江戸名所図会

港区

赤坂氷川神社 / 東京都港区

赤坂鎮守の氷川さま。東京十社。徳川吉宗が造営した社殿が現存。江戸時代の風情が残る境内。祭事や季節に応じた限定御朱印。浮世絵など江戸時代に描かれた当社。縁むすび参り。忠臣蔵。四合(しあわせ)稲荷。古い狛犬や石灯籠。御神木の大銀杏。御朱印帳。
品川区

戸越八幡神社 / 東京都品川区

江戸越えのお宮・戸越鎮守の八幡さま。戸越の地名由来となった成就庵。数多くのカラフル御朱印・限定御朱印・御朱印帳。震災や戦災を免れた江戸時代の社殿。品川区最古の狛犬。ソファーのある境内・輪投げやダーツも。別当寺・行慶寺によって八幡宮の建立。
千代田区

山王日枝神社 / 東京都千代田区

皇城之鎮・皇居を鎮護する山王さま。東京十社。令和記念の復刻御朱印。可愛らしい猿の御朱印帳。徳川将軍家からの篤い崇敬・徳川歴朝の産土神。天下祭と呼ばれた山王祭。山王信仰の山王鳥居・神使の猿像。国宝刀剣の展示もある宝物殿。庚申の日。稲荷参道。
スポンサーリンク
新宿区

新宿十二社熊野神社 / 東京都新宿区

新宿総鎮守の一社。中野長者と呼ばれた鈴木九郎が創建・熊野十二所権現を勧請。十二社(じゅうにそう)と呼ばれる由来。限定御朱印。八咫烏と社殿や高層ビルの御朱印帳。浮世絵に描かれた当社・十二社池・熊野滝。角筈村鎮守。酉の市。新宿中央公園に隣接。
杉並区

阿佐ヶ谷神明宮 / 東京都杉並区

八難除で知られる阿佐ヶ谷鎮守。限定御朱印・刺繍入り御朱印・御朱印帳。レースブレスレット型御守の神むすび。阿佐谷七夕まつり。三貴子を祀る御垣内三殿。能楽殿はBABYMETALのPVでも使用。日本武尊の伝承。御神体の霊石。江戸時代に当地へ遷座。
目黒区

目黒大鳥神社 / 東京都目黒区

目黒総鎮守。目黒のお酉さま。鳥明神と称された目黒区最古の神社。江戸時代から続く目黒の酉の市・熊手の粋な買い方。通常時も御朱印授与を再開・カラフル限定御朱印。葛飾北斎の浮世絵で見る下目黒。江戸庶民の娯楽だった目黒詣・目黒三社。切支丹灯篭。
大田区

磐井神社 / 東京都大田区

武蔵国八幡総社。延喜式内社。カラフルな月替り御朱印。狛犬をデザインした御朱印帳は2種類。鈴ヶ森八幡宮と称された江戸時代。磐井の由来となった井戸。鈴ヶ森の由来となった鈴石。子宝の象徴の狛犬。東海七福神・弁財天。笠島弁天社は万葉集に載る古社。
足立区

素盞雄神社 / 東京都荒川区

荒川区最大の氏子区域を誇る千住天王。疫病除けの御神徳。瑞光石の伝説・牛頭天王と飛鳥権現を祀り創建。戦後に再建された美しい社殿。江戸時代の富士塚。お水取り可能な御神水。古い庚申塔などの地蔵堂。飛鳥の杜。松尾芭蕉『奥の細道』旅立ちの碑。御朱印。
港区

廣尾稲荷神社(広尾稲荷神社) / 東京都港区

広尾鎮守のお稲荷様。江戸時代の拝殿・天井に描かれた高橋由一の墨龍画。二代将軍徳川秀忠による勧請・ハナギメ稲荷と称される。広大な原野で浮世絵などに描かれた広尾。富士見御殿の鎮守・富士見稲荷の謎。青山火事で社殿焼失と再建。境外の庚申塔。御朱印。
港区

白金氷川神社 / 東京都港区

白金総鎮守の氷川さま。港区最古の古社・日本武尊の伝承。室町時代に白金村が成立・白金の地名由来。江戸名所図会に描かれた当社。戦後に再建された美しい社殿。建武神社。白金に広い境内を有する・猫が多い境内。「白金」は「しろかね」と読む。御朱印。
港区

麻布氷川神社 / 東京都港区

麻布総鎮守。江戸七氷川の一社。月替りの御朱印・宮神輿巡行の御朱印帳。浮世絵にも描かれた麻布一本松。徳川将軍家からの庇護。セーラームーンに登場神社のモデル。コンクリート博士による社殿。神楽殿や神輿庫。向かい合う狛犬。港七福神めぐり・毘沙門天。
川崎市

稲毛神社 / 神奈川県川崎市

川崎宿鎮守の山王様。武甕槌神を祀る古社。平安末期に山王権現を勧請。佐々木高綱による社殿造営。神仏分離で稲毛神社に改称。十二支めぐりと樹齢1,000年の御神木。天地睨みの狛犬。川崎山王祭。大鷲神社(酉の市)。健勝堅固や和勝の御朱印。御朱印帳。
港区

飯倉熊野神社 / 東京都港区

旧飯倉町鎮守の熊野さま。奈良時代創建の古社・芝浦海辺に創建。太田道灌による再建・飯倉の地に遷座。『江戸名所図会』に描かれた当社。戦後の再建と社地縮小。桜田通りに面して鎮座・小さな鎮守。八咫烏の御朱印。港七福神めぐり・恵比寿。サッカー御守。
港区

三田春日神社 / 東京都港区

三田鎮守。学問平和の守護神・三田の春日さま。平安時代に荏原三田邑(目黒区三田)に創建。江戸府内唯一の春日社。慶應義塾大学三田キャンパスの隣に鎮座。御朱印には鹿・藤や桜のスタンプも。御朱印帳には道中安全祈祷御守付き。朱色が鮮やかな社殿。
港区

芝東照宮 / 東京都港区

芝公園の一画に鎮座する芝東照宮。徳川将軍家の菩提寺「増上寺」に造営された安国殿が起源。徳川家光によって豪奢な社殿が造営。神仏分離で増上寺と分離。旧本殿は旧国宝に指定。三代将軍家光が植えた御神木の公孫樹。御朱印・道中安寧守。数多くの御朱印帳。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました