狛犬。向拝の彫刻が素晴らしい社殿。稲荷神社・力石・旧扁額。アミガサ事件百年の碑・境内のイチョウ。御朱印。

大師稲荷神社

大師稲荷神社 / 神奈川県川崎市
大師地区新田の総鎮守。旧別当寺・川崎大師「平間寺」と同様の創建伝承が残る。江戸時代に入り周辺が新田開発。穀物の神である稲荷神と大歳神。江戸中期の古い水盤。戦火を免れた社殿。約140年ぶりに祀られた十一面観音像。御朱印には十一面観音の姿。

溝口神社

溝口神社 / 神奈川県川崎市
川崎の祈願所。古くは赤城大明神として創建。矢倉沢往還(大山道)・溝口宿総鎮守。明治の神仏分離で「伊勢神宮」より勧請して御祭神を変更。童子が支える江戸時代の水盤。戦前の社殿・扁額は東郷平八郎の揮毫。御朱印。御朱印帳。兼務社5社の御朱印も対応。

京濱伏見稲荷神社(京浜伏見稲荷神社)

京濱伏見稲荷神社(京浜伏見稲荷神社) / 神奈川県川崎市
戦後創建の伏見稲荷神社。戦後の復興を祈願して伏見稲荷大社より勧請。金の稲穂と銀の宝珠が押された御朱印。煩悩の数だけ安置された108体もの神狐像。九棟稲荷造りの重層社殿。琵琶湖を模した招福池。富士山や白山を模したカラフル境内社。御朱印帳。

稲毛神社

稲毛神社 / 神奈川県川崎市
川崎宿鎮守の山王様。武甕槌神を祀る古社。平安末期に山王権現を勧請。佐々木高綱による社殿造営。神仏分離で稲毛神社に改称。十二支めぐりと樹齢1,000年の御神木。天地睨みの狛犬。川崎山王祭。大鷲神社(酉の市)。健勝堅固や和勝の御朱印。御朱印帳。

日枝大神社

日枝大神社 / 神奈川県川崎市
川崎市川崎区の山王さま。サンリオキャラクター御守発祥の神社。当社限定のサンリオキャラクターズ御朱印帳。神猿と金色社紋の御朱印。平安時代に日吉大社より勧請。徳川将軍家より朱印地を賜る・小田村周辺の総鎮守。江戸時代の水盤。鳩山家ゆかりの神社。

住吉神社

住吉神社 / 神奈川県川崎市
旧木月村(元住吉駅周辺)の鎮守。元住吉駅前に鎮座。木月村の鎮守の矢倉明神社・御祭神不詳の神社。明治に6ヶ村が合併し住吉村が成立・住吉は瑞祥地名。村内の10社が合祀され住吉神社へ改称・住吉の社号は村名から。狛犬・数多くの庚申塔・力石。御朱印。

神奈川県横須賀市

走水神社

走水神社 / 神奈川県横須賀市
日本武尊と弟橘媛を祀る古社。走水の鎮守。正史に残る日本武尊と弟橘媛の身投げ伝説。三浦半島の東端近くに鎮座。石段の上の社殿・パワースポット。海も一望できる裏山への参道。東郷平八郎や乃木希典による記念碑。河童を祀る水神社。御朱印。御朱印帳。

鴨居八幡神社

鴨居八幡神社 / 神奈川県横須賀市
鴨居鎮守の八幡さま。鴨居港に面した大鳥居。江戸時代の鳥居と狛犬が現存。飛地境内に駆逐艦村雨の碑。ツール・ド・御朱印にも参加・専用御朱印帳。領主の三浦氏が鶴岡八幡宮を勧請。かつての鴨居鎮守の須賀神社(天王社)・合祀され当社が鴨居鎮守に。

東叶神社

東叶神社 / 神奈川県横須賀市
東浦賀鎮守・願いが叶う叶神社。源氏再興を願い創建された八幡さま。源頼朝が願いを叶えた「叶大明神」と尊称。勝海舟の断食修行。本殿は明神山の山頂。縁結び・パワースポット。身代り弁天。西で勾玉を授かり東の御守袋に。浦賀の渡船。御朱印。御朱印帳。

西叶神社

西叶神社 / 神奈川県横須賀市
西浦賀鎮守・願いが叶う叶神社。文覚が源氏再興を願い八幡大神を勧請。源頼朝によって叶大明神に改称。黒船来航より古い社殿が現存・名工と謳われた後藤義光の彫刻。西叶神社で勾玉を授かり東叶神社の御守袋に入れる勾玉御守。浦賀の渡船。御朱印。御朱印帳。

神奈川県鎌倉市

鶴岡八幡宮

鶴岡八幡宮 / 神奈川県鎌倉市
相模国一之宮格。鎌倉武士の守護神。源頼朝により現在地に遷座・上下両宮に整備。静御前が舞った若宮廻廊(現・舞殿)。源実朝の落命の地。江戸幕府による庇護。源平池・再建された旗上弁財天社。倒伏した大銀杏。表参道の段葛・若宮大路。御朱印。御朱印帳。

神奈川県大和市

深見神社

深見神社 / 神奈川県大和市
延喜式内相模十三社。深見の鹿島さま。御祭神変遷の謎(闇龗神・武甕槌神・建御名方神)。鹿島信仰。御朱印。

神奈川県海老名市

有鹿神社

有鹿神社 / 神奈川県海老名市
海老名総鎮守。神奈川県最古と伝わる神社・延喜式内社。神奈川県のへそに鎮座「本宮」・有鹿の池「中宮」・創建の聖地「奥宮」。有鹿の信仰・水引祭・縄文時代の勝坂遺跡。鳩川流域を祭祀圏とした広大な神域・古一之宮。最高位を賜る繁栄の絶頂期・海老名氏の崇敬。御朱印。

神奈川県座間市

鈴鹿明神社

鈴鹿明神社 / 神奈川県座間市
座間郷総鎮守。創建と鈴鹿の由来。鈴鹿神と有鹿神の争いの伝承。座間の地名由来・中世の荒廃・江戸時代の再興。綺麗に整備された美しい境内・社殿。再建された鐘楼・境内社。御朱印。御朱印帳。

座間神社

座間神社 / 神奈川県座間市
相模の飯綱さま。飯綱権現社として創建。御祭神と社号の変更・「鈴鹿明神社」からの独立。ペットのための伊奴寝子神社・創建由来の御神水。急な石段の上に鎮座・一之鳥居から三之鳥居までの参道。御朱印。御朱印帳。

神奈川県藤沢市

江島神社

江島神社 / 神奈川県藤沢市
日本三大弁財天。辺津宮・中津宮・奥津宮の三宮。江島縁起・江の島の歴史・浮世絵。龍宮・龍恋の鐘。アニメ聖地。鎌倉江の島七福神・弁財天。御朱印。御朱印帳。

神奈川県平塚市

前鳥神社

前鳥神社 / 神奈川県平塚市
相模国四之宮。延喜式内社。学問・修学・就職の神様。古い地名「さきとり」の氏神とされた古社。大変珍しい菟道稚郎子命(うぢのわきいらつこのみこと)を祀る神社。四本の松葉を身につけると幸せになる・幸せの松。神戸神社・奨学神社。御朱印。御朱印帳。

平塚八幡宮

平塚八幡宮 / 神奈川県平塚市
相模国一国一社の八幡宮。鎮地大神。国土安穏祈願の神社として創建。鶴峯山八幡宮と称される。アヒルがいる境内。境内を巡ってセルフ御朱印・開運七社詣。立体的な御朱印帳。平塚弁財天・鶴峯山稲荷。湘南ひらつか七福神。国府祭に参加する相模国六社の一社。

神奈川県高座郡

寒川神社

寒川神社 / 神奈川県高座郡
相模国一之宮。八方除の守護神。相模国唯一の名神大社。寒川大明神の謎・寒川の語源。八方除・日本で最も昇殿祈祷者が多い神社。レイライン・パワースポット。カラフル御朱印・限定御朱印・御朱印帳。武田信玄奉納の兜。迎春ねぶた。神嶽山神苑・方徳資料館。

神奈川県中郡

川勾神社

川勾神社 / 神奈川県中郡
相模国二之宮。延喜式内社・延喜式内相模十三社の一社。茅葺屋根の随神門と平安時代後期の随神像。磯長国の一之宮。相模国一之宮の席次争いを伝える国府祭。二宮大明神と称される。鎌倉将軍家・徳川将軍家からの崇敬。小田原城の鬼門守護。御朱印。御朱印帳。

相模国総社六所神社

相模国総社六所神社 / 神奈川県中郡
相模国総社。良縁や女性厄禍除の湯津爪櫛御守。出雲の女神・櫛稲田姫命の伝承。一之宮から五之宮までの御祭神を祀る。平安時代より続く相模国府祭。江戸時代の史料に描かれた当社。後北条氏寄進の石垣や本殿。拝殿の注連縄や美しい神池。御朱印。御朱印帳。

都道府県別 御朱印一覧

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
御朱印一覧
投票する
御朱印 ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
神社メモをフォローする
御朱印・神社メモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました