稲荷信仰

世田谷区

池尻稲荷神社 / 東京都世田谷区

池尻鎮守。江戸時代に開拓された池尻村と池沢村・池尻の地名由来。旧大山道沿いに鎮座・大山道とは。涸れずの井戸・薬水の井戸の伝承。江戸時代に描かれた当社。戦火を免れた社殿。水と蛇にまつわる境内社。明治以降の池尻は軍事地域として発展。御朱印。
港区

日比谷神社 / 東京都港区

新橋(汐留地区含む)鎮守。「鯖稲荷」として親しまれた神社・その由来。日比谷の鎮守から芝口(東新橋)の鎮守へ。江戸切絵図と江戸名所図会から見る当社。戦前と戦後に遷座を繰り返す。新しさを感じるこぢんまりとした境内。御朱印。
新宿区

四谷須賀神社 / 東京新宿区

四谷総鎮守。元は稲荷神社・江戸城の外堀普請のため遷座・牛頭天王を合祀。『君の名は。』の舞台となった男坂。金色燦然と輝く御内陣・三十六歌仙絵。切絵図と江戸名所図会から見る当社。明治維新で改称・戦後の再建。御朱印。
中央区

寶田恵比寿神社(宝田神社) / 東京都中央区

「日本橋べったら市」で有名な恵比寿様。べったら市とえびす講。べったら漬の由来・東京の名産品。江戸を代表する町として尊重された大伝馬町。浮世絵で描かれた当社周辺。元は稲荷信仰の神社。普段は無人の小さな社。御朱印。
足利市

下野國一社八幡宮 / 栃木県足利市

下野国第一の八幡宮・国府八幡宮。境内社・日本三大縁切稲荷「門田稲荷神社」。八幡太郎による創建・源姓足利氏発祥の地。現存する多くの重要文化財。縁切稲荷には恐ろしい絵馬の数々。御朱印。
港区

幸稲荷神社 / 東京都港区

幸事が続いたので幸稲荷。合祀された瘡護神社の存在・風習と民謡。二社の社号・扁額。社宝・御祀石の伝承。東京タワー内のタワー大神宮は当社兼務社。御朱印。
豊島区

目白豊坂稲荷神社 / 東京都豊島区

創建時は学習院構内に鎮座。学習院移転に伴い遷座。高田氷川神社の兼務社・カラフルな御朱印。御朱印。
港区

久國神社(久国神社) / 東京都港区

旧谷町(麻布谷町)鎮守。港七福神・布袋尊。刀工・粟田口久国作の刀が社名由来。稲荷信仰。御朱印。