四谷須賀神社 / 東京新宿区

img_2582

神社情報

四谷須賀神社(よつやすがじんじゃ)

御祭神:須佐之男命(須賀大神)・宇迦能御魂命(稲荷大神)
相殿神:五男神(天忍穂耳命・天穂日命・天津彦根命・熊野樟日命・活津彦根命)・三女神(多紀理姫命・市杵島姫命・多岐都姫命)・大鳥神社(日本武命・大鳥連祖神)
旧社格:郷社
例大祭:6月上旬(例大祭)・11月酉の日(四谷酉の市)
所在地:東京都新宿区須賀町5
最寄駅:四谷三丁目駅・四ツ谷駅・信濃町駅
公式サイト:http://www.sugajinjya.org/

御由緒

 今の須賀神社はもと稲荷神社でした。その稲荷神社は、往古より、今の赤坂、一ツ木村の鎮守で、清水谷に有ったのを、後寛永十一年に江戸城外堀普請のため、当地(現在地)を替地として拝領し、移し奉ったものと伝えられています。
 須佐之男命の鎮座の儀は、寛永十四年、島原の乱に日本橋大伝馬町の大名主馬込勘由と言う人が、幕府の命に依り、兵站伝馬のご用を勤め、その功績に依り、現在の四谷の中心一円の地を拝領したのを機会に、寛永二十年、神田明神社内に祀ってありました日本橋伝馬町の守護神(須佐之男命)を地元民の総発意で四谷に合祀し、御両社として祀る様になり、俗称四谷天王社と云い、明治維新まで親しまれて来ました。明治元年に須賀神社と改称され、明治五年に郷社に昇格、戦後は制度の改正により、旧社格は撤廃されました。
 社名の須賀とは、須佐之男命が出雲の国の簸の川上に八俣の大蛇を討ち平らげ拾い「吾れ此の地に来たりて心須賀、須賀し」と宣り給いて、宮居を占め給いし故事 に基づき名付けられた名称です。
 往古の御社殿はつまびらかではありますが、戦災前の御社殿は、文化十一年八月に起工し、十五年の歳月をついやして文政十一年十二月に竣工したものです。大正十二年九月一日の関東大震災めでは江戸名所図会に描かれたままの姿でありました。昭和二十年五月二十四年の東京大空襲の折り、御本殿並びに御内陣と境内摂社を残した外一切の建物を失いましたが、戦後、氏子崇拝者の赤誠(せきせい)に依って 今日の復興を見ることが出来ました。
 当社の本殿御内陣は文政二年に造営されたものでありますが、先の戦災の折り、辛うじて焼失を免れたものの極度に老朽化が進み、この儘では保存に支障をきたすとして、この度その大修復工事が行われ、昭和六十三年秋に着工、平成元年五月九日に落成し、同月十八日に遷座祭が執行されました。
 今では都内の神社中数少ない金色燦然と輝き、荘厳華麗を極めた建築物であります。造営以来約百七十年目の大修復工事がなされました。
 御内陣宮殿 文政二已卯年四月四谷伝馬町二丁目住人 大工 吉見氏(頒布のリーフレットより)

参拝情報

参拝日:2016/11/10

御朱印

初穂料:300円
社務所にて。

スポンサーリンク

考察

四谷の総鎮守

東京都新宿区須賀町に鎮座する神社。
旧社格は郷社で、四谷の総鎮守。
元は稲荷信仰の神社であるが、江戸時代には四谷鎮守の天王様として「稲荷天王合社」「四谷天王社」と呼ばれ信仰を集めた。
相殿に「大鳥神社」も祀られており、11月の酉の日には「四谷酉の市」が開催される。
正式名称は「須賀神社」であるが、他との区別から「四谷須賀神社」とさせて頂く。
また、最近では当社参道の男坂石段が劇場アニメ『君の名は。』の舞台としても知られる。

元は稲荷神社・江戸城の外堀普請のため遷座

社伝によると、創建年代は不詳。
元は赤坂・一ツ木村の清水台にあった鎮守「稲荷神社」が起源であるという。

旧鎮座地は現在より東側の麹町地区であり、一ツ木村の鎮守であった。
一ツ木村は現在も赤坂の一ツ木通りなどに名が残っている。
別当寺は「稲荷山宝蔵院」(現・廃寺)であったとされる。

寛永十一年(1634)、麹町地区を含む江戸城西北に外堀を設置することになる。
こうした江戸城外堀普請のため、麹町地区の寺社は立ち退きを余儀なくされ、別当寺「宝蔵院」が当地に遷ったのを機に、当社も「宝蔵院」境内に遷座する事となった。

別説として、当時は清水台「勝興寺」境内にあった椎の大木の根元に稲荷社があり、寛永十一年(1634)に江戸城外堀普請のため移転した際に、協議の上「宝蔵院」境内に遷ったとされる説も存在。

いずれの説も、「勝興寺」「宝蔵院」はかつて麹町地区にあって、江戸城外堀普請で当社も共に四谷に遷ってきたというのは共通している。

なお、立ち退きを余儀なくされた麹町地区のほとんどの寺社は、この四谷に集団移転したため、現在も須賀町・若葉2(かつては寺町・南寺町と呼ばれた)一帯に寺院などが大変多い。
それらの大半は麹町地区から移転した寺院であり、この一帯は麹町地区から移転した人々によって発展した地区とも云えるであろう。

牛頭天王を合祀・四谷天王社として崇敬を集める

寛永十四年(1637)、日本橋大伝馬町の名主であった馬込勘解由という人物が、島原の乱において兵站伝馬の御用を勤めた功績により、四谷一帯を拝領。

寛永十八年(1641)、「神田明神」境内に祀られていた大伝馬町の産土神であった牛頭天王を、四谷のお仮屋横丁付近に小祠を造り祀ったという。
ところが参詣者が大変多かったため、寛永二十一年(1644)に寺社奉行に願い出て、「宝蔵院」境内にあった稲荷社(当社)と合祀。

神田神社(神田明神) / 東京都千代田区
東京十社・江戸総鎮守。天下祭と呼ばれた江戸随一の神田祭。『ラブライブ!』の聖地・コラボも。将門塚(大手町)の祟りを鎮めるために将門公を祀る。江戸設計を指導した天海・徳川幕府によって江戸総鎮守とされる。浮世絵に描かれた当社。御朱印。御朱印帳。

こうして稲荷社に天王社の合祀されたため「稲荷天王合社」と呼ばれた。
とりわけ牛頭天王への信仰が強かった事で「四谷天王社」と呼ばれる事も多かった。

牛頭天王とは神仏習合の神であり、「八坂神社」「祇園社」「天王社」といった祇園信仰の元でよく祀られた神である。
牛頭天王はスサノオと習合して同一視されたため、現在では当社は主祭神に須佐之男命(須賀大神)と、稲荷神である宇迦能御魂命(稲荷大神)を祀っている。

切絵図から見る当社

寛永十三年(1636)に外堀が完成して以降の四谷は、堀の岸は石垣で築かれ、併せて見附が設けられた。
なお、見附とは、警備のための城門の事であり、現在も残る四谷見附跡はその名残である。

上述したように、立ち退きを余儀なくされた麹町地区のほとんどの寺社は、四谷に集団移転したため、当時から四谷には多くの寺社が存在し、門前には町屋や店が軒を並べた。
それはでは江戸郊外であった四谷も、江戸市中に組み込まれる事となり、江戸の都市部へと発展していく事となる。

%e5%88%87%e7%b5%b5%e5%9b%b3(四ツ谷絵図)

こちらは江戸時代後期の四谷周辺の切絵図である。
北が左となっている切絵図で、下にあるのが内藤新宿(現・新宿付近)、上にあるのが四谷御門という地理関係になっている。
当社はそのうちの寺社が密集している中央地帯に見る事ができる。

%e5%88%87%e7%b5%b5%e5%9b%b32(四ツ谷絵図)

当社周辺を拡大したものだが、この一帯は南寺町と呼ばれた。
中央に「稲荷山宝蔵院天王社」とるが、これが当社であり、このように別当寺であった「宝蔵院」と一帯となっていた事が分かり、神仏習合の時代を伝えている。

江戸名所図会に描かれた当社

天保年間(1834年/1836年)に発行された『江戸名所図会』に当時の様子が描かれている。

%e7%89%9b%e9%a0%ad%e5%a4%a9%e7%8e%8b%e7%a4%be国立国会図書館デジタルコレクションより)

「四谷牛頭天王社」として描かれている。
現在同様に参道は坂になっており、境内には大変立派な社殿や多くの境内社を見る事ができる。

この社殿は文化十一年(1814)に起工し文政十一年(1828)に竣工したもので、約15年近くもの歳月を費やして造営された立派なものとなっている。
残念ながら関東大震災や東京大空襲の被災によって現存はしていない。

左手にあるのが別当寺「宝蔵院」。
こうして見ると四谷の鎮守として「四谷牛頭天王社」が境内のメインとなっており、四谷周辺より大変な崇敬を集めていた事が伝わってくる。

明治維新で改称・戦後の再建

明治になり神仏分離。
明治元年(1868)、神仏分離の影響を受けて「宝蔵院」は廃寺となる。
当社は「須賀神社」に改称。
img_2550主祭神を須佐之男命(須賀大神)と、宇迦能御魂命(稲荷大神)に改めている。

社名の「須賀」とは、御祭神の須佐之男命が出雲国の簸の川の上流でヤマタノオロチを退治した際に「吾れ此の地に来たりて心須賀、須賀し」と述べ、宮居を創立したという故事に基づき名付けられた。

明治五年(1872)、郷社に列した。

明治十一年(1878)、郡区町村編制法により、東京府四谷区が発足。
当地は四谷南寺町と呼ばれ、当社は四谷区の総鎮守であった。

大正十二年(1923)、関東大震災が発生。
当社も社殿などが被災している。

昭和二十年(1945)、東京大空襲によって、本殿、御内陣と摂社天白稲荷社を残し、それ以外の建物が全て焼失。
戦後になり氏子崇敬者によって再建を果たした。

戦火を免れた本殿御内陣だが老朽化が進んでいたため、昭和六十三年(1988)から平成元年(1989)にかけて大修復工事を行った。
現在は金色燦然たる姿を取り戻している。

現在では劇場アニメ『君の名は。』の舞台としても知られている。

「君の名は。」の舞台となった男坂の石段

最寄駅は四谷三丁目駅、四ツ谷駅や信濃町駅からもそう変わらない距離で、いずれも徒歩10分ほどの距離となる。
新宿通りか外苑東通りから住宅街に入っていく事になるが、表参道の男坂を上るには新宿通りから四谷二丁目信号手前の路地を南に向かうのが良い。

そのまま道なりで男坂が見えてくる。
img_2571社号碑の先にやや急な石段があり、これが男坂。

この男坂が大ヒットした劇場アニメ『君の名は。』の舞台として人気を博している。
新海誠監督最新作『君の名は。』2016年8月全国東宝系公開 声の出演:神木隆之介 上白石萌音 キャラクターデザイン:田中将賀 作画監督:安藤雅司 出会うことのない二人の出逢い。少年と少女の奇跡の物語が、いま動き出す。

%e5%90%9b%e3%81%ae%e5%90%8d%e3%81%af©2016「君の名は。」製作委員会

キービジュアルや作中での印象的なシーンの舞台となった男坂。
img_2580いわゆる聖地巡礼で訪れる方も多く、未だに写真を撮る人の姿を多く見かける。
なお、この日は酉の市(一の酉)前日であったため、酉の市仕様。

ご覧の通り住宅街に面しているため、撮影などを楽しむ際は、近隣住民の方々の迷惑にならないように気を付けたい。
『君の名は。』公式サイトにもその旨の案内が出ているので、よく読み配慮して楽しむのがよいだろう。

%e6%a1%88%e5%86%85公式サイトより)

多くの神を合祀する社殿・金色燦然と輝く御内陣

男坂を上ると右手に朱色の鳥居が見えてくる。
img_2572鳥居を潜ると境内となり、参道の右手に手水舎、正面に社殿。

社殿は戦後に氏子崇敬者によって再建されたもの。
img_2555主祭神である須佐之男命(須賀大神)・宇迦能御魂命(稲荷大神)の二柱。
その左右に五男神(天忍穂耳命・天穂日命・天津彦根命・熊野樟日命・活津彦根命)・三女神(多紀理姫命・市杵島姫命・多岐都姫命)を祀っている。

さらに大鳥神社(日本武命・大鳥連祖神)も合殿となっていて、多くの神を祀る社殿である。
img_2582大鳥神社を合殿としている事から、現在では11月の酉の日に「四谷酉の市」が開催される。

社殿内の本殿御内陣は、文政二年(1819)に造営されたものが現存。
平成元年(1989)に大修復工事が行われた。

gonaijin_large公式サイトより)

都内の神社ではあまり見ない、金色燦然と輝き荘厳華麗を極めた建築物となっている。

また本殿内には「三十六歌仙絵」が置かれており、境内にもその旨の案内板がある。
img_2560この絵は天保七年(1836)、大岡雲峰の絵と千種有功の書により製作、奉納されたもので、新宿区指定有形文化財に指定されている。

また拝殿の左手には大国社が併設。
img_2549大国主(大黒様)の木像が置かれている。

戦火を免れた天白稲荷など

社殿の左手には境内社の天白稲荷神社が鎮座する。
img_2545当社の境内は東京大空襲によって、本殿御内陣を除くほどんどが焼失してしまったのだが、この天白稲荷神社は無事であった。
img_2546こちらにも大変多くの御祭神が相殿神として祀られており、『江戸名所図会』に数多く描かれていた境内社の多くが、こちらに合祀されたという形になる。

手水舎の左手に梯子塚。
img_2561江戸時代の火消し五番組「く組」の梯子塚となっている。
「く組」は四谷の火消しで装束は四谷に駒形であった。

その左手に祖霊社。
img_2553祖霊社の左の通路が社務所へ続いているのだが、その手前に小さな二対の狛犬。
img_2552ミニサイズであるがよく出来た造りの狛犬で可愛らしい。
その他、神輿庫や神楽殿などが整備されている。

御朱印は社務所にて。
img_2583酉の市(一の酉)前日でお忙しい中であったが、丁寧に対応して頂いて有り難い。

所感

四谷の総鎮守として崇敬を集める当社。
稲荷神社として創建し、四谷に遷座してから牛頭天王が合祀された事で、江戸時代は「四谷牛頭天王社」と称され、天王様として親しまれていた。
明治の神仏分離にて別当寺は廃寺となり、当社は四谷の総鎮守となるのだが、東京大空襲によってかつての社殿などは焼失してしまう。
それでも現在の立派な社殿に再建され、大変多くの神を祀る当社は、正に四谷周辺の信仰を一堂に介した総鎮守と云う事ができるだろう。
地域に親しまれ崇敬を集める良い神社である。

スポンサーリンク

神社画像

[ 男坂・社号碑 ]
img_2570
[ 男坂 ]
img_2578
img_2580
[ 女坂 ]
img_2576
[ 鳥居 ]
img_2572
[ 狛犬 ]
img_2574
img_2575
[ 手水舎 ]
img_2562
[ 拝殿 ]
img_2555
img_2582
img_2556
img_2550
[ 本殿(覆殿) ]
img_2558
[ 大国主社 ]
img_2548
img_2549
[ 天白稲荷神社 ]
img_2545
img_2546
[ 西鳥居 ]
img_2559
[ 三十六歌仙絵案内版 ]
img_2560
[ く組梯子塚 ]
img_2561
[ 祖霊社 ]
img_2553
[ 神輿庫 ]
img_2573
[ 神楽殿 ]
img_2564
[ 狛犬 ]
img_2551
img_2552
[ 社務所 ]
img_2583
[ 案内板 ]
img_2589
img_2577

Google Maps