江戸名所図会一覧

麻布氷川神社 / 東京都港区

麻布総鎮守。江戸氷川七社の一社。月替りの御朱印。浮世絵にも描かれた麻布一本松。徳川将軍家からの庇護。江戸時代の当社。セーラームーンに登場神社のモデル。コンクリート博士による現社殿。江戸時代の神楽殿や神輿庫。港七福神めぐり・毘沙門天。御朱印。

目黒大鳥神社 / 東京都目黒区

目黒総鎮守。目黒のお酉さま。鳥明神と称された目黒区最古の神社。江戸時代から続く目黒の酉の市・熊手の粋な買い方。江戸図に描かれた江戸九社。北斎の浮世絵で見る下目黒。江戸庶民の娯楽であった目黒詣。切支丹灯篭。平成の御社殿保存修復事業。御朱印。

武蔵一宮氷川神社 / 埼玉県さいたま市

武蔵国一之宮。氷川神社の総本社。氷川の由来。大宮の地名由来。東京・埼玉に点在する氷川信仰。江戸時代に描かれた当社。明治天皇が関東の神社で最初に行幸。約2kmの氷川参道。国費で改築された楼門や社殿。明治天皇御親祭150年祭。御朱印。御朱印帳。

大宮八幡宮 / 東京都杉並区

東京のへそに鎮座・子育厄除け八幡さま。武蔵国三大宮。源頼義・義家(八幡太郎)父子による創建。徳川家康による寄進。江戸時代に描かれた当宮。多摩清水社・大宮天満宮など多くの境内社。パワースポット・小さなおじさんの都市伝説。御朱印。御朱印帳。

元神明宮 / 東京都港区

元神明と称される古社。一条天皇の勅命によって創建。頼光四天王・渡辺綱の伝説と産土神。元神明と称された由来。江戸切絵図から見る当宮・隣は久留米藩主有馬家上屋敷。江戸時代に描かれた当宮。平成に造営された伝統建築と近代建築が融合した社殿。御朱印。

高輪神社 / 東京都港区

高輪一帯の総鎮守。稲荷社として創建・高輪の地名由来。太子堂や庚申堂の建立。江戸名所図会に描かれた当社。切絵図から見る高輪周辺。神仏分離と高輪神社への改称。江戸時代の鳥居や狛犬が現存。聖徳太子を祀る太子宮。東京福めぐりの一社。御朱印。

亀塚稲荷神社 / 東京都港区

聖坂途中に鎮座する小さなお稲荷様。旧芝三田功運町の鎮守。更級日記に記された竹芝寺伝説。酒壺の霊亀の伝承と亀塚。太田道灌による社の建立。切絵図から見る三田周辺。江戸名所図会に描かれた当社。区内最古の弥陀種子板碑。小さな朱色の社殿。御朱印。

御田八幡神社 / 東京都港区

三田鎮守の八幡さま。式内社「薭田神社」論社とされる古社。久保三田に遷座・嵯峨源氏渡辺一党の氏神。頼光四天王・渡辺綱の伝説と綱八幡。江戸時代初期に当地へ遷座。江戸切絵図や江戸名所図会から見る当社。オフィス街に鎮座・鬱蒼とした境内。御朱印。

磐井神社 / 東京都大田区

式内社の格式を持つ古社。武蔵国八幡総社。カラフルな月替り御朱印や月詣り御朱印。「鈴ヶ森八幡宮」と呼ばれた江戸時代。磐井の名の由来となった磐井の井戸。鈴ヶ森の由来となった鈴石や鳥石。東海七福神「笠島弁天社」は万葉集に載る古社の伝承。御朱印。

十寄神社 / 東京都大田区

新田義興公と御家来衆を祀る神社。南朝の忠臣・新田義興。矢口の渡しでの謀殺。祟りを鎮めるため新田神社と十騎神社の創建。当社に参拝後に新田神社へ参拝すると願い事が叶う伝承。古い社号碑。多摩川七福神・毘沙門天。本務社は「徳持神社」。御朱印。

新田神社 / 東京都大田区

新田義興を祀る神社。破魔矢発祥の地。カラフル御朱印・兜の御朱印帳。平賀源内『神霊矢口渡』の舞台。少将局の悲劇・矢口の渡しでの謀殺。樹齢700年の御神木。義興の墳墓。石の卓球台などユニークな境内。多摩川七福神・恵比寿。御朱印。御朱印帳。

稲毛神社 / 神奈川県川崎市

川崎宿鎮守の山王様。健勝堅固の御朱印。武甕槌神を祀り武甕槌宮と称した古社。平安末期に山王権現を勧請。江戸時代に描かれた当社と浮世絵で描かれた川崎宿。神仏分離で稲毛神社に改称。十二支めぐりと樹齢1,000年の御神木。天地睨みの狛犬。御朱印。

宮益御嶽神社 / 東京都渋谷区

渋谷宮益坂に鎮座する旧宮益町の氏神。珍しい日本狼の狛犬。宮益町の地名由来・富士見坂と呼ばれた宮益坂。江戸切絵図から見る当社。江戸名所図会に描かれた当社と渋谷。明治天皇が御小休所とした事から聖蹟に指定。炙り不動と呼ばれた不動尊堂。御朱印。

1 2 3 4 6