溝口神社 / 神奈川県川崎市

溝口神社(みぞのくちじんじゃ)

御祭神:天照皇大神・日本武尊
社格等:村社
例大祭:9月15日近い土・日曜日
所在地:神奈川県川崎市高津区溝口2-25-1
最寄駅:溝の口駅・武蔵溝ノ口駅
公式サイト:http://www.mizonokuchijinjya.org/

御由緒

 神社の創立年代は定かではないが、神社保存の棟札によれば、宝永五年(1709年)武州橘樹郡稲毛領溝口村鎮守、赤城大明神の御造営を僧・修禅院日清が修行したと記されており、江戸時代まで神仏習合にて、溝口村の鎮守・赤城大明神と親しまれ、社名を赤城社と称していた。
明治維新後、神仏分離の法により、溝口村・下宿・中宿・上宿・六軒町・六番組の各部落を統合、総鎮守として祀るべく新たに伊勢の神宮より御分霊を奉迎し、御祭神を改め溝口神社と改称、更に明治六年(1873年)幣帛共進指定村社に列せられた。
今日では、伊勢神宮の分霊社として、川崎市内で最も尊い神社の一社として広く信仰を仰いでおり、開運・厄除けをはじめ安産・子育て・縁結び・家内安全の御利益で広く知られております。

(※境内の掲示より)

参拝情報

参拝日:2016/03/15

御朱印

初穂料:300円
社務所にて。

※兼務社の「二子神社」「御嶽神社」「新城神社」「久地神社」「久本神社」の御朱印も用意しているとの事。(兼務社についての詳細は公式サイトにて)

[ 社務所掲示 ]

スポンサーリンク


歴史考察

川崎の祈願所

川崎市高津区溝口に鎮座する神社。
旧社格は村社で、旧溝口村の総鎮守。
立地もよく参拝者も多い当社は「川崎の祈願所」としてPRしている。

赤城大明神として創建

社伝によると、創建年代は不詳とされている。
当社保存の棟札によると、宝永五年(1709)武州橘樹郡稲毛領溝ノ口村鎮守赤城大明神の御造営を僧修禅院日清が修行したと記されており、これが現存する最古の資料となるようだ。
その事から宝永五年(1709)に再建、当時は「赤城大明神」と称されていた事が分かる。

「赤城大明神」というと「赤城神社」として信仰される事が多く、当社も古くは「赤城社」とされていた。
上野国・上州(群馬県)赤城山を神体山として祀る山岳信仰の神社である。
現在も関東を中心にして約300社の赤城神社があるといわれており、当社はその赤城信仰の神社として創建されたのだろう。

周辺神社との考察

ここからは御由緒にはない推測になるのだが、高津区には実は「赤城神社」が他にも鎮座している。
溝口からも近い高津区上作延に鎮座する「赤城神社」。
こちらと当社、古くは深い関係があったのではないかと推測できる。

上作延の「赤城神社」の御由緒によると、元暦元年(1184)に舛形山城主・稲毛三郎重成が当地に砦を築いた際、第六天神社として創建したという。
その後、建久四年(1193)に源頼朝が磐筒雄命を奉じて赤城社と改称とある。
おそらく当社もこの時期に創建されているのではないだろうか。

当時は大山街道(矢倉沢往還・現在の国道246号)も未整備で、溝口宿もなかった時代。
溝口周辺の町すら成立していなかったと思われるが、その時代からこれらの神社(さらに別当寺)が溝口の発展の礎となったのであろう。

また当社の兼務社である高津区久地にある「久地神社」も、元は「赤城社」と呼ばれていたとある。
毘沙門天がご神体だったといい、これも当社にかなり似ている。(後述)
こちらは農民によって元禄の頃に創建したという。

いずれにせよ、江戸時代以前の高津区の溝口周辺には「赤城神社」が多く点在していた事が分かり、赤城信仰が古くから根付いていた事になる。
それが神仏習合により毘沙門天や別当寺などと密接に関わり、独自の信仰となっていたように思う。

神仏習合の江戸時代

江戸時代に入ると、大山詣が流行。
大山(「大山阿夫利神社」)に参詣するための大山街道(矢倉沢往還)が整備されている。
寛文九年(1669)には、二子・溝口にも宿駅が設置され、溝口も宿場として栄えるようになる。
その溝口の鎮守として崇敬を集めたのであろう。

文化・文政期(1804年-1829年)に編纂された『新編武蔵風土記稿』には当社についてこう書かれている。

(溝口村)
赤城社
字上宿にあり、村の鎮守なり、勧請の年代を知らず、本社二間に三間拝殿二間、石の鳥居を建、共に巽に向ふ、神體は女神男神の二體なり、其さま男神は毘沙門に似たるものにて、右手に玉を持つ、女神は辨財天の如き像、例祭は八月十五日、宗隆寺の持なり、村内の社皆同じ。
稲荷社
本社に向て左にあり、中宿の鎮守なり、末社とはいへど自から一社をなす。
番神堂
僅なる堂にて稲荷の並びにあり。

江戸時代も「赤城社」とされており、溝口村の鎮守だった事が分かる。
ご神体となっていたのが毘沙門天に似た男神と、弁財天のような女神だったという。
神仏習合が色濃い鎮守だった事が分かる。
別当寺は現在も近くにある宗隆寺が担っていた。

神仏分離で伊勢神宮より勧請

明治になり神仏分離。
ここで当社に大きな転機が起こる。
新たに「伊勢神宮」より天照皇大神を勧請し、溝口村(片町・上宿・中宿・下宿・六軒町・六番組)の総鎮守とし、社号も「赤城神社」から「溝口神社」へと改称された。

社号の改称だけでなく、御祭神の変更という大きな変化となっている。
これはおそらく、それまで神仏習合の社として崇敬を集めていた当社だが、神仏分離・廃仏毀釈の影響も強く、既存のままでは維持できない状況があったのだと思われる。
そこで神仏習合の色合いを捨て、新たに「伊勢神宮」から勧請する事で、当社を溝口の鎮守として維持したのだろう。
これにより神仏習合・もしくは赤城信仰とも推測できる当社が、伊勢信仰の神社と変化している。
神仏分離の時代を深く感じさせてくれる出来事。

明治六年(1873)には、村社へ列した。
大正十二年(1923)の関東大震災によって社殿は全壊。
その後、昭和十年(1935)に再建されている。

整備事業で綺麗になった境内

現在の社殿は上述の通り昭和十年(1935)に再建されたもの。
関東大震災からの再建で、第二次世界大戦の戦禍は免れ現存している。

拝殿の扁額は東郷平八郎によるものだという。

境内は平成二十五年(2013)から平成二十六年(2014)にかけて行われた境内整備事業(第62回神宮式年遷宮・溝口神社戒名140年記念事業)によって、大幅に整備され変貌を遂げた。
参道の整備・御神橋の新築がされ、境内にあった御神木の移植や保護なども行っている。

その一環で、当社にある御神木は見処となっている。
特に目を引くのが社殿裏にある「長寿けやき」と呼ばれる、樹齢500年以上のけやきの木。
境内整備される前はプレハブ倉庫に挟まれるようにそびえていたのだが、現在はとても見事に輝いている。

氏子や神職による崇敬の賜物だろう。

「親楠」とされるクスノキは樹齢300年以上。

こちらも境内整備で保護されるようになった。
他にも多くの木を保護、移植しており、境内整備が成功していると言えるだろう。

この親楠の奥には境内社の稲荷社が鎮座。
『新編武蔵風土記稿』にも記載されていた稲荷社で、境内整備移設された。

これにより、社殿での参拝→親楠→稲荷神社→御神木・長寿けやきといった参拝ルートが完成。
案内板も立っていて参拝者としても嬉しい配慮となっている。

御朱印は社務所にて。
兼務社の「二子神社」「御嶽神社」「新城神社」「久地神社」「久本神社」の御朱印も用意しているとの事。(兼務社についての詳細は公式サイトにて)
授与品の御守に本革の御守があり珍しかった。

所感

溝口村の総鎮守として崇敬を集めた当社。
元は「赤城神社」として誕生した歴史、溝口宿の誕生による周辺の発展、神仏習合の社としての崇敬。
そういった歴史から、神仏分離での今の当社の誕生。
江戸以前と明治以降では、御祭神など含めガラリと変化した部分もあるようだが、これも神仏分離による当時の時流を感じさせてくれる部分だろう。
色々な変更があっても氏子による崇敬は変わらず、現在も崇敬を集めている事が素晴らしい。
最近になって落成された境内整備事業は正にそういった氏子による崇敬の賜物に思う。
なお、当社は夜間になると閉門してしまうため、参拝時間が限られている。
平時は午前6時に開門し、午前5時30分に閉門するので、参拝の際は注意したい。

神社画像

[ 鳥居・社号碑 ]
[ 鳥居・参道 ]
[ 参道 ]
[ 狛犬 ]
[ 神橋・拝殿 ]
[ 手水舎 ]
[ 拝殿 ]
[ 本殿 ]
[ 拝殿・本殿 ]
[ 親楠 ]
[ 稲荷神社 ]
[ 御神木・長寿けやき ]
[ 願掛けの夫婦銀杏 ]
[ 子楠 ]
[ 社務所 ]
[ 参道脇境内社 ]
[ 案内板 ]

Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google