北谷稲荷神社 / 東京都渋谷区

神社情報

北谷稲荷神社(きたやいなりじんじゃ)

御祭神:宇迦之霊大神・大己貴大神・大宮比売大神・神功皇后・大田大神
旧社格:村社
例大祭:9月28日
所在地:東京都渋谷区神南1-4-1
最寄駅:原宿駅
公式サイト:─

御由緒

当神社の創立は詳らかではないが、『新編武蔵国風土記稿』によると田中讃岐守直高が文明(1469~87)の頃、駿河(静岡県中央部)より移り住んだ時、その邸内の吉方に神の来臨を請じ迎えて奉ったと記してある。三万坪の御朱印地を拝領したのだが、大永の兵火(1524)に記録を消失し、職員を失った。また萬治三年(1660)大破の際に再建し棟札に武州豊島郡澁谷村稲荷大明神『江戸山王社家小川職部持』とあり、文明以前の鎮守であると思われる。その後承應三年(1654)八月、田中直高六代孫佐平が再建し、寛永五年(1628)四月佐平が再建した。享保十三年(1728)九月松平左京太夫願主として造営し明和八年(1771)同人が再建し、文化元年(1804)九月は拝殿・玉垣を献修した。当社は唇小名北谷の地に在ったことから昔より北谷稲荷という名だった。文政(1818~30)の頃には境内は広く神畑や神園を有していたので「畑の稲荷」とも呼ぱれていた。明治四年(1871)村社に列せられる。また火伏せの神様としても信仰が厚く、他地域よりも火災が少なかったとも伝えられている。その後、事を証する文書や什物は多く残っていたものの、昭和二十年五月二十五日戦災により社殿・社務所・神輿庫・神楽殿その他の全ての建造物を消失してしまう。昭和二十四年九月本殿一部倉亜鉛葦を造営し、同三十三年九月総檜造銅板葦拝殿を造営すると共に社務所、神楽殿を再建した。現在の社殿・建物は老朽化に伴い平成九年十一月に建造された。設計は菊竹清訓設計事務所による。(頒布の資料より)

参拝情報

参拝日:2017/05/02

御朱印

初穂料:300円
授与所にて。

スポンサーリンク

歴史考察

上渋谷村・上豊澤村鎮守のお稲荷さま

東京都渋谷区神南に鎮座する神社。
旧社格は村社で、旧上渋谷村・旧上豊澤村の鎮守。
古くから渋谷北部の総鎮守として崇敬を集めたお稲荷さま。
現在はモダンなデザインが特徴的な社殿で、境内もオフィスビルと一体となっている。
これらのモダンかつ個性的な外観は、菊竹清訓建築設計事務所によるデザインで竣工された。

名主の先祖によって創建・火伏せの神として信仰

創建年代は不詳。

一説では文明年間(1469年-1486年)の創建と伝わる。
田中讃岐太郎直高という人物が、駿河国(静岡県)より移り住んだ際に勧請したと『新編武蔵風土記稿』に記されているため、これを創建年代と推定する事ができる。

田中讃岐太郎直高の子孫が代々当地の名主となった。

創建時は三万坪もの社地を有していたとされる。
北谷と呼ばれた地にあった事から古くから「北谷稲荷」と呼ばれていた。
氏子地域に火災が少なかったため、火伏せの神として信仰を集めていたと伝わっている。

新編武蔵風土記稿で見る当社

大永四年(1524)、兵火によって社殿などを焼失。
この時に古文献や記録、神職なども失っている。

そのため当社の記録は地誌『新編武蔵風土記稿』によるものが多い。

文化・文政期(1804年-1829年)に編纂された『新編武蔵風土記稿』には当社についてこう書かれている。

(上渋谷村)
稲荷社
小名北谷にあるを以て北谷稲荷と號す。當村及上豊澤村の鎮守なり。江戸山王社家小川織部持。名主長吉が先祖、讃岐太郎直高文明年中駿州より移りし時勧請し、其後六代左平次承応三年八月再造の棟札あり。宝永五年子孫左平太再造し享保十三年松平左京大夫願主として造営し、明和八年同人再造せり。織部の持となりしは萬治二年なりとそ。
末社。天満宮。土師家天満宮と號す。菅神の本姓をもて冠し唱ふるなるへきに、今誤てはしかの義と思ひ麻疹の病を祈るもの多し。安永五年及ひ享和三年流行の時も参詣のもの多く文政七年には殊に群集せり。疱瘡神。

上渋谷村の「稲荷社」とされているのが当社。
北谷という地域にあったため「北谷稲荷」と称されている事、上渋谷村と上豊澤村の鎮守である事が記されている。

上渋谷村・上豊澤村は、現在の渋谷北部エリアになる。

以下、時系列で要約していく。

承応三年(1654)、直高の6代孫の田中佐平が社殿を再建。
宝永五年(1708)、その子孫の田中左平太が社殿を再建。
享保十三年(1728)、松平左京大夫を願主として社殿を造営。
明和八年(1771)、同人が再建。

松平左京大夫は、伊予国(愛媛県)の西条藩の藩主。西条藩松平家は紀州徳川分家である。現在の「青山学院大学」付近に上屋敷を所有しており、比較的近かった当社への崇敬が篤かったものと思われる。

他に興味深い部分として「江戸山王社家小川織部持」と記してある。
これは「山王日枝神社」の事で、大禰宜に小川織部という神職がおり、「山王日枝神社」の神職が管理していた神社であった。

東京十社・皇城を守る山王さま。徳川将軍家からの篤い崇敬・徳川歴朝の産土神。浮世絵に描かれた当社。天下祭と呼ばれた山王祭。山王信仰を伝える山王鳥居・神使の猿像。境内社・猿田彦神社と庚申の日。国宝刀剣の展示もある宝物殿は無料。御朱印。御朱印帳。

江戸切絵図から見る当社

当社の鎮座地は江戸の切絵図からも見て取れる。

(青山渋谷絵図)

こちらは江戸後期の青山渋谷周辺の切絵図。
右上が北の地図で、当社は図の左上に描かれている。

(青山渋谷絵図)

当社周辺を拡大したものが上図。
赤円で囲ったのが当社で「稲荷」として記されている。

当地の周辺の殆どは百姓地・田畑であり、大変のどかな農村であった。
当社も神畑や神園を有していたので別名「畑の稲荷」とも呼ぱれていた。
当社に隣接した「畑」などがそうであったのだろう。

明治以降の歩み・戦後の再建と平成の新築

明治になり神仏分離。
明治四年(1871)、村社に列する。

明治十二年(1879)、上渋谷村に上豊沢村が編入。

当社はもともと上渋谷村と上豊沢村の鎮守であったため、氏子区域も重なる事から編入もスムーズであったと思われる。上渋谷村の鎮守として崇敬を集めた。

明治四十二年(1909)の古地図を見ると当時の様子が伝わる。

今昔マップ on the webより)

赤円で囲ったのが当社で、当社の鎮座地は現在と変わらない。
神社の地図記号だけでなく「北谷稲荷」の文字が記してあるように、この地域を代表する名所であった。

昭和二十年(1945)、東京大空襲により社殿を焼失。
境内の殆どが焼失しており、史料なども焼失している。

昭和二十四年(1949)、本殿を再建。
昭和三十三年(1958)、拝殿・社務所・神楽殿を再建した。

平成九年(1997)、社殿の老朽化に伴い、菊竹清訓設計事務所の設計により現在の社殿や境内が新築。
大変モダンなデザインの社殿となり現在に至っている。

境内案内

表参道の日月鳥居・オフィスビルと一体化した境内

渋谷公園通りとファイヤー通りに挟まれた繁華街に鎮座。
鳥居は独特な形をしていて、額束の正面に太陽、裏面には月がデザインしている事から「日月鳥居」と呼ばれる。

鳥居を潜るとやや長い石段。
石段を上った先に大変現代的な境内が広がる。
オフィスビルと一体となっており、広間の一角に社殿があるような形。

左手に手水舎が用意されている。
手水石は改築以前のものを使用しており、モダンな中にもかつての姿を偲ばせる。

美しい曲線が特徴的なモダンな社殿

社殿は平成九年(1997)に新築されたもの。
曲線をうまく使用したデザインで大変デザイン性の高い社殿となっている。
実にモダンであり伝統的な神社の外観とは一線を画したデザイン。
コンクリート打ちっぱなしの外観はモダンな現代建築そのもの。
これらは菊竹清訓設計事務所の設計により竣工した。

菊竹清訓(きくたけきよのり)は、デザイン性の高い建築物を多く手掛けた建築家。多くの作品を残しており、「出雲大社」庁の舎(現存していない)や「江戸東京博物館」「東名高速道路海老名サービスエリア」などの建築を手掛けた。2000年にビエンナーレにて「今世紀を創った世界建築家100人」に選ばれている。

麻疹に効く天満宮・人食い松伝承の弁財天

社殿の右手に境内社が置かれている。
社殿の側面に置かれているのが「土師家天満宮」。

『新編武蔵風土記稿』にも末社として詳しく記されており「土師家天満宮(はじけてんまんぐう)」と称された。
土師家とは御祭神の菅原道真公の本姓であるが、庶民は「はじけ」を「はしか」の意味として理解し、麻疹・疱瘡に霊験があるとして広く信仰を集めた。
江戸時代に麻疹が流行した際には多くの人々が参詣したと伝わっている。

その正面に「宇田川出世弁財天」。
「人食い松」と呼ばれる伝承が伝わっている。

昭和五年(1930)、区画整理のため渋谷道玄坂にあった松の大木を切ろうとしたところ、多数の負傷者が出たため「道玄坂の人食い松」と呼ばれた。
地域の人が見たお告げに従い、弁財天と竜神の祠を造営し、松とともに神南町に移して祀ったと云う。

後に松は枯れ祠は行方不明となっていたが、昭和五十年(1975)に祠が発見され当社境内に遷されたものである。

御朱印は授与所にて。
とても綺麗な社務所内で待たせて頂き有り難い。

所感

北渋谷村・北豊澤村の鎮守として崇敬を集めた当社。
現在の渋谷北部の鎮守を担っており地域から崇敬が篤かったと伝わる。
大変のどかな農村だった当地も、現在は渋谷の繁華街の一角で、NHK放送センターなどのすぐ近くにあり、境内も渋谷に合わせるかのような個性的でモダンな外観となっている。
オフィスビルと一体化し、曲線が美しいデザイン性の高い社殿は、伝統的な神社とは一線を画しており、何とも不思議な感覚。
現在の都心において、神社を維持するための一つの形であるだろうし、面白い試みを感じる神社である。

スポンサーリンク

神社画像

[ 日月鳥居・社号碑 ]

[ 石段 ]

[ 参道 ]

[ 手水舎 ]

[ 社殿 ]






[ 宇田川出世弁財天 ]

[ 土師家天満宮 ]

[ 狛犬 ]


[ 授与所 ]

[ 社務所 ]

Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google