御朱印帳

新宿区

鎧神社 / 東京都新宿区

平将門の鎧が眠ると伝わる旧柏木村(北新宿)の鎮守。日本武尊が甲冑六具を納めた伝説。平将門を慕う人々が将門の鎧を埋めた伝承・平将門を討った藤原秀郷が祟りを畏れ将門の鎧を埋めた伝承。境内社の元天神・狛犬型庚申塔。御朱印。藍染で拘りの御朱印帳。
葛飾区

葛西神社 / 東京都葛飾区

葛西三十三郷の総鎮守。祭囃子発祥の社。葛西御厨と称された三十三郷。徳川家康より朱印地を賜る。厳島神社(金町弁天)。葛西天神社。金町富士と称する富士塚。葛飾区最古の石鳥居・古い狛犬。泣き相撲・酉の市・骨董市など数多くの行事。御朱印。御朱印帳。
新宿区

成子天神社 / 東京都新宿区

めぐり天神・旧柏木成子町の鎮守。菅原道真の家臣による創建。成子天神社再整備プロジェクト。再整備された朱色の鳥居や神門・マゼンタカラーに近い鮮やかな社殿。パワースポットとされる富士塚。一社で出来る七福神巡り。鷽みくじ。御朱印。御朱印帳。
新宿区

花園神社 / 東京都新宿区

新宿総鎮守の花園神社。朱色の社殿・三社の扁額。文化財に指定された銅の唐獅子像。24時間開催され大変な賑わいを見せる酉の市。徳川家康入府以前より創建のお稲荷様。花園の由来。内藤新宿の開設と総鎮守。威徳稲荷神社と芸能浅間神社。御朱印。御朱印帳。
港区

出雲大社東京分祠 / 東京都港区

都内唯一の出雲大社分祠。六本木の路地裏に鎮座・ビルの3階に神殿。神殿では二拝四拍手一拝で拝礼。出雲大社の神様は縁結びの神。御朱印には縁の印。出雲大社の大宮司によって創設された出雲大社教・東京出張所が当社の起源。身を清める祓社。御朱印帳。
新宿区

新宿諏訪神社 / 東京都新宿区

旧諏訪村などの総鎮守。新宿のお諏訪さま。平安時代初期に小野篁によって創建。源氏の戦勝祈願。徳川義直によって諏訪神社に改称。徳川家の鷹狩と深い繋がり。手水舎は霊験ある霊水。菊紋と千鳥破風が特徴的な社殿。塞神三柱の塔・夫婦楠。御朱印。御朱印帳。
新宿区

市谷亀岡八幡宮 / 東京都新宿区

市谷総鎮守。ペットと参拝・初詣・祈願ができる神社。太田道灌により江戸城西之鎮護として創建。桂昌院など徳川将軍家からの崇敬。広重の浮世絵の題材に。江戸時代の銅鳥居が現存・八幡造の社殿。弘法大師開山や眼病平癒・茶ノ木稲荷神社。御朱印。御朱印帳。
渋谷区

代々木八幡宮 / 東京都渋谷区

代々木鎮守の八幡さま。鎌倉時代に鶴岡八幡宮から勧請。江戸時代に現在地へ遷座。戦火を免れた明治時代の社殿。緑に囲まれた社叢。パワースポット・出世稲荷。縄文時代の遺跡・竪穴式住居。秒速5センチメートルの舞台。金魚まつり。御朱印。木製の御朱印帳。
渋谷区

平田神社 / 東京都渋谷区

平田篤胤を祀る神社。国学四大人の1人・平田篤胤。学問の神としての信仰。神代文字の御朱印・プチボアンの御朱印帳。篤胤が大成させた復古神道・平田派国学の成立。幽界研究・天狗小僧寅吉。神代文字や暦学の研究。明治に篤胤の子孫や門人により神社が創建。
新宿区

穴八幡宮 / 東京都新宿区

牛込総鎮守。冬至から節分まで期間限定の一陽来復御守。金銀融通の御利益。一陽来復(いちようらいふく)の意味と御守の祀り方。横穴より神像が出現したため穴八幡宮。徳川将軍家からの庇護・徳川吉宗奉納の流鏑馬。立派な境内。一陽来復の御朱印。御朱印帳。
船橋市

二宮神社 / 千葉県船橋市

下総国二之宮・近郷二十三ヶ村総鎮守。式内社論社。丑年と未年に開催・下総三山の七年祭り。江戸時代の社殿が現存。谷を横断するように作られた参道。シンボルでもある御神木の大銀杏。嵐神社としても人気・5色の御守。ふなっしー守。御朱印。御朱印帳。
千葉市

子守神社 / 千葉県千葉市

幕張総鎮守。躍動感のある達筆な御朱印。千葉氏一族による馬加城の築城・社殿造営。馬加康胤による安産祈願。幕張の由来になった馬加(まくわり)鎮守。素加天王神社と称された祇園信仰の神社。ガラス張りの本殿覆屋。下総三山の七年祭り・磯出式。御朱印帳。
習志野市

大原神社(大原大宮神社) / 千葉県習志野市

実籾の鎮守。縁結びの神・夫婦和合。イザナギとイザナミの夫婦神を祀る。限定御朱印・見開き御朱印。平安時代に創建。東金御成街道の整備に伴い現在地へ遷座。江戸時代に猿田彦命を合祀。明治に大宮神社(イザナミ)を合祀。下総三山の七年祭り。御朱印帳。
習志野市

菊田神社 / 千葉県習志野市

習志野の守護神。月替りの限定御朱印・見開き狛犬御朱印。狛犬の御朱印帳。にっこり笑う通称アイーン狛犬。平安時代に創建・久久田大明神と称される。江戸時代中期に菊田大明神と改称。津田沼や習志野の地名由来。民間信仰のあんば様。下総三山の七年祭り。
横須賀市

西叶神社 / 神奈川県横須賀市

西浦賀鎮守・願いが叶う叶神社。文覚が源氏再興を願い八幡大神を勧請。源頼朝によって叶大明神に改称。黒船来航より古い社殿が現存・名工と謳われた後藤義光の彫刻。西叶神社で勾玉を授かり東叶神社の御守袋に入れる勾玉御守。浦賀の渡船。御朱印。御朱印帳。
タイトルとURLをコピーしました