久が原西部八幡神社 / 東京都大田区

神社情報

久が原西部八幡神社(くがはらせいぶはちまんじんじゃ)

御祭神:誉田別命
社格等:村社
例大祭:9月15日前後の週末
所在地:東京都大田区久が原4-2-7
最寄駅:久が原駅
公式サイト:http://tokumochi-jinja.tokyo-jinjacho.or.jp/keidai00.html

御由緒

 神護元年九月(765年)豊前の国、宇佐八幡宮の御分霊を勧請。武蔵の南端久が原台地(弥生時代の集落地)の住民の鎮守として、尊崇せられ、徳川入国以来久我原は二分され、当社は六郷領鎮守となり、明治六年(1873)村社に指定された。旧社殿(銅萱葺権現造)52、89平方米は、文化七年七月約百七十年(1810)前の御造営にして、長年月を経しにより、諸所に朽損の箇所多く、今度氏子の奉賛により新しく社殿が御造営され、且つ篤志家の奉納により、手水舎をはじめ境内工作物、殿内調度備品等一切が完備した。「社殿は地鎮祭、昭和五十二年十一月二日。上棟祭、昭和五十三年七月二十八日。正遷座祭、昭和五十四年九月十三日にそれぞれ斉行した。九月十四日より十六日迄竣工奉祝祭例大祭が執行され、奉祝稚児行列、御神輿の渡御、奉納演舞、演芸等、神賑が盛大に行われた。」(境内の石碑より)

参拝情報

参拝日:2017/05/29

御朱印

初穂料:300円
徳持神社」社務所にて。

※社名部分は墨書きではなく印版によるもの。
※普段は神職が常駐していないため、本務社「徳持神社」にて拝受できる。

歴史考察

旧六郷領久ヶ原村の鎮守

東京都大田区久が原に鎮座する神社。
旧社格は村社で、旧六郷領久ヶ原村の鎮守。
正式名称は「八幡神社」だが、他との区別から「久が原西部八幡神社」とさせて頂く。
旧久ヶ原村が馬込領と六郷領に二分された際に、馬込領久ヶ原村の鎮守となったのが「久が原東部八幡神社」で、六郷領久ヶ原村の鎮守となったのが当社である。
神職は常駐しておらず「徳持神社」の兼務社となっている。

弥生時代に大集落があった久が原

社伝によると、神護元年(765)の創建とされる。
八幡信仰総本社であり豊前国一之宮「宇佐神宮」より勧請された。

久ヶ原の一番の高所に創建したとされるため、当初の鎮座地は当社と関わりの深い「久が原東部八幡神社」であったと推測される。

当社が鎮座する「久が原(くがはら)」一帯は、大変古くから人々の定住があった事で知られる。

昭和二年(1927)に「久が原遺跡」(久が原4-6丁目周辺)から竪穴式住居跡と弥生土器が発見されて以来、幾度も調査が行われ、弥生時代後期に大集落があった事が分かっている。
1,000軒以上もの住居跡が存在していたと推測されており、「久が原遺跡」は南関東後期弥生文化の標式遺跡(基準となる遺跡の事)に指定されている。

そうした古い地である久が原の鎮守として崇敬を集めた。

徳川家康の江戸入りで久が原が二分される

天正十八年(1590)、関東移封によって徳川家康が江戸入り。

久が原は、東側の馬込領久ヶ原村と、西側の六郷領久ヶ原村に二分される。
鎮守である「八幡社」も二分する事となり、当社は六郷領久ヶ原村の鎮守となる。

元々は東側の「久が原東部八幡神社」が創建の地であったと思われ、村が二分された事によって、西側の六郷領にも鎮守を置く必要が出てきたため、当社が新たに当地に遷座されたものだと推測できる。
旧馬込領久ヶ原村の鎮守。彫刻が見事な大田区有形文化財の社殿。弥生時代に大集落があった久が原。徳川家康の江戸入りで久が原が二分される。新編武蔵風土記稿から見る当社。江戸時代後期に社殿が造営。明治維新後の歩み。本務社は「徳持神社」。御朱印。

別当寺は近くの「安祥寺」(現・大田区久が原4丁目)が担っていた。

文化七年(1810)、社殿が造営。
昭和後期まで現存していた。

新編武蔵風土記稿から見る当社

文化・文政期(1804年-1829年)に編纂された『新編武蔵風土記稿』には当社についてこう書かれている。

(久ヶ原村)
八幡社
除地六畝二八歩。村の中央にあり。本社二間四方。拝殿二間に二間半。前に鳥居あり、両柱の間一丈。村の鎮守。祭礼九月十四日十五日両日なり。社地の外八幡免とて畑二段八歩。小名南台にあり。安詳寺持。
稲荷社。本社に向ひて右にあり。

六郷領久ヶ原村の「八幡社」として記されている。
久ヶ原村の鎮守という事と、「安祥寺」が別当寺だった事が記されている。
境内社として現在もある稲荷社が鎮座しており、本社の右にあったという事から、現在と変わらぬ配置だったのであろう。

安政四年(1857)、境内社稲荷社の鳥居が再建。
現存しており、寛政十一年(1799)と安政四年(1857)の銘が残る。

明治維新後の歩み・戦後の整備

明治になり神仏分離。

明治五年(1872)、馬込領久ヶ原村と六郷領久ヶ原村が合併し久ヶ原村が成立。
江戸時代は二分されていた久ヶ原村が再び1つに戻った。

明治六年(1873)、当社は村社に列した。
久ヶ原村の原(元六郷領側)と呼ばれた地域一帯の鎮守であった。

明治十二年(1879)、本殿が改築。
これが現在は境内社稲荷社の社殿として利用されている。

明治二十二年(1889)、市制町村制施行によって、池上村・石川村・雪ヶ谷村・市野倉村・桐ヶ谷村・堤方村・下池上村・徳持村・久ヶ原村・道々橋村の10村が合併して池上村が成立。
当地は池上村久ヶ原と呼ばれた。

明治四十二年(1909)の古地図を見ると当時の様子が伝わる。

今昔マップ on the webより)

当社の鎮座地は今も昔も変わらない。
赤円が当社の鎮座地で、橙円が「久が原東部八幡神社」の鎮座地。
池上村の中にも「久原」という文字と「原」という字が残る。

池上村久ヶ原の中でも原と呼ばれた一角が当社の氏子地域、一方で向と呼ばれた一角が「久が原東部八幡神社」の氏子地域であった。

戦後になり境内整備が進む。

昭和五十四年(1979)、旧社殿老朽化につき社殿が再造営。
これが現在の社殿となっている。

現在は、神職は常駐しておらず「徳持神社」の兼務社となっている。

旧徳持村鎮守。元は八幡信仰の神社。宇佐神宮より勧請・御旗山八幡宮と称される。池上競馬場建設のため現在地への遷座。合祀によって徳持神社へ改称。戦後に再建された社殿とユニークな健康歩道。徳持という旧地名の保存。兼務社5社の御朱印。御朱印。

境内案内

児童公園が隣接する境内

最寄り駅の久が原駅からは徒歩で東へ数分の閑静な住宅街に鎮座。
向かいには旧別当寺「安祥寺」があり、そのすぐ近くにはミッション系の「天使幼稚園」があるため、子どもたちの声が聞こえる賑やかな境内となっている。
石段がありその上に鳥居。
鳥居を潜ると境内となるが、左手は児童公園として整備されている。
幼稚園も近くにあるため、地域の児童などに愛される境内であろう。

鳥居を潜ってすぐ右手に手水舎。
普段は神職の常駐がない神社であるが、氏子によって綺麗にされており、手水舎にも水が張られている。

再建された現社殿・力石や三等三角点

社殿は戦後に再造営されたもの。
文化七年(1810)造営の旧社殿が老朽化につき、昭和五十四年(1979)に再建。
鉄筋コンクリート造で朱色が特徴的な社殿となっている。

社殿の手前左手には力石。
力比べに使われたものであるが、この力石に触れると病を防ぐと云われている。

その左手に三等三角点。
頭だけ出た形となっているが、盤石で補強された三角点で、今も大切にされている。

三角点とは、三角測量に用いる際に経度・緯度・標高の基準になる点。三等三角点は約4kmの設置間隔で置かれ、全国に約32,000点設置されている。

旧本殿を使用した境内社の稲荷神社

社殿の右手に境内社の稲荷神社。
御祭神は宇迦之魂大神で、相殿として東照宮(徳川家康公)を祀る。
鳥居には寛政十一年(1799)に建立され、安政四年(1857)に再建された事が彫られている。
稲荷神社用お手水舎も用意されており(水は張られていない)、地域からの崇敬が伝わる。

稲荷神社の社殿は、当社の旧本殿が遷されたもので、周りが金網で囲われて保護されている。
文化七年(1810)造営の社殿を、明治十二年(1879)に改築されたもの。
鉄筋コンクリートの本社社殿とは対照的に、彫りの深い彫刻が特徴的な年季を感じさせる社殿。

『新編武蔵風土記稿』に、境内社稲荷社が本社右にあると記されていたため、古くから当地で信仰を集めたお稲荷様であったのだろう。

社殿の左手には本社社殿と同様に朱色に塗られた神楽殿。
その隣に朱色の社務所。
神職の常駐がない兼務社のため、御朱印は本務社の「徳持神社」にて。

旧徳持村鎮守。元は八幡信仰の神社。宇佐神宮より勧請・御旗山八幡宮と称される。池上競馬場建設のため現在地への遷座。合祀によって徳持神社へ改称。戦後に再建された社殿とユニークな健康歩道。徳持という旧地名の保存。兼務社5社の御朱印。御朱印。

所感

久が原西部の鎮守として崇敬を集めた当社。
大変古い地である久が原の鎮守として、八幡社が創建され、家康の江戸入り後に久が原が、六郷領と馬込領に別れたため、鎮守も分けられ、当社は六郷領側に新たに勧請されたものだと思われる。
こうした歴史を持つため、現在も「久が原西部八幡神社」と「久が原東部八幡神社」が近い位置に鎮座しており、かつては同村・同神社だった歴史を伝えている。
現在は兼務社という扱いで神職の常住がないが、再建された社殿は綺麗に保たれており、氏子が境内を掃除している姿などもよく見かける事ができ、地域から大切にされているのが伝わる。
境内に児童公園があり、近くには幼稚園もあるため、子供の声が聞こえる地域に親しまれる良い神社である。

神社画像

[ 鳥居・社号碑 ]

[ 鳥居 ]

[ 手水舎 ]

[ 拝殿 ]





[ 本殿 ]

[ 狛犬 ]

[ 力石 ]


[ 三等三角点 ]


[ 稲荷神社 ]





[ 神楽殿 ]

[ 社務所 ]

[ 神輿庫 ]

[ 東参道 ]

[ 狛犬 ]


[ 石碑 ]

Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google