江戸名所図会

市川市

葛飾八幡宮 / 千葉県市川市

下総国総鎮守。国指定天然記念物・樹齢1,200年の千本公孫樹。禁足地「八幡の藪知らず」。平将門・源頼朝・徳川家康からの庇護。随神門・鐘楼堂など立派な境内。33年に1度の式年大祭。ライトアップイベント「煌kirameki」。御朱印。御朱印帳。
墨田区

白鬚神社(東向島) / 東京都墨田区

旧寺島村鎮守の白鬚明神。平安時代に琵琶湖畔の白鬚大明神を勧請。文政年間に隅田川七福神が開始・寿老神を担う。商売繁昌の御神徳・導きの神である猿田彦命。隅田川東側・墨堤通り沿いに鎮座。江戸時代後期の狛犬。歴史を伝える多くの石造物。御朱印。
墨田区

向島秋葉神社 / 東京都墨田区

火伏せの神・向島(旧請地)の秋葉様。昭和レトロな姿が色濃く残る参道。江戸時代の隆盛を偲ぶ石灯籠の数々。江戸中一の紅葉の名所・歌川広重が描いた当社。元禄年間に社殿が造営し中興・秋葉稲荷両社と称される。鎮火・産業・縁結びの霊験。御朱印。
墨田区

牛嶋神社 / 東京都墨田区

本所総鎮守。牛御前(うしのごぜん)。病気が治る撫牛信仰。珍しい狛牛。慈覚大師が須佐之男命を祀る。源頼朝と千葉常胤の伝承。牛鬼の如き妖怪の伝説。葛飾北斎ゆかりの地。関東大震災後の復興遷座。東京スカイツリーの氏神。珍しい三ツ鳥居。御朱印。
品川区

雉子神社 / 東京都品川区

旧上大崎村・旧下大崎村・旧谷山村の総鎮守。目黒駅・五反田駅周辺の氏神様。徳川家光による命名「雉子の宮」。徳川家の庇護と葵紋。『必殺仕事人』『仕掛人・藤枝梅安』シリーズの舞台。ビルの敷地内に吹き抜けで鎮座。荏原宮・大鳥明神と称される。御朱印。
横浜市

浅間神社(西区浅間町) / 神奈川県横浜市

袖すり山に鎮座する浅間さま。全国に四社しかない浅間造本殿。源頼朝によって社殿が造営。横穴古墳が密集する袖すり山。富士講の聖地・富士山に繋がるとされた「富士の人穴」。歌川広重の東海道五十三次にも描かれた当社。芝生村から浅間町への改称。御朱印。
横浜市

笠䅣稲荷神社 / 神奈川県横浜市

様々な伝承が残る「笠のぎ稲荷」。平安時代に勧福寿寺の僧侶によって伏見稲荷から勧請。笠脱稲荷の伝承。瘡病(性病)に霊験・土団子を供える特殊信仰。浦島寺と呼ばれ浦島太郎伝説があった勧福寿寺。鎌倉時代末期の板碑。社前に京急本線が通る立地。御朱印。
世田谷区

北澤八幡神社(北澤八幡宮) / 東京都世田谷区

下北沢鎮守の八幡さま。世田谷城の鬼門守護として創建。七澤八社随一正八幡宮と称される。富士山が見える神社・富士山遙拝所。シールタイプ限定御朱印。当社限定ガチャ。平成三十年は御鎮座500年記念例大祭。江原啓之氏が奉職した神社。御朱印。御朱印帳。
渋谷区

渋谷氷川神社 / 東京都渋谷区

渋谷区南端一帯(旧下渋谷村・旧下豊澤村)総鎮守。月替り御朱印・縁結び御朱印帳・毎月15日は縁結び御朱印。江戸氷川七社の一社に数えられる。渋谷最古とされる神社。江戸郊外三大相撲である金王相撲。常盤御前の伝説が残る常盤松。金王相撲跡の土俵。
目黒区

上目黒氷川神社 / 東京都目黒区

上目黒鎮守の氷川さま。目黒川の桜の御朱印帳。歌川広重が描いた目黒元富士。天正年間に加藤氏が勧請して創建。上目黒村石川組。疫病知らずと云われた氏子。目黒富士登山道・目黒富士浅間神社。玉川通り(旧大山道)沿いの急な石段。御朱印。御朱印帳。
横浜市

師岡熊野神社 / 神奈川県横浜市

横浜北部総鎮守の熊野神社。サッカー神社として授与品や奉納品。八咫烏。奈良時代創建の古社。関東随一大霊験所の称号。5代に渡る天皇の勅願所。徳川将軍家から朱印地を賜る。「い・の・ち」の池の伝説。明治の拝殿・江戸時代の本殿。筒粥神事。御朱印。
松戸市

松戸神社 / 千葉県松戸市

松戸総鎮守。江戸時代に御嶽社として創建。水戸街道の松戸宿・絵図から見る当社。水戸光圀(水戸黄門)の白鳥伝承。幕末の拝殿が現存。防火の神・秋葉神社。四神像を伴った神幸祭。宇宙にお供した四神お守り。お水取りができる御神水。御朱印。御朱印帳。
品川区

戸越八幡神社 / 東京都品川区

江戸越えのお宮・戸越鎮守の八幡さま。カラフルな限定御朱印・オリジナル御朱印帳。戸越の地名由来となった成就庵が起源。別当寺・行慶寺によって八幡宮の建立。元禄元年に現在地へ遷座。江戸時代に描かれた当社。江戸時代の社殿。戸越の歴史を伝える境内。
江東区

猿江神社 / 東京都江東区

深川猿江の鎮守。稲荷社として創建。猿藤太の伝説と猿江の地名由来。人気の高い限定御朱印・御朱印帳。都内最古級・鉄筋コンクリート造の社殿。江戸時代の猿江村と当社。関東大震災後の再建・戦後に猿江神社へ。藤森稲荷神社・馬頭観音社。御朱印。御朱印帳。
練馬区

石神井氷川神社 / 東京都練馬区

石神井総鎮守。石神井城と城主の豊島氏・石神井城の守護神として創建。太田道灌によって石神井城が落城・豊島氏の没落。金の乗鞍と照姫伝説。江戸名所図会に描かれた当社。石神井公園の隣に鎮座。豊島氏の子孫が奉納した石鳥居・区内神社最古の水盤。御朱印。