徳持神社 / 東京都大田区

神社情報

徳持神社(とくもちじんじゃ)

御祭神:誉田別之大神(応神天皇)
相殿神:宇迦之御魂大神
社格等:─
例大祭:7月20日前後の土・日曜
所在地:東京都大田区池上3-38-17
最寄駅:池上駅
公式サイト:http://tokumochi-jinja.tokyo-jinjacho.or.jp/

御由緒

 当社の創建は、建長年間(1249〜1255)に、豊前(現在の大分県)の宇佐神宮より御分霊を勧請したと伝えられています。荏原郡池上村大字徳持の住民の守護神として崇敬され、御旗山八幡宮とも称されました。もともとは、徳持の南地区(現池上7丁目曹禅寺付近)に鎮座しておりましたが、明治三十九年(1906)に、池上競馬場(当時日本一の規模)設置のため、現在地(旧大字徳持809番地)に移転しました。
明治四十一年五月に再建されると、同年九月十五日に徳持上宿に鎮座しておりました稲荷神社を合祀し、八幡神社の社名を徳持神社に改称いたしました。
大東亜戦争中、惜しくも社殿が空襲により失われたため、焼失を免れた境内末社を本殿跡に移転し、昭和二十三年(1948)4月、徳持神社奉賛会を設立。二十四年八月に仮社殿(木造十三坪)を建設し、二十九年八月には社務所を建設、同年境内を整備・植樹しました。
昭和三十四年五月、社殿復興のため、徳持神社復興会を設立、三十九年二月起工式、同年八月に上棟祭、四十年八月に正遷座祭が斎行され、昭和四十一年九月三日、竣工奉祝祭を行い、社殿が復興されました。
創建から約750年、今も変わらず池上徳持の地に鎮座し、人々の暮らしをお護りいただいております。(頒布のリーフレットより)

参拝情報

参拝日:2017/05/29(ブログ内画像撮影/御朱印拝受)
参拝日:2015/11/30(御朱印拝受)

御朱印

初穂料:300円
社務所にて。

※社名部分は墨書きではなく印版によるもの。
※兼務社の「久が原西部八幡神社」「久が原東部八幡神社」「多摩川諏訪神社」「東八幡神社」「十寄神社」の御朱印も頂ける。

[2017/05/29拝受]

[2015/11/30拝受]

歴史考察

徳持村鎮守の八幡神社

東京都大田区池上に鎮座する神社。
旧社格は無格社で、旧徳持村の鎮守。
「八幡神社」として創建しており、元は八幡信仰の神社。
明治以降に当地へ遷座し、旧地名から「徳持神社」となった。
現在は多くの神社の本務社を担う、地域の中核神社の一社である。

宇佐神宮より勧請・御旗山八幡宮と称される

社伝によると、建長年間(1249年-1255年)に、大分県の「宇佐神宮」より勧請とされる。

「宇佐神宮」は豊前国一之宮。八幡信仰の総本社とされる。

当地には古くから人の定住があり徳持村という村が形成されていた。
その徳持村の鎮守として当社が創建されたと推測できる。

創建当時は現在地よりも南側、現・池上7丁目「曹禅寺」付近に鎮座していたと云う。

かつての徳持村には「徳乗院(御旗山真勝寺)」という寺院(現・廃寺)があり、これが当社の別当寺であった。
そのため、当社は「御旗山八幡宮」とも称され、以後地域からの崇敬を集めた。

江戸時代の史料から見る当社

文化・文政期(1804年-1829年)に編纂された『新編武蔵風土記稿』には当社についてこう書かれている。

(徳持村)
八幡社
社地一段四畝十四歩、免田二十二歩。小名本村辻子徳乗院の地続きにあり、村の鎮守なり。勧請の年歴詳ならず、本社一間半四方、拝殿二間四方。前に鳥居あり、両柱の間八尺。祭礼八月十五日。徳乗院の持。
末社
天神社。本社の右にあり、小祠。
稲荷社。天神祠の並にあり、是も小祠、正一位伏見稲荷と号す。

「八幡社」であった事と、徳持村の鎮守だった事が記されている。
「徳乗院」が別当寺であり地続きに鎮座していたとあり、神仏習合の中で地域から信仰を集めていたのだろう。
規模は現在よりやや小さい事が伺える。
境内末社は天神社と稲荷社となっている。

池上競馬場建設のため現在地への遷座・徳持神社へ改称

明治になり別当寺と分離。
別当寺の「徳乗院」はこの頃に廃寺となっている。
当社は無格社であった。

明治二十二年(1889)、徳持村・下池上村・桐ヶ谷村・久ヶ原村・道々橋村・堤方村・市野原村・雪ヶ谷村・池上村・石川村の10村が合併し、池上村が成立。
当地は荏原郡池上村大字徳持と呼ばれるようになり、その後は池上町徳持となっていく。

明治三十九年(1906)、「池上競馬場」建設(僅か4年足らずで廃止)のため、遷座を余儀なくされてしまう。

これはこの競馬場予定地一帯は「池上本門寺」が大地主であり、借用契約を結んだためで、「池上本門寺」以外の土地所有者で借用に応じない者に対しては「池上本門寺」からの交渉で買収しており、当社もそうした影響の中、創建時の社地から遷座する事となった。

明治三十九年(1906)の古地図がある。
当時の徳持周辺の地理関係を確認する事ができる。

今昔マップ on the webより)

赤円で囲ったのが現在の当社の鎮座地で、まだ当社がなかった事が分かる。
橙円で「曹禅寺」付近が当社の旧鎮座地であり、その場所に「池上競馬場」が建設されたのが分かる。
当社の現鎮座地はかつて「千本松」と呼ばれていた地域である事も伺える。
また、徳持の文字の下に鳥居の地図記号があるのだが、これが後に当社に合祀される「稲荷神社」である。

明治四十一年(1908)、かつて千本松と呼ばれていた、現在地に遷座し再建された。
同年、上述の「稲荷神社」を合祀。
その際にこれまでの「八幡神社」から現在の「徳持神社」に改称している。

昭和二十年(1945)、東京大空によって社殿が焼失。

昭和二十四年(1949)、仮社殿を建設。
昭和二十九年(1954)、社務所を建設し境内を整備。
昭和三十四年(1959)、社殿復興のための徳持神社復興会を設立。
昭和三十九年(1964)、復興工事の起工。
昭和四十一年(1966)、竣工され再建を果たしている。

昭和四十二年(1967)、順次行われていた住居表示によって池上徳持町が廃止。
池上3・4・6・8、千鳥1、東矢口1といった住居表示となる。

現在の公式地名からは「徳持」は消えてしまっている。そうした中、旧徳持村の鎮守であった当社が、「徳持神社」として旧地名の保全に一役買っているのは喜ばしい。

現在は周辺の多くの神社の本務社となり、地域の中核神社となっている。

境内案内

再建された社殿と整備された境内

池上通り沿いに鎮座する当社。
明治四十一年(1908)に当地へ遷座。
戦後の再建を経て綺麗に整備された境内となっている。

鳥居を潜り参道の右手には大きな手水舎。
立派な手水石が置かれている。
この大きさの立派な手水石はあまり見かけないため、当社への崇敬の篤さが伝わる。

社殿は昭和四十一年(1966)に再建されたもの。
銅葺・鉄筋コンクリート造。
状態もよく綺麗に維持されている。
朱塗りで鮮やかな社殿。

拝殿前のユニークな健康歩道

拝殿の前には「健康歩道」という一角が整備。
健康・長寿に御神徳があると云う。
当社の名物にもなっている一角。

左手にある長寿石。
右手にある健康石の間を8の字を描いて素足で歩くとよいと云う。
地面には那智黒石が敷き詰められており、いわゆる足つぼマッサージのようになっている。
中々ユニークな試みで面白い。

境内社の稲荷神社など

境内社は参道の右手に徳持田中稲荷神社。
社殿が再建された昭和四十一年(1966)にこちらも再建。
朱色が鮮やかで『新編武蔵風土記稿』に記されていた境内末社であろう。

神楽殿は社務所がある建物に併設されるように置かれている。
この建物の1Fが社務所となっている。

御朱印は兼務社5社含め計6社を頂ける

御朱印は社務所にて。
丁寧に対応して頂いた。

社務所窓に掲示があるように、当社の御朱印の他、兼務社の御朱印も用意している。
兼務社の「久が原西部八幡神社」「久が原東部八幡神社」「多摩川諏訪神社」「東八幡神社」「十寄神社」の御朱印もお受けできるとなっている。

旧六郷領久ヶ原村の鎮守。弥生時代に大集落があった久が原。徳川家康の江戸入りで久が原が二分。新編武蔵風土記稿から見る当社。明治維新後の歩み。児童公園が隣接する境内。旧本殿を使用した稲荷神社。力石や三等三角点。本務社は「徳持神社」。御朱印。
旧馬込領久ヶ原村の鎮守。彫刻が見事な大田区有形文化財の社殿。弥生時代に大集落があった久が原。徳川家康の江戸入りで久が原が二分される。新編武蔵風土記稿から見る当社。江戸時代後期に社殿が造営。明治維新後の歩み。本務社は「徳持神社」。御朱印。
旧原村(現・多摩川2丁目)鎮守のお諏訪さま。上社(上諏訪)・下社(下諏訪)と呼ばれた2社。新編武蔵風土記稿から見る当社。明治になり上社へ下社が合祀。平成に竣工した朱色の社殿。東福寺に隣接して鎮座。二対の狛犬。本務社は「徳持神社」。御朱印。
旧古市場村鎮守の八幡さま。矢口の渡しが置かれた当社前。多摩川土手から快晴時は富士山も見える。湯坂八幡と称された江戸時代。明治になり東八幡と西八幡が合祀・遷座。戦後に再建された社殿。児童公園や公衆電話がある境内。本務社は「徳持神社」。御朱印。
新田義興公と御家来衆を祀る神社。南朝の忠臣・新田義興。矢口の渡しでの謀殺。祟りを鎮めるため新田神社と十騎神社の創建。当社に参拝後に新田神社へ参拝すると願い事が叶う伝承。古い社号碑。多摩川七福神・毘沙門天。本務社は「徳持神社」。御朱印。
兼務社の御朱印も頂く場合は、必ず該当の兼務社にも参拝するように心がけたい。

所感

元は八幡神社として創建された徳持村の鎮守。
明治以降に遷座再建、戦中の戦火による焼失、戦後の再建など、激動の時代の中、こうして今も綺麗に整備された境内からは、多くの氏子崇敬者からの崇敬や再建への尽力を伺う事ができる。
現在は比較的多くの兼務社を抱え、この一帯の中核神社の一社となっている。
歴史ある「徳持」の地名は、公式では消失してしまっているが、個人的には「徳持」という地名は縁起よく聞こえて好みであり、当社が旧地名を冠した「徳持神社」を称する事で、今も徳持という旧地名が保存されている事が喜ばしい。

神社画像

[ 鳥居・社号碑 ]

[ 参道 ]

[ 狛犬 ]


[ 手水舎 ]


[ 拝殿 ]





[ 本殿 ]

[ 健康歩道 ]





[ 徳持田中稲荷神社 ]



[ 裏参道鳥居 ]

[ 狛犬 ]


[ 手水石 ]

[ 消防団倉庫 ]

[ 藤棚 ]

[ 神楽殿 ]

[ 社務所 ]

[ 神輿庫 ]

[ 石碑 ]

[ 石灯籠 ]

[ 案内板 ]

Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google