無格社

世田谷区

中町天祖神社 / 東京都世田谷区

中町(旧野良田村)鎮守の天祖神社。上野毛通り沿いに鎮座。雰囲気のよい並木参道。開放感のある境内。粕谷氏による野良田村の開墾とその鎮守。明治になり天祖神社へ改称。中町への改称によって野良田の地名は消失。本務社は「等々力玉川神社」。御朱印。
世田谷区

東玉川神社 / 東京都世田谷区

東玉川の鎮守。「渋谷氷川神社」より移築された江戸時代初期の社殿。拝殿天井絵の火焔龍神像。親子龍の彫刻。等々力村の飛地であった諏訪分と鎮守の諏訪社。明治になり玉川村の成立・合祀政策によって廃社。昭和に入り諏訪社再建と東玉川町の成立。御朱印。
豊島区

駒込妙義神社 / 東京都豊島区

太田道灌が崇敬した戦勝の宮。勝負の神様。日本武尊を祀る豊島区最古の神社。太田道灌による戦勝祈願。江戸切絵図から見る妙義大権現。勝守・大吉か凶かどちらかの吉凶福みくじ。太田道灌を祀る道灌霊社。江戸初期の庚申塔。柄杓を触る人懐っこい猫。御朱印。
豊島区

大國神社 / 東京都豊島区

駒込妙義坂上のだいこく神社。大黒天(大黒様)。駒込駅前の好立地に鎮座。懐かしい10円のおみくじ販売機が健在。60日毎の甲子祭・木彫の大國像が授与。宮司の先祖・大島氏の屋敷内に奉斎。徳川家斉が参詣した出世大黒。江戸切絵図から見る駒込。御朱印。
豊島区

染井稲荷神社 / 東京都豊島区

ソメイヨシノ発祥の地・染井村鎮守のお稲荷様。造園師や植木職人などが集落を作り、村全体が花園だった染井村。浮世絵や双六の題材にもされ花見や遊覧の場として人気を博す。関東大震災や戦災を免れた社殿・火防の神。染井よしの桜里祭り。御朱印。
世田谷区

久富稲荷神社 / 東京都世田谷区

世田ヶ谷村の枝郷・新町村(現・新町と桜新町)の鎮守。約250mの長い参道。戦前の社殿が現存。漫画『ぎんぎつね』冴木稲荷神社のモデル・サイン色紙。御朱印には銀太郎の印判。ふくろうの社・年2回のふくろう祭(フリーマーケット)。御朱印。御朱印帳。
新宿区

厳嶋神社(抜弁天) / 東京都新宿区

抜弁天(ぬけべんてん)の通称で知られる。新宿山ノ手七福神・弁財天。源義家によって創建。抜弁天と呼ばれた由来。生類憐れみの令によって犬小屋が設けられた地。江戸六弁天。南北に通り抜けできる境内。弁天池が整備。本務社は「西向天神社」。御朱印。
大田区

嶺天祖神社 / 東京都大田区

嶺の天祖神社。環八通り沿いに鎮座する小さなお伊勢様。都内で唯一の禰宜舞が行われる例祭。「伊勢神宮」に参拝した嶺村の村人によって創建。新編武蔵風土記稿に記された当社。明治維新後の歩み・地域の集いの場となる。本務社は「嶺御嶽神社」。御朱印。
大田区

嶺稲荷神社 / 東京都大田区

住宅街の嶺稲荷児童遊園に鎮座する小さな稲荷神社。江戸後期の地誌『新編武蔵風土記稿』に記された当社。明治維新後の歩み。勤労奉仕による整備。戦後になり区立の児童遊園へ。鉄柵で保護された戦前の神狐像・小さな社。本務社は「嶺御嶽神社」。御朱印。
大田区

嶺白山神社 / 東京都大田区

嶺の白山神社。全国に広まった白山信仰。古くは女體権現社と称される。環八沿いに鎮座。綺麗に整備された境内。大正期の社殿。パワースポット・樹齢600年のタブノキ。「SEKAI NO OWARI」結成ゆかりの神社。本務社は「嶺御嶽神社」。御朱印。
仙北市

御座石神社 / 秋田県仙北市

美の守護神を祀る田沢湖畔の神社。美貌成就の御神徳。辰子姫が美を求め龍となる・辰子伝説。景勝地として名高い田沢湖畔に立つ朱色の鳥居。辰子姫が飲み龍となった泉・潟頭の霊泉。秋田藩主・佐竹義隆が腰を掛け休んだ事から御座石。七色木・雨乞石。御朱印。
仙北市

浮木神社(漢槎宮) / 秋田県仙北市

田沢湖畔に張り出すように鎮座。田沢湖に伝わる辰子伝説。美と縁結びスポット。大木の浮木を祀った事で浮木神社。秋田藩士の俳人・益戸滄洲によって漢槎宮と名付けられる。田沢湖のシンボルとなった舟越保武作たつこ像。日本一の水深・田沢湖。御朱印。
台東区

吉原神社 / 東京都台東区

吉原遊郭の鎮守と吉原弁財天。吉原遊郭にあった5つの稲荷社が合祀。戦後に再建された社殿・地主神のお穴さま。奥宮である吉原弁財天本宮・遊女たちの悲劇。江戸幕府公認の吉原遊郭。浅草田圃に移転し誕生した新吉原。新吉原を描いた浮世絵の数々。御朱印。
港区

亀塚稲荷神社 / 東京都港区

聖坂途中に鎮座する小さなお稲荷様。旧芝三田功運町の鎮守。更級日記に記された竹芝寺伝説。酒壺の霊亀の伝承と亀塚。太田道灌による社の建立。切絵図から見る三田周辺。江戸名所図会に描かれた当社。区内最古の弥陀種子板碑。小さな朱色の社殿。御朱印。
浦安市

当代島稲荷神社 / 千葉県浦安市

浦安三社のお稲荷様。豊受大神を祀る稲荷信仰の神社。4年に1度の浦安三社祭。当代島の地名由来とその鎮守。昭和初期に築かれた富士塚。鯨を拿捕した歴史を伝える大鯨の御社。戦後に再建された社殿・境内整備。古くから疱瘡に霊験があると伝わる。御朱印。