稲荷信仰一覧

嶺稲荷神社 / 東京都大田区

住宅街の嶺稲荷児童遊園に鎮座する小さな稲荷神社。江戸後期の地誌『新編武蔵風土記稿』に記された当社。明治維新後の歩み。勤労奉仕による整備。戦後になり区立の児童遊園へ。鉄柵で保護された戦前の神狐像・小さな社。本務社は「嶺御嶽神社」。御朱印。

吉原神社 / 東京都台東区

吉原遊郭の鎮守と吉原弁財天。吉原遊郭にあった5つの稲荷社が合祀。戦後に再建された社殿・地主神のお穴さま。奥宮である吉原弁財天本宮・遊女たちの悲劇。江戸幕府公認の吉原遊郭。浅草田圃に移転し誕生した新吉原。新吉原を描いた浮世絵の数々。御朱印。

高輪神社 / 東京都港区

高輪一帯の総鎮守。稲荷社として創建・高輪の地名由来。太子堂や庚申堂の建立。江戸名所図会に描かれた当社。切絵図から見る高輪周辺。神仏分離と高輪神社への改称。江戸時代の鳥居や狛犬が現存。聖徳太子を祀る太子宮。東京福めぐりの一社。御朱印。

亀塚稲荷神社 / 東京都港区

聖坂途中に鎮座する小さなお稲荷様。旧芝三田功運町の鎮守。更級日記に記された竹芝寺伝説。酒壺の霊亀の伝承と亀塚。太田道灌による社の建立。切絵図から見る三田周辺。江戸名所図会に描かれた当社。区内最古の弥陀種子板碑。小さな朱色の社殿。御朱印。

京濱伏見稲荷神社(京浜伏見稲荷神社) / 神奈川県川崎市

戦後創建の単立神社。伏見稲荷大社からの勧請。金の稲穂と銀の宝珠が押された御朱印。招福池と108体もの神狐像。巨大な鳥居・神狐像・手水舎。九棟稲荷造りの重層社殿。富士山や白山を模した個性的な境内社。戦後の復興を祈願して創建。御朱印。御朱印帳。

久我山稲荷神社 / 東京都杉並区

久我山鎮守のお稲荷様。久我山村の開墾。新編武蔵風土記稿より見る当社。明治以降の歩み・村社へ昇格。明治奉納の凛々しい神狐像。元禄年間の庚申塔。金玉均による人心同。夏祭りは、湯立て神事・湯の花神楽。本務社は「下高井戸浜田山八幡神社」。御朱印。

烏森稲荷神社 / 東京都目黒区

上目黒のお稲荷さま。旧上目黒村宿山組鎮守。中目黒界隈の住宅街に鎮座。草木が生い茂る境内・手水舎には狐の吐水口。新橋「烏森神社」との繋がりと狐伝説。元禄年間に当地に遷座。江戸時代の史料から見る当社。かつて烏森と呼ばれた当地とその由来。御朱印。

波除神社(波除稲荷神社) / 東京都中央区

築地鎮守の波除稲荷。限定御朱印や毎月7日の七福神参り。開府以前の江戸と難航した築地の埋め立て。江戸切絵図から見る築地。関東大震災からの再建と築地市場の形成。お歯黒獅子(弁天社)と天井大獅子。つきじ獅子祭。市場関係者から奉納された碑。御朱印。

櫻木神社 / 千葉県野田市

桜台鎮守。野田市を代表する人気の一社。限定御朱印や可愛い桜の御朱印帳・授与品。桜が美しい大鳥居前と整備された参道。美しく存在感のある神明造の社殿。野田市最古の神社。桜台村の開発の守護神。平成になってからの見事な境内整備。御朱印。御朱印帳。

三圍神社(三囲神社) / 東京都墨田区

旧小梅村鎮守。三井家の守護社を担ったお稲荷さま。弘法大師による創建の伝承。再興と白狐の伝説。豪商三井家の守護社として庇護される。浮世絵・銅版画・泥絵に描かれた当社。三柱鳥居やライオン像などの奉納物。隅田川七福神の恵比寿・大国神。御朱印。

飛木稲荷神社 / 東京都墨田区

旧請地村鎮守のお稲荷さま。銀杏の枝が飛来した伝承により飛木稲荷。樹齢千年を超えると伝わる御神木。身代わり飛木の焼けイチョウの伝承。御神木にはお狐さまが隠れる。江戸切絵図や新編武蔵風土記稿から見る当社。再建された社殿や奥社。御朱印。御朱印帳。

1 2 3