江戸名所図会

台東区

花園稲荷神社 / 東京都台東区

忍ヶ岡(上野の古地名)に創建した地主神。上野公園内に鎮座・隣接する「五條天神社」。洞穴の中にある聖地の穴稲荷・奉納鳥居が連なる裏参道。パワースポットや縁結びの御利益。浮世絵などに描かれた当社。上野戦争激戦地「穴稲荷門の戦」。御朱印。
文京区

湯島天満宮(湯島天神) / 東京都文京区

東京を代表する天神さま。学問の神として受験生からの人気。梅の名所として名高い梅園と梅まつり。徳川将軍家からの庇護。学者文人からの崇敬・江戸の三富としての賑わい。広重の浮世絵に描かれた当宮。総檜造りの新社殿・神牛像(撫牛)。御朱印。御朱印帳。
千代田区

築土神社 / 東京都千代田区

平将門を祀る築土明神。日本武道館の氏神。正月期間限定の勝守。将門公に因んだ九曜紋や繋ぎ馬の神紋。平将門の首を祀り将門塚近くに創建。幾度も遷座を繰り返し、江戸時代は「筑土八幡神社」と並び立つ形に。江戸名所図会に描かれた当社。御朱印。
千代田区

山王日枝神社 / 東京都千代田区

東京十社・皇城を守る山王さま。徳川将軍家からの篤い崇敬・徳川歴朝の産土神。浮世絵に描かれた当社。天下祭と呼ばれた山王祭。山王信仰を伝える山王鳥居・神使の猿像。境内社・猿田彦神社と庚申の日。国宝刀剣の展示もある宝物殿は無料。御朱印。御朱印帳。
世田谷区

喜多見氷川神社 / 東京都世田谷区

喜多見総鎮守。自然溢れる静謐な参道・区内最古の石鳥居・再建された立派な社殿。古い土地である喜多見の歴史。当地に移入した江戸氏。江戸氏が喜多見氏に改称・喜多見氏の氏神に。江戸郊外に立藩された喜多見藩。江戸名所図会に描かれた当社。御朱印。
横浜市

神明社(保土ケ谷区) / 神奈川県横浜市

旧「伊勢神宮」荘園・榛谷御厨の総鎮守。榛谷御厨とは・保土ヶ谷と神戸の由来。浮世絵で見る程ヶ谷宿(保土ヶ谷宿)。江戸時代に描かれた当社。平成の大造営によって一新された境内。広大な境内に鎮座する本社「天照太神宮」と摂社「豊受大神宮」。御朱印。
横浜市

星川杉山神社 / 神奈川県横浜市

星川鎮守。限定御朱印や友禅染の御朱印帳。一部区域のみに見られる杉山神社の謎。式内社としての杉山神社。星川の地名由来・古代の遺跡が発見された社地。江戸名所図会に描かれた当社。バリアフリー化され綺麗に整備された境内。御朱印。御朱印帳。
世田谷区

世田谷八幡宮 / 東京都世田谷区

世田谷総鎮守。江戸郊外三大相撲の一社。境内の土俵や力石・奉納相撲。源義家(八幡太郎)による創建。世田谷城主・吉良頼康による再興。世田谷村の鎮守として発展。江戸時代に描かれた当宮。広く立派な境内・荘厳な社殿・綺麗な弁天池。御朱印。
新宿区

筑土八幡神社 / 東京都新宿区

牛込東部鎮守。新宿区最古の石鳥居・珍しい庚申塔。戦後に再建された社殿・境内社宮比神社。平安時代に創建の伝承。伝教大師(最澄)による神像・筑土の由来。江戸時代は「築土神社」が隣に遷座し並び立つ形に。江戸名所図会に描かれた当社。御朱印。
新宿区

赤城神社 / 東京都新宿区

牛込総鎮守。神楽坂鎮座。赤城神社再生プロジェクトとは。近代的な社殿や蛍雪天神・個性的な狛犬。ゲゲゲの鬼太郎御守など豊富な授与品・カフェも併設。上野国出身の豪族により勧請・赤城信仰とは。江戸幕府より江戸大社に列せられる。御朱印。御朱印帳。
世田谷区

池尻稲荷神社 / 東京都世田谷区

池尻鎮守。江戸時代に開拓された池尻村と池沢村・池尻の地名由来。旧大山道沿いに鎮座・大山道とは。涸れずの井戸・薬水の井戸の伝承。江戸時代に描かれた当社。戦火を免れた社殿。水と蛇にまつわる境内社。明治以降の池尻は軍事地域として発展。御朱印。
立川市

立川諏訪神社 / 東京都立川市

立川のお諏訪さま。平安時代初期「諏訪大社」より勧請。江戸時代になり現在地に再建。平成六年(1994)に不審火によって社殿が焼失・平成十四年(2002)に現在の社殿が再建。三社一殿の立派な社殿。随神門・目の神様・土俵。奉納獅子舞・奉納相撲。御朱印。
港区

御穂鹿嶋神社 / 東京都港区

本芝地区鎮守。平成になり御穂神社と鹿嶋神社が合併。新しく造営された綺麗な社殿。古典落語「芝浜」の舞台。江戸時代より本芝両社と呼ばれ崇敬を集める。江戸時代に描かれた両社・江戸切絵図で見る芝浜。万里小路(藤原)藤房の伝説。御朱印。
港区

日比谷神社 / 東京都港区

新橋(汐留地区含む)鎮守。「鯖稲荷」として親しまれた神社・その由来。日比谷の鎮守から芝口(東新橋)の鎮守へ。江戸切絵図と江戸名所図会から見る当社。戦前と戦後に遷座を繰り返す。新しさを感じるこぢんまりとした境内。御朱印。
新宿区

四谷須賀神社 / 東京新宿区

四谷総鎮守。元は稲荷神社・江戸城の外堀普請のため遷座・牛頭天王を合祀。『君の名は。』の舞台となった男坂。金色燦然と輝く御内陣・三十六歌仙絵。切絵図と江戸名所図会から見る当社。明治維新で改称・戦後の再建。御朱印。