大田区御嶽神社 / 東京都大田区

img_0868

神社情報

大田区御嶽神社(おおたくおんたけじんじゃ)

御祭神:国常立命・国狭槌命・豊雲野尊
社格等:村社
例大祭:9月中旬の土・日曜
所在地:東京都大田区北嶺町37-20
最寄駅:御嶽山駅
公式サイト:http://mineno-ontake.com/

御由緒

御嶽神社の創祀は、嶺村(現嶺町地区)ができた天文4年(1535年)頃と謂われる。
当時は小社であり祠に近いものであったと推察されるが、後の天保年間(江戸時代後期)に木曾御嶽山で修業をされた一山行者が来社して以来信者が激増し、天保2年(1831年)に現在の大きな社殿を建立し御霊を遷座した。信者の中には江戸の豪商なども多くあり、かなりの寄進がされたようである。関東一円から木曾御嶽山を信仰する信者たちが多数訪れ、その勢いは江戸、明治、大正、昭和へと続く。「嶺の御嶽神社に三度参拝すれば、木曾御嶽山へ一回行ったのと同じ」と言われていたようだ。第二次大戦後は、木曾御嶽山の信者数全体が減少傾向にあるが、現在でも猶、講社が団体で定期的に参拝に来ている。一方、六地区の氏子地域を持ち奉賛会も組織されていることから、地元氏子にも大きく支えられ祭礼も年々盛大になっている。また、20年に一度、本山へ神輿を運んで担ぐ式年祭も執行されている(平成23年8月が第二回目)。

神社境内地奥には「霊神の杜」と名付けられた鎮守の森があり、霊神碑と共に神域になっている。森の植樹には横浜国立大学名誉教授宮脇昭先生が監修された。中央に鎮座する本殿は大田区の文化財であり、殊に壁面の彫刻は圧巻。また、樹齢四百年の黒松が「夫婦松」として崇敬を集めている。その他様々な名所が境内地に点在し、商店街の中とは思えない静謐な空間を作り出している。公式サイトより)

参拝情報

参拝日:2016/09/20(ブログ内画像撮影)
参拝日:2015/11/30(御朱印拝受)

御朱印

初穂料:300円
第一社務所にて。

%e5%be%a1%e6%9c%b1%e5%8d%b0

スポンサーリンク

歴史考察

嶺の御嶽神社

東京都大田区北嶺町に鎮座する神社。
旧社格は村社で、旧嶺村の鎮守。
木曽御嶽山をご神体とする木曽御嶽信仰の神社で、木曽御嶽山関東第一分社。
御嶽信仰の崇敬者からは「嶺の御嶽神社」と呼ばれる。
正式名称は「御嶽神社」だが、他との区別のため公式サイトにあった「大田区御嶽神社」という呼称を使わせて頂く。

嶺村の成立と小さな祠

社伝によると、天文四年(1535)に創建とある。

かつての当地周辺は「嶺村(みねむら)」という村であった。
現在の北嶺町・東嶺町・西嶺町といった嶺町エリアである。

武蔵国での嶺とは多摩川北部の段丘(国分寺崖線)上の高地を表す事が多い。
当地が周囲よりやや小高い地形になっていたことから付けられたと思われる。

嶺村は天文四年(1535)頃に成立した村とされており、村の成立に伴い、木曽御嶽山を崇敬していた村の信者によって建てられたと推測できる。
当時は小さな祠であったという。

江戸時代の史料から見る当社

江戸時代に入っても、創建から長らくは小さな祠であったとされる。
農村の外れに置かれた規模の小さな祠であったようだ。

文化・文政期(1804年-1829年)に編纂された『新編武蔵風土記稿』には当社についてこう書かれている。

(嶺村)
御嶽社
見捨地4畝、これも村の北にあり。小祠なり。

「御嶽社」として記されている。
嶺村には他に「釋護子八幡社」「太神宮」「女體権現社」「稲荷社」の記述があるのだが、その中でも当社はとても短く触れられているだけである。
「小祠なり」とあるように、創建から300年近く経った当時もまだ小さな祠であった事が分かるものの、それでも古くからこの地に木曽御嶽山への信者がいたのであろう。

一山行者により木曽御嶽山関東第一分社へ

長らく小さな祠であった当社であるが、神社として現在の規模になり、また多くの崇敬者を集めるのは江戸時代後期の事。
上述の『新編武蔵風土記稿』の少し後という事になる。

天保二年(1831)、一山行者が当社を「木曽御嶽山関東第一分社」として木曽御嶽山の御分霊を勧請。
小さな祠しかなかった当地に、現存する立派な社殿を建立。
img_0879これにより江戸や関東一円の御嶽信仰崇敬者による参拝が増える事となる。

一山行者という人物は、江戸時代後期に御嶽信仰の高名な行者であった人物とされる。
僧であり、木曾御嶽山に修験者として入り修行に励んだという。

江戸に赴いた際に、御嶽信仰の教化の地を探していたところ、当地に御嶽社の小さな祠を発見し、当地で教えを説くを決め、天保二年(1831)に社殿を築いたという逸話が残っている。
高名であった一山行者の教えを聞くため、各地に多くの信者を得るようになり、当社の名が広く広まるようになった。

三度参拝すれば、木曾御嶽山へ一回行ったのと同じ

江戸時代には山岳信仰が盛んになっていた背景があり、江戸で流行した代表的な山岳信仰としては富士山信仰の富士講、さらに大山信仰の大山講などがある。

木曽御嶽山を信仰する御嶽講も、「木曽御嶽山関東第一分社」とされた当社を中心として関東一円に広まる事となり、現在の規模の神社へと発展していったという背景がある。

御嶽信者からの崇敬は依然として篤く「嶺の御嶽神社(当社)に三度参拝すれば、木曾御嶽山へ一回行ったのと同じ」と云われていたとされる。
富士講の富士塚のように、高さ4mほどの人工の御嶽塚があったとされ、その塚に登拝すると、木曽御嶽山へ登拝した事と同じような御利益を得られると信じられたため、大変に賑わった。

そのため、木曽御嶽山まで行けない崇敬者も、当社まで参詣する事が多く当社は「嶺の御嶽神社」と呼ばれ、当社へ参拝する講も存在した。

明治維新後の歩みと御嶽山駅の由来

明治になり神仏分離。
当社は嶺村の鎮守として、村社に列した。

江戸後期までは小さな祠であった当社であるが、一山行者が当社を「木曽御嶽山関東第一分社」として勧請して以降は、いつしか嶺村の鎮守とされていた事からも、多くの崇敬者を集めた事が分かる。

明治二十二年(1889)、町村制の施行に伴い、嶺村、上沼部村、下沼部村、鵜ノ木村の4村が合併し調布村が発足。
この頃は、東京府荏原郡調布村大字嶺という住所表記になっていた。

大正十二年(1923)、池上電気鉄道により池上線「御嶽山前駅」が開業。
昭和四年(1929)、現在の「御嶽山駅」に改称されている。

駅名の由来は当社であり、「御嶽神社」であった当社が「御嶽山」と呼ばれていた事が分かる駅名であろう。
上述のように木曽御嶽山の分社として浸透していた事が伝わる。

昭和七年(1932)、大森区が成立し、当地は調布嶺町となる。
戦後の昭和四十五年(1970)、順次行われていた住居表示により、現在の町名となる。
旧地名が消滅する事も多い中、嶺村については、現在も嶺町として残っているのが喜ばしい。

時代が移り変わり、木曽御嶽山への御嶽信仰の信者の数は減ってはいるものの、現在になっても各地の講社が団体で定期的に参拝に訪れており、関東の御嶽信仰にとっては重要な地となっている。

また御嶽信者以外の方にも、当社は旧嶺村の鎮守としての役割を担っていたため、現在もこの地域の氏子からの崇敬が篤く、現在に至っている。

江戸時代の社殿が現存・見事な彫刻

当社が駅名由来となった御嶽山駅から徒歩ですぐ、イオンの先に鎮座している。
img_0903大変大きな社号碑が特徴的で存在感を放っており、戦前には鳥居の位置に立派な神門もあったようだ。
鳥居を潜りすぐ左手に手水舎、正面に社殿となっている。

社殿は天保二年(1831)に造られたものが現存。
img_0868拝殿には多くの扁額が残り、当社への崇敬と歴史を感じさせてくれる。
img_0862拝殿中央には「三社宮」の扁額があり、御嶽信仰の三柱を祀った事によるものだと思われる。
img_0896御神紋は御嶽の山に、丸に三つ引きであり、三柱の神によるものであろう。
本社である木曽御嶽山もこの御神紋となっている。

特筆すべきは本殿の彫刻になる。
img_0880宮大工であった藤原篤意が、天保二年(1831)の社殿造営に併せて製作した彫刻であり、浦島太郎、養老の滝、司馬温公甕かめ割りなど和漢の物語、故事に因んだものが彫られている。
img_0886見事な彫刻で、大田区の指定文化財となっている。
公式サイトにも詳しい説明があるので見てみるのがよいだろう。

見どころの多い境内

境内には社殿の他にも大変見どころが多い。

社殿前に置かれた狛犬は狼となっている。
img_0863山岳信仰では、神使が狼(山犬)とされる事が多く、御嶽信仰の当社にもこうして狼の狛犬が置かれている。

参道の左手には水行堂。
img_0872切妻造りで、 御嶽神社の信徒が水行をするため、明治期に建てられたもの。

その右手には「延命地蔵」が置かれている。
img_0873昭和十三年(1938)の阪神大水害の際、兵庫県西宮市を流れる夙川の土手にあった地蔵の傍らで数人の女の子が助かった事もあり、我が子を救われた前田氏が荒れ果てた土手からお地蔵様を引き取った。
その後、前田氏が大田区へ移住した縁もあり、平成九年(1997)に当地に安置されたもの。

社殿の左手には境内社の「一山神社」。
img_0875当社が小さな祠から現在の規模になるに至った、中興の祖である一山行者を祀ったもの。
その左手には稲荷神社も置かれている。

その先には「杜の霊心水」として整備されたエリア。
img_0881かつて一山行者が水行をしていたと伝わる古井戸だったが、長く参拝者から顧みられない状態が続いたため、平成二十年(2008)に「杜の霊神水」として再整備されたもの。
img_0884お水取りなどはできないが、凛とした空気に満ちたエリアとなっている。

その先(社殿の裏手)には「霊神の杜」として整備された区画が続く。
img_0887平成二十一年(2009)に整備された場所であり、当社に祀られた石碑や講による霊神碑などが綺麗に配列されており、当地への崇敬と歴史を伝えている。
img_0889左手には御嶽教の創始者・渡辺菊太郎の像、他にも木曽御嶽山長崎稲荷大明神など、大変多くの碑や像が並べられている。

社殿の右手には境内社の「大鳥神社」。
img_0894毎年11月の酉の日に酉の市が開催されている。

その手前には夫婦松。
img_0895樹齢400年の黒松であり崇敬を集めている。

他にも神楽殿や多くの石碑など見どころが多数。
境内は植樹による鎮守の杜が維持されており、清々しい空気となっている。

御朱印は水行堂の奥にある第一社務所にて。
img_0900鳥居潜ってすぐ左手に社務所兼御嶽会館があるが、そちらは氏子崇敬者の参集殿になっているので、こちらの第一社務所にて対応して頂ける。
大変丁寧に対応して下さった。

所感

平成二十六年(2014)に、木曽御嶽山が噴火した影響もあり、御嶽山の知名度が色々な意味で上がってしまったものと思うが、元々は信仰の対象として崇められていた山である。
そんな木曽御嶽山の関東第一分社として、関東一円の御嶽信仰信者に崇敬された当社。
中興当時の社殿が現存していたり、石碑などからも御嶽信仰の歴史を感じさせてくれるし、大変見どころも多い境内なのが素晴らしい。
今もなお「嶺の御嶽神社」として崇敬を集めており、現在でも講による団体参拝が行われており、さらには旧嶺村の鎮守として氏子による崇敬も篤い。
参拝するといつも参拝者が後を絶たないし、氏子が掃除をしている姿を見る事ができ、神職や氏子崇敬者の手によってこうした綺麗な境内を維持できているのだろう。
清々しい気分にさせてくれる良社である。
江戸では富士講による富士山を崇敬する富士塚が多く広まったが、木曽御嶽山を崇敬する神社が、今もこうして綺麗に維持されていて、参拝者も後を絶たない事がとても興味深い。

神社画像

[ 鳥居・社号碑 ]
img_0905
img_0903
[ 手水舎 ]
img_0871
[ 参道 ]
img_0861
[ 狛犬 ]
img_0869
img_0870
[ 拝殿 ]
img_0868
img_0866
img_0899
img_0896
img_0862
[ 本殿 ]
img_0885
img_0879
img_0880
img_0886
[ 大絵馬 ]
img_0897
[ 狛犬(狼) ]
img_0863
img_0864
[ 水行堂 ]
img_0872
[ 延命地蔵 ]
img_0873
img_0874
[ 一山神社 ]
img_0875
img_0877
img_0878
[ 稲荷神社 ]
img_0876
[ 社の霊心水 ]
img_0881
img_0883
img_0884
[ 霊神の杜 ]
img_0887
img_0889
img_0890
img_0891
img_0888
[ 大鳥神社 ]
img_0894
[ 夫婦松 ]
img_0895
[ 神楽殿 ]
img_0898
[ 百度石 ]
img_0902
[ 第一社務所 ]
img_0900
[ 社務所・御嶽会館 ]
img_0901

Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google