御朱印とは・もらい方

御朱印
御朱印とは?御朱印についての疑問を初心者向けに分かりやすく紹介しています。

御朱印のもらい方、御朱印帳の購入方法、参拝方法などを説明。
初心者の方やこれから始めようと思っている方は是非ご一読下さい。

マナーを守って参拝し、御朱印の集印を楽しみましょう。

御朱印とは

「御朱印(ごしゅいん)」とは、神社や寺院において、参拝者に向けて押印される印章・印影の事です。
押印の他に、参拝した日付、寺社名・御祭神・御本尊の名前などを墨書きして下さるところが一般的です。

また、御朱印をもらう(拝受といいます)ために使用する帳面を、「御朱印帳(ごしゅいんちょう)」と呼びます。

御朱印の起源は、寺社へ写経を納めた(納経)際の受付印であったとされています。

中でも13世紀前半には行われていた、日本全国66国を巡礼し1国1箇所の霊場に法華経を1部ずつ納める「六十六部(ろくじゅうろくぶ)」と呼ばれる巡礼が起源と考えられています。
一部では、この事から、寺院で始まり明治以降に神社も開始したといった説明が書かれている事がありますが、江戸時代以前は神仏習合の時代ですので、今のように神社や寺院の境界線が明確には引かれていなかった時代です。
実際に、神社にも寺院にも、別け隔てがなく納経する例が多く見られました。
神社に納経する事もありましたので、寺社どちらが起源という区別はないと考えたほうがよいでしょう。

そうした納経の証として拝受していたものですが、江戸時代後期には既に写経を納めるという行為は形骸化していたと言われています。
こうして参拝した証として御朱印の風習が残るようになりました。
また、寺社の印を「御朱印」と呼ぶようになったのは、昭和初期からだと思われます。

現在では、様々な意見があるでしょうが、個人的には御朱印は「参拝証」であると認識しています。

自ら参拝した証として御朱印を拝受する。
あくまで参拝するという宗教行為が前提にあり、その証として拝受する事が、寺社にも喜ばれる参拝方法だと思っています。
その行為に自分なりの意義を感じ、楽しむ方が増える事を願っています。

御朱印のもらい方

御朱印帳を用意しましょう

御朱印をもらうには御朱印帳が必要です。

中には普通のノートなどに御朱印をもらおうとする方がいますが、それは失礼な行為と認識される事も多く、断られる事も多いでしょう。

基本的に、御朱印は御朱印帳にもらう、そう考えて下さい。

現在、御朱印帳は様々なところで手に入れる事ができます。
一部の文具店やAmazonなどの通販で手に入れる事もできますし、寺社がオリジナルの御朱印帳を用意しており、そちらで授与して頂く事も可能です。
デザイン面やサイズ、紙質など、気に入ったものを探すのも楽しみの1つです。

個人的には寺社が用意しているオリジナルの御朱印帳を手に入れるのがオススメです。
昨今の御朱印ブームにより、多くの寺社がオリジナルで個性的な御朱印帳を用意するようになりました。(もちろん用意していない寺社も多いです)
御朱印をもらいたい寺社で、御朱印帳も合わせて頂くのがよいでしょう。
それが思い出にもなりますし、よい縁になることと思います。

御朱印帳

用意している寺社では、社務所や授与所で購入する事ができます。
御朱印帳を用意している寺社については、ネットなどに情報が色々載っていますので、調べて探してみる事をオススメします。

当ブログでも御朱印帳を用意している神社について記載しています。筆者が頂いた御朱印帳は「御朱印帳一覧」にて、参拝した中で御朱印帳を用意していた神社は「タグ:御朱印帳」にて、ご覧下さい。
神社オリジナル御朱印帳の画像一覧です。御朱印帳を拝領した神社を御朱印帳の画像付きで掲載中。画像を選択すると各社の記事に飛びます。随時更新中。

一般的に、御朱印帳には2つの種類が用意されています。
蛇腹(じゃばら)と呼ばれるものと、和綴じ(わとじ)と呼ばれるタイプのものです。

蛇腹はアコーディオンのように折りたたみ式のもの。
和綴じは普通の本のようなもの。

現在は蛇腹のものが人気で主流となっており、寺社で用意されている御朱印帳のほとんどは蛇腹になっています。
個人的にも蛇腹のものは開いて眺める事ができますし、墨書きをする方も書きやすいため、蛇腹のものをオススメします。

蛇腹のものは表面と裏面、どちらにも御朱印を頂く事ができます。
ただし墨書きが裏写りする事もあるため、片面のみ頂く方、両面頂く方がいらっしゃると思います。
どちらがよいという事はありませんので、好きにするのがよいと思います。
筆者は基本的に片面のみ使用するようにしています。

また、神社と寺院で分けて用意したほうがいいのか、一緒にもらってもいいのか、そういった事で悩まれる方も多いようです。

もともとは神仏習合でしたので、神社と寺院を1冊に混ぜて頂く事は問題ありませんし、ほとんどの寺社では問題なくお受けできるです。

ただ、稀に神社や寺院、さらには宗派の違いなどで、1冊に混ざっていると断る寺社も存在しています。

そのため、トラブルを防ぐために、神社と寺院は分けて使う方も多いようです。
もちろん一緒にしても大方は問題はありませんので、深く気にしなくて大丈夫ですが、そうしたトラブル防止のために分けておくのもよいでしょう。

寺社を巡り分ける方は、神社用、寺院用、日蓮宗用(御首題帳)と分ける方が多いです。
ちなみに御朱印帳は御朱印をもらうための帳面です。失礼にあたりますので、御朱印と共に観光スタンプを押したりはしないようにして下さい。あくまで御朱印専用の帳面だと認識しておくようにしましょう。

御朱印帳の保管方法については以下をご覧下さい。

寺社巡りをしていると御朱印帳が増えてしまいがち。御朱印帳の保管方法に悩まれる方がも多いようです。個人的にオススメな保管方法や総桐箱の御朱印帳ケースをご紹介しています。御朱印帳の保管に悩んでいる方は、是非ご一読下さい。

参拝をしましょう

御朱印帳を用意する、もしくは御朱印帳を頂く寺社が決まりましたら、まずは参拝をしましょう。

上述したように、個人的には御朱印は「参拝証」だと認識しています。
そのため、参拝をする事は必須であり、参拝した証に頂くのが御朱印です。

d6883ab1

昨今の御朱印ブームで問題になっているのが、いわゆるスタンプラリーのように参拝は二の次で、もしくは参拝もしないで、御朱印を集める行為に没頭する方がいる事です。これでは御朱印の意味をなしておらず、本末転倒です。御朱印をもらう際は必ず参拝をしっかりする、それが最低限のマナーだと思って下さい。
以後、神社を紹介するブログの特質上、神社での参拝を前提に書かせていただきます。寺院の参拝方法などは神社とは違ってきますのでご理解下さい。画像の神社はいずれも「富士山本宮浅間大社」です。

神社の参拝方法

神社の参拝方法を簡単に書いておきます。

  1. 最初の鳥居を潜る前に一礼。
  2. 参道はなるべく真ん中を歩かない。
  3. 手水舎(ちょうずや・てみずや)で身を清める。
    ・右手で柄杓(ひしゃく)を持ち水を汲み、左手にかけて洗います。
    ・柄杓を左手に持ち替えて、同様に右手を洗います。
    ・再度、左手に柄杓を持ち替えて、左手を水受けにして口をすすぎます。(柄杓に口をつけない事)
    ・左手を洗い、柄杓を立てるようにして、残った水で自分が触れた柄の部分に水をかけて清め、柄杓を元の場所に戻します。
  4. 拝殿前では賽銭を入れ、鈴がある場合は鈴を鳴らし、二礼二拍手一礼で参拝をします。
    ・丁寧な参拝方法では、一揖二礼二拍手一礼一揖となっています。(揖とは軽いおじぎ)
    ・これは一般的な参拝方法で、出雲大社系などは四拍手になったりします。

8ee05243

基本的にはこういった参拝の形となります。

神社には、境内社(けいだいしゃ)といって境内(けいだい)に別の神社をお祀りしている事も多いです。
そうした境内社にも参拝しておく事をオススメします。
また色々な見処がありますので、そういったところを見て回り、色々感じるのも神社巡りを深く楽しむための秘訣だと思います。

最低限、これらの事はマナーとして守り、参拝した上で神社巡りを楽しみましょう。

御朱印をもらいましょう

御朱印は、基本的に社務所や授与所と呼ばれる場所でもらう事ができます。
神職さんや巫女さんに「御朱印をお願いします」「御朱印を頂きたいのですが」といった旨の声をかけてみて下さい。

3eb45292

大きな神社では専用の御朱印授与所が用意されている場合や、取り間違いのないように番号札を渡される場合もありますので、指示に従いましょう。
逆に小さな神社の場合、インターホンを押して呼び出す事になる場合が多いです。
いずれにせよ、失礼のないようマナーを守ってお願いしましょう。

また、神社によっては書き手がいないと御朱印をもらう事ができない場合もあります。
その場合は書き置き(御朱印帳に直接書いてもらうのではなく、既に書いて置いてあり別紙で頂くこと)と呼ばれるものがある場合は、書き置きを頂くのもよいかと思います。

書き置きの御朱印は、そのまま御朱印帳に糊などで貼ってしまって大丈夫です。

タイミング的に御朱印を頂けない場合もあったりします。
その時は、御朱印をもらう縁はなかったものと思い、またの参拝の楽しみに取っておきましょう。

小さな神社の場合は、昼食時(12時-13時)はお留守にされている場合も多いので、その時間帯は避けたほうが賢明です。また社務所は基本的に、「9時-16時or17時」まで開いている神社が大半です。それ以外の時間帯は、時間外ですので御朱印は頂けません。

神職さんにも生活がございますので、配慮した上でご注意下さい。
たまに夜や深夜に御朱印目的でインターホンを鳴らす人もいるそうで、そういった事はくれぐれもおやめ下さい。

御朱印のお代

御朱印のお代は、基本的に300円の場所が大半です。
神社では、御朱印や授与品のお代のことを初穂料(はつほりょう)と呼びます。

4c28bdfe

金額を掲示してある場合や、提示された場合はそれに従うのがよいですが、こちらからいくら納めればよいか分かりかねる場合は「いかほどお納めすればよろしいでしょうか?」と聞くのがよいと思います。
最近は500円の神社も増えてきましたので、その辺は指示に従うようにしましょう。

場合によっては志納といって「お気持ちで」と言われる場合もあります。
志納の場合は1ページあたり300円納めればよいでしょう。

さらに「いりません」と言われる場合もありますので、その場合はお気持ちを賽銭箱に入れておくのがよいと思います。

大きな神社の場合は問題ないのですが、小さな神社の場合はお釣りを用意できていない場合もあります。個人的には300円ぴったり出せるように、事前に小銭を用意しておく事をオススメします。1万円札などの大きな額は、迷惑にもなりかねないのでお気を付け下さい。

御朱印をもらい初穂料を支払いましたら、お礼を言うようにして下さい。
お忙しい中、時間を割いて対応して下さる事も多いです。
また神職さんや対応して下さっただけでなく、その神社の神様へのお礼の気持ちも込めて、有り難く頂戴するようにして下さい。

最近はお金を払っているという「お客様は神様」気質な方も見られるといいます。神様はその方ではなく神社にお祀りされているのです。くれぐれも失礼のないように、気持ちよく受け取る事ができれば、素敵な参拝証になるのではないでしょうか。

御朱印は一期一会の縁です

何度か書いている通り、御朱印は参拝した証だと思います。
その参拝における気持ちや状況など含めて、思い出にもなるものです。
御朱印をもらう事は、その神社との縁だと感じます。

御朱印

御朱印を頂いた日や書き手によって、その御朱印の見た目も変わるものです。
自分だけの縁によって頂いた自分だけの御朱印です。

そのため当ブログの「御朱印一覧」などに掲載している御朱印とは、違う見た目になる事も多いと思いますが、御朱印とはそういうものだと認識して下さい。
都道府県別にまとめた御朱印画像一覧です。御朱印を拝受した神社を都道府県別に分類していますので、各都道府県より選択して下さい。随時更新中。

書き手の方や時期によっては、色々とネットなどにあるものとは違う事も出てくるでしょう。
また場合によっては墨書きがあまり上手じゃない場合もあるかもしれません。
しかし、そういった事は重要ではなく、参拝証として縁を頂いた事が重要ですので、それはそれで良いご縁だと思うのが、楽しむ秘訣だと思います。

たまに字が下手だの、希望のものがなかっただのクレームを付ける方もいると聞きます。そういったマナーのない方が増え、御朱印をやめてしまう神社もいくつかございます。御朱印とはなんたるか、それをよく考え、自分と神社との縁を楽しみ、参拝する事を願っています。

むすび

当ブログでは御朱印をきっかけで参拝される方にも、その神社についての歴史・信仰・伝承・見処などを深く知って頂ければ嬉しいと思い、筆者も色々と勉強しながら神社についての情報を記載しています。

御朱印は「参拝とかあまりした事ないけど、御朱印をもらってみたい」そういった神社参拝への導入にぴったりな要素ですし、普段は神社に参拝されなかった層が、御朱印の集印を始める事で、神社巡りを楽しむようになったりすると聞きます。

ですのでそこまで固くならずに気軽に参拝してみて下さい。
マナーを守りさえすれば、神社というのはとても気軽で地域と結びついた包容力のあるものだと思うのです。

こうした御朱印ブームによって、多くの方々が参拝するようになったのは素晴らしい事だと感じますし、マナーと節度を守り参拝をし、神社巡りを楽しむ方が増えれば、きっと神社の関係者や氏子さん、神様も喜んで下さるはずです。

御朱印によっては限定の御朱印、カラフルだったりイラストが付いていたりと綺麗な御朱印、達筆な御朱印など色々あると思いますし、アートな面や限定コレクション感覚で楽しむ方もいるようです。
そうしたものは素晴らしい要素でもありますし、そういった側面がある事も否定はできませんが、そういった面だけを追ってしまうのはもったいない気もするのです。

せっかく参拝をされるのですから、御朱印だけを目的とせず、参拝をする事、そしてその神社を深く知り縁を楽しむ事が、飽きずに一生続けれる趣味として楽しむ秘訣だと思います。

御朱印は意図して集めるものというよりも、参拝を繰り返したり神社巡りをする事で、自然と集まっていくものだと感じています。
御朱印をきっかけにするのはよい事だと思いますが、御朱印が目的で参拝はついで、となってしまうのは少し違うのかな、とは思います。

例えば、言葉遊びのような揚げ足取りになってしまいますが、最近よく見かける「御朱印巡り」という言葉は、まるで御朱印だけが目的のように聞こえるので、個人的にはあまり好きではありません。あくまで参拝を目的とした「神社巡り」「寺社巡り」であって、その結果、御朱印も自然と集まっていく、というのが理想ではないでしょうか。

御朱印だけでなく、色々とその神社について知って頂ければ、参拝の楽しみも増え、幅も広がると思いますので、当ブログがそのお力に少しでもなれれば幸いです。

スポンサーリンク
オススメ記事 by Google

フォローする