荏原神社 / 東京都品川区

image

神社情報

荏原神社(えばらじんじゃ)

御祭神:高龗神・天照皇大神・豊受姫之神・須佐男之尊・手力雄之尊・大鳥大神・恵比寿神
旧社格:准勅祭社・郷社
例大祭:6月上旬(南の天王祭)
所在地:東京都品川区北品川2-30-28
最寄駅:新馬場駅
公式サイト:http://ebarajinja.org/

御由緒

 荏原神社は元明天皇の御代、和銅2年(709年)9月9日に、奈良の元官幣大社・丹生川上神社より高龗神(龍神)を勧請し、長元2年(1029年)9月16日に神明宮、宝治元年(1247年)6月19日に京都八坂神社より牛頭天王を勧請し、古より品川の龍神さまとして、源氏、徳川、上杉等、多くの武家の信仰を受けて現在に至っています。明治元年には、准勅祭社として定められました。神祗院からは府社の由来ありとされました。現在の社殿は弘化元年(1844年)のもので、平成20年で164年を迎えました。
 往古より貴船社・天王社・貴布禰大明神・品川大明神と称していましたが、明治8年、荏原神社と改称。旧荏原郡(品川、大田、目黒、世田谷)の中で最も由緒のある神社であったことから、荏原郡の名を冠した社号になりました。神殿に掲げる荏原神社の扁額は、内大臣三条実美公、貴布禰大明神の扁額は、徳川譜代大名源昌高のお染筆です。
 古より当社に祈願すれば叶わぬことは無いといわれ、勝運、学問、商売繁盛、交通安全、病気平癒、家内安全、恋等に特別の御神徳があります。
皇室との関係
 明治元年10月12日、東京遷都の際をはじめとして、同年12月8日・翌2年3月27日の明治天皇京都・東京行幸の際に、当社に行幸され、内侍所とされました。(内侍所とは、宮中賢所にあたります。)明治2年、英照皇太后東京行幸の際にも当社にお立ち寄りになられました。
 明治元年から用いている菊花の御紋章は、本来官国幣社にのみ許されているものです。
源氏との関係
 後冷泉天皇の御代、康平5年(1062年)、朝廷の命を受けた源頼義・義家両朝臣が陸奥の安部貞任・宗任を討伐することとなりました。前九年、後三年の役のことです。お二人は当社に戦勝祈願奉幣され、また、戦勝後も再び奉幣されました。名残として、4月30日に羽田沖にて、海上祓式(汐盛講)が執り行われています。
徳川家との関係
 天正18年(1589年)、家康公の東海道御通行の際、御愛蔵の左文字壱振りを当社に奉納され、天正19年11月には、御自身の武運長久を祈られて、神領五石の朱印を寄進されました。
 その後幕末まで、歴代将軍より朱印を寄進されるなど、幕府の崇敬も篤く、関ヶ原の戦い、大阪冬の陣には、秀忠公の戦勝祈願の参詣も受けています。
上杉家との関係
 当社の祠官、鈴木氏は紀伊熊野の出自で、室町時代より江戸時代を通じて当社に奉仕してきました。また室町期には代々上杉氏につかえるなど、神職であると同時に武士としても数々の勲功をあらわしています。
 この鈴木氏の、歴代神官の武士としての活動は、わが国の戦国時代において、神社を維持するだけでなく、多くの武将の衰微を見守ってきたのです。公式サイトより)

参拝情報

参拝日:2016/07/22(ブログ内画像撮影)
参拝日:2015/04/19(御朱印拝受)

御朱印

初穂料:300円
社務所にて。

荏原神社

スポンサーリンク

考察

元品川総鎮守・南の天王さん

東京都品川区北品川に鎮座する神社。
旧社格は准勅祭社に指定された後に郷社。
品川の元総鎮守である。
通称「南の天王さん」として親しまれる神社であり品川の南を鎮守するのが当社、「北の天王さん」は「品川神社」で品川の北を鎮守している。
現在は東海七福神の恵比寿神も担っている。

龍神を祀る神社

社伝によると、和銅二年(709)に大和国(奈良県)「丹生川上神社」より高龗神(龍神)を勧請して創建とある。

「丹生川上神社」は延喜式内社(名神大社)であり、二十二社に数えられる古社。
御祭神の一柱に高龗神がおり、高龗神は水の神として知られる。
龗は龍の古語であるため、龍神ともされている。

東京湾に面した当地において、かつては更に海が近く海に面していたと推測でき、海との繋がりが重要な地であった。
そのため当地に水の神が祀られたというのは自然な事であろう。
かつては品川の龍神様とされ、「品川貴船社」「貴布禰大明神」などと呼ばれており、水の神を祀る神社として崇敬を集めた。

現在は「南の天王さん」の愛称で親しまれるように、天王さん=牛頭天王=素盞鳴尊(スサノオ)を祀る祇園信仰の神社として知られているが、創建時は高龗神を祀る神社であった事が分かる。

なお、創建当時は現在の品川区西品川3丁目あたりに鎮座しており、今も旧鎮座地には「品川貴船神社」という高龗神を御祭神とする神社が残されている。

品川貴船神社 / 東京都品川区
西品川鎮守。荏原神社の旧鎮座地。龍神(水神)を祀る神社。品川鎮守である品川神社・荏原神社との関係。戦後の再建。奥まった住宅街に鎮座。布袋像・江戸時代の道標。御朱印。

源頼義・義家や大國魂神社との関係

康平五年(1062)、源頼義・源義家(八幡太郎)の父子は奥州征伐に際し、当社と武蔵国総社の「大國魂神社」に参蘢したと伝わる。
この際に、品川の海中で身を浄めたとされる。

こういった伝承から、現在も「大國魂神社」の例祭である「くらやみ祭」では当社との繋がりが深い。

「くらやみ祭」では最初に「品川海上禊祓式」という神事が行われる。
深夜に「大國魂神社」の神職が、当社から品川湊に赴き、手や口を海水で身を清め、海水を樽にいれて持ち帰る。
大祭期間中の朝夕潔斎時にこの海水を使用する。

このように武蔵国総社「大國魂神社」とも繋がりが深い事からも、当社が古くから当地において重要な神社であった事が分かるであろう。

大國魂神社(六所宮) / 東京都府中市
武蔵国総社。武蔵国の国魂神・一之宮から六之宮を祀る六所宮。くらやみ祭と淫靡な風習。国府が置かれた府中の歴史。馬場大門のケヤキ並木。広大な境内と見事な随神門・社殿。御朱印。御朱印帳。

牛頭天王を勧請・天王さん

長元二年(1029)には、「伊勢神宮」より豊受大神・天照大神を勧請。

宝治元年(1247)には、京都の「八坂神社」より牛頭天王を勧請。
これが後の「南の天王さん」という愛称に繋がる事となる。

牛頭天王を祀る神社は祇園信仰と呼ばれるが、牛頭天王は素盞鳴尊(スサノオ)と習合したため、現在は素盞鳴尊も御祭神に据えている。

「品川貴船社」として水神を祀る神社として崇敬を集めていた当社だが、この頃からは「天王社」として呼ばれる事も増えていく事になる。
こうして水神や天王さんを祀る神社として多くに崇敬を集める。

徳川家からの崇敬

古くから崇敬を集めた当社は、源氏、上杉氏などから崇敬を集めたとされる。

天正十八年(1589)、徳川家康が関東移封によって江戸入りする際には、当社に愛蔵の左文字一振りを奉納したと伝わる。
天正十九年(1590)、家康が武運長久を祈願し、5石の朱印地を寄進している。
江戸時代になってからも、徳川将軍家からの崇敬を集めた。

なお、この5石の朱印地であるが後に「品川神社」と朱印争いをおこし、2石5斗ずつニ分に分けらており、この頃から北の「品川神社」、南の「荏原神社」で品川鎮守としての南北の分断があったように思う。
元々は歴史の古い当社が品川総鎮守であったが、後に北品川と南品川を二分するようになり、二社で品川鎮守となったのだろう。

こうした朱印争いについては文化・文政期(1804年-1829年)に編纂された『新編武蔵風土記稿』などにも記されている。
当社は南品川宿上の「貴布禰社」として登場している。
この頃には現在地へ遷座がされていたようだ。

江戸時代に描かれた当社

天保年間(1834年/1836年)に発行された『江戸名所図会』に当時の様子が描かれている。

貴船明神社国立国会図書館デジタルコレクションより)

「貴舩明神社」として描かれている当社。
現在よりも規模が大きく、多くの崇敬を集めていた様子が伝わる。
当時の東海道沿い品川宿の様子も伝わり、街道には多くの往来が見える。
なお、この当時の社殿は焼失してしまったが、弘化元年(1844)に造営された社殿が現存している。

明治以降と天王祭(かっぱ祭)

明治になり神仏分離。
明治元年(1868)には「品川貴船社」(当社)が准勅祭社に指定される。
image明治天皇は明治元年(1868)10月12日・同年12月8日・明治二年(1869)年3月27日と、当社に行幸され、当社を内侍所としているように、皇室からの崇敬も篤かった。

明治三年(1870)、准勅祭社が廃止された後は郷社に列した。
明治八年(1875)、荏原郡の中で最も由緒のある神社という意味で「荏原神社」に改称している。

戦後になり、社地は削られてしまったものの、現在も「南の天王さん」として崇敬を集める。

6月の例祭「天王祭」は、天王洲沖で神面をつけた神輿が海に入る「御神面海中渡御」が行われる。
これは、品川沖の海面から牛頭天王の面が発見されたことにちなむものとされている。
牛頭天王と当社縁の水神から、参加者をかっぱになぞらえ「かっぱ祭」と俗称される。

なお、天王州アイルなどの地名でも有名な「天王州」という地名は、この天王祭が由来となっており、天王州は当社の氏子区域である。

北の天王さん・品川神社との関係

上述したように、当社は明治元年(1868)に准勅祭社に指定されている。
この准勅祭社に指定された中で、現在の東京23区内に鎮座する神社は、後に「東京十社」と呼ばれるようになる。
現在は「東京十社巡り」なども行われており、専用の御朱印帳も用意されている。

東京十社 御朱印一覧
東京十社の「東京十社めぐり御朱印帳」と御朱印画像一覧です。東京十社についての歴史など詳しい説明も掲載しています。

しかし、当社は「東京十社」には属していない。
代わりに属しているのが「北の天王さん」こと「品川神社」である。
この件については、当社と「品川神社」のどちらが准勅祭社であったのか対立が見られる。

どちらが准勅祭社だったのか。
色々と説があるのだが、個人的にはどちらもそうだった、という説を推したい。

そもそも准勅祭社に指定されたのは「品川貴船社」という神社である。
古くは「荏原神社」が品川総鎮守であったものの、いつしか2社で品川鎮守となった背景がある。
目黒川(現在は河川の位置が違う)で、品川が南北に分断されていたのが原因であろう。

北品川は「品川神社」が鎮守し「北の天王さん」と呼ばれ、南品川は「荏原神社」が鎮守し「南の天王さん」と呼ばれた。

古くから品川鎮守についての争いは起こっており、上述もした江戸時代に起こった朱印争いはその最たるものであろう。
徳川将軍家から「品川大明神」へ賜った5石の朱印社領地で、当社と「品川神社」は朱印争いをしており、その時は2石5斗ずつ半分に分けられている。
この事からも「品川神社」と「荏原神社」は2社で品川鎮守を担ったと見る事ができるのだろう。

明治元年(1868)に准勅祭社に指定された「品川貴船社」とは、品川鎮守であった「品川神社」と「荏原神社」の2社の事であり、どちらも准勅祭社に指定された、と推測できる。
現代になり東京十社を選定するにあたり片方の「品川神社」のみ指定されたのではないだろうか。

こうした事情もあり「品川神社」と「荏原神社」は少し不仲を感じさせるのだが、2社で品川鎮守なのは間違いなく、どちらも多くの崇敬を集めている。

品川神社 / 東京都品川区
東京十社・品川鎮守。北の天王さん・北の天王祭。都内最大の高さの富士塚「品川富士」。双龍鳥居・備前焼狛犬。源頼朝による創建。徳川将軍家からの篤い崇敬。稲荷社や牛頭天王社と記された当社。境内社の阿那稲荷神社など。東海七福神・大黒天。御朱印。

見事な社殿が現存

第一京浜から目黒川沿いに東京湾方面へ向かうと当社が見えてくる。
朱色の鎮守橋がその目印となる。
imageこの鎮守橋の先に当社が鎮座している。
image社号碑には郷社の文字。

鳥居の先には恵比須像が置かれている。
image現在は東海七福神巡りの恵比寿神を祀っているためだろう。
その先に手水舎があり奥に社殿となる。

社殿は弘化元年(1844)に造営されたものが現存。
image見事な彫刻が施された社殿であり、特徴的なのは拝殿の屋根から顔を覗かせる二頭の龍。
image左右にあり、品川の龍神様としての御由緒によるものであろう。
天井にも天井絵として龍神絵が残されているという。

境内の外に出た社殿の左手に末社が鎮座する。
image八幡宮・稲荷神社・熊野神社となっている。
こちらの路面はあまり整備されていないので参拝の際は注意したい。
なお、近くにある「寄木神社」も当社の末社という扱いになっている。

御朱印は社務所にて。
丁寧に対応して下さった。

所感

品川の総鎮守であった当社。
現在は「品川神社」と共に南北の鎮守として崇敬を集めている。
「南の天王さん」として親しまれているが、龍神を祀る神社として、水の神としての崇敬も篤いのは、品川という海に面した土地柄によるものであろう。
規模はそう大きくはないのだが、境内には参拝者の姿もよく見る事ができ、今もなお崇敬を集めているのが伝わる。
荏原郡の名を冠して「荏原神社」というように、この地の歴史を感じさせる古社であり、品川と共に歩んできた神社である。

神社画像

[ 鎮守橋 ]
image
[ 鳥居・社号碑 ]
image
[ 鳥居 ]
image
[ 社号碑 ]
image
[ 恵比須像 ]
image
[ 手水舎 ]
image
[ 拝殿 ]
image
image
image
image
image
[ 本殿 ]
image
[ 狛犬 ]
image
image
[ 神楽殿 ]
image
[ 社務所 ]
image
[ 石碑 ]
image
image
[八幡宮・稲荷神社・熊野神社]
image
image
[ 案内板 ]
image
image

Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google