浮世絵・錦絵

新宿区

花園神社 / 東京都新宿区

新宿総鎮守の花園神社。朱色の社殿・三社の扁額。文化財に指定された銅の唐獅子像。24時間開催され大変な賑わいを見せる酉の市。徳川家康入府以前より創建のお稲荷様。花園の由来。内藤新宿の開設と総鎮守。威徳稲荷神社と芸能浅間神社。御朱印。御朱印帳。
新宿区

市谷亀岡八幡宮 / 東京都新宿区

市谷総鎮守。ペットと参拝・初詣・祈願ができる神社。太田道灌により江戸城西之鎮護として創建。桂昌院など徳川将軍家からの崇敬。広重の浮世絵の題材に。江戸時代の銅鳥居が現存・八幡造の社殿。弘法大師開山や眼病平癒・茶ノ木稲荷神社。御朱印。御朱印帳。
新宿区

穴八幡宮 / 東京都新宿区

牛込総鎮守。冬至から節分まで期間限定の一陽来復御守。金銀融通の御利益。一陽来復(いちようらいふく)の意味と御守の祀り方。横穴より神像が出現したため穴八幡宮。徳川将軍家からの庇護・徳川吉宗奉納の流鏑馬。立派な境内。一陽来復の御朱印。御朱印帳。
品川区

寄木神社 / 東京都品川区

南品川漁師町の鎮守。日本武尊と弟橘媛の身投げ伝説。源義家(八幡太郎)と兜島の伝説。御菜八ヶ浦の1つ・猟師町の成立。青明治に再建された社殿・石蔵本殿。伊豆の長八(入江長八)の漆喰鏝絵。かっぱ狛犬。海波の扁額。本務社「荏原神社」。御朱印。
品川区

荏原神社 / 東京都品川区

元品川総鎮守。南の天王さん。元准勅祭社。江戸時代後期の社殿が現存・龍が見下ろす社殿。南の天王祭(かっぱ祭り)。龍神(水神)を祀る神社として創建。牛頭天王を勧請。徳川家康から朱印地を賜る・朱印争い。南品川宿鎮守。東海七福神・恵比寿神。御朱印。
横須賀市

走水神社 / 神奈川県横須賀市

日本武尊と弟橘媛を祀る古社。走水の鎮守。正史に残る日本武尊と弟橘媛の身投げ伝説。三浦半島の東端近くに鎮座。石段の上の社殿・パワースポット。海も一望できる裏山への参道。東郷平八郎や乃木希典による記念碑。河童を祀る水神社。御朱印。御朱印帳。
船橋市

意富比神社(船橋大神宮) / 千葉県船橋市

船橋大神宮と称される県内有数の古社。式内社(延喜式内社)。正式名称は「意富比神社(おおひじんじゃ)」。日本武尊が神鏡を祀る。意富比という土着の太陽神。灯明台と浮世絵の御朱印帳。奉納相撲と土俵。徳川将軍家からの崇敬・常磐神社の造営。御朱印。
市川市

白幡天神社 / 千葉県市川市

市川市菅野鎮守の天神さま。源頼朝の旗揚げ伝承・白幡の由来。八幡信仰と関わりの深い御祭神の武内宿禰。明治になり菅原道真公を合祀・白幡天神社へ改称。扁額は勝海舟による揮毫。永井荷風と幸田露伴の文学碑・晩年を過ごした地。奇祭・湯の花祭り。御朱印。
市川市

下総府中六所神社 / 千葉県市川市

下総国総社・六所之宮。須和田鎮守。景行天皇の勅願により国府台に創建。下総国の国府が置かれた国府台。総社の成立とその役割。戦乱による荒廃と再興。江戸時代は歌川広重も描いた景勝地。明治になり現在地(須和田)へ遷座。本務社「葛飾八幡宮」。御朱印。
市川市

葛飾八幡宮 / 千葉県市川市

下総国総鎮守。国指定天然記念物・樹齢1,200年の千本公孫樹。禁足地「八幡の藪知らず」。平将門・源頼朝・徳川家康からの庇護。随神門・鐘楼堂など立派な境内。33年に1度の式年大祭。ライトアップイベント「煌kirameki」。御朱印。御朱印帳。
墨田区

向島秋葉神社 / 東京都墨田区

火伏せの神・向島(旧請地)の秋葉様。昭和レトロな姿が色濃く残る参道。江戸時代の隆盛を偲ぶ石灯籠の数々。江戸中一の紅葉の名所・歌川広重が描いた当社。元禄年間に社殿が造営し中興・秋葉稲荷両社と称される。鎮火・産業・縁結びの霊験。御朱印。
墨田区

牛嶋神社 / 東京都墨田区

本所総鎮守。牛御前(うしのごぜん)。病気が治る撫牛信仰。珍しい狛牛。慈覚大師が須佐之男命を祀る。源頼朝と千葉常胤の伝承。牛鬼の如き妖怪の伝説。葛飾北斎ゆかりの地。関東大震災後の復興遷座。東京スカイツリーの氏神。珍しい三ツ鳥居。御朱印。
横浜市

お三の宮日枝神社 / 神奈川県横浜市

横浜開拓の守護神(関外総鎮守)。横浜の基礎を作った吉田新田の鎮守として創建。お三と呼ばれた女性の人柱伝説。お三の宮の由来。横浜随一の千貫神輿・市内屈指の例大祭。山王信仰の象徴・山王鳥居。珍しい砲弾狛犬。横濱開港神社巡り。御朱印。御朱印帳。
横浜市

金刀比羅大鷲神社 / 神奈川県横浜市

酉の市で知られる横濱のお酉様。横浜橋商店街の一画に鎮座。桂歌丸ゆかりの地。横浜開港にあたり創建された金毘羅大権現。当社が創建された港崎遊郭・遊郭と共に歩んだ歴史。浮世絵に描かれた当社。赤線地帯であった永真遊郭街。横濱開港神社巡り。御朱印。
横浜市

浅間神社(西区浅間町) / 神奈川県横浜市

袖すり山に鎮座する浅間さま。全国に四社しかない浅間造本殿。源頼朝によって社殿が造営。横穴古墳が密集する袖すり山。富士講の聖地・富士山に繋がるとされた「富士の人穴」。歌川広重の東海道五十三次にも描かれた当社。芝生村から浅間町への改称。御朱印。
タイトルとURLをコピーしました