感染対策をできる限りした上で参拝しましょう。各神社も御朱印対応が変更の可能性有。

大國神社 / 東京都豊島区

豊島区

概要

駒込妙義坂上のだいこく神社

東京都豊島区駒込に鎮座する神社。
旧社格は無格社で、氏子地域を有さない。
古くは屋敷の邸内社として創建し、江戸時代には11代将軍・徳川家斉が将軍職に就く前に参拝したと伝わり「出世大黒」と呼ばれ崇敬を集めた。
邸内社であったが明治になって神社としての体裁を整えた。
「大國神社」と書いて「だいこくじんじゃ」と読む。
古くから大黒天(大黒様)を祀る神社として信仰を集めている。

神社情報

大國神社(だいこくじんじゃ)

御祭神:大己貴命
社格等:─
例大祭:5月10日(創立記念日)
所在地:東京都豊島区駒込3-2-11
最寄駅:駒込駅
公式サイト:http://www.daikokujinja.org/

御由緒

天明三年(1783)に、当大島家の先祖が、現在の地におまつりしたもので、明治十二年(1879)、当時の大総代・細川潤次郎男爵の協力を得て神社としての体裁を整え、現在に至っています。(境内の掲示より)

参拝情報

参拝日:2022/05/11(御朱印拝受/ブログ内画像撮影)
参拝日:2018/03/23(御朱印拝受)

御朱印

初穂料:500円
社務所にて。

※桜の時期など季節に応じて限定印になる場合あり。
※以前は初穂料300円だったが現在は500円に変更。

コロナ禍で御朱印の授与を停止していたが2022年5月より書き置きにて再開。

歴史考察

宮司の先祖・大島氏の屋敷内に創建

社伝によると、天明三年(1783)に創建と云う。

古くは宮司・大島氏の先祖が下野国都賀郡大川島村(現・栃木県小山市大川島)に住んでいた際、屋敷内に小祠を祀っていたと伝わる。
天明三年(1783)、先祖が駒込に移住し小祠も当地に遷したのを起源としている。

大黒天を祀り「大黒様」として多くの人々が参拝したと伝わる。

現在の御祭神は大己貴命。
大己貴命(おおなむちのみこと)
大国主命(おおくにぬしのみこと)の名でも知られる出雲の神。
天照大御神(あまてらすおおみかみ)の使者に国譲りを要請され、武力交渉の末に、天津神に国土を献上した事から「国譲りの神」とも呼ばれる。
国津神(天孫降臨以前より国土を治めていた土着の神)の最高神ともされ、古くから「出雲大社」の御祭神として知られる。
民間信仰によって「大国」が「だいこく」と読める事から、七福神でもある「大黒天(大黒様)」と習合していった。
出雲大社
縁結びの神・福の神として名高い出雲大社(いづもおおやしろ)の公式ウェブサイト。 御祭神は大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)で、広く「だいこくさま」として慕われ、日本全国でお示しになられた様々な御神徳は数多くの御神名によって称えられています。
当社の場合は古くから民間信仰として七福神で有名な大黒様を祀っていて、後に習合した大己貴命に改めたものと思われる。

第11代将軍・徳川家斉が参詣した出世大黒

当地に遷されて以後、武士・農民・町民など多くの人々が参詣。
中でも徳川第11代将軍・徳川家斉が将軍職に就く前に参詣したと伝わる。

徳川家斉(とくがわいえなり)
徳川第11代将軍。
天明七年(1787)に15歳の若さで就任。
将軍に就任するとそれまで権力を持った老中・田沼意次を罷免し、代わって松平定信を任命し、この定信が主導した政策を「寛政の改革」として知られる。
以後、将軍在職は50年にも及んだ。
隠居してからも実権を持ち続けた事から、その間は大御所時代とも呼ばれる。

家斉が後に将軍となった事から「出世大黒」とも称され崇敬を集めたと云う。

家斉は一橋家の当主一橋治済の長男として生まれ後継候補としての順位は低かったが、第10代将軍・徳川家治の世嗣である家基の急死など様々な事が重なり、家治の養子として後に第11代将軍となる。こうした事も「出世大黒」への信仰を高めた。

江戸の人気侠客・新門辰五郎も崇敬

「出世大黒」として武士・農民・町民など多くの人々が崇敬。
幕末には新門辰五郎も崇敬したと伝わる。

新門辰五郎(しんもんたつごろう)
江戸時代後期の町火消・鳶頭・任侠。
「浅草寺」の門番を務めた任侠であり、任侠の中でも図抜けた資金力を誇った。
江戸庶民の娯楽の場であった浅草で名を馳せた任侠という事もあり、没後は多くの題材となり人気を博した。
浅草神社 / 東京都台東区
三社様や三社権現と親しまれる浅草神社。3人の人物による浅草寺の始まり。徳川家光が寄進・国の重要文化財の社殿。「浅草寺」本堂の隣に鎮座。さくら詣・夏詣。縁結びの夫婦狛犬。三社祭。人気任侠・新門辰五郎による被官稲荷神社。限定御朱印・御朱印帳。

江戸切絵図から見る駒込

江戸時代の当社は江戸切絵図を見ると位置関係が分かりやすい。

(巣鴨絵図)

こちらは江戸後期の染井・王子・巣鴨周辺の切絵図。
現在の当地(駒込駅周辺)は、図の中央上に描かれている。

(巣鴨絵図)

北が上にくるように回転させ当社周辺を拡大したものが上図。

地図上には表記はないが赤円で囲ったのが当社周辺で、現在の駒込駅周辺になる。
上駒込村の一画であった事が記してあり、「駒込村百姓町家」の文字も見える。
当社はこうした町家の一画、大島家の屋敷内に置かれていた。

橙円で囲ったのが「駒込妙義神社」。
駒込妙義神社 / 東京都豊島区
太田道灌が崇敬した戦勝の宮。日本武尊を祀る豊島区最古の神社。辰の日限定御朱印や授与品。中世の衰廃と江戸時代の再建。妙義大権現。令和二年に境内整備・新しくなった境内。昇龍降龍の彫刻がある新社殿・扁額には戦軍宮。太田道灌を祀る道灌霊社。勝守。
桃円で囲ったのが「染井稲荷神社」。
染井稲荷神社 / 東京都豊島区
ソメイヨシノ発祥の地・染井村鎮守のお稲荷様。造園師や植木職人などが集落を作り、村全体が花園だった染井村。浮世絵や双六の題材にもされ花見や遊覧の場として人気を博す。関東大震災や戦災を免れた社殿・火防の神。染井よしの桜里祭り。御朱印。

当地周辺には大名屋敷も多く立ち並んでおり、その中に百姓などの町家も設けられていた。
日光御成街道 (現・本郷通り)沿いにあったため多くの人々が参詣に訪れたのであろう。

明治以降の歩み・神社としての体裁を整える

明治になり神仏分離。
当社は無格社であった。

明治十二年(1879)、当時の大総代・細川潤次郎男爵の協力を得て神社としての形を整える。

細川潤次郎(ほそかわじゅんじろう)
幕末に土佐藩士として藩政に参加。
明治維新後は法律起草のエキスパートとして法制学者・教育者として活躍。
平民に苗字を許す規定を提案した人物としても知られる。
日本の近代法導入の功績が高く評価され男爵を授けられた。
古くから大黒様を祀る事から、神仏分離の影響で御祭神を大己貴命(大国主命)としたものと思われる。そのため当時は「大國主神社」とも称していた。

明治四十二年(1909)の古地図を見ると当時の様子が伝わる。

今昔マップ on the webより)

赤円で囲っているのが現在の鎮座地で、当時の古地図には神社の地図記号を見る事ができないが、当時から小さな神社であった事が窺える。
当社の北側には「駒込妙義坂下」の文字も見る事ができる。
当地はその坂の上にあったため、現在の御朱印には「駒込妙義坂上」の文字が記してある。

既に山手線は開通していたが駒込駅はこの翌年の明治四十三年(1910)に開業。

大正時代初頭、市区改正による区画整理によって境内が縮小。

昭和二十年(1945)、東京大空襲では駒込地区は焼け野原となる。
当社も甚大な被害を受け社殿などが焼失。
戦後になり社殿など境内が再建された。

平成二十三年(2011)、社殿の老朽化に伴い、現在の社殿を再建。
社務所の建て替えも行われ現在に至る。

境内案内

駒込駅前の好立地に鎮座する大黒様

最寄駅の駒込駅の駅前に鎮座。
北口の通りを挟んだ向かい側に鎮座。
駅前の好立地で、人の往来が大変多く当社への参拝者も多い。

当社は氏子地域を有しておらず崇敬者によって支えられる崇敬神社であるが、こうした立地の良さも多くの参拝者が訪れる理由であろう。

石垣に囲まれた手狭な境内。
正面に石鳥居。
昭和二十六年(1951)に建てられたもので旧社殿の再建と同時期。

その左手に社号碑が置かれている。
「大國神社」と記され石鳥居同様に戦後の再建にあったって建てられたもの。

石鳥居を潜って左手に手水舎。
綺麗に整備されている。

鉄筋コンクリート造で再建された社殿

社殿は平成二十三年(2011)に再建されたもの。
まだ新しさが残る社殿で、鉄筋コンクリート造。
拝殿には打出の小槌が施されていて、大黒天(大黒様)を祀る神社なのが伝わる。
旧社殿は木造の趣のある小さな社殿であったが、現在の本殿の中に旧本殿も移築されていると云う。
賽銭箱にも打出の小槌。

旧社殿だった時代にも何度か参詣した事があるが当時は木造で趣のある社殿と境内であった。現在は明るくオープンな印象を受け多くの人々が気軽に参拝できる神社となっている。

戦前の狛犬・懐かしい10円のおみくじ販売機

社殿の前には一対の狛犬。
昭和十五年(1940)に奉納された狛犬。
戦災によって悉く境内が被害を受けた中も、こうして石製の奉納物は残っているのが喜ばしい。

拝殿前右手におみくじ販売機。
昔ながらの懐かしいおみくじ販売機で今も10円のままで現役稼働している。

おみくじ販売機の掲示文
おみくじは十円です。
十円玉専用になっていますので十円玉をご用意ください。

60日毎の甲子祭・木彫の大國像が授与

当社では60日に1度の「甲子の日(きのえねのひ)」に「甲子祭(きのえねまつり)」が行われる。
境内にある献燈にも「キノエネ」の文字。

甲子の日(きのえねのひ)
十干十二支で60日周期で一番最初にくる日。
そのため何事を始めるにも縁起の良い吉日とされている。
甲子祭(きのえねまつり)
甲子の日に大黒天を祀る祭りとして各地で行われてきた風習で、甲子待ちとも呼ばれる。
子(ねずみ)は大黒天と習合した大己貴命(大国主命)の神使とされたため、甲子の日が縁日として民間信仰として崇敬を集めた。
江戸時代より大黒天を祀る商家で行われる事が多く、現在も大黒天を祀る寺社では甲子の日に縁日が行われる事も多い。

当社の甲子祭では甲子祭ごとに国産ヒノキによる木彫りの大國像を授与。
第一体目から順に甲子祭ごとに1つずつお受けし第七体目で一巡となる。

それぞれ初穂料とご祈祷料が必要。詳しくは公式サイトをご覧頂きたい。
木彫り尊像について
2022年甲子の日
1月11日・3月12日・5月11日・7月10日・9月8日・11月7日

うさぎと打ち出の小槌の御朱印

御朱印は社務所にて。
丁寧に対応して頂いた。

コロナ禍で御朱印の授与を停止していたが2022年5月より書き置きにて再開。

御朱印は「大國神社 参拝記念 省線駒込驛前」の御朱印で戦前から使われていた印。
右したには打ち出の小槌とうさぎの印が押印される。

大吉うさぎ
御朱印のうさぎは当社オリジナルのキャラクターである「大吉うさぎ」。
古事記には御祭神の大己貴命(大国主命)を扱った物語に「因幡の白兎」と云う神話があり、その事からうさぎをモデルとしている。

所感

駒込駅前に鎮座する小さな神社。
古くは屋敷に奉斎された小祠の大黒様であり、明治になってから神社の体裁が整えられた。
氏子地域をもたない崇敬神社であるが、駒込駅前の好立地という事もあり多くの人々の往来、当社に立ち寄って参拝してから駅に向かう方も姿も多く見られる。
旧社殿の趣のある境内もよかったが、現在の社殿のほうが明るく、誰もが入りやすい雰囲気となっているため、気軽に参拝して行く方が多いようで素敵な事だと思う。
こうした氏子地域をもたない小さな神社が、駅前という好立地の地で維持できているのも、駒込の大黒様として崇敬を集めているからこそなのであろう。

神社画像

Google Maps

コメント

タイトルとURLをコピーしました