富岡八幡宮(深川八幡) / 東京都江東区

富岡八幡宮(とみおかはちまんぐう)
深川八幡(ふかがわはちまん)

御祭神:応神天皇
相殿神:神功皇后・仁徳天皇・天照皇大神・常磐社神・武内宿祢命・日本武尊・天児屋根命・竈大神
旧社格:准勅祭社・府社 現:別表神社
例大祭:8月15日(深川八幡祭/深川祭/水掛け祭)
所在地:東京都江東区富岡1-20-3
最寄駅:門前仲町駅・木場駅
公式サイト:http://www.tomiokahachimangu.or.jp/

御由緒

 富岡八幡宮は寛永四年(1627)、菅原道真公の末裔といわれる長盛法印が霊夢に感じ、当時永代島と呼ばれた小島に創祀したと伝えられます。そして周辺の砂州一帯を埋め立て境内と氏子の居住地を開き、深川発展の基礎が築かれました。
以来隅田川両岸一帯(深川及び現中央区新川・箱崎地区)の氏子を始め、広く世の崇敬を集め、「深川の八幡さま」として親しまれています。
徳川将軍家は源氏の流れを汲むとされ、源氏の氏神である八幡宮を殊の外尊崇し、将軍を始め一門しばしば参拝、社殿の造営修理を行うなど手厚く保護しました。また明治維新に際して朝廷は勅使を差し遣わされて幣帛を奉られ、新しい御代の弥栄を祈念されました。
いっぽう庶民の信仰篤く、八幡宮周辺は江戸・東都随一の門前町として栄えました。そして今も変わる事無く人々の信仰をあつめ、とくに毎月一日・十五日・二十八日の月次祭は縁日として大変な賑わいを見せています。

(※頒布のリーフレットより)

参拝情報

参拝日:2016/01/20

御朱印

初穂料:300円
御朱印授与所にて。

御朱印帳

初穂料:1,200円
社務所にて。

オリジナルの御朱印帳を用意。
表に社殿、裏に神輿がデザインされたもの。

※筆者はお受けしていないので情報のみ掲載。

授与品・頒布品

ステッカー小
初穂料:200円
授与所にて。



考察

深川の八幡様・深川祭

江東区富岡に鎮座する神社。
旧社格は准勅祭社の後に府社。
現在は別表神社であり、東京十社の内の一社。
江戸時代には江戸八所八幡宮の一社に数えられた。
境内社には深川七福神の恵比寿がお祀りされている。

「富岡八幡宮」が正式であるが、鎮座地から「深川八幡」と呼ばれる事も多い。
古くから「深川の八幡様」として親しまれた。
江戸勧進相撲の発祥の地としても知られる。

また、毎年8月15日を中心に行われる例大祭は「深川祭」「深川八幡祭」「水掛け祭」とも呼ばれているもの。
同じく現在は東京十社となっている「神田神社(神田明神)」の「神田祭」、「山王日枝神社(山王さま)」の「山王祭」と並んで「江戸三大祭」の1つに数えられ、約370年の歴史を誇るお祭り。

長盛法師が開拓・創建

社伝によると寛永四年(1624)、に菅原道真の末裔とされている長盛法師が、砂州であった深川の地を埋め立て干拓し、永代島と呼ばれていた小島に当社を建立したことが創建とある。

創建当時は「永代嶋八幡宮」と呼ばれており、砂州を埋め立て開拓した事により広大な社有地があり、深川地域の発展の基礎を作ったとされている。
なお、この長盛法師は同じ地に別当寺として「永代寺」も建立している。

勧請元は2つの説が存在

当社の御由緒には記されていない勧請元のお話。
当社の勧請元には2つ説が存在する。

神奈川県横浜市金沢区に鎮座する「富岡八幡宮」から勧請され、当社はこちらの分社であるという説。
茨城県下妻市に鎮座する関東最古の八幡様「大宝八幡宮」から勧請されたという説。

前者のほうが有力説で知れ渡っているのだが、どちらの神社もお互いの御由緒にそういった事を書いてあり、いずれも江戸時代の資料にはそういった事を記載されているため、実際はどうだったかは不明。
当社の御由緒に勧請元が書いていないのは、そういった争いを避けるためかもしれない。

幕府からの庇護と深川の発展

当社は江戸幕府により手厚い庇護を受ける事となる。
これは徳川家は源氏の流れを汲むとされていたため、源氏の氏神であった八幡様を崇敬したという事がある。
そして江戸町民にも「深川の八幡様」として親しまれた。

創建後の江戸では、明暦三年(1657)に明暦の大火(別名:振袖火事)という、当時の江戸の大半を消失するに至った江戸時代最大の大火災が発生している。
当社は江戸郊外であったため火災は免れているのだが、復興を目指す幕府は、復興開発事業の地として本所や深川といった町を新興居住区域としており、当社はそういった面もあり崇敬篤く庇護されたのだろう。

当社と別当寺「永代寺」の周囲には門前町が形成される。
これが現在の門前仲町であり、幕府が深川を新興居住区域としていた事もあり人口も爆発的に増える。

干拓地が沖合いに延びるにつれ商業施設も多く立ち並び、江戸でも人気の観光地となっていく。

富岡の名は聖徳太子から

天和二年(1682)に「天和の大火」という大火事が発生。
当社や別当寺も火災の被害にあっている。

貞享二年(1685)に再建された別当寺「永代寺」の客殿に、不思議な児童が現れ、聖徳太子にまつわる話と「富岡」という地名を伝えていったという伝承が残っている。
そのため「富岡」の名は、貞享二年(1685)に聖徳太子より口授されたものであるとされた。

これが当社に伝わっていた富岡の伝承であり、そのため当社には現在も境内社に「聖徳太子社」として、聖徳太子がお祀りされている。

以後「富岡八幡宮」を名乗る事となる。
但し、庶民からは「深川の八幡さま」として「深川八幡」と崇敬され続けたようだ。

江戸有数の人気スポット

江戸時代も中期から後期になると、当社周辺は江戸でも有数の観光スポットとなる。
江戸最大の八幡様として、幕府からの庇護、そして江戸町民からの人気もかなりのものだったようだ。
現在も行われる例大祭「深川祭」が、江戸三大祭りと呼ばれるのも、そういったところからだろう。
その頃の深川祭の人気は、永代橋に多数の人が押し入ったことにより、永代橋を崩落させたほどという。

天保年間(1834年/1836年)に発行された『江戸名所図会』に当時の様子が描かれている。

富岡八幡宮1

「富岡八幡宮」として、6ページにも及ぶ描かれ方をしている。
現在も規模の大きな境内ではあるが、当時はそれ以上に広大で賑わっていたのが分かる。
境内の至るところに「茶屋」が立ち並んでおり、境内と共に発展した門前町の様子も伺える。
江戸町民からの人気が伺える貴重な描写。

さらに歌川広重が『名所江戸百景』の中で「深川八幡」として描いている。

富岡八幡宮3
(歌川広重・名所江戸百景)
東都三十六景
(歌川広重・東都三十六景)

こちらも歌川広重によるもので「東都三十六景」にて「深川八まん」として描かれたもの。
とても美麗だった境内。

江戸名所2
(歌川広重・江戸名所)

同じく広重による「江戸名所」の「深川八幡宮」。
桜が咲き誇り、桜の名所にもなっていたのだろう。

江戸高名会亭尽
(歌川広重・江戸高名会亭尽)

「江戸高名会亭尽」に「深川八幡境内」として描かれたもの。
「江戸高名会亭尽」は有名料理茶屋を描いたシリーズものの錦絵で、当社の境内に多くの料理茶屋があった事が分かる。

この他にも広重は「深川八幡山開き」といったものも描いている。

深川八まん山ひらき
(歌川広重・名所江戸百景)

春に半月の間「山開き」として別当寺「永代寺」の庭園を一般公開したという。
広く美麗な庭園は人気の名所であった。

神仏分離で准勅祭社に

明治になり神仏分離で、別当寺の「永代寺」とは分離。
この「永代寺」は廃寺になっており、現在の「永代寺」は明治二十九年(1896)に再建されたもの。
ちなみに江戸時代に「永代寺」があった跡地は、現在、深川公園や「深川不動堂(成田山東京別院)」になっている。

社格は准勅祭社とされ、これが現在の東京十社となっている。
准勅祭社が廃止後は府社に列している。
明治政府だけでなく皇室からの崇敬も篤かった。

江戸最大の八幡様として崇敬が篤かった当社。
現在の境内も比較的規模が大きく別表神社となっている。

立派な社殿と数多くの境内社

社殿は上述の通り天和二年(1682)の大火で消失し再建。
その後も元禄十六年(1703)の巨大地震「元禄地震」で損壊、大正十二年(1923)の関東大震災でも損壊、さらに第二次世界大戦の空襲で戦火にもあっている。
このように何度も再建や修復を繰り返しており、現在の社殿は昭和三十一年(1956)に造営されたもの。

鉄筋コンクリートを使用した、重層型準八幡造りとなっている。

御朱印は社殿横にある御朱印授与所(祈祷受付所)にて。
オリジナルの御朱印帳は社殿に連なる授与所で用意してあった。

境内社の数も豊富。
西側には富士浅間社・金刀比羅社・大国主社・恵比寿社・鹿島神社・大鳥神社といった境内社が立ち並ぶ。

そのうち「恵比寿社」は、荏原七福神の恵比寿様を担っている。
七福神巡りの際はそちらの御朱印もお受けできる。

東側には弁天池があり、その奥に七渡神社・粟島神社。

七渡神社は七渡弁天と親しまれる地主神で、八幡宮が創祀される以前から祀られている。

その隣には、祖霊社・花本社・天満天神社・聖徳太子社・住吉社・野見宿袮社・車析社・客神社。

「野見宿袮社」は江戸勧進相撲発祥の地であることから、相撲の始祖である野見宿袮を祀ってい
る。
花本社」は、深川に住んでおりゆかりのある松尾芭蕉を御祭神としたもの。
「聖徳太子社」は、上述の通り「深川」の名の由来は聖徳太子よりという伝説に基づく事から。
さらに隣に永昌五社稲荷神社が鎮座している。

江戸勧進相撲の発祥の地

境内には多くの石碑類が置かれているが、特筆すべきは相撲に関わる碑だろう。
特に社殿の裏手にある横綱記念碑は歴代の横綱の名が刻まれた碑。

当社は江戸勧進相撲の発祥の地としても知られ、しばしば境内で本場所も開催された。
現在も新横綱誕生のおりの奉納土俵入りなどの式典が執り行われる。

初代から現在までの横綱の名が刻まれており、久しく日本人横綱が誕生していないため、今後に期待したい。

所感

江戸最大の八幡さまとして信仰を集めた当社。
それは現代においても変わらず、多くの方々の参拝で賑わっている。
現在でも、江戸三大祭りに数えられ日本最大の神輿が出る「深川祭」だけでなく、毎月1日・15日・28日は月次祭として縁日になり屋台が多く出るし、毎月日曜(第1・2・4・5)では骨董石が開催と、今もなお大賑わいの境内を頻繁に見る事ができる。
これからも深川の八幡様として崇敬され続けるのだろう。
東京を代表する神社の1社なのは間違いなく、崇敬の篤さを感じる良社である。

神社画像

[ 社号碑・大鳥居 ]

[ 大鳥居 ]

[ 参道 ]

[ 手水舎 ]

[ 拝殿 ]





[ 本殿 ]

[ 御朱印授与所 ]

[ 西・手水舎 ]

[ 境内社鳥居 ]

[ 富士浅間社・金刀比羅社・大国主社・恵比寿社・鹿島神社・大鳥神社 ]

[ 浅間社 ]

[ 弁天池鳥居 ]

[ 弁天池・弁天橋 ]

[ 粟島神社・七渡神社 ]

[ 祖霊社・花本社・天満天神社・聖徳太子社・住吉社・野見宿袮社・車析社・客神社 ]

[ 永昌五社稲荷神社鳥居 ]

[ 永昌五社稲荷神社 ]

[ 横綱力士碑 ]




[ 角乗りの碑 ]


[ 神馬 ]

[ 婚儀殿 ]

[ 社務所・授与所 ]

[ 神輿庫 ]

[ 伊能忠敬像 ]

[ 大関力士碑 ]

[ 境内案内図 ]

Google Maps

『富岡八幡宮(深川八幡) / 東京都江東区』へのコメント

  1. 名前:テカテカ 投稿日:2017/03/16(木) 12:11:53 ID:357abcdd8 返信

    今までに、ネットでいろいろ見てきましたが、他を圧倒する出来具合に感心しています。気になったところが一か所、「重層型準八幡造り」が「八萬」になっていました。

  2. 名前:神社メモ 投稿日:2017/03/16(木) 16:51:15 ID:19ef4fb4a 返信

    テカテカ様

    ご指摘ありがとうございます。
    間違っていましたので修正させて頂きました。
    また何かお気付きの点ございましたら教えて頂けたら幸いです。

    記事が少し古くなっていますので、次回参拝時にまた新たに書き直す予定です。
    その際もご覧頂けましたら嬉しいです。
    ありがとうございました^^