「 八幡信仰 」一覧

磐井神社 / 東京都大田区

式内社の格式を持つ古社。武蔵国八幡総社。カラフルな月替り御朱印や月詣り御朱印。「鈴ヶ森八幡宮」と呼ばれた江戸時代。磐井の名の由来となった磐井の井戸。鈴ヶ森の由来となった鈴石や鳥石。東海七福神「笠島弁天社」は万葉集に載る古社の伝承。御朱印。

徳持神社 / 東京都大田区

旧徳持村鎮守。元は八幡信仰の神社。宇佐神宮より勧請・御旗山八幡宮と称される。池上競馬場建設のため現在地への遷座。合祀によって徳持神社へ改称。戦後に再建された社殿とユニークな健康歩道。徳持という旧地名の保存。兼務社5社の御朱印。御朱印。

鶴岡八幡宮 / 神奈川県鎌倉市

相模国一之宮格。鎌倉武士の守護神。源頼朝により現在地に遷座・上下両宮に整備。静御前が舞った若宮廻廊(現・舞殿)。源実朝の落命の地。江戸幕府による庇護。源平池・再建された旗上弁財天社。倒伏した大銀杏。表参道の段葛・若宮大路。御朱印。御朱印帳。

大宝八幡宮 / 茨城県下妻市

関東最古の八幡さま。国指定重要文化財の本殿。あじさい祭とあじさい神苑。平将門の伝承。源義家や源頼朝からの崇敬。国の史跡の大宝城跡と城主下妻氏。多賀谷氏による再建。徳川幕府や朝廷からの庇護。相撲場では高砂部屋合宿稽古も。御朱印。御朱印帳。

井草八幡宮 / 東京都杉並区

都内有数の境内を誇る八幡宮。杉並区北部一帯の総鎮守。現・別表神社。縄文時代から聖地とされた地に創建。源頼朝の伝承・遅野井と呼ばれた当地。5年に1度行われる流鏑馬。立派な楼門・趣のある神門と社殿。『〈物語〉シリーズ』の聖地。御朱印。御朱印帳。

女塚神社 / 東京都大田区

西蒲田(旧女塚村・旧御園村)鎮守。少将局のカラフル御朱印。新田義興と侍女・少将局(しょうじょうのつぼね)の悲劇。少将局の墳墓とも伝わる女塚・女塚村の由来。女塚村鎮守の八幡社。明治になり八幡社が女塚に遷座。本務社は「蒲田八幡神社」。御朱印。

蒲田八幡神社 / 東京都大田区

蒲田地区の中心的神社。カラフル御朱印・兼務社の御朱印も用意。古くから神聖な土地に鎮座。蒲田村から新宿村が分村・新宿村鎮守として式内社「薭田神社」より勧請。復興六十周年御社殿改修事業。京急蒲田駅近くに鎮座。八幡造の本殿・満願火伏稲荷。御朱印。

1 2 3 4