白金氷川神社 / 東京都港区

港区

神社情報

白金氷川神社(しろかねひかわじんじゃ)

御祭神:素盞嗚尊・日本武尊・櫛稲田姫尊
社格等:村社
例大祭:9月14日・15日
所在地:東京港区白金2-1-7
最寄駅:白金高輪駅
公式サイト:─

御由緒

由緒
神代の昔、当社の御祭神・素盞嗚尊は出雲国(島根県)簸の川上において大雨・洪水・地震・山火事・厄病等の象徴である八岐大蛇を退治し給い、国土を安穏にして、農業を始めとする諸産業守護繁栄の神、開運・開発の神となられた。時代は下って、景行天皇の御代(1880年前)関東の経国を命ぜられた日本武尊は日夜その使命の達成に苦心しておられたが、素盞嗚尊を崇敬される尊は日々この丘に上って武蔵の国一の宮(埼玉県氷川神社)を遥拝され、その御加護を熱心にお祈りになられた。お陰によって目出たく東国を平定されたことが求涼雑記に見える。また新編武蔵国風土記に「武蔵国一の宮は孝昭帝の御宇(二千四百六十年前)勅願として出雲国氷の川上に鎮座する杵築大社をうつし祀ったことから、氷川神社の神号を賜る。」とあり、日本武尊東征の時、素盞嗚尊を勧請し、大宮に対する遙拝所として当所に御鎮座された次第である。櫛稲田姫命は素盞鳴尊が八岐大蛇を退治して美しい稲田の神を娶られ「八雲立つ出雲八重垣妻籠みに八重垣作るその八重垣を」とうたわれて安住の天地を作られたことから家庭円満で家業繁昌を守る神として配祀申し上げる。
沿革
白鳳年間(今より1338年前)に所謂白金邑の総鎮守の氏神様として建立せられた。明和九年目黒行人坂から出た火災により類焼、その後宝暦二年大規模な権現造りの御社殿が御造営され嘉永五年には拝殿が銅葺せりと伝えられ立派な建物であったが、昭和二十年四月二十五日大東亜の戦禍にあった。昭和三十三年秋、現在の御本殿・幣殿・拝殿・参道・社務所等境内整備に至る迄造営大工事が竣工した。(境内の掲示より)

参拝情報

参拝日:2019/07/24(御朱印拝受/ブログ内の画像撮影)
参拝日:2015/04/26(御朱印拝受)
ほぼ毎月

御朱印

初穂料:300円
社務所にて。

[2019/07/24拝受]

[2015/04/26拝受]

歴史考察

白金総鎮守の氷川さま

東京都港区白金に鎮座する神社。
旧社格は村社で白金一帯の総鎮守。
正式名称は「氷川神社」であるが、他との区別のため「白金氷川神社」とさせて頂く。
日本武尊の伝承が残り、港区内最古の神社とされる古社。
高級住宅地として知られる白金の地に比較的広い境内を有していて、地域から崇敬を集めている。

港区最古の古社・日本武尊の伝承

社伝によると、白鳳年間(673年-685年)に創建したと云う。
この事から港区最古の神社とされている。

当社が創建するより以前に、日本武尊の伝承が残る。

第十二代景行天皇の御代(71年-130年)、日本武尊がこの地に逗留。
当地の丘から武蔵国一之宮の「武蔵一宮氷川神社」を遥拝し、崇敬する素盞嗚尊に加護を祈り東国を平定した旨が『求涼雑記』(江戸中期の書物)に記されている。

日本武尊(やまとたけるのみこと)
第12代景行天皇の皇子。
東国征討や熊襲征討を行った伝説的な英雄として『日本書紀』『古事記』などに載る。
伝説的な側面が強いとは思うが、社伝の通りだと、当社は日本武尊の時代に「武蔵一宮氷川神社」の遥拝所とされた後、白鳳年間(673年-685年)に創建したと云う事ができる。
氷川信仰
武蔵国一之宮とされる「武蔵一宮氷川神社」(埼玉県さいたま市大宮区)を総本社とし、素戔嗚尊(すさのおのみこと)を御祭神とする信仰。
その数200社以上と言われているが、全国的に見ると東京・埼玉といった旧武蔵国以外ではほぼ見ることができない信仰なのが特徴。
様々な側面を持つが、開拓の神(出雲族が開拓したため出雲の神・素盞鳴尊が祀られている)として信仰を集める事が多かった。
武蔵一宮氷川神社 / 埼玉県さいたま市
武蔵国一之宮。氷川神社の総本社。氷川の由来。大宮の地名由来。東京・埼玉に点在する氷川信仰。江戸時代に描かれた当社。明治天皇が関東の神社で最初に行幸。約2kmの氷川参道。国費で改築された楼門や社殿。明治天皇御親祭150年祭。御朱印。御朱印帳。

室町時代に白金村が成立・白金の地名由来

応永年間(1394年-1427年)、南朝の国司であった柳下上総介が当地を開墾。
開墾した地を白金と呼び、白金村が成立。
当社は白金村の鎮守とされた。

白金(しろかね)の地名由来
当地を開墾した柳下上総介が多くの銀(しろかね)を所有していたため、白金長者と呼ばれるようになり、これが由来とされている。(古くは白銀と表記される事もあった)
余談になるが、「白金」は「しろかね」と読む。女性誌発祥の「シロガネーゼ」という造語の影響からか「しろがね」と濁点を付けて読む方も多いが、濁点は付かない「しろかね」が昔からの正式な読み方。地名も駅名も全て「しろかね」で統一されているので気を付けたい。

当時の白金村は武蔵国豊島郡と荏原郡の境界線上にあったため所属が定まらなく、明治になるまで「入会地」とされていた。

入会地(いりあいち)
村や部落などの村落共同体で総有した土地。

長らく入会地とされていた事情からも、当地は村落での結びつきが他の村以上に強かったと推測でき、それだけに村の鎮守であった当社への崇敬が篤かった事は想像に難くない。

明和の大火で類焼・江戸後期に再建

慶安四年(1651)、白金村から白金台町と白金猿町が分離。
当社は白金村の他、白金台町・今里村など白金一帯の総鎮守を担った。

分離した一帯が現在の白金台周辺。

明和九年(1772)、目黒行人坂「大円寺」より出火した「明和の大火」が発生。
当社も類焼し、社殿などが悉く焼失。

明和の大火(めいわのたいか)
明和九年(1772)に江戸で発生した大火で、江戸三大大火の1つと云われる。
目黒行人坂「大円寺」より出火(放火)したため「目黒行人坂大火」とも呼ばれる。
目黒から出火し、麻布・京橋・日本橋を襲い、神田・千住方面まで燃え広がり、特に日本橋地区は壊滅した。
御由緒には「その後の宝暦二年(1751)に大規模な権現造りの社殿が建てられた」と記載されているが、時系列的に宝暦は明和の前の元号であるため齟齬が生じる。

その後、立派な社殿が再建されたと伝わる。
嘉永五年(1852)、銅葺の拝殿が造営。

江戸切絵図から見る当社と白金

当社の鎮座地は江戸の切絵図からも見て取れる。

(目黒白金辺図)

こちらは江戸後期の目黒・白金周辺の切絵図。
右が北の切絵図となっており、当社は図の下側に描かれている。

(目黒白金辺図)

図を半時計回りに90度回転(北を上に)させ、当社周辺を拡大したものが上図。

赤円で囲ったのが「氷川宮」と書いてある当社。
現在と鎮座地に違いはなく、寺社の多い一画だった事が窺える。
大名や旗本の屋敷も多かったものの、西側には田畑が広がり郊外の田園地帯でもあった。

新編武蔵風土記稿に記された当社

文政十三年(1830)に成立した『新編武蔵風土記稿』には当社についてこう書かれている。

(白金村)
氷川神社
社地除地五百四十坪。年貢地千五百四十四坪。村の巽にあり。勧請の年代詳ならず。当村及び白金台町今里村等の鎮守なり。本社二間に五間、拝殿三間に二間、前に甍あり。門前に石階二十級ありてその下に石鳥居をたつ。両柱の間二間、氷川大明神の五字を扁す。祭礼は年々九月十七日なり。
神楽堂。門を入て左にあり。二間に三間半。
稲荷社。門を入て右にあり。
別當報恩寺。(以下略)

白金村の「氷川神社」と記されているのが当社。
「当村及び白金台町今里村等の鎮守なり」とあるように、白金村以外に、白金台町と今里村などの白金一帯の総鎮守であった事が分かる。

現在の港区白金と白金台の地域にあたる。

中々立派な境内だった事が窺え、地域から崇敬を集めていたのだろう。
「報恩寺」(現・廃寺)が別当寺を担っていた。

江戸名所図会に描かれた当社

天保年間(1834年/1836年)に発行された『江戸名所図会』に当時の様子が描かれている。

(江戸名所図会)

「鷺森神明」「西光寺」「氷川明神」と描かれていて、現在の白金一帯。
左上に「氷川」として描かれているのが当社。

中央右に描かれている「鷺森神明」は、後に当社に合祀された。

(江戸名所図会)

当社を中心に拡大したのが上図。

鳥居の先に石段があり立地などは現在と変わらない。
神門らしきもの、さらに天神さまなども祀られていた事が窺える。
右手に「報恩寺」(現・廃寺)があり、これが別当寺であった。

当社の右手に「三鈷坂」と描かれているが、この坂は現在も「三光坂」として地元の方に親しまれている。

明治以降の歩み・戦後の再建

明治になり神仏分離。

別当寺であった「報恩寺」は廃寺となっている。

明治五年(1872)、村社に列した。

明治四十二年(1909)測図の古地図を見ると当時の様子が伝わる。

今昔マップ on the webより)

赤円で囲った箇所が当社の鎮座地で、今も昔も変わらない。
白金の地名の他、三光町・今里町・丹波町などの町名を見る事ができ、これらは白金から成立した町で、当社はこれら一帯の総鎮守であった。

明治末期頃より、白金一帯は急速に発展していく事となる。

昭和二十年(1945)、東京大空襲により社殿が焼失。

昭和三十三年(1958)、社殿などが再建。
この社殿が改修されつつ現存。

平成十二年(2000)、立派な鳥居を建立。
その後も境内整備が進み現在に至る。

境内案内

白金に広い境内を有する・立派な大鳥居

白金の鎮守として白金に鎮座している当社。
立地としては高級住宅街にありながらも、中々に広大な境内を維持している。
北里通り沿いに立派な鳥居が建つ。
平成十二年(2000)に建てられた鳥居で、実に存在感がある造り。

戦前と江戸時代の二対の狛犬

鳥居の先に一対の狛犬。
昭和十五年(1940)に奉納された招魂社系の狛犬。
戦前の狛犬だが状態もよく現存。

その先に石段。
石段があり高台に鎮座しているのは、江戸時代の頃から変わらない。

石段を上った先に一対の狛犬。
個性的な表情で安永六年(1777)に奉納されたかなり古い狛犬。
うっすらだが安永六年(1777)の刻銘が残る。
江戸尾立の尾に細身の体躯。
保存状態も良好で、古いものがこうして残されているのが嬉しい。

その先、左手に手水舎。
水が張られていて身を清める事ができる。

戦後に再建された美しい社殿

参道の正面に社殿。
広々とした参道に映えるバランスよい美しい社殿。
江戸時代の社殿は東京大空襲で焼失。
戦後の昭和三十三年(1958)に再建された。
木造で立派な社殿からも、氏子崇敬者の気持ちが伝わる。
社殿の周囲には緑が囲んでいて清々しい気持ちにさせてくれる。

戦後の再建時には社殿の他に、参道・社務所等が一気に境内整備され再建を果たしている。

境内社の建武神社と稲荷神社

社殿左手に境内社の建武神社。
御祭神は後醍醐天皇・護良親王・楠正成などの203柱の南朝の天皇や忠臣を祀っている。
古くは昭和十一年(1936)に建武義会が創立され、上大崎中丸に建武神社が創建。
戦後に当社の境内社として遷された。
建武神社の由来は、建武の新政に因む。
立て札には「招福・開運の神様」と記されている。

建武の新政(けんむのしんせい)
鎌倉幕府を打倒した後醍醐天皇が、天皇が自ら行う政治「親政」(天皇が自ら行う政治)を開始したことにより成立した建武政権の新政策。

社殿の右手には稲荷神社が鎮座。
緑に囲まれた細い参道。
とても綺麗に整備された境内。
小さな神狐像。
緑に囲まれたお稲荷さんとなっている。

社務所の左手には神池。
鯉も泳ぐ神池として整備されている。

御朱印・猫が多い境内

御朱印は社務所にて。
丁寧に対応して頂いた。

御朱印は「白金氷川神社」の朱印に、左下に「氷川神社之印」。
現在は社号部分が印判になっていて、2015年と2019年に頂いたものに違いはない。

筆者の地元から近いため月詣のペースで参拝しているが、境内には猫を多く見かける事が多い。
拝殿前からスッと中に入っていく猫。
社務所前の日陰で寝る猫。

所感

白金の鎮守として崇敬を集めた当社。
現在の白金は高級住宅街としても知られるが、そうした地域においても中々に広々とした境内を維持し、いつも綺麗に整備されているのは、とても素晴らしい事に思う。
白金村の成立と鎮守としての役割、戦後の再建時においても、当社が白金においてとても大切な存在だった事は間違いがなく、そうした崇敬がある故にこうした素晴らしい境内を維持できている事であろう。
筆者の地元からもほど近いため度々参拝に訪れるが、いつ来ても心地よい空気感があり実に良い神社である。

神社画像

[ 玉垣・鳥居 ]



[ 社号碑・鳥居 ]




[ 狛犬 ]


[ 石段 ]

[ 狛犬 ]




[ 参道 ]

[ 手水舎 ]


[ 拝殿 ]





[ 本殿 ]

[ おみくじ販売機 ]

[ 御籤掛 ]

[ 建武神社 ]







[ 稲荷神社 ]








[ 燈籠 ]

[ 境内風景 ]

[ 神池 ]


[ 石碑 ]

[ 参集殿 ]

[ 社務所 ]

[ 水 ]

[ 案内板 ]

Google Maps

コメント

タイトルとURLをコピーしました