「 無格社 」一覧

宮益御嶽神社 / 東京都渋谷区

渋谷宮益坂に鎮座する旧宮益町の氏神。珍しい日本狼の狛犬。宮益町の地名由来・富士見坂と呼ばれた宮益坂。江戸切絵図から見る当社。江戸名所図会に描かれた当社と渋谷。明治天皇が御小休所とした事から聖蹟に指定。炙り不動と呼ばれた不動尊堂。御朱印。

女塚神社 / 東京都大田区

西蒲田(旧女塚村・旧御園村)鎮守。少将局のカラフル御朱印。新田義興と侍女・少将局(しょうじょうのつぼね)の悲劇。少将局の墳墓とも伝わる女塚・女塚村の由来。女塚村鎮守の八幡社。明治になり八幡社が女塚に遷座。本務社は「蒲田八幡神社」。御朱印。

御園神社 / 東京都大田区

「おしゃもじ様」と呼ばれた御園村の鎮守。しゃもじと猿田彦命のカラフル御朱印。多摩川の洪水で流れ着いた猿田彦命の御神体。新編武蔵風土記稿から見る当社。御園村鎮守として整備され改称。蒲田駅西口の大通り沿いに鎮座。地域に利用される社務所。御朱印。

椿神社 / 東京都大田区

民間信仰が残る小さな社。麻紐と椿のカラフル御朱印。「どうそじんさま」と呼ばれた道祖神。百日咳や風邪に効く神として信仰・麻を借り受け病人の首に巻く特殊信仰。明治の蒲田と梅園。現在は導きの神の猿田彦命を祀る。本務社は「蒲田八幡神社」。御朱印。

烏森稲荷神社 / 東京都目黒区

上目黒のお稲荷さま。旧上目黒村宿山組鎮守。中目黒界隈の住宅街に鎮座。草木が生い茂る境内・手水舎には狐の吐水口。新橋「烏森神社」との繋がりと狐伝説。元禄年間に当地に遷座。江戸時代の史料から見る当社。かつて烏森と呼ばれた当地とその由来。御朱印。

王子稲荷神社 / 東京都北区

関東稲荷総社(東国三十三国稲荷総司)。初午の凧市と火伏凧・大晦日の狐の行列。源義家や源頼朝の伝承。徳川将軍家からの庇護・江戸庶民から絶大な人気。王子稲荷の狐火。浮世絵に描かれた当社や装束榎。江戸時代造営の極彩色拝殿。御石様と御穴様。御朱印。

白蛇辨財天(白蛇弁財天) / 栃木県真岡市

金運上昇の御利益と白蛇伝説が伝わる弁財天。御神水で洗う「金運銭洗いの瀧」。狛蛇が置かれた個性的な境内。神橋で繋がる拝殿と本殿。室町時代に「厳島神社」より勧請。古池ヶ渕と呼ばれた当地と白蛇伝説。単立神社。豊富な白蛇の授与品。御朱印。

廣尾稲荷神社(広尾稲荷神社) / 東京都港区

広尾鎮守。江戸時代の拝殿が現存。拝殿天井に高橋由一による圧巻の墨龍画。徳川秀忠による勧請。富士見御殿の鎮守・富士見稲荷の謎。江戸切絵図から見る当社と富士見稲荷。高橋由一の墨龍画とその経緯。境内に残る古い奉納物や御神木・境外の庚申塔。御朱印。

1 2 3 4