浅草鷲神社 / 東京都台東区

【神社情報】

浅草鷲神社(あさくさおおとりじんじゃ)

御祭神:天日鷲命・日本武尊

社格等:村社

例大祭:11月酉日(酉の市)


所在地:東京都台東区千束3-18-7

最寄駅:入谷駅・三ノ輪駅・浅草駅

公式サイト:http://www.otorisama.or.jp/


【御由緒】

鷲神社は天日鷲命(あめのひわしのみこと)日本武尊(やまとたけるのみこと)をお祀りした由緒正しい神社です。現在は「おとりさま」として一般にも親しまれ崇敬を集めており、また十一月の例祭も現在は「酉の市(とりのいち)」として広く知られています。

社伝によると天照大御神が天之岩戸にお隠れになり、天宇受売命が、岩戸の前で舞われた折、弦(げん)という楽器を司った神様がおられ、天手力男命が天之岩戸をお開きになった時、その弦の先に鷲がとまったので、神様達は世を明るくする瑞象を現した鳥だとお喜びになり、以後、この神様は鷲の一字を入れて鷲大明神、天日鷲命と称される様になりました。
天日鷲命は、諸国の土地を開き、開運、、殖産、商賣繁昌に御神徳の高い神様としてこの地にお祀りされました。

後に日本武尊が東夷征討の際、社に立ち寄られ戦勝を祈願し、志を遂げての帰途、社前の松に武具の「熊手」をかけて勝ち戦を祝い、お礼参りをされました。その日が十一月酉の日であったので、この日を鷲神社例祭日と定めたのが酉の祭、「酉の市」です。この故事により日本武尊が併せ祭られ、御祭神の一柱となりました。

江戸時代から鷲神社は、「鳥の社(とりのやしろ)」、また「御鳥(おとり)」といわれており、現在も鷲神社は「おとりさま」と一般に親しまれ崇敬を集めています。十一月の例祭も現在は「酉の市」と広く知られていますが、正しくは「酉の祭(トリノマチ)」と呼ばれた神祭の日です。
(※鷲神社 御由緒より)
【参拝情報】

参拝日:2015/05/03

【御朱印】

初穂料:300円

授与所にて。

鷲神社


【御朱印帳】

初穂料:1,200円
授与所にて。

取り外してしまったが透明の防水カバーも一緒についてくる。
挟んであった紙にワンポイントの金印が押してあり可愛らしい。(画像:Twitter
なお、御朱印を一緒にお受けする場合、御朱印代は別途。

[ 表面 ]

鷲神社御朱印帳3

[ 裏面 ]
鷲神社御朱印帳4

【備考】

「酉の市」で有名な浅草の鷲神社(おおとりじんじゃ)。
江戸の後期から最も著名で日本一の規模で盛り上がる酉の市が当社。

「酉の市」起源発祥の地とも呼ばれ、こちらでもその事を謳っているが、その経緯は少し複雑。
もともと酉の市という祭り自体は、現在の足立区花畑にある「大鷲神社」で栄え、こちらを発祥とする説のほうが有力であり、実際に当時の資料などでも花畑の「大鷲神社」を「本酉」と据えている。
花畑の大鷲神社を「上酉、本酉」、千住にある勝専寺を「中酉」(明治に閉鎖)、浅草の鷲神社(当社)と長國寺を「下酉、新酉」と称しており、江戸時代に盛大な酉の市はこの3箇所だったようだ。
天保年間(1834年/1836年)に発行された『江戸名所図会』には、花畑の大鷲神社は描かれているのだが、当社は描かれていないため(もう少し後の資料に出てくる事が多い)、やはり当時から花畑のほうが本酉とされていたのが伺える。

但し、発祥当時の酉の市は現在の酉の市とは形が結構違うため、現在の様式を形作ったのが、この浅草の「鷲神社」と見るのが自然かも。
そういう意味では発祥の地というのも間違いではない。
そして江戸後期から今もなお日本一の盛り上がりを見せるのが当社。

これには地の利も関係している。

当社の東隣には「新吉原」という遊郭が存在した歴史があり、酉の市が開催されると遊郭内が開放されたと言われている。
そのため当時から大変な盛り上がりだったようで、それが現在も脈々と続いているのが素晴らしい。
関東大震災の年、戦時中、終戦直後など、そういった年でも酉の市は開催され、一度もやらなかった年はないそうだ。

江戸の頃から、そして明治維新後もずっと盛り上がりを見せる酉の市だったため、当社の酉の市について触れた文学も多い。
樋口一葉の「たけくらべ」や、正岡子規の句など、それらを彫った碑も当社には多数置かれている。

参道の入口には大変豪華で大きな「熊手」。
酉の市でお馴染みの熊手は年中飾られている。
二の鳥居は天保10年(1839)造と歴史があるもの。

通常時は拝殿に「なでおかめ」が安置されている。
撫でる事でご利益を授かるという巨大なおかめ。
賽銭箱の上に安置されているのだが、賽銭を口の中に入れれるので、ちょっと面白い。
酉の市当日は、社務所入口にて披露されるのだが、今年(2015年)は事故回避のため中止するそうなので、なでおかめを撫でたい場合は、酉の市を避けたほうがよいかも。

昭和56年より始まった、下町の八神社で構成される東京下町八社会に属していて、当社は「商売繁盛」のご利益がある。
中には下町八社巡り(下町八福神参り)を行う方もいるようで、専用の色紙なども用意されていた。

さらに「浅草名所七福神」のひとつ「寿老神」も祀られている。

御朱印は授与所にて。
御朱印帳はかなり目立つデザインとなっており、この日も多くの方が御朱印帳と御朱印をセットでお受けしていた。
筆者も使っていた御朱印帳が埋まってしまったため、次の御朱印帳はこちらでお受けする事に。
実家の氏神さまが目黒の「大鳥神社」という縁もあり、こちらのを是非頂きたかった。
挟んで頂いた紙にもワンポイントで可愛らしい印を押してあり何だか嬉しい。(画像:Twitter

日本一の酉の市で有名な浅草の鷲神社。
酉の市の日以外でも、参拝者が途切れる事はなく、崇敬の篤さを感じる事ができる。
酉の市の日の物凄い盛り上がりを感じるのもよいが、個人的にはそれ以外の日に参拝に訪れるのもオススメ。
境内(社務所前)にベンチやテーブルもあり、無料でお茶などを配って(セルフ)いるので、浅草周辺を巡ってここで一息なんてのもいいかもしれない。

なお、酉の市は11月の酉の日に開催されるので、年によっては二の酉までの年と、三の酉まである年がある。
ちなみに今年2015年は三の酉まであり、一の酉(11/5)、二の酉(11/17)、三の酉(11/29)となっている。

神社画像

[ 叉木]

[ 大熊手 ]

[ 一の鳥居 ]

[ 二の鳥居 ]

[ 手水舎 ]

[ 拝殿 ]

[ なでおかめ ]

[ 授与所・神楽殿・渡殿 ]

[ 石碑 ]

【Google Maps】

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google