感染対策をできる限りした上で参拝しましょう。各神社も御朱印対応が変更の可能性有。

小石川大神宮 / 東京都文京区

文京区

概要

伊勢神宮の遙宮・小石川大神宮

東京都文京区小石川に鎮座する神社。
東京における「伊勢神宮」の遙宮(とうのみや)とされる。
昭和四十一年(1966)に「伊勢神宮」の崇敬者総代の起請で「伊勢神宮」より皇大御神の別大麻である特別御神璽を奉戴して創建。
戦後に創建された神社で、当時はビルの先に通路がありその奥に社殿が鎮座。
令和三年(2021)に社地をやや移転して遷座、新社殿が造営された。
入り口と拝殿前の2基の鳥居は「伊勢神宮」の別宮「月読宮」の古材が下賜され建立している。

神社情報

小石川大神宮(こいしかわだいじんぐう)

御祭神:天照皇大神
社格等:─
例大祭:3月7日
所在地:東京都文京区小石川2-6-9
最寄駅:後楽園駅・春日駅
公式サイト:http://www.koishikawadaijingu.jp/

御由緒

 創立御鎮座は昭和四十一年三月七日、これはさきに伊勢の神宮総代であった創立者佐佐木勝造翁の赤誠による申請に対して、伊勢の神宮より特別御神璽(別大麻)を特に拝戴し、創立御鎮座したことに依ります。間も無く小石川大神宮崇敬会が結成されました。爾来、年を追って崇敬会員が全国的に増加し、神宮の「遙宮

(とうのみや)」とも呼びなされ今日に至っています。崇敬会の目的は、伊勢の神宮の御神徳を遍く国内にひろげ、敬神の念を育成して道義の向上を社会福祉に貢献し、ひいては皇室国家の隆昌と世界の平和に寄与せんとする当社創建の趣旨を扶翼せんとするものであります。(境内の掲示より)

参拝情報

参拝日:2021/10/04

御朱印

初穂料:500円
社務所にて。

※月替りの御朱印や季節や祭事に応じて限定御朱印を用意する事あり。

最新の御朱印情報
10月1日-31日まで「10月の月替り御朱印」
5月1日-「本殿遷座記念御朱印」
通年で「通常御朱印」
※御朱印の最新情報は公式Instagramにて。

授与品・頒布品

交通安全ステッカー
初穂料:500円
社務所にて。

※白と赤の2種類あり。

歴史考察

戦後に伊勢神宮より特別御神璽を奉戴して創建

社伝によると、昭和四十一年(1966)に創建。
「伊勢神宮」の崇敬者総代・佐佐木勝造氏の起請で、「伊勢神宮」より皇大御神の別大麻である特別御神璽を奉戴して創建。

特別御神璽(とくべつおほみしるし)
「伊勢神宮」(内宮)・皇大御神(すめおおみかみ)の別大麻。
元は海外公民団などの申請によって「天照大神を奉斎して永久に敬神の誠を捧げんがために神受の申請があったとき、詮議の上大宮司の決裁により授与される」定めとされる特別なもの。
かつては官幣大社「樺太神社」など日本統治時代の海外の神社がこの手続によって創立されたと云う。
そのため当宮の創建は極めて異例な事が窺える。
同年の3月7日に鎮座祭が行われており、当宮の例大祭は同日となっている。

当宮の創建に深く関わった佐佐木勝造氏は極めて敬神の念が篤い人物だったと伝わる。
伊勢神宮の第59回式年遷宮(1953年)でも多大な寄進を行い崇敬者総代とされた。
「伊勢神宮」の御神徳を広めるため神社創建を発願し当宮の創建に至っている。
佐佐木勝造氏の奉納により無事戦後初の建て替えが行われた宇治橋(「伊勢神宮」内宮に架かる檜造りの橋)の様子。

当宮境内には佐佐木勝造氏の像が建立されている。

伊勢の遙宮(とうのみや)・富坂二丁目町会の氏神に

「伊勢神宮」より皇大御神の別大麻である特別御神璽を奉戴して創建した当宮。
そのため「伊勢神宮」の分神たる社格と由緒を持ち「伊勢の遙宮」とも称される。

遙宮(とうのみや)
「伊勢神宮」側から見た当宮の呼び方。
「伊勢神宮」のお宮の中でも特に遠く離れた場所にあるお宮。
旧字体の「遙」を使っているが新字体の「遥」でも同じ意味。
伊勢神宮
「お伊勢さん」と親しく呼ばれる、伊勢神宮の公式サイト。正式には「神宮」といい、2000年の歴史を有する日本人の「心のふるさと」です。

御朱印や御由緒書きにも「伊勢の遙宮」の文字。
「伊勢神宮」と深い関わりを有する神社として創建され崇敬者を集めた。

富坂二丁目町会の氏神に
戦後に創建された神社であるため本来は氏子が存在しない崇敬神社。
但し鎮座地である富坂二丁目町会(小石川2や春日1の一部地域)は飛び地のような場所で氏子区域が定まっていなかったため、町会役員が当宮の崇敬会に入会したことを契機に富坂二丁目町会の氏神同然の神社として崇敬を集めている。

神宮式年遷宮による古材を下賜・鳥居を建立

平成八年(1996)、当宮の創立30周年にあたり「伊勢神宮」の別宮「月読宮」の古材が下賜され、社殿の修復(旧社殿)と鳥居を建立。

東京都神社庁より)

「東京都神社庁」の公式サイトにまだ残る旧社殿の様子。以前は佐佐木ビル(現在は解体)の1階に通路がありその先に社殿が設けられていた。

現在の拝殿前にある鳥居はその当時の鳥居を再利用。
旧拝殿前に置かれていた鳥居が新社殿の造営と移設にあたり外皮を削り移設された。

この「伊勢神宮」の別宮「月読宮」の古材は第61回式年遷宮(1993年)のもの。
神宮式年遷宮(じんぐうしきねんせんぐう)
「伊勢神宮」で定期的に行われる行われる遷宮。
原則として20年ごとに内宮・外宮の2つの正宮の正殿、14の別宮の社殿を造り替えて遷す。
天武天皇が定め、持統天皇の御代である690年に第1回が行われた。
以後、戦乱の中断や延期もあるが約1,300年に渡り行われている。
最新は平成二十五年(2013)の第62回式年遷宮。
式年遷宮|伊勢神宮
20年に一度、お宮を新たに建て替え大御神にお遷りいただく伊勢神宮最大のお祭り、式年遷宮について長い歴史や思想も交えて紹介します。
当宮は第59回式年遷宮(1953年)に多大な寄付をした佐佐木勝造氏によって創建され、第61回式年遷宮(1993年)と第62回式年遷宮(2013年)の際の古材を下賜(拝殿前の鳥居や参道の鳥居に使用)されたりと「伊勢の遙宮」として式年遷宮との繋がりも深い。

令和三年(2021)に新社殿を造営し遷座

平成二十八年(2016)、創立50周年大祭を斎行。
これを機に参道の鳥居建立、新社殿造営と遷座を行う事とした。

(御願い)平成28年斎行「創立50周年大祭」について| 小石川大神宮
東京都文京区にある小石川大神宮の過去のニュースのページ。
当宮の前にあった佐佐木ビルは解体。参道の鳥居もこの一環で建立されたもの。第62回式年遷宮(2013年)の際の「伊勢神宮」の別宮「月読宮」古材を使用。

平成三十年(2018)、仮殿遷座祭を斎行。

仮殿遷座祭を執り行いました | 小石川大神宮
東京都文京区にある小石川大神宮の過去のニュースのページ。

令和二年(2020)、新社殿を造営。
令和三年(2021)、5月7日に遷座祭が行われた。
境内整備も行われ現在に至る。

境内案内

春日通りの路地に鳥居・神宮式年遷宮の古材を使用

最寄駅の後楽園駅からは徒歩数分の距離。
春日通りから路地に入った先に鳥居の姿。
美しさを感じる檜製の鳥居。
第62回式年遷宮(2013年)「伊勢神宮」別宮「月読宮」の古材を下賜され建立。
平成二十八年(2016)の創立50周年大祭に合わせて鳥居建立事業が行われた。

鳥居の左手には手水舎。
か近づくと自動で水が出るセンサー式。
この日は可愛らしい花手水仕様。

白石の参道・拝殿前の鳥居も式年遷宮の古材

参道には白石が敷き詰められているのが特徴的。
少し足場が不安定なので気をつけたい。

拝殿前にも鳥居。
こちらは第61回式年遷宮(1993年)「伊勢神宮」別宮「月読宮」の古材を下賜され建立。
元は平成八年(1996)に建立された鳥居だが令和の新社殿造営と移設にあたり外皮を削り移設された。

外皮を削っただけで新しく建立したような姿の鳥居になっている。

2021年に遷座・美しい新社殿

鳥居の正面に社殿。
令和二年(2020)に竣工した社殿。
令和三年(2021)に遷座祭が行われたばかり。
美しい切妻造の拝殿。
神明造の本殿。
まさに「伊勢の遙宮」らしい美しい佇まい。

社殿右手にひっそり祀られる恵比寿様

社殿の右手に小さな恵比寿様。
賽銭箱が設けられその奥に恵比寿像。
当宮を創建した佐佐木勝造氏が個人で祀っていた恵比寿様だと云う。
近くには神馬の置物も。

御朱印・月替り御朱印や限定御朱印も

御朱印は境内右手の社務所にて。
とても丁寧に対応して頂いた。

最新の御朱印情報
10月1日-31日まで「10月の月替り御朱印」
5月1日-「本殿遷座記念御朱印」
通年で「通常御朱印」
※御朱印の最新情報は公式Instagramにて。

御朱印は「小石川大神宮之印」の朱印、「伊勢の遙宮」の印、菊紋と菱紋が合わさった花菱紋。
左は本殿遷座記念の御朱印。
月替りの御朱印も用意していて、こちらは2021年10月の御朱印。

社務所前にはユニークな授与品も。
マイ柄杓の授与でコロナ禍らしい施策。

所感

戦後に「伊勢神宮」の崇敬者総代・佐佐木勝造氏によって創建となった当宮。
御由緒からもかなり異例で特例の中でも創建となったのが窺える。
「伊勢神宮」の分神を祀り「伊勢の遙宮」とも称される当宮。
旧社殿の時代は1度参拝しただけなのだが、ビルの奥に社殿が設けられていて戦後創建のユニークさが残る神社だったのを記憶している。
今回参拝する少し前の深夜、春日通りを運転していたらたまたま路地から覗くように突然立派な鳥居と月夜に照らされる美しい社殿が見えたため今回改めて参拝したのだが、令和になり新社殿の造営や遷座によって新しく整備された境内は、正に「伊勢の遙宮」たる姿に生まれ変わっていて驚いた。
こうした姿で整備されたのも崇敬者や氏子当然となっている富坂二丁目町会からの崇敬の賜物。
社地は狭く歴史は浅いが地域と共に歩む姿が知れる良い神社である。

神社画像

Google Maps

コメント

タイトルとURLをコピーしました