高木神社 / 東京都墨田区

神社情報

高木神社(たかぎじんじゃ)

御祭神:高皇産霊神
社格等:村社
例大祭:6月第1土・日曜
所在地:東京都墨田区押上2-37-9
最寄駅:曳舟駅・京成曳舟駅
公式サイト:http://takagi-jinjya.com/

御由緒

応仁二年(1468年)、室町時代の創祀と伝えられており、旧寺島新田の鎮守として尊崇され、古くは「第六天社」と呼ばれていました。
明治時代初期の神仏分離の制度で『高木神社』と改めました。
その社名は、御祭神である高皇産靈神の別名が「高木の神」であるからといわれています。
かつては、境内に大きな臥龍の松があり、曳舟川を上下する舟をはじめ、地域の人々の往来の目印となっていました。
昭和四十二年一月、鉄筋コンクリート造りの社殿改築が成り、昭和四十三年十一月、鎮座五百年の式年大祭が行われました。
平成三十年六月、御鎮座五百五十年記念式年大祭を行います。(頒布のリーフレットより)

参拝情報

参拝日:2018/10/12(御朱印拝受/ブログ内画像撮影)
参拝日:2017/04/06(御朱印拝受/ブログ内画像撮影)

御朱印

初穂料:300円
社務所にて。

※月替りの御朱印、時期によって限定御朱印を用意している。
※御朱印を拝受した際に「むすび石」を一緒に頂いた。

限定御朱印情報
2018年中「御鎮座550年記念御朱印」(書き置きのみ初穂料550円)
毎月「月替りの御朱印」(初穂料300円)
11月23日のみ「新嘗祭御朱印」(初穂料300円)
詳細は公式サイトにて。

[2018/10/12拝受]
(御鎮座550年記念御朱印)

[2018/10/12拝受]
(2018年10月御朱印)

[2017/04/06拝受](2017年4月御朱印)

御朱印帳

オリジナル御朱印帳
初穂料:1,500円
社務所にて。

オリジナルの御朱印帳を用意。
おにぎりがデザインされた可愛らしい御朱印帳。
肌色・紫色・緑色の3色を用意。

『からかい上手の高木さん』コラボ御朱印帳
初穂料:3,000円(特別御朱印代込)
社務所にて。

『からかい上手の高木さん』とのコラボ御朱印帳も用意。
高木さんのスタンプが押された特別御朱印含む。
高木さんの特別御朱印は御朱印帳を授与された方のみ。

※筆者はお受けしていないので情報のみ掲載。

授与品・頒布品

むすび石
初穂料:─
社務所にて。

※御朱印を拝受した際に授与して頂ける。


歴史考察

むすびの神を祀る旧寺島村新田の鎮守

東京都墨田区押上に鎮座する神社。
旧社格は村社で、旧寺島村新田の鎮守。
かつては「第六天社」と称し、明治の神仏分離によって「高木神社」と改称。
御祭神として高皇産霊神(たかみむすびのかみ)を祀っている事から、むすびの神として崇敬を集め、近年はそれにちなみ「おむすび」の神社として知られる。
また社号からTVアニメ化もされた漫画『からかい上手の高木さん』とのコラボを行っている事でも人気を博している。

室町時代に第六天社として創建

社伝によると、応仁二年(1468)に創建とされる。
古くは「第六天社」と称され崇敬を集めた。

同年、現在も隣接する旧別当寺「正圓寺」も創建。当地の新田開墾と共に神仏習合の中で共に創建されたと推測できる。

かつての当地は寺島村の一画。
中でも新田(寺島新田)と呼ばれた地域の鎮守を担った。

武蔵国に多く鎮座した第六天魔王を祀る第六天社

「第六天社」と称された当社は、神仏習合の時代に第六天魔王を祀る神社として創建。

第六天魔王(だいろくてんまおう)
天魔とも称される魔。
第六天とは仏教における天のうち、欲界の六欲天の最高位にある他化自在天(たけじざいてん)を云う。
仏道修行を妨げている魔王と畏れられ、織田信長は第六天魔王を自称したと云う伝承でも知られる。

第六天魔王を祀る「第六天神社」は、関東圏…特に武蔵国に多く創建された神社。

江戸時代の地誌『新編武蔵国風土記稿』には300社以上もの数を見る事ができる。

悪疫退散の御神徳を念じて祀られる事が多く、当社もそうした信仰の中で創建されたのであろう。

江戸切絵図から見る当社

当社の鎮座地は江戸の切絵図からも見て取れる。

(隅田川向島絵図)

こちらは江戸後期の隅田川・向島周辺の切絵図。
下が北の切絵図となっており、当社は図の中央やや右に描かれている。

(隅田川向島絵図)

北を上(180度回転)して、当社周辺を拡大したものが上図。

赤円で囲ったのが当社で、「第六天」と記されている。
隣には別当寺「正圓寺」も記されている。

図の左上に寺島村と見れるように、当時の寺島村は比較的広い範囲であった。
青円で囲ったところに「寺嶋新田」の文字を見る事ができる。
当社からやや離れた一画であるが、当社は寺島村の中の新田(寺島新田)の鎮守を担った。

寺島村と請地村の境界線
当社と別当寺「正圓寺」の右隣には、現在の「飛木稲荷神社」(飛切稲荷大明神)があり、その右手に「請ジ本村」と記されているように、この一画が請地村の領地であった。
この事から当社と「飛木稲荷神社」の境が、両村の境だった事が分かる。
旧請地村鎮守のお稲荷さま。銀杏の枝が飛来した伝承により飛木稲荷。樹齢千年を超えると伝わる御神木の大銀杏。身代わり飛木の焼けイチョウ。大銀杏に隠れたお狐さま。江戸切絵図や新編武蔵風土記稿から見る当社。再建された社殿や奥社。御朱印。御朱印帳。

切絵図からも田地が広がる大変のどかな農村だった事が伝わる。
隅田川や曳舟側などその支流が多くあり、当社には「臥龍の松」と呼ばれる大きな松の木があったため、舟の往来の目印になっていたと云う。

新編武蔵風土記稿に記された当社

文化・文政期(1804年-1829年)に編纂された『新編武蔵風土記稿』には当社についてこう書かれている。

(寺島村)
第六天社
二。一は眞光寺持。一は正圓寺持。

寺島村の項目に「第六天社」として記されている。
村内には「第六天社」が二社鎮座していたようで、当時の第六天社の多さをこちらからも感じる事ができる。
「正圓寺」持ち神社が当社である。

当社は寺島村のうちの新田(寺島新田)と呼ばれた地域の鎮守であり、寺島村全体の鎮守は「白鬚神社」(現・東向島)が担っていた。
旧寺島村鎮守の白鬚明神。平安時代に琵琶湖畔の白鬚大明神を勧請。文政年間に隅田川七福神が開始・寿老神を担う。商売繁昌の御神徳・導きの神である猿田彦命。隅田川東側・墨堤通り沿いに鎮座。江戸時代後期の狛犬。歴史を伝える多くの石造物。御朱印。

明治の神仏分離で御祭神や社号を変更

明治になり神仏分離。
これを機に、御祭神を高皇産霊神へ変更し「高木神社」へ改称。

神仏分離以後の「第六天社」
「第六天社」は、神仏習合の色合いが濃いため、関東に鎮座していた多くの「第六天社」は、御祭神や社号の変更を余儀なくされ、各社に合祀されるなど衰退の一途を辿る。
御祭神は、「大六天」の社号から、神世七代における第六代の面足命・惶根命に変更される事が多かったが、当社のように高皇産霊神へ変更するなど、各社の対応は分かれた。
当社の他に、かつて第六天社の総社ともされた「山倉大神」(千葉県香取市)は、当社と同様に御祭神を高皇産霊神としている。
高皇産霊神(たかみむすびのかみ)と「高木神社」の由来
当社の御祭神である高皇産霊神は、日本神話の天孫降臨などでは「高木神(たかぎのかみ)」と云う名で登場する神。
そのため当社は「高木神社」へ改称を行った。

明治三十五年(1902)、拝殿を造営。
その後、神楽殿や神輿庫、社務所などの境内整備も行われている。

明治四十二年(1909)測図の古地図を見ると当時の様子が伝わる。

今昔マップ on the webより)

赤円で囲った箇所が当社の鎮座地で、今も昔も変わらない。
北側には新田という地名も残っており、一帯を当社が鎮守していた。
当社に隣接するように請地町の文字も見え、当社のあたりが古くは寺島村と請地村、両村の境界線であった。

昭和十五年(1940)、村社に列する。

昭和二十年(1945)、東京大空襲によって建物の殆どを焼失。
幸いにも社殿は無事であったと云う。

昭和四十二年(1967)、社殿の老朽化につき社殿を造営。
昭和四十三年(1968)、御鎮座五百年式年大祭が行われた。

平成二十九年(2017)、御社殿修理工事が竣工。
現在の紫塗装の社殿となる。

近年では、御祭神の高皇産霊神(たかみむすびのかみ)から「むすびの神」として、おむすびの神社として知られるようになっている。

平成三十年(2018)には、御鎮座五百五十年記念式年大祭が行われる予定。

境内案内

2つの鳥居・バリアフリー化された境内

最寄駅の曳舟駅から南へ徒歩数分、路地に入った住宅街の一画に鎮座。
鳥居は路地に沿って西向きに2基。
北側にあるのが大鳥居。

大鳥居を全て納めて撮影する事が困難なほど、道幅の狭い路地に鎮座。

一方で南側にも小さな鳥居。
どちらも同じ通りに面している。

鳥居を潜り社殿の向かいに手水舎。
龍の吐水口から水が出る形で綺麗に整備。
水鉢は安政四年(1857)に奉納されたもので、龍の吐水口は平成になってから地域の氏子崇敬者より奉納された。

拝殿前まではスロープで整備されているのも特徴。
バリアフリー化され参拝者に優しい境内となっている。

紫色に塗装された社殿・東京スカイツリーとの対比

社殿は、昭和四十二年(1967)に造営されたもの。
旧社殿は東京大空襲の戦火を免れたものの、老朽化につき、現在の権現造りの社殿が造営された。
当時は鉄筋コンクリート造で、朱色に塗装された社殿が特徴的であった。
御鎮座550年記念事業の一環として、平成二十九年(2017)に紫色に塗装を変更。
比較的珍しい紫色の社殿が新たな特徴となった。

以下、2018年10月参拝時は曇天であったため、晴天だった2017年4月に撮影したものを掲載。当時はまだ朱色の社殿であった。

現在は社殿と東京スカイツリーの美しい対比を見る事ができる。
神輿庫の前あたりが絶好の撮影スポット。
現在の東京下町ならではの光景で美しい。

江戸時代の狛犬・富士講の碑など

拝殿前には一対の狛犬。
弘化二年(1845)に奉納されたもの。
凛々しい造形の狛犬で、その下にはよく見ると隠れおむすびの姿が。
台座も立派で弘化二年(1845)の文字が残る。

境内の右手には富士講・山玉向島講社の碑。
地域の富士講(富士信仰)を伝えるもので、明治三十一年(1898)に建立され、現在は墨田区登録文化財となっている。

富士講(ふじこう)
江戸時代に成立した民衆信仰で、オガミ(拝み)と富士登山(富士詣)を行う講社。
地域社会や村落共同体の代参講としての性格を持っており、特に江戸を中心とした関東で流行したため、各地に数多くの講社があり、江戸時代後期には「江戸八百八講、講中八万人」と云われる程であった。
山玉向島講社
当社周辺で隆盛した富士講で、大正期には100人以上の講員がいた富士講であったが、戦時中に活動は中止となった。

いたる所におむすび・おむすびの神社として人気

近年は「おむすび」の神社として崇敬を集めている。
これは御祭神の高皇産霊神(たかみむすびのかみ)によるもの。

高皇産霊神(たかみむすびのかみ)
別名「高木神(たかぎのかみ)」とされ、これが「高木神社」の由来。
天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)・神産巣日神(かみむすびのかみ)と共に「造化の三神」と呼ばれ、天地開闢の時に現れた神で、いずれも性別のない神・人間界から姿を隠している神とされている。

「むすびの神」として高皇産霊神と祀る事から、「人と人との繋がりを結びつけてくれる」という御神徳で信仰を集め、当社では言葉遊びの中で「おむすび」の神となった。

社殿の前にはおむすびの顔ハメ看板。
絵馬掛や絵馬もおむすび形になっているのが特徴。
お結びとして、縁を結び付けてくれるとして信仰を集める。

境内のいたる所におむすびの姿。
とてもかわいらしく境内を撮影していく参拝者も多い。
堂々と置かれているものから隠されているものまで様々。
手狭な境内ながら境内の散策を楽しみにしている様子で素晴らしい。

『からかい上手の高木さん』とのコラボ

現在は社号からTVアニメ化もされた漫画『からかい上手の高木さん』とのコラボを開催。
神輿庫の前には『からかい上手の高木さん』コーナーも設置。
サイン入りのキャラクターパネルや設定資料など。
作品ファンには嬉しい一画。

この一画には『からかい上手の高木さん』おみくじも。
1回100円で、混雑時はお一人様一度に最大5回まで。
大凶を引いているのは「めったいに出ないよ。逆にすごいね!(高木)」。

また社務所にも作品関係者による絵馬が掲示。
撮影はご自由にとのこと。

応仁2年(1468年)、室町時代の創祀と伝えられており、旧寺島新田の鎮守として尊崇され、 古くは「第六天社(だいろくてんしゃ)」と呼ばれていました。 明治時代初期の「神仏分離の制度」で『高木神社』と改めました。 その社名は、御祭神である高皇産靈神(タカミムスビノカミ)の別名が「高木の神」であるからといわれています。

月替りや限定御朱印・高木さんとのコラボ御朱印帳も

御朱印は社務所にて。
いつも丁寧に対応して頂ける。

御朱印にもおむすびの印が押され、月替りや限定御朱印も時期によって色々と用意。
左は2018年中に授与される「御鎮座550年記念御朱印」。

限定御朱印情報
2018年中「御鎮座550年記念御朱印」(書き置きのみ初穂料550円)
毎月「月替りの御朱印」(初穂料300円)
11月23日のみ「新嘗祭御朱印」(初穂料300円)
詳細は公式サイトにて。
応仁2年(1468年)、室町時代の創祀と伝えられており、旧寺島新田の鎮守として尊崇され、 古くは「第六天社(だいろくてんしゃ)」と呼ばれていました。 明治時代初期の「神仏分離の制度」で『高木神社』と改めました。 その社名は、御祭神である高皇産靈神(タカミムスビノカミ)の別名が「高木の神」であるからといわれています。

御朱印を拝受した際には「むすび石」を授与。
小さく可愛らしい石で、当社の手作りとなっており、「様々なご縁がありますように」と御祈祷されたもの。

応仁2年(1468年)、室町時代の創祀と伝えられており、旧寺島新田の鎮守として尊崇され、 古くは「第六天社(だいろくてんしゃ)」と呼ばれていました。 明治時代初期の「神仏分離の制度」で『高木神社』と改めました。 その社名は、御祭神である高皇産靈神(タカミムスビノカミ)の別名が「高木の神」であるからといわれています。

またオリジナルの御朱印帳にもおむすびがデザイン。
近年の御朱印ブームの中、可愛らしいデザインで人気を集めている。

コラボ中の『からかい上手の高木さん』御朱印帳も用意。
この御朱印帳のみ、高木さんのスタンプが押された特別な御朱印を頂けるため、作品ファンにとっては嬉しい仕様。

特別な御朱印の詳細などは公式サイトで確認頂きたい。
応仁2年(1468年)、室町時代の創祀と伝えられており、旧寺島新田の鎮守として尊崇され、 古くは「第六天社(だいろくてんしゃ)」と呼ばれていました。 明治時代初期の「神仏分離の制度」で『高木神社』と改めました。 その社名は、御祭神である高皇産靈神(タカミムスビノカミ)の別名が「高木の神」であるからといわれています。

所感

寺島村の新田地区鎮守として崇敬された当社。
かつては「第六天社」と称され、関東を中心に信仰を集めた、大六天信仰の一社であった。
明治の神仏分離によって、数多くの第六天社同様に、当社も御祭神の変更と改称を余儀なくされ、高皇産霊神をお祀りする「高木神社」となる。
その御祭神が現在は「むすびの神」として信仰され、おむすびの神社として知られるように。
境内には幾つか古い奉納物が残り、東京スカイツリーとの対比は現代の東京下町らしさを感じる事ができるだけでなく、境内のいたる所におむすびが置かれていたりと散策が楽しい境内。
近年ではおむすびの神社、御朱印、コラボなど色々努力されていて、そうした努力が伝わる心地よい良社である。

神社画像

[ 大鳥居・社号碑 ]


[ 鳥居 ]

[ 手水舎 ]


[ 拝殿 ]





[ 本殿 ]

[ 狛犬 ]


[ 撮影パネル ]

[ 輪投げ ]

[ 倉庫 ]

[ 石碑 ]

[ 絵馬掛 ]

[ 山玉向島講社の碑 ]


[ 神楽殿 ]

[ 社務所 ]


[ 神輿庫 ]

[ 『からかい上手の高木さん』コラボ ]






[ 御籤掛 ]



[ 灯籠 ]


[ 掲示物 ]

Google Maps

『高木神社 / 東京都墨田区』へのコメント

  1. 名前:しゃんしゃん 投稿日:2018/11/02(金) 22:47:19 ID:58ff13ed6 返信

    こんばんは。
    『からかい上手の高木さん』とコラボした御朱印帳のイラストは可愛いですね。斬新でおしゃれです。

  2. 名前:神社メモ 投稿日:2018/11/03(土) 17:57:29 ID:da8e6f1d9 返信

    ■しゃんしゃん様

    こうした作品とのコラボは色々頑張っている証拠だと思います。
    小さな神社ですが、御朱印やコラボなどで参拝者が多い神社になっていますので、
    そうした努力が実っているのだと思います。