稲荷鬼王神社 / 東京都新宿区

img_2182

神社情報

稲荷鬼王神社(いなりきおうじんじゃ)

御祭神:宇賀能御魂命・月夜見命・大物主命・天手力男命
旧社格:無格社
例大祭:9月18日
所在地:東京都新宿区歌舞伎町2-17-5
最寄駅:東新宿駅・西武新宿駅・新大久保駅
公式サイト:─

御由緒

 「鬼」というと私達はとかく悪いイメージをもちがちですが、古来、「鬼」は神であり「力」の象徴でもありました。又、「鬼は悪魔を祓う」といわれ、すべての災禍を祓う力があります。その為、鬼を祀ったり、鬼の名のつく社寺は全国に幾つもあります。しかし、その「鬼」の王様という意になる「鬼王」という名のある社寺は全国で当社のみです。この為、江戸時代は近在の農家の人達だけでなく、江戸から武士や商人、職人と多くの人が参拝にまいりました。現在では地図でみる新宿の中央にある唯一の神社としても注目を集め、全国から当社の御神徳を得ようとする方々が詣られております。扠この全国一社福授けの稲荷鬼王神社の由緒は左記の通りです。
 古来より大久保村の聖地とされたこの地に承応二年(1653)、当所の氏神として稲荷神社が建てられました。宝暦二年(1752)紀州熊野より鬼王権現(月夜見命・大物主命・天手力男命)を当地の百姓田中清右衛門が旅先での病気平癒への感謝から勧請し、天保二年(1831)稲荷神社と合祀し、稲荷鬼王神社となりました。それ故、当社の社紋は稲荷紋と巴紋の二つがあるのです。紀州熊野に於いて鬼王権現は現存せず、当社はそれ故、全国一社福授けの御名があります。この鬼王権現は、湿疹・腫物を初め諸病一切に豆腐を献納し、治るまで本人或いは代理の者が豆腐を断ち、当社で授与される「撫で守り」で患部を祈りつつ撫でれば必ず平癒するといわれ明治十五年(1882)頃まで社前の豆腐商数件がこの豆腐のみにて日々の家計を営んでいたといわれたほどでした。今日でも広く信仰されています。この信仰について江戸時代の『新編武蔵風土記』だけでなく、時代は下って文豪、永井荷風も書き記しております。尚、当社では『鬼王様』の御名に因み、節分時鬼を春の神として『福は内、鬼は内』を唱えます。
 追記 明治時代に旧大久保村に散在していた、火の神である火産霊神の祠や、盗難除けの神などの大久保村の土俗の神々が合祀されました。大祭は9月18日で、御輿はその前後の日曜・祝日に出御します。この宮御輿は鬼面の彫られた珍しいお御輿です。
 追記 江戸時代に既に特異な『鬼王』という名の神社を勧請するのに地元に抵抗感が無かったのは、この土地がー文書では残っていませんがー平将門公(幼名・鬼王丸)に所縁があったのではないかとも言われています。(頒布の用紙より)

参拝情報

参拝日:2016/11/02

御朱印

初穂料:300円
社務所にて。

※新宿山ノ手七福神・恵比寿神の御朱印も拝受できる。

%e7%a8%b2%e8%8d%b7%e9%ac%bc%e7%8e%8b%e7%a5%9e%e7%a4%be

スポンサーリンク

歴史考察

全国唯一鬼王の名が付く神社

東京都新宿区歌舞伎町に鎮座する神社。
旧社格は無格社で、旧西大久保村の鎮守。
全国唯一「鬼王」の名が付く神社であり、鬼の福授けの神社とされ、豆腐を奉納し治癒するまで「豆腐断ち」をする人のみ「撫で守り」という特殊授与品が授与される事でも知られる。
社号には平将門にまつわる伝承もまことしやかに囁かれていたりと、謎多き神社。
現在は新宿山ノ手七福神の恵比寿神を担っている。

お稲荷様と鬼王権現を祀る

社伝によると、承応二年(1653)に大久保村の氏神として稲荷社を創建。
当地は古くから大久保村の聖地とされていたとある。

江戸時代の当地は西大久保村の外れ新田町という地域であった。
地域一帯の総鎮守が諏訪村(現在の高田馬場)にある「新宿諏訪神社」であったため、その末社「福瑳稲荷」を勧請し、地域の鎮守としたものと思われる。

宝暦二年(1752)、当地の百姓であった田中清右衛門が旅先での病気平癒への感謝から、紀州熊野より鬼王権現を勧請し自宅に祀っていたという。
文政九年(1826)、田中清右衛門の子孫の家が火事で焼失してしまったため、天保二年(1831)に当地にあった稲荷神社と合祀し現在の「稲荷鬼王神社」となった。
img_2166現在も拝殿の扁額に「稲荷鬼王神社」と記されている。

謎多き鬼王権現

この鬼王権現という神が謎めいている。
鬼を祀っている訳ではないので注意が必要だ。

現在は鬼王権現として、月夜見命・大物主命・天手力男命が御祭神となっている。
おそらく神仏分離によって明治以降に定められたものであろう。

御由緒には紀州熊野より鬼王権現が勧請とあるのだが、熊野三山に祀られる神々は神仏習合の中で熊野十二所権現と称される事が多い。
熊野十二所権現は三所権現・五所王子・四所明神に分けられ、十二柱の神が存在する。
この中に鬼王権現の名はない。

熊野には鬼王権現が現存しておらず、また過去の熊野に鬼王権現がいたのかも不明となっている。
こうした謎が後述する平将門の伝承などにも結びつき、実に謎多き神社となっている。

豆腐断ちと特殊授与品の撫で守り

この鬼王権現は、湿疹・腫物などに御神徳があるとされていて、豆腐を奉納し、治るまで本人或いは代理の者が豆腐を断ち、当社で授与される「撫で守り」で患部を祈りつつ撫でれば必ず平癒すると伝わっていた。

これは、鬼王権現を祀った百姓・田中清右衛門の伝承によるもの。
宝暦二年(1752)、当地の百姓であった田中清右衛門が旅先の紀州熊野で湿疹に苦しんだ。
この時、近くの鬼王権現に豆腐をお供えして祈願したところ平癒したという。

こうした伝承により鬼王権現と、湿疹・腫物、豆腐などが結びつき、民間信仰として信仰されたようだ。
明治十五年(1882)頃まで当社前の豆腐商数軒が立ち並び、この豆腐のみにて日々の家計を営んでいたといわれた程だったという。

こうした鬼王権現に対する崇敬から、2月の節分には鬼を春の神として「福は内、鬼は内」と唱える風習が残っており、これが今も続いている。

江戸時代の史料から見る当社

文化・文政期(1804年-1829年)に編纂された『新編武蔵風土記稿』には当社と思われる記述がある。

(西大久保村)
稲荷社
諏訪村諏訪明神の末社なりして萬治年中當所へ移せしと云。大乗院持。

江戸時代の当地は西大久保村であったため、西大久保村の「稲荷社」と記されているのが当社になる。
こちらでは現在の高田馬場にある「新宿諏訪神社」の末社と記されており、万治年中(1658年-1660年)に当地に遷座したと記されている。
旧別当寺は「大乗院」。

この後の天保二年(1831)に、鬼王権現が稲荷神社と合祀し現在の「稲荷鬼王神社」となっているため、当時の史料にはまだ「鬼王」の文字を見る事はできない。

明治維新・戦後に歌舞伎町が誕生

明治になり神仏分離。
この頃に鬼王権現として月夜見命・大物主命・天手力男命が御祭神に当てられたものと思われる。
当社は無格社であった。

上述したように「豆腐断ち」で崇敬を集めていたため、明治十五年(1882)頃までは、当社前には豆腐商が数軒あり賑わったと伝わる。

明治二十二年(1889)、町村制施行により、東大久保村・西大久保村・大久保百人町が合併し、大久保村が発足。
明治二十七年(1894)、近くにあった浅間神社を当社に合祀。

明治三十六年(1903)の古地図がある。
当時の歌舞伎町周辺(旧・大久保村)の地理関係を確認する事ができる。

%e6%98%8e%e6%b2%bb%e5%9c%b0%e5%9b%b3今昔マップ on the webより)

現在の当社の位置に小さいが「鬼王神社」の文字を見る事ができる。
この事からも当社に鬼王権現が合祀されて以降は「鬼王神社」という名で呼ばれていた事が分かる。

明治後期には、大久保村の小さな神社や祠などが当社に合祀されている。
これは当時の合祀政策によるものであろう。
昭和五年(1930)、境内社として浅間神社を再興し、境内に富士塚を築造。
戦後の昭和四十三年(1968)、社殿を再建し富士塚を二分させた。

戦後になると当地周辺には、戦災復興で歌舞伎町が誕生する。
昭和二十三年(1948)、歌舞伎町が成立。
昭和五十三年(1978)、住居表示実施に伴い町名町域が変更され、歌舞伎町1丁目・2丁目が新設され、当社がある旧西大久保1丁目区域は歌舞伎町2丁目となり現在に至っている。
こうして当社は、日本有数の繁華街である歌舞伎町に鎮座する神社となった。

平将門の噂と伝承

当社には御由緒にない伝承があると噂される。
特に平将門について調べている方に噂される事が多い。
それは平将門にまつわる話。

平成になって出版された、加門七海氏の「将門は神になれたか」「平将門魔法陣(文庫版)」にて将門にまつわると噂される神社の配置と北斗七星をオカルト的に結びつけている。(将門と北斗七星についてはこれが初出だろう)
こちらに当社が記されており、広く世に知られる事になった。

当社によると、江戸時代に既に特異であった「鬼王」の名を勧請するのに抵抗がなかったのは、当地が将門公に所縁があったからと推測している。
鬼王の名は、将門公の幼名「鬼王丸」から取られたとも云われており、謎が深まる。

上述のように、紀州熊野から勧請したという鬼王権現は、当社にしか見られない神であり、熊野にもその記録を見る事ができない。
この事から、鬼王権現は将門公だったのではと推測もできる。

明治になると将門公は朝敵と見なされ、「神田明神」でも御祭神から外されるといった事態が起きているように、将門公を祀っていた神社は、明治以後に御祭神不明にされたり変更している神社も存在し、それまでの御由緒を秘匿してしまう事も多かった。
当社も鬼王という名で将門公を残したとも見て取れる。

そして何より当地が将門公を崇敬していた証拠として、「神田明神」や「築土神社」といった将門公を御祭神にしている神社の一部氏子にも伝わる「将門公を調伏させた成田山新勝寺を参拝してはいけない」という禁忌が、当社の氏子の一部に伝わっている事が挙げられる。

鬼王という名を将門公から取ったのかは不明ではあるが、この事から少なくとも古くから将門公を崇敬する村民がいたのは間違いがないのであろう。
そして明治以降に御由緒としては将門公に関する話は秘匿されてしまった可能性もあるのではないだろうか。
そういう意味でも謎多い神社である。

歌舞伎町の端に鎮座・美しい音色の天水琴

日本有数の繁華街である歌舞伎町の端に鎮座している。
img_2182ビルに囲まれ、歌舞伎町という繁華街に囲まれながらも、境内を維持しているのは、地域からの崇敬によるものであろう。

鳥居を潜ると短めの参道があり正面に社殿。
img_2176昭和四十三年(1968)に鉄筋コンクリート造で再建された社殿となっている。

社殿の右手前には珍しい天水琴というものが置かれている。
img_2168平成十六年(2004)に設置されたもので、社殿の屋根からの雨水を大きな甕に溜め、少しずつ地中にある水琴窟に注いで、音を奏でる仕掛けになっている。
竹筒に耳を当てると、実に美しい響きが聴こえてくるので、ぜひ竹筒に耳を当てて欲しい。

二分された富士塚・開運恵比寿

社殿の左手奥には富士塚(浅間神社)が置かれている。
富士塚は「西久保の厄除け富士」として昭和五年(1930)に築造されたもの。
img_2157元々は一つの富士塚であったが、現在の富士塚は参道で二分されており、左手に一合目から四合目。
img_2161右手に五合目から頂上までとなっている。
img_2159戦時中の空襲のため、石の基盤石が緩まり縮小・移動を繰り返した結果、こうして二分する形となったそうだ。

参道左手には境内社の三島神社(恵比寿神社)。
別名開運恵比寿と呼び、新宿山ノ手七福神の恵比寿神を担っている。
img_2173文化年間(1804年-1818年)、松平出雲守邸内から松平家の祈願所であった東大久保「二尊院」に寄進された御神像を祀ったもの。
嘉永六年(1853)「二尊院」が火災に遭ったため、当社社家の大久保氏が自宅に遷した後に当社の境内に祀ったものとされている。

この脇に「かえる石」と呼ばれる石があり、恵比寿様をお参りしてから、この石に手水を柄杓でかけてさすりながら、心の中で次の言葉を三度唱えると、その願いが叶えられると伝えられている。

また、毎年えびす講である10月19日・20日には新宿ゑびす祭として境内で「べったら店」が出店される。
img_2174これは日本橋大伝馬町の「寶田恵比寿神社」の「べったら市」を模したものであろう。

力様と呼ばれる鬼の水鉢・面白い境内

表参道の鳥居左手には、通称「力様(りきさま)」と呼ばれる、手水鉢がある。
img_2180文政年間(1818年-1830年)に造られたもので、鬼が手水鉢を乗せた形をしている。
「がまんさま」などと呼ばれ、4体の像が手水鉢を支えるものは、いくつかの神社で見る事ができるのだが、こうして1体の鬼の形相をしたものが支える姿はとても珍しい。

この手水鉢には不思議な伝承が残っている。

かつて加賀美某の屋敷内にあったとされ、文政年間(1818年-1830年)に毎夜のように水音が聞こえるという怪異が続いたという。
そこでこの手水鉢を斬りつけたところ、水音はしなくなったが、家人に不幸が続いたため、天保年間(1830年-1844年)に当社へ奉納したという。

当社には天保二年(1831)に鬼王権現が合祀され「稲荷鬼王神社」となっているため、正に合祀された直後に奉納されたのであろう。

怪しげな水音の正体は、この手水鉢の土台になっている鬼の仕業であるとされ、この鬼を斬りようで、肩のあたりに僅かな傷跡が残っている。
斬りつけた刀は「鬼切丸」という名が付けられ、手水鉢と同時に神社に納められたものの、その後盗難にあって行方知れずとなってしまった。

社務所の横には、鎮守の杜まちかど博物館という掲示板が置かれている。
img_2163映画関係の資料や当社の神事やお祭りの告知をする掲示板。
かつて、当社の隣に「大久保館」という映画館があったため、例大祭の時に映画資料を展示したのが始まりで、現在はこうして常設されている。

御朱印は社務所にて。
img_2164神社の御朱印の他、新宿山ノ手七福神・恵比寿神の御朱印も拝受できる。

所感

歌舞伎町という日本を代表する繁華街に鎮座する当社。
歌舞伎町らしい雑踏の中でも境内が維持されているのは喜ばしい。
日本で唯一の「鬼王」の社号には、多くの謎が隠されている。
鬼王権現の謎、平将門の謎、鬼が支える手水鉢の謎など、そうした謎めいた当社は、どこか歌舞伎町という現在の街と合っており、不思議としっくりくる組み合わせに感じる。
小さい境内ながら見どころが多く、今もなお崇敬を感じさせてくれる当社。
調べるほど謎が深まりディープな要素を見せてくれる魅力的な神社である。

スポンサーリンク

神社画像

[ 鳥居・社号碑 ]
img_2182
img_2181
[ 手水鉢台石(力様) ]
img_2180
[ 手押しポンプ ]
img_2179
[ 狛犬 ]
img_2177
img_2178
[ 社殿 ]
img_2175
img_2170
img_2176
img_2166
img_2160
[ 案内板 ]img_2171
[ 狛犬 ]
img_2165
img_2169
[ 天水琴(水琴窟) ]
img_2168
img_2167
[ 三島神社(恵比寿神社) ]
img_2173
img_2174
[ 社務所 ]
img_2164
[ 鎮守の社まちかど博物館 ]
img_2163
[ 奉納石 ]
img_2156
[ 富士塚・浅間神社 ]
img_2161
img_2159
img_2157
[ 裏参道鳥居 ]
img_2162

Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google