御朱印帳

横浜市

中村八幡宮 / 神奈川県横浜市

旧中村鎮守の八幡さま。平安時代に八幡大明神として祀られていた伝承。鎌倉幕府より幣帛が捧げられる。戦前の荘厳な社殿。明治の鳥居。文化財の水準点や高低几号標。江戸中期の地蔵庚申塔。明治に寄進された獅子山。平成の社殿。横濱開港神社巡り。御朱印。
横浜市

石川町諏訪神社 / 神奈川県横浜市

石川町鎮守・はまのお諏訪さん。火防の神とされる御神徳。石川村の諏訪山に創建・諏訪信仰の神社。灯明が絶えず漁船の目標となった伝承。江戸時代の石川町と当社。明治以降の石川町と当社の歩み。戦後に再建された社殿。横濱開港神社巡り。御朱印。御朱印帳。
横浜市

元町嚴島神社(元町厳島神社) / 神奈川県横浜市

横浜元町鎮守。源頼朝が創建したと伝わる厳島神社。横濱村の鎮守であった清水弁天(横濱弁天社)。清水弁天と対となる杉山弁天と呼ばれた当社。関内厳島神社の分社。横浜村の元住民による町・横浜元町の歴史。御朱印は平日のみの対応。横濱開港神社巡り。
横浜市

伊勢山皇大神宮 / 神奈川県横浜市

横浜総鎮守。関東のお伊勢さま。大規模な創建150年記念事業・伊勢神宮内宮より譲り受けた本殿。開港により急速な発展を遂げたの精神的支柱とするため創建。明治の浮世絵・古地図・戦前の古写真。横浜港守り神の照四海・明治の注連柱。御朱印。御朱印帳。
港区

十番稲荷神社 / 東京都港区

麻布十番のお稲荷様。港七福神めぐり宝船。麻布坂下町鎮守の末廣神社。麻布永坂町鎮守の竹長稲荷神社。戦後に二社が合祀。かえるの石像と火防の信仰を集めた伝承。現存する戦前の狛犬。昭和の古写真。例大祭・酉の市・麻布十番納涼まつり。御朱印。御朱印帳。
世田谷区

太子堂八幡神社 / 東京都世田谷区

太子堂鎮守の八幡さま。カラフルな限定御朱印・数多くの御朱印帳。多くのうさぎを飼育・幸せうさぎ。源頼義・義家(八幡太郎)の伝承。別当寺「円泉寺」の縁起・太子堂の地名由来。縁結び相生の榊。革アトリエとコラボ授与品。戦火を免れた昔ながらの境内。
世田谷区

北澤八幡神社(北澤八幡宮) / 東京都世田谷区

下北沢鎮守の八幡さま。世田谷城の鬼門守護として創建。七澤八社随一正八幡宮と称される。富士山が見える神社・富士山遙拝所。シールタイプ限定御朱印。当社限定ガチャ。平成三十年は御鎮座500年記念例大祭。江原啓之氏が奉職した神社。御朱印。御朱印帳。
千葉市

稲毛浅間神社 / 千葉県千葉市

稲毛鎮守の浅間様。安産子育ての神。平安時代に創建。源頼朝も祈願・千葉氏からの篤い崇敬と九曜紋。かつて千葉街道の先は海・稲毛海岸と海上の一之鳥居。新しい神門・朱色の社殿。市の天然記念物である老松。県指定無形民俗文化財の神楽。御朱印。御朱印帳。
千葉市

検見川神社 / 千葉県千葉市

神祇三社と称される検見川総鎮守。ちまき守り・八方除総鎮護。平安時代に祇園信仰の八坂神社として創建。嵯峨と呼ばれた地から遷座。江戸時代に稲荷神と熊野権現を勧請。三柱が祀られ三社が並ぶ。縁結びの社。うたせ茶屋。ほおづき市。御朱印。御朱印帳。
千葉市

千葉神社 / 千葉県千葉市

妙見信仰の中心・妙見本宮。楼門型分霊社・尊星殿。国内初の重層社殿。ツキを呼び星を拾う境内社・千葉天神。千葉氏の守護神・妙見様。寺院として創建。妙見寺と呼ばれた江戸時代。神仏分離で千葉神社に改称。妙見大祭。月星紋と九曜紋。御朱印。御朱印帳。
品川区

下神明天祖神社 / 東京都品川区

旧下蛇窪村の鎮守。下神明駅の駅名由来。毎月開催される神明雅楽は拝観無料・記念御朱印も用意。珍しい手押しポンプ式の手水舎・品川区内最大の狛犬・樹齢600年以上の御神木。蛇窪村が上下に分村し鎮守も分立。熊本地震復興祈願御朱印。御朱印帳。
渋谷区

渋谷氷川神社 / 東京都渋谷区

渋谷区南端一帯(旧下渋谷村・旧下豊澤村)総鎮守。月替り御朱印・縁結び御朱印帳・毎月15日は縁結び御朱印。江戸氷川七社の一社に数えられる。渋谷最古とされる神社。江戸郊外三大相撲である金王相撲。常盤御前の伝説が残る常盤松。金王相撲跡の土俵。
目黒区

上目黒氷川神社 / 東京都目黒区

上目黒鎮守の氷川さま。目黒川の桜の御朱印帳。歌川広重が描いた目黒元富士。天正年間に加藤氏が勧請して創建。上目黒村石川組。疫病知らずと云われた氏子。目黒富士登山道・目黒富士浅間神社。玉川通り(旧大山道)沿いの急な石段。御朱印。御朱印帳。
松戸市

松戸神社 / 千葉県松戸市

松戸総鎮守。江戸時代に御嶽社として創建。水戸街道の松戸宿・絵図から見る当社。水戸光圀(水戸黄門)の白鳥伝承。幕末の拝殿が現存。防火の神・秋葉神社。四神像を伴った神幸祭。宇宙にお供した四神お守り。お水取りができる御神水。御朱印。御朱印帳。
吉川市

芳川神社 / 埼玉県吉川市

なまずの里・吉川総鎮守。なまずの授与品。鎌倉時代に吉川氏が諏訪神社として再興。平沼村の鎮守。明治以降に多くの神社を合祀・芳川神社へ改称。江戸後期に再建された拝殿が現存。大木の多い境内。諏訪信仰の名残が残る鹿頭大明神。御朱印。御朱印帳。