白山神社 / 東京都文京区

神社情報

白山神社(はくさんじんじゃ)

御祭神:菊理姫命・伊弉諾命・伊弉冊命
社格等:准勅祭社・郷社
例大祭:9月21日
所在地:東京都文京区白山5-31-26
最寄駅:白山駅・本駒込駅
公式サイト:─

御由緒

 当社人皇六十二代村上天皇天暦二年(948)九月加賀一宮白山神社を武蔵国豊島郡元国木と号して今の本郷元町に奉勧請す。建武四年(1338)足利尊氏により国家平安御祈願所に命ぜられ永百貫文之御判物を賜る。元和二年(1616)徳川秀忠公の命に依り小石川白山御殿(巣鴨原)へ遷座、慶安四年(1651)徳川家綱公の用地と相成り、明暦元年(1655)現在地に移奉す。同年社頭其外造立に相成り、後に五代将軍家綱公之生母桂昌院の信仰を受けらる。元禄年中までは本社摂社寄附神楽宝庫は勿論神官宅まで、旧幕府より修繕を加えられる。寛文六年(1677)九月二十九日祭礼賑々しく執行いたすべき旨申し渡され、御開帳並びに祭具等寄附あり。元禄三年(1690)正月二十九日旧幕府より社領三十石寄附之あり。右朱印元禄六年(1693)九月二十九日戸田能登守相渡さる。元禄十六年(1703)十一月二十九日小石川辺より出火、本社摂社末社宝庫並びに祭具のこらず社中惣門まで悉く類焼し、宝永元年(1704)六月十四日加藤越中守掛にて仮殿手当として金五百両桧五千挺寄附あり。再建せられたるも享保三年(1719)三月回禄の時再び火災にあい宝物什器祭具等悉く焼失す。後数十年間本殿のみ建立しありしに明治三十二年拝殿建設、昭和八年改修し同九年九月十八日盛大に正遷座大祭施行す。
 (なお白山御殿の地名は元白山社地なるが故であり、小石川の地名は始め加賀国石川郡より奉勧請当社鎮座の旧地に倣へるが故なり。)
 当社は明治元年勅祭神社に準じられ(準勅祭神社)、東京十社の一つである。(境内の掲示より)

参拝情報

参拝日:2017/04/28(御朱印拝受/ブログ内画像撮影)
参拝日:2016/01/25(御朱印拝受)

御朱印

初穂料:300円
社務所にて。

※御朱印は書き置きのみとの掲示あり。
※正月期間やあじさいまつり期間などに帳面に書いて頂ける場合もある。

[2017/04/28拝受]
(東京十社めぐり御朱印帳)

[2016/01/25拝受]
(東京十社めぐり御朱印帳)

スポンサーリンク

歴史考察

小石川鎮守の白山権現

東京都文京区白山に鎮座する神社。
旧社格は准勅祭社、その後に郷社で小石川鎮守。
現在は東京十社のうちの一社。
近年は、6月中旬のあじさいまつりでも有名。
文京区の白山という地名は当社に由来する。

加賀国一之宮「白山比咩神社」からの勧請

社伝によると、天暦二年(948)に加賀国一之宮「白山比咩神社」から勧請したとされる。

白山比咩神社(しらやまひめじんじゃ)は、石川県・岐阜県の県境に立つ白山の山麓(石川県白山市三宮町)に鎮座し、白山を神体山として祀る神社。加賀国一之宮として古くから信仰を集め、全国に2,000社以上ある白山信仰「白山神社」の総本社とされる。
白山比咩神社は、全国三千余社の白山神社の総本宮であり、加賀の国の一ノ宮として篤い崇敬を受け、「白山さん」と呼ばれて親しまれています。初詣、七五三。

創建の地は武蔵国豊島郡本郷元町と呼ばれた一角で、現在より南東に鎮座していた。

現在の文京区本郷1付近(東京ドームのやや東)とされている。

建武四年(1338)、足利尊氏により国家平安御祈願所に命ぜられる。
その時に永百貫文之御判物(武将の花押のある公式文書)を賜ったとあり、この時代には既に東国で名の通った神社であったようだ。

徳川綱吉と桂昌院からの篤い崇敬

江戸時代になると二度の遷座を経て、徳川将軍家からの崇敬を集める。

元和年間(1615年-1624年)、二代将軍・徳川秀忠の命で巣鴨原(現・小石川植物園内)に遷座。

慶安四年(1651)、巣鴨原一帯を三代将軍・徳川家光の四男・徳松(後の五代将軍・徳川綱吉)の用地とする事が決まる。
徳川綱吉は館林藩藩主となったため、巣鴨原は館林藩の下屋敷として整備。

明暦元年(1655)、当社はその影響を受けて現在地へと遷座している。

当社の旧鎮座地は綱吉が幼少期に住んだ屋敷となった。
千川上水を引き、堀を巡らせた邸地は景勝の地であったとされる。
綱吉が将軍になった後は、将軍の別当となり、「小石川御殿(白山御殿)」と呼ばれ、後に幕府によって「小石川御薬園」として整備され、現在は「小石川植物園」となっている。
小石川植物園のホームページ。小石川植物園は植物学の教育・研究を目的とする東京大学の教育実習施設です。

延宝八年(1680)、徳川綱吉が将軍宣下を受け、五代将軍となる。
その頃には大奥を出ていた桂昌院(家光の側室で綱吉の生母)も江戸城三の丸入り。

幼少期に住んだ屋敷に元々鎮座していた当社を、徳川綱吉とその生母の桂昌院は篤く崇敬。
小石川の鎮守として崇敬を集め、以降は代々の徳川将軍家から庇護される事となる。

元禄二年(1690)、幕府より社領30石の寄進を受けている。

元禄十六年(1703)、火災により類焼。
宝永元年(1704)、仮殿手当として金500両・桧5000挺の寄付があり再建。

享保三年(1719)、再び火災にあい焼失している。
以後は数十年間、本殿のみ建立と記録されている。

小石川と白山の地名由来

当社は小石川鎮守として崇敬を集めた。

「小石川」の地名は、諸説あるものの当社が由来と伝えられている。

当社は、加賀国石川郡に鎮座していた加賀国一之宮「白山比咩神社」から勧請されたため、小さな石川という意味で小石川と付けられたと云う。別説として、「伝通院」(文京区小石川3)の前の川に小石や砂が多かったことからついたとも云われる。

「白山」の地名由来も当社が鎮座していた事から付けられた地名である。

当地周辺を小石川と呼び、さらに当社近くは白山とも呼ばれ、町屋となり発展していく。

江戸切絵図から見る当社

当社の鎮座地は江戸の切絵図からも見て取れる。

(駒込絵図)

こちらは江戸後期の駒込周辺の切絵図。
当社は図の右に描かれている。

(駒込絵図)

北を上にして当社周辺を拡大したものが上図。
赤円で囲ったのが当社で「白山権現」として記されている。
社殿の裏には「富士」と描かれており、これが現在も残る富士塚。

境内には「八幡太郎」「ハタカケサクラ」の文字も見る事ができる。
「八幡太郎」は境内社の「八幡神社」で当地の地主神。
「ハタカケサクラ」は「白旗桜」である。

江戸名所図会に描かれた当社

天保年間(1834年/1836年)に発行された『江戸名所図会』に当時の様子が描かれている。

(江戸名所図会)

「小石川白山権現社」として見開きで描かれている。
規模や立地などは現在とかなり近い形。
南側に参道が伸びているが、東側からも長い参道と町屋ができている。
現在も駅から東側の参道を通り、社号碑のある鳥居に辿り着くので、当時から町の区画はあまり変わっていないのだろう。

(江戸名所図会)

御由緒によると享保三年(1719)の火事以降、数十年は本殿のみ再建されたとある。
それから100年以上経過しているこの頃には、拝殿も再建されているのが分かる。
立派な権現造の社殿である。

浮世絵に描かれた白山

当社を中心とした白山は、浮世絵の題材としても取り上げられている。

(歌川広重・江戸高名会亭尽)

歌川広重による『江戸高名会亭尽』で、題名は「白山傾城か窪」とある。
『江戸高名会亭尽』は有名料理茶屋を描いたシリーズものの錦絵。

当社の東側にあった中山道沿いの古河藩下屋敷辺り(現在の東洋大学の西側)を描いたもの。
当時その一帯は、鶏声が窪(傾城か窪)と呼ばれていた。

古河藩邸内から夜ごと鶏の声が聞こえたため、地面を掘ったところ、金銀の鶏が現れたという故事に基づいて名付けられた地名。

白山の地は、昔は白山前町と呼ばれており白山権現(当社)の門前町として発展したのが分かり、当社を中心としてこの賑わいがあったのだろう。

明治以降の歩み・古写真で見る当社

明治になり神仏分離。
明治元年(1868)、准勅祭社に列する。

准勅祭社に指定された十二社のうち、東京23区内の神社十社が現在の「東京十社」となる。

明治三年(1870)、准勅祭社が廃止。
明治五年(1873)、郷社に列した。

古くは「白山権現」と呼ばれていた当社だが、神仏習合の「権現」を使う事が好ましくないとされたため、「白山神社」に改称している。

明治三十二年(1899)、拝殿を造営。

明治四十三年(1910)、当社近くに住む宮崎滔天宅に寄遇していた孫文は、滔天と共に当社境内の石に腰掛け、中国の将来と革命について語り合ったと伝わる。
現在は境内に孫文の記念碑が置かれている。

(東京市史蹟名勝天然紀念物写真帖)

こちらは大正十一年(1922)に東京市公園課が出版した『東京市史蹟名勝天然紀念物写真帖』。
当時の社殿の様子を見る事ができる。
現在の社殿とほぼ変わらない形で、境内は広々としていた事が伺える。

昭和八年(1933)、社殿を改修。
この時の社殿が現存している。

昭和十年(1935)、境内にあった白旗桜が国の天然記念物に指定。
昭和十二年(1937)、残念ながら白旗桜は枯死している。

戦後になり境内整備が進み現在に至る。
現在は、6月中旬に「文京あじさいまつり」が開催される事で知られる。

境内案内

戦前の社殿と黄金の目を持つ狛犬

最寄駅の白山駅からはすぐの距離に鎮座。
東に面して社号碑と大鳥居が立ち、こちらを利用される方が多い。
石段を上り、その先左手に手水舎。
正面右手に社殿となる。

東参道の他、南に面しても参道があり、周囲は駐車場として整備されている。
『江戸名所図会』にも、町屋のある東参道と南参道があり、江戸時代の頃より2つの参道が維持されている事が伺える。

社殿は昭和八年(1933)に改修されたものが現存。
明治三十二年(1899)に造営された拝殿を基礎に、昭和八年(1933)に改修が行われた。
彫りの深い彫刻も明治の作風を残していて、渋みのある良い造り。
隣接する白山公園側からは本殿を裏手から眺める事もできる。

社殿の前には一対の狛犬。
両目が黄金に塗られているのが特徴的で珍しい。
安永九年(1780)に奉納された江戸尾立型の古い狛犬。

八幡太郎の伝承が残る八幡神社や白旗桜・その他境内社

社殿の左手に関東松尾神社。
江戸時代に京都嵐山「松尾大社」からの勧請されたものであると云う。

南参道左手に境内社が並ぶ。
富士浅間社・稲荷社・三峯社・玉津島社・天満天神社・山王社・住吉社の合祀殿。
その隣に柵で保護された境内社。

さらに隣に八幡神社。
当社が現在地に遷座する前より祀られていた地主神がこの八幡神社。

永承六年(1051)、奥州征伐へ向かう源頼義・源義家(八幡太郎)父子が、当地の桜の木に源氏の白旗を立てて八幡神に祈祷したところ、待ち伏せていた敵を打ち破る事ができた。
源氏ゆかりの八幡神社として古くから崇敬を集めた。

源氏の白旗を立てたのが白旗桜と伝わる。
昭和十年(1935)に白旗桜が国の天然記念物に指定されたものの、その2年後に枯死しており、現在の白旗桜はその後植えられたものだと云う。

江戸切絵図にも当社の境内に「八幡太郎」「ハタカケサクラ」の文字が残っていたように、古くから信仰の対象であった。

御朱印は社務所にて。
普段は書き置きのみの対応となる。
正月期間中やあじさいまつり期間などは稀に帳面へ頂ける事もある。

あじさいまつりと社殿裏手の富士塚

近年、当社はあじさいの名所として知られる。
当社と隣接する白山公園に多くのあじさいが植えられている。
こちらは平成二十六年(2014)6月に参拝時の紫陽花の様子。

毎年6月の中旬には「文京あじさいまつり」が開催。
境内や隣接する白山公園では、約3,000株の紫陽花を見ることが出来、大いに賑わう。

2017年「文京あじさいまつり」情報
6月10日(土)-18日(日)開催
土日には様々な催し物も開催

当社の社殿と社務所の間に裏手への通り道がある。
この右手に富士塚が存在。
普段は門が閉じられ登拝する事ができないが、「文京あじさいまつり」の期間中のみ開放される。
富士塚山頂には浅間神社が鎮座しており、周囲は紫陽花が咲き誇る。

江戸切絵図にも社殿裏手に「富士」と描かれていたため、江戸時代の頃からある富士塚なのだろう。

「文京あじさいまつり」開催中の日曜には歯痛止め信仰で知られる当社にて歯ブラシ供養が行われる。

勧請した加賀国一之宮「白山比咩神社」など、白山信仰系には歯にまつわる御神徳が伝えられており、「歯苦散(はくさん)」といった言葉遊びからきているという説も残る。

所感

白山や小石川の地名の由来ともされる当社。
江戸時代に徳川将軍家に庇護されて以降、小石川鎮守として当地の発展と共に栄えたのであろう。
東京十社の中では少し地味な印象を受けるが、地域の鎮守として崇敬を集めているのが伝わる。
特に6月の紫陽花の時期になると「文京あじさいまつり」が開催され、境内や隣接する白山公園には露店も出て土日になると催し物も開催されるため、大いに賑わう。
全国各地に広がる白山信仰の中で、東京を代表する白山信仰の一社である。

スポンサーリンク

神社画像

[ 社号碑・鳥居 ]

[ 石段・注連柱 ]

[ 手水舎 ]

[ 南参道 ]


[ 拝殿 ]






[ 拝殿・幣殿・本殿 ]

[ 本殿 ]

[ 狛犬 ]



[ 関東松尾神社 ]


[ 合祀殿 ]


[ 境内社 ]

[ 八幡神社 ]


[ 白旗桜 ]

[ 神輿庫 ]


[ 絵馬掛 ]

[ 富士塚参道 ]

[ 富士塚・浅間神社 ]


[ 白山公園 ]

[ 社務所 ]

[ 孫文碑 ]

[ 稲荷神社 ]

[ 案内板 ]

Google Maps