杉並区

杉並猿田彦神社 / 東京都杉並区

太道教による導きの神を祀る神社。天孫降臨の故事に倣い猿田彦大神を祀る神社として創建。御朱印は2種類・天孫降臨の御朱印帳。椿大神社から勧請・猿田彦大神を祀る猿田彦神社。霧島神宮から勧請・瓊瓊杵尊を祀る太道教本部。霧島講東京支部。御神水。
中野区

中野氷川神社 / 東京都中野区

中野総鎮守のおひかわさま。源頼信が平忠常の乱を平定する際に創建。中野長者と呼ばれた鈴木九郎による中野の開拓。太田道灌による戦勝祈願・社殿造営。旧中野村の総鎮守。鍋屋勘右衛門の寄進の三之鳥居。力石・庚申塔など中野の歴史を伝える境内。御朱印。
結城郡

東蕗田天満社 / 茨城県結城郡

東蕗田の天神様。菅原道真公が詠んだ和歌御朱印。桜参道の御朱印帳。裏参道は桜並木が美しい桜の名所。写真映えする手水舎。彫刻が見事な江戸時代の社殿。鎌倉時代に北野天満宮より勧請。江戸時代には黒印地を拝受・正一位の神位を賜る。神饌幣帛料供進神社。
杉並区

馬橋稲荷神社 / 東京都杉並区

旧馬橋村鎮守のお稲荷様。東京三鳥居の双龍鳥居。美しい参道と水路・幻の蛍の姿も。随神門の開運鈴はパワースポット。鎌倉時代末期の創建。正一位足穂稲荷大明神の神号。馬橋の地名保存のため改称。願かけ狐・開運双龍手拭い。御朱印。2種類の御朱印帳。
新宿区

稲荷鬼王神社 / 東京都新宿区

全国唯一鬼王の名が付く神社。歌舞伎町鎮座。謎多き鬼王権現。鬼王は平将門の幼名・将門の噂と伝承。力様と呼ばれる鬼の水鉢・不思議な狛犬。美しい音色を奏でる天水琴(水琴窟)。新宿山ノ手七福神の開運恵比寿。豆腐断ちと撫で守り。富士塚。御朱印。
品川区

居木神社 / 東京都品川区

大崎鎮守。月替り御朱印・限定御朱印・桜の御朱印帳。厄落とし絵馬や縁結び絵馬など文字をくり抜く絵馬。しながわ百景・桜が美しい境内。目黒川沿いに創建・雉子ノ宮と称される。現在地に遷座・五社明神と称される。居木橋村鎮守。明治に入り居木神社へ改称。
世田谷区

弦巻神社 / 東京都世田谷区

弦巻鎮守。明治に稲荷社・八幡社・天神社が合祀され創建。中世の弦巻・弦巻の地名由来。江戸時代の弦巻村。新編武蔵風土記稿に記された弦巻村の神社。三基の鳥居。大正時代の社殿。大正時代の狛犬・神楽殿・境内社。2017年から御朱印の授与も開始。
目黒区

中目黒八幡神社 / 東京都目黒区

中目黒総鎮守。中目黒の八幡さま。戦前の社殿が現存。長い参道・お水取り可能な湧水・さざれ石。境内社の三峯神社と三峯請。江戸時代の手水舎。江戸時代から続く十二座神楽。著名人が多い氏子区域。平成の大改修事業。御朱印。竹紙を使用した珍しい御朱印帳。
渋谷区

豐榮稲荷神社(豊栄稲荷神社) / 東京都渋谷区

渋谷に鎮座していた二社が合祀され建立。渋谷氏によって創建された田中稲荷・豊岡藩の邸内社であった豊澤稲荷。多くの奉納鳥居・朱塗り社殿・写真映えする境内。渋谷の歴史を伝える庚申塔群。明治の古地図で見る当時の渋谷。本務社は「金王八幡宮」。御朱印。
渋谷区

金王八幡宮 / 東京都渋谷区

渋谷・青山の総鎮守。社名由来となった渋谷金王丸の伝説。春日局からの崇敬。江戸時代に造営された社殿・神門。江戸三名桜の1つ金王桜。算額など無料展示している宝物館。『天地明察』の舞台。渋谷の地名由来。浮世絵に描かれた金王丸。御朱印。御朱印帳。
野田市

櫻木神社 / 千葉県野田市

野田市を代表する人気の一社。桜の可愛い御朱印・御朱印帳・授与品。さくらの日まいり限定御朱印・さくらシールと記念品。トイレの神様・川屋神社。縁結びの桜。桜が約400本。平安時代創建・野田市最古の神社。桜台村の開発の守護神。親鸞が逗留した伝説。
川口市

九重神社 / 埼玉県川口市

旧安行村鎮守。川口の秘境・安行のひかわさま。御神木スダジイ。全8種の御神木御朱印。御神木と九曜紋の御朱印帳。黄金の御神木御朱印・記念品の御朱印帳。奉納御朱印。密蔵院の僧により創建。9社の村社が合祀され「九重神社」に。平将門。幻の安行桜。
常総市

一言主神社 / 茨城県常総市

茨城県西部有数の神社・三竹山一言主神社。一言の願いも聞き入れる一言主大神。一生に一度の願いを叶える。美しい御朱印帳。本殿は江戸時代のものが現存。三岐の竹の伝説と三竹山。江戸時代より伝わるからくり綱火。有名な霊社へ発展・戦後の最盛期。御朱印。
取手市

取手八坂神社 / 茨城県取手市

取手総鎮守。江戸時代に牛頭天王を祀り創建。取手宿が成立しその産土神に。力強い墨書きの御朱印。江戸後期の拝殿・明治の本殿が現存・素晴らしい彫刻。取手の地名由来。関東三大御神輿の御神輿。江戸時代の鳥居・石灯籠。立派な獅子山。取手ひなまつり。
守谷市

守谷総鎮守八坂神社 / 茨城県守谷市

守谷総鎮守の八坂神社(天王様)。平安時代に牛頭天王を祀り創建。牛頭天王宮の御朱印・スサノオとヤマタノオロチの御朱印帳。樹齢400年・幸結びの御神木。幟祭とも称され賑わう祇園祭。土岐山城守によって現在地へ遷座。守谷の地名由来・平将門伝説。
タイトルとURLをコピーしました