波除神社(波除稲荷神社) / 東京都中央区

神社情報

波除神社(なみよけじんじゃ)
波除稲荷神社(なみよけいなりじんじゃ)

御祭神:倉稲魂命
社格等:村社
例大祭:6月10日と近い金・土・日曜(つきじ獅子祭)
所在地:東京都中央区築地6-20-37
最寄駅:築地駅・築地市場駅
公式サイト:http://www.namiyoke.or.jp/

御由緒

今から350年程前の江戸時代初期、この築地一帯は一面の海でした。
江戸城増築と供に始められた江戸の埋め立ての際に、4代将軍家綱公が手がけた最後の埋立の工事で困難を極めたのが、この築地海面でした。堤防を築いても築いても激しい波にさらわれてしまうのです。
萬治2年(1659)の或夜の事、海面を光りを放って漂うものがあり、人々は不思議に思い船を出してみると、それは立派な稲荷大神の御神体でした。皆は畏れて、早速現在の地に社殿を作りお祀りして、盛大なお祭りをしましたところ波風がピタリとおさまり、工事はやすやすと進み埋立も終了致しました。
人々は、御神徳のあらたかさから稲荷大神に『波除』の尊称を奉り、雲を従える『龍』、風を従える『虎』そして一声で『龍虎』を威伏させる『獅子』の巨大な頭が数体奉納され、それにあわせて当時裕福な方は個人で、お金にゆとりのない方は数人で「請」をつくりお金を出し合い一対の獅子頭を持ち、江戸時代から明治にかけまして築地一帯では数十対の獅子頭を持ち、これを担いでまわったのが当社の夏の祭礼『つきじ獅子祭』の始まりです。
創建当時に奉納された巨大な獅子頭は江戸時代に焼失し、築地一帯にあった多くの獅子頭も関東大震災でほぼ焼失し、この時に修理に出されていた寛永元年(1848)作の獅子頭一対のみが難を免れ残り、この獅子頭は区の文化財に指定されました。
江戸時代に焼失した巨大な獅子頭は雄獅子(天井大獅子)が平成2年に、雌獅子(弁財天お歯黒獅子)が平成14年に再興され、境内の獅子殿・弁財天社に安置されております。本殿には江戸時代に焼失し平成24年に再興された『龍虎』の頭を見下ろす形で、焼失を免れた文化財の獅子頭が安置されております。(頒布のリーフレットより)

参拝情報

参拝日:2017/04/13

御朱印

初穂料:300円
社務所にて。

※祭事や季節限定の限定御朱印を用意している。(詳細:公式サイト
※摂社・弁財天社の御朱印も用意。

2017年限定御朱印情報
毎月7日 七福神参り御朱印(各月1体のみ)
1月1日〜10日 新春御朱印
1月7日 人日ノ節句御朱印
2月3日 節分祭追儺式御朱印
3月3日 上巳ノ節句御朱印
4月12日 初巳大祭御朱印
5月5日 端午ノ節句御朱印
6月9・10・11日 つきじ獅子祭御朱印
7月7日 七夕ノ節句御朱印
9月7日 十五夜御朱印
10月お初穂祭当日 重陽ノ節句御朱印
11月6・18・30日 酉の市御朱印

[ 社務所掲示 ]

歴史考察

築地鎮守の波除稲荷

東京都中央区築地に鎮座する神社。
旧社格は村社で、築地市場を含む築地の鎮守。
正式名称は「波除稲荷神社」だが、当社では「波除神社」を使用する事も多い。
「波除」の社号から「災難を除き、波を乗り切る」お稲荷さまとして崇敬を集める。
境内に置かれた巨大な獅子頭や、例大祭の「つきじ獅子祭」で知られる。
築地市場より近いため、外国人観光客からも人気が高い。

開府以前の江戸と幕府による埋め立て

社伝によると、万治二年(1659)に創建と伝わる。
当社の創建には築地の埋め立て事業が深く関わっていくので、その歴史から遡りたい。

天正十八年(1590)、関東移封によって徳川家康が江戸入り。
当時の江戸は、「日比谷入江」と呼ばれる入江があり、入江は皇居前まで食い込む形であった。

当時の入江の様子をGoogle Mapsに重ねてみると以下のようになる。

(筆者作・日比谷入江と江戸湊)

筆者が作成したものなので正確な地図ではないが、大まかにこのような入江となっていた。

現在の東京駅と皇居の間まで海が食い込んでいたのが分かる。
半島のように伸びていたのが「江戸前島」と呼ばれた一角で、この先端が現在の新橋・銀座。

当社が鎮座している築地一帯は海であり、現在の東京湾を「江戸湊」と呼んだ。

家康が江戸入りすると、江戸の大改造に着手する。
江戸の土地を拡張するために大規模な江戸湊の埋立を行った。

神田山を切り崩したり、江戸城の堀を造る際に出た揚げ土を使い、日比谷入江を埋め立てていく。
天下普請と呼ばれる埋め立てが進み、三代将軍・徳川家光の時代には江戸の基礎が形作られた。

築地一帯はまだ海であり埋め立ては行われていなかった。

築地本願寺再建のために行われた築地の埋め立て

明暦三年(1657)、明暦の大火が発生。

明暦の大火は、当時の江戸の大半を焼失するに至った大火災で、延焼面積・死者共に江戸時代最大・日本史上最大の火災(戦禍・震災を除く)。別名:振袖火事。明和の大火・文化の大火と共に江戸三大大火の一つと云われる。

この大火によって、京都「西本願寺」の別院として浅草御門南の横山町にあった「浜町御坊」(現・築地本願寺)が焼失。
旧地は幕府による区画整理のため再建が許されず、代替地として八丁堀沖(現・築地)の海上が与えられ、佃島(現・中央区佃)の門徒が中心となり、「築地本願寺」本堂の再建のため海を埋め立て土地を築いた。

東京・築地にある築地本願寺(浄土真宗本願寺派)の公式ホームページです。京都・西本願寺を本山とし、浄土真宗の教義をひろめ、 心豊かな人生や社会づくりへの首都圏の拠点として、法話・講座・イベントなどを開いています。
築地の地名由来は、この埋め立てによるもの。人の手で築かれた地という意味になる。

しかしながら築地の埋め立ては困難を極めたと云う。
荒波によって堤防を築けども築けども、その度に破壊され難航していく。

難航した埋め立てと当社の波除の御神徳

万治二年(1659)、ある晩に海面を光り漂うものがあり、船を出して引き上げると、稲荷大神の御神体であったと云う。
現在地に社殿を造営して祀ったところ、波風がピタリと止み、埋め立ても完了する事ができた。
これが当社である。

この御神徳を称え「波除稲荷」と称し崇敬を集めた。
現在に至るまで「災難を除き、波を乗り切る」御神徳として、多くの信仰を集めている。

地域の人々は、雲を従える「龍」、風を従える「虎」そして一声で万物を威伏させる「獅子」の巨大な頭が数体奉納され、これを担いでまわったのが現在も続く「つきじ獅子祭」の始まりとされる。

江戸切絵図から見る当社と築地周辺

当社の鎮座地は江戸の切絵図からも見て取れる。

(築地八町堀日本橋南絵図)

こちらは江戸後期の築地八町堀日本橋周辺の切絵図。
右が北の切絵図となっており、当社は図の中央左に描かれている。

(築地八町堀日本橋南絵図)

北を上に(反時計回りに90度回転)して、当社周辺を拡大したものが上図。
赤円で囲った箇所が当社で小さいながら赤く寺社の敷地で表されている。
近くには築地を埋め立てするに至った「西本願寺」(現・築地本願寺)。

武家屋敷や町家が立ち並ぶ中、当社が鎮座する一角は「小田原町」と呼ばれていた。
相模国小田原(現・神奈川県小田原市)の石工、もしくは魚商がこの地を開いた事からそう呼ばれたとされ、小田原町は漁師町として栄え、小田原町の鎮守として崇敬を集めた。

例祭「つきじ獅子祭」では、南小田原町の獅子頭が出ると血を見ないと納まらないと云われるくらい、気の荒い漁師が氏子として揃っていたと伝わっている。

関東大震災からの再建と築地市場の形成

明治になり神仏分離。
当社は村社に列した。

明治以降の築地は、海軍関係施設が多く建設される。
明治四十二年(1909)の古地図がある。
当時の当地周辺の地理関係を確認する事ができる。

今昔マップ on the webより)

当時も現在も当社の鎮座地は変わらない。
現在の築地市場はまだなく、青円で囲ったように海軍関係の学校や施設が多く建築されている。
海軍本省、海軍兵学校、海軍軍医学校、海軍経理学校などが、築地に置かれていた。

大正十二年(1923)、関東大震災が発生。
築地一帯は焼け野原となり、当社も殆どが焼失。
20頭以上あった獅子頭も、嘉永元年(1848)に造られた一対を除いて焼失してしまっている。

帝都復興計画に基づいて築地一帯に大規模な道路の建設と区画整理が行われる。

昭和十年(1935)、日本橋の魚河岸が築地の海軍関係の施設に移転し、場外にも市場が形成された。
これが現在の「築地市場」である。

昭和十二年(1937)、現在の社殿が再建。
当社は築地の鎮守として崇敬を集めた。

平成二年(1990)、雄の天井獅子を再興。
平成十四年(2002)、雌のお歯黒獅子が完成し、弁天社として整備された。
平成二十四年(2012)、龍虎の頭も再興している。

現在の「つきじ獅子祭」は、獅子頭を担いでまわるものではなく、神輿を担ぐものとなっているが、平成の再興によって「つきじ獅子祭」に使用されていた獅子頭などの伝統を復活させたとも云えるであろう。

境内案内

外国人観光客で賑わう築地と境内

築地場外市場のほぼ突き当りに鎮座。
近年、外国人観光客から人気の高い築地において、当社も外国人の参拝者が非常に多い。

早朝に参拝すると混雑はしていないものの、日中になると境内はご覧の賑わいとなる。

鳥居を潜ると左手に手水舎。
お歯黒獅子が置かれた弁天社があるが、その前に手水舎がある。
手水舎・お歯黒獅子・弁天社を兼ねた一角。

正面に社殿。
昭和十二年(1937)に再建された社殿が修復されつつ現存。
そう大きな社殿ではないが、状態よく維持されている。

お歯黒獅子(弁天社)と厄除天井大獅子

境内の左にあるのがお歯黒獅子。
平成十四年(2002)に完成したもので、摂社「弁天社」を兼ねており、獅子の頭上にある宝珠の中に市杵島姫命が祀られている。
この前に手水舎があるため、お歯黒獅子安置殿・弁天社を兼ねた建物となっている。

境内の右手には獅子殿。
中には平成二年(1990)に御鎮座330年を記念して造られた厄除天井大獅子。
江戸時代に厄除・災難除の象徴として「つきじ獅子祭」の名称の元にもなった厄除天井大獅子を再興したものとなっていて、神楽殿を改築する形で、獅子殿として整備された。

当社で授与される「願い串」を、この天井大獅子の舌の上に収め籠に納め念じると、願い事を叶えてくれるとされている。
現在は、通年で受け付けており、1ヶ月分を翌月1日の獅子殿月次祭にて神職の手によって行われる。

築地市場関係者から奉納された多くの石碑

社殿の左手には多くの石碑が並ぶ。
いずれも築地市場関係者による奉納で、個性的なものが多い。

東京鶏卵加工業組合が奉納した「玉子塚」。
その隣には天照大神・大国主命・少彦名命・天日鷲命を祀る合祀殿。

東京都鮨商環境衛生同業組合から奉納された「すし塚」。
その奥には、東天会てんぷら料理協同組合と、海老の大丸によって奉納された「海老塚」。

更に奥には珍しい「鮟鱇(あんこう)塚」。
その隣に東京築地魚市場活物組合による「活魚塚」。

さらに「蛤石」。
隣には「おきつね様」と呼ばれる、小さな祠が置かれている。

このように築地市場関係者による奉納の石碑が多く、今も崇敬を集めている様子が伝わる。

限定御朱印や毎月7日の七福神参り

御朱印は社務所にて。
丁寧に対応して頂いた。

通年で拝受できるのは、当社と摂社・弁財天社の2種類。
通常の期間はこちらを授与して頂ける。

2016年7月からは都営浅草線沿線の八社によって「東京福めぐり 開運八社さんぽ」も開催。
人気の神社の中に当社も参加している。

この他、豊富な限定御朱印を用意。

2017年限定御朱印情報
毎月7日 七福神参り御朱印(各月1体のみ)
1月1日〜10日 新春御朱印
1月7日 人日ノ節句御朱印
2月3日 節分祭追儺式御朱印
3月3日 上巳ノ節句御朱印
4月12日 初巳大祭御朱印
5月5日 端午ノ節句御朱印
6月9・10・11日 つきじ獅子祭御朱印
7月7日 七夕ノ節句御朱印
9月7日 十五夜御朱印
10月お初穂祭当日 重陽ノ節句御朱印
11月6・18・30日 酉の市御朱印

御朱印についての詳細は、公式サイトをご覧頂きたい。

さらに当社では、「七福神参り」を開催している。
当社の摂社や末社、獅子殿に祀られている、七福神の7柱を毎月参るというもの。

毎月7日に限り、1体のみ御神像の御開帳と、神様の姿絵を入れた御朱印を授与。
7体の御朱印を全て集めた方には12月に特性の開運七福神記念品が授与される。
詳細は公式サイトにて。
七福神参りの毎月7日は、七福神御朱印のみの用意となり、通常御朱印はお受けできない。

所感

築地の鎮守である当社。
築地の埋め立て時に創建され、「災難を除き、波を乗り切る」として崇敬を集めている。
当社の歴史は築地の歴史とも云え、小さいながらも崇敬の篤さが伝わる境内。
築地市場が開かれてからは、そうした市場関係者からの崇敬が篤く、多くの碑が奉納されている。
現在の築地は観光地として、外国人観光客から人気が高いという事もあり、当社にも多くの外国人参拝者が詰めかけ賑わっている事が多い。
特にお歯黒獅子と厄除天井大獅子は目を引くもので、人気が高い。
近年は限定御朱印や七福神参りなどの展開を行い、様々な努力を感じる事ができる。
市場の移転問題に揺れる築地の中でも、市場関係者から当社への崇敬は変わらず続くのであろう。

神社画像

[ 鳥居 ]


[ 拝殿 ]





[ 本殿 ]

[ 手水舎・お歯黒獅子・弁財天社 ]



[ 獅子殿 ]


[ 玉子塚・末社 ]

[ すし塚・海老塚 ]

[ 鮟鱇塚・活魚塚 ]

[ 蛤石・おきつね様 ]

[ 昆布塚 ]

[ 社務所 ]

[ 案内板 ]

Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google