鶴見神社 / 神奈川県横浜市

image

神社情報

鶴見神社(つるみじんじゃ)

御祭神:五十猛命・素戔嗚尊
旧社格:延喜式内社(小社論社)・村社
例大祭:4月29日(杉山祭/鶴見の田祭り)・7月第4金・土・日曜(天王祭)
所在地:神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央1-14-1
最寄駅:鶴見駅・京急鶴見駅
公式サイト:─

御由緒

 当社は往古は杉山大明神と称し、境内地約五千坪を有する社であった。その創建は推古天皇の御代(約1,400年前)と伝えられている。続日本後記承和五年(約1,170年前)二月の頃に「武蔵国都筑郡杉山の社、霊験あるを以って官幣を之に預らしむ。」とあり。この有力神社として江戸時代の国学者黒川春村は「杉山明神神寿歌釈」(鶴見神社に伝わる田遊びに関する本)の中に書き残している。
 昭和三十七年、境内より弥生式後期から土師「古墳時代」を中心として鎌倉期に及ぶ、多数の祭祀遺物(祭りに使用された道具)が発見され、推古朝以前より神聖な地として、すでに祭祀が行われていたことと共に、横浜・川崎間最古の社であることが立証された。
 横浜最古の神事芸能田遊びは、明治五年を最後に廃絶となったが、昭和六十二年に再興された。以来杉山祭と呼称して田祭り保存会が結成され、毎年例祭日に奉納されている。又天王宮の大神輿は、鶴見川に流れついたと言い伝えられる横浜最古の神輿で、毎年古式豊かに渡御され、天王祭として盛大に取り行なわれている。大正九年鶴見神社と改称された。(頒布の用紙より)

参拝情報

参拝日:2016/05/31

御朱印

初穂料:300円
社務所にて。

鶴見神社

スポンサーリンク

考察

横浜・川崎間最古の社

神奈川県横浜市鶴見区鶴見中央にある神社。
諸説あるが延喜式内社(小社)の論社とされており、旧社格は村社で鶴見の鎮守。
境内から弥生時代以降の祭祀遺跡が見つかっており、横浜・川崎間の最古の神社とされる。
かつては「杉山大明神」「杉山神社」と称された。
現在は「杉山大明神」と「天王宮」の二社相殿となっている。

御神木の根本より見つかった古代の祭祀遺物

創建は不詳の部分が多い。
社伝によると、推古天皇の御代(593年-628年)に創建と伝えられている。
かつては「杉山大明神」「杉山神社」と称された。
鶴見川流域に見られる独自の信仰である杉山神社系の神社であった事が分かる。

当社の境内からは、弥生時代後期の土器や古墳時代の土師器、さらには鎌倉時代に至る祭祀遺物が発見されている。
これは昭和三十七年(1962)に、当時あった御神木の欅(ケヤキ)の根本から見つかったものである。

この御神木は、鎌倉幕府四代将軍・藤原頼経(源頼経とも)が、仁治二年(1241)に当社を参詣した際に欅を奉納したと伝えられているもの。
しかし、第二次世界大戦の横浜大空襲により、被災してしまい枯れてしまい、倒木しそうになったため、昭和三十七年(1962)にやむなく伐採したところ、その御神木の木の下より上述の土器などが発見された。
これらは祭祀遺物と見られており、現在は宝物庫に保管されている。
imageこの事により、御由緒にある推古天皇の御代(593年-628年)よりも古い時代に、この地に祭祀が行われていた事が分かり、これにより横浜・川崎間最古の社とされている。

当社周辺では、古墳や貝塚なども発見されており、遅くとも弥生時代には村ができ、人が生活していた事が知られている。
そうした村において、当地が神聖な場所とされていた事が伺える。

こうした古くから神聖な土地とされた場所に、後年になって神社を建てる例は多い。
当社もそうした繋がりがあったものと推測できる。

鶴見川流域に見られる杉山神社

創建時の当社は「杉山大明神」「杉山神社」とされていた。
この「杉山神社」というのは、中々に謎に満ちた神社である。

「杉山神社」と称する神社は、全国でも横浜市と川崎市に多く見る事ができる神社。
特に鶴見川流域に散在しており、鶴見川流域に広がった土着の信仰なのが分かる。
多摩川を超えると一切見られなくなるのが特徴である。

こうした特定の川の流域に沿って信仰が広まる神社は意外と多く、関東圏だと、荒川流域には氷川信仰の「氷川神社」、元荒川流域には久伊豆信仰の「久伊豆神社」、利根川流域には香取信仰の「香取神社」と、ほぼ境界を侵すことなく祀られている例がある。
「杉山神社」は杉山信仰として鶴見川流域に浸透し、土着の神としてお祀りされたものと思われる。

江戸時代の頃には「杉山神社」が72社あるとの記述が残っているが、現在は40社ほどとなっている。
現在は、「杉山大明神」として、五十猛神(スサノオの子)や日本武尊を主祭神とする神社が多い。
信仰については謎に満ちた部分も多いのだが、五十猛神が樹木の神であるため、杉林や杉山などにちなむと見る事ができるかもしれない。

当社も正にその「杉山神社」の一社であり、鶴見川流域に鎮座している。
田遊びという神事が行われていたと伝えられている。

式内社・武蔵国六之宮としての杉山神社

「杉山大明神」は、この地土着の神であると思われ、大変古くから信仰されていた。

古い書物にもその名が見られ、「続日本後紀」では、承和五年(838)に「武藏國都筑郡枌山神社預之官幣。以靈驗也。」といった一文が記されている。

さらに延長五年(927)に編纂された『延喜式神名帳』では、小社に列格する「都筑郡一座 小 杉山神社」と記載されている。
これにより「杉山神社」は、延喜式内社(式内社)とされている。

しかしながら、この「杉山神社」は未だに比定されておらず、どの神社が式内社として記された神社なのかが不明となっているのが謎を深める要因ともなっている。
未だに多くの論社が存在し、いくつか有力とされる神社もあるのだが、現在も「杉山神社」として残るものは、どれもが式内論社と云える事ができるだろう。

そのためかつて「杉山神社」であった当社も、式内社「杉山神社」の論社の一社とされる。
但し、『延喜式神名帳』に記されたのは「都筑郡」であり、当社のある鶴見区は「橘樹郡」に属していたと見られているため、当社は有力とされる神社とはなっていない。

なお、「杉山神社」は、武蔵国六之宮として、府中にある武蔵国総社「大國魂神社(六所宮)」にお祀りされているのだが、そちらでは、横浜市緑区西八朔町の「杉山神社」が六之宮としてお祀りされている。

西八朔杉山神社 / 神奈川県横浜市
武蔵国六之宮。武蔵国総社「大國魂神社」との関係。式内社「杉山神社」の有力論社。鶴見川流域に散在する杉山神社の謎。菊紋の社殿。現在は「武州柿生琴平神社」の兼務社。御朱印。

いずれにせよ、「杉山神社」は現在も大変に謎に満ちた神社であり、当社がその一社であった事は間違いない。

鶴見村の鎮守・天王宮を相殿

このように鶴見川流域の独自信仰である「杉山神社」として崇敬を集めた当社。
古くからの祭祀圏であり、鶴見村の鎮守として崇敬されたのであろう。
かつては約5,000坪もの社地を有していたと伝えられている。

仁治二年(1241)には、鎌倉幕府四代将軍・藤原頼経(源頼経とも)が当社を参詣した際に欅を奉納したと伝えられており、戦後になってその欅の下から古代の土器などが見つかったのは上述した通りである。

江戸時代に入ると東海道が整備。
鶴見は川崎宿と神奈川宿の間の地点として、街道の往来が多かったとされる。
その様子は、『江戸名所図会』や浮世絵などにも残されており、鶴見橋といった橋も有名であった。

鶴見橋国立国会図書館デジタルコレクションより)

江戸時代初期-中期になると、当社に牛頭天王(素盞嗚命)が相殿として祀られるようになる。
「杉山大明神」は上述の通り謎が多い鶴見川流域にある土着の信仰であり、「牛頭天王」はスサノオと習合した祇園信仰である。

当社に牛頭天王がお祀りされるようになったのは、江戸時代初期-中期に鶴見川の天王河原(現・潮見橋付近)に「鶴見神社大神輿」が流れ着いたという出来事から。
これは当時、少し上流にあった「鎮守天王社」が祭礼時に鶴見川で神輿を洗った際に、誤って流してしまったものとされており、これが現在も当社に現存していて横浜最古の神輿となっている。
こういた事柄によって当社に牛頭天王が相殿として祀られるようになった。

江戸時代の史料から見る当社

文化・文政期(1804年-1829年)に編纂された『新編武蔵風土記稿』には当社についてこう書かれている。

(鶴見村)
杉山明神牛頭天王相殿
海道より五十間程引いりて右の方にあり。此村の鎮守なり。此杉山神社は勧請の年暦も傳へざれど、昔より此社にて毎年正月十六日の夕方、百姓等がうたひをどる明神の田祭うたと云ものあり。殊に古風なるものにて関東の守護三島大明神といへることあり。是らにても北条の頃の物たることしるべし。その余には證とすべきこともなし。例祭年毎に杉山の明神は正月十六日、天王は六月七日より十四日迄なり。石鳥居を前に立、又木の鳥居もたてり。
末社浅間祠。本社に向ひて左の方に山あり。黒ほくといふ。石を以て積上たる小山なり。其上に祠たてり。拝殿九尺四方本社一間四方にて東向なり。
稲荷小祠。是は向て右にあり。
別当最勝寺。社に向て鳥居の外左の傍にあり。瑠璃山医王院と号す。天台宗にて同郡駒林村金蔵寺の末なり。開基開山詳ならずされど、慶長十年の起立なりと云傳ふ。本尊は不動の立像長二尺許り。客殿は六間に四間半也。

鶴見村の鎮守だった事が記されている。
当時は「杉山明神」「牛頭天王」の相殿と記されており、この時点で現在と同様の二社相殿となっていた事が判明しており、上述のような逸話があったのであろう。
既にこの時代には末社として浅間祠の文字があり、境内に山があった事が記されている。
これが現在の富士塚の元となっており、当時江戸で流行した富士講(浅間信仰)によるものだろう。
隣接していた「最勝寺」が別当寺であった。

明治以降と現在

明治になり神仏分離。
別当寺の「最勝寺」は廃寺となっている。
明治六年(1873)、村社に列している。

明治五年(1872)、新橋・横浜間に日本初の鉄道が開通
鶴見駅も開業したのだが、この際に線路敷くために、当社の西半分が失われる。
それが『新編武蔵風土記稿』にも記されている、境内にあった山であり、江戸時代には「浅間神社」が祀られていた場所であった。

明治三十三年(1900)、陸蒸気の火の粉を受け社殿が焼失。
大正九年(1920)、社殿の再建がされ、これを機に「杉山神社」から現在の「鶴見神社」へ改称された。

戦後になり、昭和三十七年(1962)、上述したように御神木であった欅の根本付近から祭祀遺物が発見される。
さらに平成十七年(2005)にも土器片が出土し、平成二十年(2008)には調査が行われた。
境内から貝塚(鶴見神社境内貝塚として横浜市指定史跡に指定)が発見されている。

また、江戸時代の国学者・黒川春村が「杉山神社神寿歌釋」で考証し、鎌倉時代より伝えられた神事芸能「田遊び」は、明治五年(1872)に絶えたものの、昭和六十二年(1987)に再興され、現在は例祭になると行われるようになっており、横浜最古の神事芸能とされている。

現在は「鶴見七福神」の寿老人を担当。

二社相殿となっている本殿

鶴見駅からもほど近く、JRの線路に沿う形で鎮座する当社。
かつては西側に広大な社地を有しており、現在の線路は当社の社地であった。
日本初の鉄道が敷かれた際に社地を大幅に縮小されたものの、現在も鶴見の鎮守として整備されている。
image鳥居を潜ると右手に手水舎があり、この手水舎は最新式。
image自動水栓になっており、龍の口に手や柄杓を近づけると水が出る形となっている。

その先の社殿は大正九年(1915)に再建されたものが現存。
image本殿は、御祭神、五十猛命(杉山大明神)と素盞鳴尊(天王宮)を奉る二社相殿の春日造り。
image周囲を取り囲むように火山岩が置かれているのが特徴的である。

社殿前にある狛犬は中々お見事な造り。
image獅子山頂上の狛犬(玉取り・子取り)となっており、鶴見消防一番組の奉納と刻まれている。

境内社は社殿の右手に複数鎮座。
image大鳥神社・稲荷神社・秋葉神社・関神社・祖霊社・清明宮・寿老人が祀られている。
一番奥の寿老人は鶴見七福神として祀られており、七福神めぐりをする方もいるようだ。
その隣には「寺尾稲荷道道標」が置かれている。
image 往時、旧東海道・鶴見橋(現・鶴見川橋)付近から寺尾・小杉へ至る追分に祀られていた三家稲荷に建立された道標である。

境内奥にある富士塚・浅間神社

社殿の裏手には「富士塚」が築山されている。
image普段は柵で扉が閉まっており立ち入り禁止となっているが、お山開きの日に限って登拝が可能。
この日は宮司様の許可を得て、中に入れさせて頂いた。

明治五年(1872)に新橋・横浜間に日本初の鉄道が開通した際に線路敷くために、当社の西半分が失われている。
その西半分が当社境内にあった山であり、江戸時代には「浅間神社」が祀られていた場所であった。
山が切り崩され線路が敷かれたため、こうして富士塚を造り遷したという形になるようだ。

山に祀られていた祠、仏像などもそのまま遷しているため、江戸時代の古い年代のものが置かれている。
image当時の信仰の様子を伺う事ができて大変貴重となっている。
石塔群や五重塔も置かれていたりと崇敬の篤さを感じる事ができる一角。

また社殿の裏手には古い灯籠や狛狐も置かれている。
imageかなり風化が進みやせ細った狛狐であるが、おそらく境内社の稲荷神社に置かれていたのではないだろうか。

こうした富士塚の一角は現在は立ち入り禁止になっているものの、いずれ整備をした上で、防犯上の確認などもし、開放したいとの旨を宮司様がおっしゃっていた。
参拝・登拝したい方は、宮司様にお話を伺ってみるとよいだろう。

御朱印は社務所にて。
宮司様が大変丁寧に対応して下さった。
色々と資料も頂き、詳しいお話も聞かせて下さったので感謝。

所感

鶴見の鎮守である当社。
戦後になり、御神木を倒した時にその根本より土器などが発見された事は、当地が弥生以後より祭祀が行われていた神聖な土地であった事が分かる出来事であり、この地が当時の村民達にとって特別だった事が伝わってくるエピソードだろう。
また鶴見川流域に点在する「杉山神社」の謎めいた部分も興味深い部分である。
現在の境内は縮小しておりそこまで大きなものではないのだが、整備された境内は、二社相殿となっている本殿の他、本殿裏手の富士塚など見どころは多い。
この日も平日ながら定期的に参拝者が訪れていた。
境内は再建され比較的新しいものが多いものの、所々にかつての当地の信仰を感じるものが残っており、貴重な神社となっている。

神社画像

[ 鳥居・社号碑 ]
image
[ 手水舎 ]
image
[ 拝殿 ]
image
image
image
[ 本殿 ]
image
image
image
[ 狛犬 ]
image
image
[ 宝物殿 ]
image
image
[ 境内社(大鳥神社・稲荷神社・秋葉神社・関神社・祖霊社・清明宮・寿老人) ]
image
[ 寺尾稲荷道道標 ]
image
[ 寿老人(鶴見七福神) ]
image
[ 富士塚・浅間神社(普段は立ち入り禁止) ]
image
image
image
image
[ 社殿左手・灯籠等(普段は立ち入り禁止) ]
image
[ 狛犬(普段は立ち入り禁止) ]
image
[ 神輿庫 ]
image
[ 参集殿 ]
image
[ 社務所 ]
image
[ 石碑 ]
image
[ 東側鳥居 ]
image
[ 参道 ]
image

Google Maps