十番稲荷神社 / 東京都港区

神社情報

十番稲荷神社(じゅうばんいなりじんじゃ)

御祭神:倉稲魂命
相殿神:日本武尊・市杵島姫命・田心姫命・湍津姫命
旧社格:村社
例大祭:9月中旬の土・日曜
所在地:東京都港区麻布十番1-4-6
最寄駅:麻布十番駅
公式サイト:http://www.jubaninari.or.jp/

御由緒

十番稲荷神社御由緒
十番稲荷神社は、もと末廣神社(旧坂下町鎮座)及び竹長稲荷神社(旧永坂町鎮座)である。昭和二十年四月十五日、空襲により両神社は焼失してしまったが、昭和二十五年六月、復興土地区画整理により両社境内地を現在地に換地、隣接指定された。その後両社は合併し十番稲荷神社と改称、平成九年三月二十九日に現社殿に建て替え、遷座祭が斎行された。
末廣神社御由緒
慶長年間(1596〜1615)に創建され元禄四年(1691)には坂下東方雑式に鎮座していたが、同六年坂下四一の社域に遷座された。
往古より境内に多数の柳があり「青柳稲荷」と称されていたが、後にその中の一樹の枝が繁茂し、扇の形を成していたことから「末廣の柳」と呼ばれるようになり、社名に冠され「末廣稲荷」と称された。その後、明治二十年四月に「末廣神社」と改称された。
竹長稲荷神社由緒
創建は一説に和銅五年(712)あるいは弘仁十三年(822)に慈覚大師所縁の八咫の神鏡を以て武蔵国豊島郡竹千代丘(今の鳥居坂上)へ稲荷大神を勧請したと伝えられている。延喜式内社の稗田神社と目される古社である。その後、弘安二年(1279)に鳥羽氏が社殿を再建、そして寛永元年(1624)三月に永坂町に遷座された。
現存はしていないが社宝に広重作の宝船の絵があり、戦前は宝船の巡拝所としても有名であった。 (頒布のリーフレットより)

参拝情報

参拝日:2017/01/20(御朱印拝受/ブログ内画像撮影)
参拝日:2015/04/30(御朱印拝受/御朱印帳拝領)

御朱印

初穂料:300円
社務所にて。

※御朱印帳を拝領した人には別紙にてお稲荷さんと蛙が乗っている宝船が印刷された御朱印を拝受できる。
※1月1-9日に開催される「港七福神めぐり」で寶船御朱印・酉の市開催日などにも限定御朱印あり。

[2017/01/20拝受]
(通常御朱印)

[2015/04/30拝受]
(通常御朱印)

[2015/04/30拝受]
(御朱印帳限定)

御朱印帳

初穂料:1,500円
社務所にて。

オリジナルの御朱印帳を用意している。
金を基調とした派手な御朱印帳。
お稲荷さんの他に、御由緒にもある蛙や宝船、さらには珊瑚や打ち出の小槌、青海波模様など、御利益や金運が上がりそうな造形が盛り込まれている。

[ 表面 ]

[ 裏面 ]

授与品・頒布品

ちびかえる
初穂料:─
社務所にて。

御朱印帳を拝領すると頂ける。
陶器製の1cm程の小さな蛙。

スポンサーリンク

歴史考察

戦後に二社が合祀した麻布十番のお稲荷様

東京都港区麻布十番に鎮座する神社。
旧麻布坂下町に鎮座していた「末廣神社」と、旧麻布永坂町に鎮座していた「竹長稲荷神社」が戦災で焼失し、戦後に現在地へ隣接する形で遷座した後に両社を合祀し、現在の「十番稲荷神社」となる。
旧社格は「末廣神社」が村社で、「竹長稲荷神社」が無格社。
現在は麻布十番の鎮守の一社で、「港七福神めぐり」の宝船を担っている。

麻布坂下町の末廣神社

「末廣神社」は、慶長年間(1596年-1615年)の創建と伝えられている。

かつては境内に多くの柳の木があったことから「青柳稲荷」と称された。
その柳の木の枝が繁茂して扇の形になっていた事から「末広の柳」と呼ばれるようになり、いつしか当社も「末廣稲荷」と称されるようになったと云う。

扇は「末広(すえひろ)」と呼ばれ、広がり栄える意の縁起のよいものとされた。

当時は現在よりもやや南西の坂下町(麻布坂下町)に鎮座していた。

現在の麻布十番商店街の通り沿いで100円ショップキャンドゥの付近。
現在は閉店してしまったがハラストアーというスーパーがあったあたりになる。

坂下町は、古くは阿左布村の百姓長屋であった。
正徳三年(1713)、町方支配となり坂下町(麻布坂下町)となり、当社はその鎮守として崇敬を集めた。

麻布永坂町の竹長稲荷神社

「竹長稲荷神社」は、創建年代は定かではないものの、一説には和銅五年(712)とも、弘仁十三年(822)とも伝わる古社である。

弘仁十三年(822)説では、慈覚大師(円仁)が、武蔵国豊島郡竹千代ヶ丘(現・鳥居坂上の東洋英和付近)に稲荷大神を勧請したと伝えられている。
竹千代ヶ丘に鎮座していたため、「竹千代稲荷」と称されていたと云う。

かつては大社であったと伝えられ、延長五年(927)に編纂された『延喜式神名帳』に載る「薭田神社」が当社であったとも伝わるが、こちらは論社が数多く存在しているため定かではない。

何れも伝承の域の言い伝えであるが、古くから現在の麻布・鳥居坂上に鎮座していたようだ。

弘安二年(1279)、鳥羽氏が社殿を再建と伝わる。

寛永元年(1634)、永坂町(麻布永坂町)に遷座。

現在の麻布図書館のやや南側に鎮座していた。

この頃に三代将軍・徳川家光への配慮から、「竹千代稲荷」から「竹長(たけちょう)稲荷」へ社号を改称している。

家光の幼名は「竹千代」であった。

正徳三年(1713)、麻布永坂町と飯倉永坂町に分離。
当社は永坂町の鎮守として崇敬を集めた。

現存していないが社宝として歌川広重による宝船の絵があったと云う。
これが現在の「港七福神めぐり」の宝船に繋がっていく。

江戸切絵図で見る両社

麻布坂下町と麻布永坂町の鎮守として崇敬された両社。
いずれも現在の麻布十番の区域に鎮座していて、こうした麻布十番の様子は江戸の切絵図からも見て取れる。

(麻布絵図)

こちらは江戸後期の麻布や現在の六本木周辺の切絵図。
左が北の切絵図となっており、両社は図の中央やや左上に描かれている。

(麻布絵図)

図を反時計回りに90度回転(北を上)にさせ、両社周辺を拡大したものが上図になる。
分かりやすいように両社の位置に円を付けさせてもらった。
赤円で囲ったのが「末廣イナリ」と記された「末廣神社」で、橙円で囲ったのが「イナリ」とのみ記された「竹長稲荷」である。

坂下町と長坂町(永坂町)の文字も見て取れ、坂下町の間の通りが現在の麻布十番商店街付近であり、その通りに「雑色ト云」と記されているように、古くは雑色と呼ばれていたようだ。

このように両社は近い位置に鎮座しており、どちらも現在の麻布十番周辺から崇敬を集めた稲荷信仰の神社であった。

明治以降の歩み・戦後の再建と合祀

明治になり神仏分離。
明治六年(1873)、「末廣稲荷神社」が村社に列する。
明治二十年(1887)、「末廣稲荷神社」から「末廣神社」へ改称。

なお、「竹長稲荷神社」は無格社であった。

明治四十二年(1909)の古地図がある。
当時の両社の地理関係を確認する事ができる。

今昔マップ on the webより)

赤円で囲ったのが「末廣神社」で、橙円で囲ったのが「竹長稲荷神社」となっている。
青円で囲ったのは現在の「十番稲荷神社」の鎮座地。
いずれも現在の麻布十番の区域に鎮座していた事が分かる。

昭和二十年(1945)、東京大空襲によって両社が焼失。
両社共に悉く灰燼に帰したと云う。

昭和二十五年(1950)、復興土地区画整理により両社を現在地に隣接する形で遷座。
その後、両社は合祀される事となり現在の「十番稲荷神社」と改称された。

昭和三十七年(1962)、住居表示の実施に伴い、麻布坂下町の全域や麻布永坂町の一部など当地周辺が「麻布十番」と云う地名となった。
当社が「十番稲荷神社」と改称されたのもこの頃であろう。

平成九年(1997)、現在の社殿を新築造営。
かつて喜劇俳優のエノケンこと榎本健一が寄進した鳥居は、老朽化のためこの時に現在の鳥居に建て替えられている。

平成二十八年(2016)、境内整備が行われ、宝船やかえる像などが通りに面する場所に移された。

現在は「麻布氷川神社」と共に麻布十番の鎮守で、更に「港七福神めぐり」の宝船を担っている。

麻布総鎮守。江戸氷川七社の一社。セーラームーンに登場する神社のモデル。源経基により勧請。浮世絵に描かれた麻布一本松。江戸時代に遷座・徳川将軍家からの庇護。江戸切絵図から見る当社。現存する神楽殿や神輿庫。港七福神めぐり・毘沙門天。御朱印。
麻布十番で有名な「麻布十番納涼まつり」は、麻布十番商店街振興組合が主催する祭りで当社が由来のものではないものの、開催日には当社で十番ばやしが開催されるように、氏子区域の一角でもある商店街と共に地域を盛り上げている。
夏、真っ盛り、「麻布十番納涼まつり」の季節がやってきました。今年は、50回の節目の祭りになります。永きにわたり継続できたのも、ひとえに当商店街を日頃よりご利用して頂いた皆様方のお陰と深く感謝いたします。

境内案内

通りに面した小さな神社

最寄駅の麻布十番駅からはすぐの距離にあり、通りに面して鎮座している。
大変こぢんまりとした小さな神社であるが、人通りの多い場所柄、日頃から参拝者が多い。

通りに面して鳥居がと社号碑があり、その先に石段が続く。
石段を上ってすぐ右手に手水舎。
正面が社殿という大変こぢんまりとした空間。

社殿は平成九年(1997)に造営されたもの。
鉄筋コンクリート造の小さな社殿ではあるが、綺麗に管理されている。

石段の上にある一対の狛犬は、かつて「末廣神社」に置かれていたもの。
昭和十二年(1937)に、麻布十番出身の歌手・音丸が寄進したものだと云う。

社殿の左手に社務所。
豊富な授与品が用意されているのが特徴で、御朱印もこちらにて対応して頂ける。
オリジナルの御朱印帳も用意されているが、人気のため品切れになっている事が多い。

港七福神めぐりの宝船

通りに面して石段を挟む形で左右に宝船の石像とかえるの石像が置かれている。
以前は石段の右手奥に並んで置かれていたのだが、2016年秋に整備が行われ、通りに面するようになった。

左手にあるのが宝船。
現在は「港七福神めぐり」の宝船を担っている。

港七福神めぐり 長寿と福徳をもたらすといわれている七福神巡りはいかがでしょうか。 港区では七福神のほかに十番稲荷神社には全国でもめずらしい「宝船」があるので八ケ所をまわります。 港七福神めぐりは、七福神を祀る神社、寺院に宝船の巡拝所を加え、6社・2寺で構成されています。 このご朱印の専用色紙と巡拝用の地図

かつて「竹長稲荷神社」には、社宝として歌川広重による宝船の絵があったと云う。
戦災によって現存していないものの、こうした縁によって「竹長稲荷神社」は戦前の「麻布稲荷七福神詣」から宝船の札所と指定されていた。
そのため合祀された当社も「港七福神めぐり」の宝船を担っている。

かえるの石像とその伝承

右手にあるのがかえるの石像。
地域からは「かえるさん」と呼ばれ親しまれていた、かえる像である。
これには江戸時代からの伝承が残っている。

文政四年(1821)、麻布古川あたりより始まった大火で、当地周辺はほとんどが焼けてしまう中、山崎主税助の屋敷のみが類焼を免れたと云う。

(麻布絵図)

青円が山崎主税助の屋敷であり、当社よりもやや南西に置かれていた。

山崎主税助の屋敷のみ免れたのは、屋敷の池に住んでいた大かえるが水を吹きかけて猛火を退けたからであると評判が立ち、山崎家に御札を求める人々が後を絶たなくなった。
そこで山崎家では、「上」(じょう)という一字が書かれた御札を万人に授けるようになり、この御札は「上の字様」と称され、防火・火傷のお守りとして信仰を集めたと云う。
その後「末廣神社」が授与するようになったと伝わっている。

こうした由緒にちなみ、昭和五十年(1975)に置かれたのが、かえるの石像。
この石像が設置された時は、石段の右奥に置かれており、水掛けができるようになっていた。
こちらは平成二十七年(2015)に撮影した時の様子で、このように隣に水鉢と柄杓が置かれ、かえるの石像に水を掛けてあげる事ができた。

平成二十八年(2016)秋に、通りに面する形に整備され、現在は水掛けができなくなっている。
代わりに鈴を設置しているので鈴を鳴らして欲しいとの事。

このかえる像が設置された昭和五十年(1975)には、「かえるのお守り」を授与するようになり、防火・火傷のお守りとしてだけでなく、「かえる」の語音から旅行や入院の際に無事かえる、遺失物がかえる、若がえる等の御利益があるとされ信仰されている。
さらに平成二十年(2008)には、上述の「上の字様」を基にした「上の字御守」も授与するようになったりと、豊富な授与品が魅力である。

所感

麻布十番の鎮守の一社として崇敬を集める当社。
かつては「末廣稲荷」「竹長稲荷」と云う別々のお稲荷様であり、そのいずれも現在の鎮座地から近い麻布十番エリアに鎮座していた。
戦災によって焼失後、戦後の復興にあたって区画整理され現在の社地となり、発展する麻布十番界隈の中でこぢんまりとした境内となってしまっているが、豊富な授与品など様々な取り組みを行っている。
人通りの多い通りに面しており、日頃から参拝に立ち寄る人々を多く見られ、地域に根付いた神社である。

スポンサーリンク

神社画像

[ 鳥居・社号碑 ]


[ 社殿・石段]

[ 手水舎 ]

[ 社殿 ]



[ 狛犬 ]


[ 社務所 ]

[ 寶船 ]


[ かえる石像 ]

Google Maps