品川神社 / 東京都品川区

神社情報

品川神社(しながわじんしゃ)

御祭神:天比理乃咩命・素盞嗚尊・宇賀之売命
社格等:准勅祭社・郷社
例大祭:6月7日に近い金・土・日曜(北の天王祭)
所在地:東京都品川区北品川3-7-15
最寄駅:新馬場駅・北品川駅
公式サイト:─

御由緒

 今からおよそ八百年程前の平安時代末期の文治三年(1187)に、源頼朝公が阿房国の洲崎明神(現・千葉県館山市鎮座 洲崎神社)の天比理乃咩命を当地にお迎えして海上交通安全と祈願成就を祈られたのを創始とします。
 やがて、鎌倉時代末期の元応元年(1319)に二階堂道蘊公が、「宇賀之売命(お稲荷様)」を、さらに室町時代中期の文明十年(1478)に、太田道灌公が、「素盞嗚尊(天王様)」をそれぞれお祀りしました。
 慶長五年(1600)、徳川家康公が関ヶ原の戦いへ出陣の際に当社へ参拝し戦勝を祈願され、その後、祈願成就の御礼として仮面(天下一嘗の面)・神輿(葵神輿)などを奉納されました。
 また、寛永十四年(1637)三代将軍徳川家光公により東海寺が建立され当社がその鎮守と定められ、「御修覆所(神社の建物の再建・修復などは全て幕府が賄う)」となり、元禄七年(1694)・嘉永三年(1850)の二度の社殿の焼失の際には時の将軍の命により再建が行われる等、徳川将軍家の庇護を受けました。
 時代は明治に移り、同元年(1868)十一月には明治天皇様が、新都・東京の安寧と国家の繁栄を御祈願されるために、当社を含んだ都内の神社を「准勅祭神社」と定められ、御勅使が御参拝になられ御祈願をされました。
 大東亜戦争の折は、当社は幸いにして戦火を免れましたが、社殿の老朽化が進み、昭和三十九年(1964)氏子各位の御協力により現在の社殿が再建されました。(境内の掲示より)

参拝情報

参拝日:2017/02/24(御朱印拝受/ブログ内画像撮影)
参拝日:2016/01/05(御朱印拝受)
参拝日:2015/08/23(御朱印拝受)

御朱印

初穂料:300円
社務所にて。

※以前は社名は墨書きだったが、2016年頃より印判での対応となった。
※東海七福神の大黒天を担っているため、正月期間(1月15日まで)は大黒天の御朱印も頂ける。

[2017/02/24拝受]
(東京十社めぐり御朱印帳)

[2016/01/05拝受]
(東京十社めぐり御朱印帳)

[2015/08/23拝受]

歴史考察

品川鎮守・北の天王さん

東京都品川区北品川に鎮座する神社。
旧社格は准勅祭社、その後に郷社。
現在は東京十社のうちの一社に数えられ、また「東海七福神」の大黒天を担っている。
通称「北の天王さん」として親しまれており、対する「南の天王さん」は「荏原神社」で、共に品川鎮守として崇敬を集めている。
都内で一番の高さの「品川富士」と呼ばれる富士塚があり、一の鳥居は東京三大鳥居に数えられる双龍鳥居、さらに6月の例大祭「北の天王祭」は大変賑わう事で有名。

源頼朝による創建と勧請された御祭神

社伝によると、文治三年(1187)に源頼朝が、安房国「洲崎明神」から天比理乃咩命を勧請し、海上交通安全と祈願成就を祈って創建したと伝わる。

安房国「洲崎明神」とは、現在の「洲崎神社」(千葉県館山市)であり、安房国一之宮にも比定される式内社として知られ、頼朝は「石橋山の合戦」に敗れ海路で安房国へ逃れた際に「洲崎神社」を崇敬した。

元応元年(1319)、守護職であった二階堂道蘊が、宇賀之売命を勧請。
社殿などを再建し、社地を吉瑞岡と名付けたと伝わる。

宇賀之売命(うがのめのみこと)は、宇迦之御魂神・倉稲魂命(うかのみうかのみたまのみこと)と表記される事が多い神で、一般的には「稲荷神(お稲荷さん)」として広く信仰されている。

永享四年(1432)、道蘊の子孫であった正清入道幸純が社殿と観音堂を再建。

文明十年(1478)、太田道灌(江戸城を築城した武将として知られる)が牛頭天王(素盞嗚尊)を勧請。

以後、南品川「荏原神社」(旧・貴布彌社)を「南の天王さん」と呼ぶのに対して、北品川の当社を「北の天王さん」と呼ぶようになり、牛頭天王(素盞嗚尊と習合)をお祀りする祇園信仰の色合いも強く持つようになる。

徳川将軍家からの篤い崇敬

天正十八年(1590)、関東移封によって徳川家康が江戸入り。
天正十九年(1591)、「品川大明神」へ5石の朱印社領地を賜っている。

「品川大明神」とは、北品川の当社と南品川の「荏原神社」であり、両社で2石5斗ずつ折半した形となったものの、朱印地争いを起こす事態に至っており、この頃から品川の南北鎮守による争論が取りざされていた。

慶長五年(1600)、家康が関ヶ原の戦いに際して、当社で戦勝祈願。
勝利した凱旋後に、当社へ宝物となっている仮面や神輿などの寄進を行っている。

この仮面は「天下一嘗の面」と呼ばれ、葵紋の神輿に取り付け例祭を行ったと云う。
手水舎に掲げられた絵馬などにその一端を伺う事ができる。

慶長十九年(1614)、二代将軍・徳川秀忠が大阪に出陣する際にも戦勝祈願を行っている。

家光と沢庵和尚が創建「東海寺」の鎮守を担う

寛永十四年(1637)、三代将軍・徳川家光により「東海寺」が創建。

「東海寺」の初代住職を担ったのが沢庵宗彭(沢庵和尚)であり、一説では大根の漬物であるいわゆる沢庵漬けはこの沢庵和尚が考案したと伝えられる。(諸説あり)

「東海寺」が創建した事で、当社の南側が御用地となったため、1813坪を替地として幕府から拝領。
また、当社が「東海寺」の鬼門に鎮座する事から「東海寺」の鎮守社とされた。

家光によって創建された「東海寺」は、幕府による手厚い保護を受けた寺院であり、そうした「東海寺」の鎮守社となった当社は、更に幕府より多大な庇護を受ける事になった。

当社は、いわゆる建物の再建・修復などは全て幕府が賄う「御修覆所」となる。
社殿だけでなく宮司宅までその対象とされたと云い、これが江戸時代はずっと続いており、この事からも徳川将軍家からの崇敬の篤さが伝わる。

元禄七年(1694)、嘉永三年(1850)の火事にて焼失した際には、いずれも徳川将軍家の命で再建されている。

江戸切絵図から見る当社

当社の鎮座地は江戸の切絵図からも見て取れる。

(芝高輪辺絵図)

こちらは江戸後期の品川・高輪周辺の切絵図。
右が北の切絵図となっており、当社は図の左上に描かれている。

(芝高輪辺絵図)

90度反時計回りに回転させ北を上にし、当社周辺を拡大したものが上図。
赤円で囲ったのが当社で、「天王社」「稲荷」と記されている。
橙円で囲ったのが当社が鎮守を担った「東海寺」。
青円で囲ったのが「荏原神社」で、こちらも「天王社」と記されている。

この切絵図で注目すべきは当時の品川宿の立地。
河川が流れているが、これが目黒川であり、現在とは川の流れが違う。
品川宿は目黒川によって分断されていた事が分かり、分断された北側が北品川宿、南側が南品川宿であった。

当社は北品川宿の鎮守を担っており、南品川宿の鎮守を担っていたのが「荏原神社」となる。

元品川総鎮守。准勅祭社。南の天王さんの愛称。龍神を祀る神社。品川神社との関係。大國魂神社・くらやみ祭との関係。かっぱ祭と呼ばれる天王祭。見事な社殿が現存。御朱印。

新編武蔵風土記稿に稲荷社と記された当社

文化・文政期(1804年-1829年)に編纂された『新編武蔵風土記稿』には当社についてこう書かれている。

(北品川宿)
稲荷社
境内除地九段七畝。別に拝領地千八十三坪九合五夕。東海寺の北に隣れり。祗園、貴布彌を相殿とし、又東照宮を祀奉り四坐を総て品川大明神と称す。神禮は各箱中に深秘す。稲荷は文治三年勧請後、當國の守護職二階堂出羽入道道蘊、倉稲魂の像を納め本社等総て再建し社地を吉瑞岡と名つけ、永享四年正清入道幸純新に造営す。幸純は道蘊が子孫なるべし事は、南品川海晏寺に詳かなり。文明十年六月太田道灌祗園を勧請して相殿とす。貴布彌は勧請の年代詳ならず。天正十九年南品川貴布彌及當社領合て五石一紙に御朱印を賜ふ。今北品川一石、戸越村一石五斗を當社領とす。慶長五年濃州関ヶ原役の時、御祈願あり。御凱旋の後、假面及神輿法被等を寄附せらる。同十九年台徳院殿大坂御出馬の時、御吉例を以て神前に於て御祈祷太々神楽等を行しめらる。大猷院殿此邊御遊の時、度々立寄せ給ひ社傅など御尊あり、厳有院殿御誕生及御痘瘡の時、神前にて御祈祷あり。寛永十四年東海寺御建立の時、社地の内南の方御用地となり。替えとして千八十三坪除餘を賜う、今門前町屋の所是なり。其頃當社は東海寺境内の鬼門に當るを以て同寺の鎮守と定められ、本社以下神主居宅迄造らしめられしより永例となる。元禄七年祝融に罹りし時、戸田能登守忠直造営の事を奉る。此時神輿及神楽装束御祈祷壇等御再興あり。例祭稲荷は二月初午の日神楽あり、四月十七日御祭事には太々神楽を執行。祇園祭六月七日神輿を出し、東海淸徳兩寺門前を渡て東海寺境内に入、又當所門前地及北馬場町より北品川宿内歩行、新宿等総て氏子町々を渡して北品川宿假屋に至り、同十九日迄留て歸坐す。貴布彌祭九月九日なり、前日神輿を南品川枝郷三ッ木の貴布彌社に遷し、翌日神楽ありて後本社に歸坐す。此餘年中神事は正月元日、四月卯日神楽を奏し、六月夏越、十一月中酉新嘗會同月火焚十二月年越の祀奠ありという。
寶物假面一枚。國常立尊面と號す。六月祇園登禮の時神輿の上に掛け、総て赤黒色堅一尺一寸横七寸六分圓上の如し。
(以下略)

大変長々と記されているため、宝物以下は省略とさせて頂いた。

北品川宿の「稲荷社」と記されているのが当社。
この事から江戸時代の当社は一般的に「稲荷社」として信仰されていたのだろう。
さらに御祭神も現在と違うのが特徴的。

「祗園、貴布彌を相殿とし、又東照宮を祀奉り四坐を総て品川大明神と称す。」という一文から、当社は稲荷(宇賀之売命)・祗園(牛頭天王/素戔嗚尊)・貴布彌(高龗神)・東照宮(徳川家康)の四柱を祀り「品川大明神」と称されていた事が分かる。
現在の御祭神は天比理乃咩命・素盞嗚尊・宇賀之売命の三柱であり違いが見られる。

稲荷、祗園はそのままであるが、貴布彌と東照宮が外されている。
東照宮はおそらく「東海寺」の繋がりで祀られていたものであり、神仏分離の際に外されたものと見られる。
貴布彌は江戸時代に当社と関わりの深かった「品川貴船神社」(「荏原神社」の創建の地に鎮座)の事であり、「品川貴船神社」の御神体は当社に安置されていたとされ、『新編武蔵風土記稿』にも、貴布彌祭という祭禮の際には「品川貴船神社」に神輿を遷したとある事から、現在は「品川貴船神社」と分離したので祀られていないものと推測できる。

宝物の仮面についてはイラスト付きで記されている。

これが家康から賜ったいわゆる「天下一嘗の面」であり、赤黒色の面であった。

牛頭天王社として描かれた当社

天保年間(1834年/1836年)に発行された『江戸名所図会』に当時の様子が描かれている。

(江戸名所図会)

「牛頭天王社」「東海禅寺」として全6ページに渡って描かれており、「牛頭天王社」が当社こと「品川神社」で、最初の2ページに描かれている。

上述のように『新編武蔵風土記稿』では「稲荷社」と記されていたのに対して、『江戸名所図会』では「牛頭天王社」と記されており、場合によって様々な呼び方をされたようだ。

既に「北の天王さん」として、「北の天王祭」も賑わっていたため、この頃には祇園信仰の色合いが強くなっていたものだと思われる。

現在と同様に石段の上の高台にあり、本社が「天王」、その横に「坂いなり」とある。
裏手には「山神」「弁天」、左手には「太神宮」の見る事ができ、現在「品川富士」と呼ばれる富士塚がある付近には「不動」の文字が見られ、不動尊が祀られていたようで、神仏習合の中で様々な境内社が祀られていたのだろう。

明治以降の歩み

明治になり神仏分離。
明治元年(1868)、准勅祭社に列し、「品川神社」に改称。

准勅祭社に指定された十二社のうち、東京23区内の神社十社が現在の「東京十社」となる。

明治二年(1869)、富士塚(品川富士)が築造される。

明治三年(1870)、准勅祭社は廃止。
明治五年(1972)、郷社に列する。

大正十一年(1922)、富士塚(品川富士)が現在の場所に移築。
これは国道15号(現・第一京浜)の建設・拡張に伴う移築であった。

昭和二十年(1945)、東京大空襲の際は戦火を免れている。
社殿も無事であったが、現在の社殿は戦後に建て替えられたもの。

昭和三十九年(1964)、旧社殿の老朽化から現社殿が造営。
その後も境内整備が進み現在に至っている。

現在は東京十社のうちの一社に数えられ、また「東海七福神」の大黒天を担っている。

南の天王さん・荏原神社との関係

江戸時代より現在に至るまで、北品川に鎮座していた「品川神社」を「北の天王さん」と呼び、南品川に鎮座していた「荏原神社」を「南の天王さん」と呼ぶ。

両社共に祇園信仰の牛頭天王を祀っていたため、「天王さん」と呼ばれた。

両社は共に品川鎮守を担っており、北品川宿と南品川宿の鎮守を分担していた。

上述した江戸切絵図『芝高輪辺絵図』でも分かるように、当時の目黒川は現在と流れが違い、目黒川で品川宿が分断されていた事が分かる。
目黒川で分断される北側が北品川宿で、南側が南品川宿であり、共に「天王さん」と称され、それぞれの鎮守を担っていた。

天正十九年(1591)、徳川家康は「品川大明神」に五石の朱印地を授けており、これを受けて、「品川神社」と「荏原神社」は、両社で2石5斗ずつ折半したように、両社で「品川大明神」とされた節がある。

但し、朱印地争いを起こす事態に至っており、この頃から品川の南北鎮守による対立が根強かった。

この対立は明治以降から現在も続き、特に明治元年(1868)に准勅祭社に指定された事が火種になっている。
「品川神社」と「荏原神社」のどちらも元准勅祭社を名乗っている事が挙げられる。

准勅祭社に指定された中で、現在の東京23区内に鎮座する神社は、後に「東京十社」と呼ばれるようになる。
現在は「東京十社巡り」なども行われており、専用の御朱印帳も用意されている。

東京十社の「東京十社めぐり御朱印帳」と御朱印画像一覧です。東京十社についての歴史など詳しい説明も掲載しています。

しかし、当社は「東京十社」には属しているが、「荏原神社」は属していない。
この件については、どちらが准勅祭社であったのか対立が見られる。

どちらが准勅祭社だったのか。
色々と説があるのだが、個人的にはどちらもそうだった、という説を推したい。

そもそも准勅祭社に指定されたのは「品川貴船社」という神社である。

これは徳川家康が「品川大明神」に朱印地を与えて両社に2分させたように、「品川貴船社」とは、南北の品川鎮守であった「品川神社」と「荏原神社」の両社を表したと見るのが自然ではないだろうか。
そのため、どちらも准勅祭社に指定されたと推測でき、どちらの言い分も正しい。

現代になり東京十社を選定するにあたり、当社のみ指定される形になったのであろう。

こうした事情もあり当社と「荏原神社」は少し不仲を感じさせるのだが、2社で品川鎮守なのは間違いなく、どちらも多くの崇敬を集めている。

元品川総鎮守。准勅祭社。南の天王さんの愛称。龍神を祀る神社。品川神社との関係。大國魂神社・くらやみ祭との関係。かっぱ祭と呼ばれる天王祭。見事な社殿が現存。御朱印。

境内案内

見事な双龍鳥居・古い鳥居や備前焼狛犬など

最寄駅は北馬場駅になり、第一京浜沿いに鎮座するので分かりやすい。
元准勅祭と記された社号碑、そして石段の下に立派な一之鳥居が立つ。
石造りの双龍鳥居で、鳥居に見事な龍が彫刻されている。
馬橋稲荷神社」「高円寺」の双龍鳥居と合わせて東京三大鳥居と呼ばれる事もある。

馬橋稲荷神社」「高円寺」の双龍鳥居は当社に倣って造られたもの。

一之鳥居の左手には大黒天像。
「東海七福神」の大黒天を担っているため建てられた。

一之鳥居の先には急な石段。
この石段は映画『シン・ゴジラ』のロケ地にもなっており、当社に避難する人々が少しだが映像に映っている。

脚本・総監督庵野秀明、映画『シン・ゴジラ』3.22 Blu-ray&DVD発売!

石段を上って正面に二之鳥居。
二之鳥居の前には一対の狛犬。
頭に宝珠を乗せた狛犬で、寛政四年(1792)に造られたもの。

二之鳥居を潜った先には珍しい備前焼の狛犬。
文政十三年(1830)に造られた備前焼狛犬で、以前は金網で保護されていたのだが、改修も終わり現在はこうして綺麗な姿を見る事ができる。

三之鳥居は慶安元年(1648)に寄進されたもの。
品川区の指定文化財となっている。

このように古くから崇敬を集め、空襲の被害を免れた当社には、古い奉納物が多く見られる。
狛犬は境内社含め他にも多く置かれており、珍しいものも多いので確認するのが良いだろう。

再建された社殿・阿那稲荷神社・御嶽神社

社殿は昭和三十九年(1964)に造営されたもの。
旧社殿は空襲の戦火から免れたものの、老朽化によって建て替えられた。
鉄筋コンクリート造の社殿で、権現造となっている。

社殿の右手に「阿那稲荷神社」。
多くの奉納鳥居が並び、その先に上社・下社に分かれている。
上社から右手に石段が続く。
下りた先に下社。
社殿内には3棟の小祠と、一粒萬倍と伝わる泉がある。
一粒萬倍の泉は、銭洗いの泉であり、ここで銭を洗うと万倍になると伝えられている。

この「阿那稲荷神社」は、『江戸名所図会』に「坂いなり」と記されていた稲荷社で、読み方から「穴稲荷」という意味なのかもしれない。

その近くには祖霊社。
左にある砲弾型の忠魂碑は明治四十三年(1910)に奉納されたもの。

参道の右手には「御嶽神社」。
木曽御嶽山を祀る御嶽信仰によるもので、周囲は岩や草木で整備されている。
社殿前に置かれた狛犬は、頭に穴が空いた河童狛犬。

都内最大の高さの富士塚「品川富士」

双龍鳥居を潜り石段の途中、左手に富士塚への登拝道がある。
登拝道入口には鳥居と「猿田彦神社」が置かれる。

猿田彦は導きの神として知られる。

その先からは富士山を模した富士塚。
明治二年(1869)に築造され、大正十一年(1922)に現在地に移築された。
高さは約15mあり、都内最大の富士塚となっており「品川富士」と呼ばれる。
年中登拝が可能となっているが、途中はかなり細い登拝道となるので、登拝の際は足元に注意。
この品川富士は品川区指定有形民俗文化財となっている。

登拝すると中々よい見晴らし。
線路の先が旧東海道であり、かつての品川宿を思い起こさせる。

富士塚の裏手には「浅間神社」が鎮座。
その左手に蛙像が置かれる。
「ぶじかえる」と交通旅行安全守護として親しまれている。

この横には小さな児童公園。
こうした要素も、地域の鎮守として親しまれた証拠だろう。

御朱印は社務所にて。
東海七福神の大黒天を担っているため、正月期間(1月15日まで)は大黒天の御朱印も頂ける。

社殿の裏手には板垣退助の墓所

社殿裏手には板垣退助の墓所がある。
自由民権運動の主導者として知られ、庶民派の政治家として国民から圧倒的な支持を受けた。
板垣退助と妻子の墓が並ぶ。

当社に隣接した「東海寺」の寺域であったが、当社の社地となったため、社殿裏が墓所という形になっている。
墓石の向いには「板垣死すとも自由は死せず」の石碑があり、これは佐藤栄作の筆によるもの。

社殿裏が墓所になっているので、当社への参拝と合わせて行ってみるのもよいだろう。

所感

品川の鎮守として鎮座する当社。
荏原神社」と共に、南北の天王さんとして、品川宿の鎮守を担っていた。
特に当社は徳川将軍家より篤く庇護され、現在は東京十社に数えられる。
品川富士と呼ばれる富士塚は見事であり、いつでも登拝可能なのが嬉しい。
双龍鳥居や備前焼狛犬など珍しいものも多く、規模はそこまで大きくものではないが、見所が多数ある良い境内になっている。
6月の例祭である「北の天王祭」は、屋台が立ち並び、人出も多く非常に盛り上がる。
学生時代は知人によく駆り出されて手伝いに行った記憶があり思い出も多い。
現在も地域から崇敬され続けている良い神社である。

一昔前は当社の例祭日(北の天王祭)に合わせて、品川宿にて「花魁道中」が行われていたのだが、しばらくの間廃止されており、数年前に復活。
現在は9月末に「しながわ宿場まつり」の一環として開催。
当社とは関連性は弱くなってしまっているが、当社からすぐ近い旧東海道で行われる。
このお祭りに合わせて参拝みるのもオススメである。
江戸時代、東海道53次最初の宿場町として栄えた品川。その伝統と文化遺産を若い世代に伝え地域の発展をめざす事を目的として 始まったのが「しながわ宿場まつり」です。毎年9月の最終土、日に旧東海道北品川の八山から南品川の青物横丁まで約2kmにわたって開催しています。

神社画像

[ 鳥居・社号碑 ]

[ 双龍鳥居 ]



[ 狛犬 ]


[ 大黒天像 ]

[ 石段 ]

[ 二之鳥居 ]

[ 狛犬 ]




[ 三之鳥居 ]

[ 手水舎 ]



[ 拝殿 ]





[ 本殿 ]

[ 狛犬 ]


[ 阿那稲荷神社参道 ]


[ 阿那稲荷神社・上社]


[ 阿那稲荷神社参道 ]

[ 阿那稲荷神社・下社 ]


[ 忠魂碑・祖霊社 ]

[ 神楽殿 ]

[ 絵馬掛 ]

[ 宝物殿 ]

[ 社務所 ]

[ 御嶽神社 ]



[ 石碑 ]




[ 浅間神社 ]


[ ぶじかえる像 ]

[ 猿田彦神社 ]

[ 富士塚(品川富士) ]









[ 児童公園 ]

[ 倉庫・神輿庫 ]


[ 板垣退助墓所 ]



Google Maps

『品川神社 / 東京都品川区』へのコメント

  1. 名前:モリヤ 投稿日:2017/06/09(金) 20:20:55 ID:f5930a42e 返信

    本日、久しぶりにお参りさせて頂きました。
    体が弱く、参拝が難しい義母の代わりに御朱印も頂きましたが、何故か日付が九月六日と…
    本日は六月九日。気付かず帰宅してしまい、とても残念で御座いました。

  2. 名前:神社メモ 投稿日:2017/06/09(金) 21:19:50 ID:ce8b2c65f 返信

    モリヤ様

    御朱印の日付が間違っていたなんて話はたまに聞くのですが、
    月と日が逆になんてこともあるのですね。

    品川神社は社名部分は印判になりましたが、日付は墨書きかと思いますので、よほどうっかりしていたのでしょうか。

    御朱印は参拝証の意味合いもあると思いますので日付部分は間違えないで頂きたいですよね。

    今回は残念ではありましたが、あまりある事ではないので、
    これもまた珍しい思い出として前向きに捉えて頂けたらよいかと思います。

    良い神社ではありますので、また参詣してみて下さい。