鐵砲洲稲荷神社 / 東京都中央区

神社情報

鐵砲洲稲荷神社(てっぽうずいなりじんじゃ)

御祭神:稚産霊神・豊受比売神・宇迦之御魂神
社格等:郷社
例大祭:5月2-5日(3年毎に本祭)
所在地:東京都中央区湊1-6-7
最寄駅:八丁堀・新富町駅
公式サイト:http://teppozujinja.or.jp/

御由緒

 鐵砲洲の地は、徳川家康入府の頃は、既に鐵砲の形をした南北凡そ八丁の細長い川口の島であり、今の湊町や東部明石町の部分が之に相当します。寛永の頃は此処で大砲の射撃演習をしていたので、此の名が生まれたとも伝えられています。昔の海岸線は現在のものより遥かに奥まったものであって、八町堀の掘られたのが慶長十七年であり京橋あたりの土地生成が、天文の頃足利義輝の治世になっていますが、之等京橋地区一帯の土地生成の産土の神こそ、現在の鐵砲洲稲荷神社の「生成大神」であります。
 遠く平安時代初期の人皇第五十四代仁明天皇の承和八年(西暦841年)に年来打続く凶作に数えられる所あって、此の土地の住民達が自らの産土の国魂神を祀り、万有の生命を生かし成し給う大御親生成の大神として、仰いでその神恩を感謝し奉り、日常の御守護を祈願致しました。所が此の御鎮座の地が、当時の東京湾の最も奥に位置していました為に、港として諸船舶の出入り繁く、霊験のあらたかなる神徳と相まって当然の結果として船乗人の崇敬が頗る厚くなりました。その後埋立が進行して現在の京橋のあたりへ御遷座となり、更に室町時代末期の大永年中に氏子崇敬者達の願望によって又新しい海岸へ遷座し奉って八町堀稲荷神社と称しました。今の新京橋の近くであります。所が更にその後年にも埋立が進行して海岸は東方へ移りましたので、寛永元年には南八町堀地続きとなった鐵砲洲に生成大神を御遷座申し上げ、従来から鐵砲洲御鎮座の八幡神社を摂社とし、以って今日の鐵砲洲稲荷神社の基礎を築かれました。此の時代を通じて江戸で消費する米・塩・薪炭を始め、大抵の物資は悉く此の鐵砲洲の港へ入ってきました為に、大江戸の海の玄関に位置する此の鐵砲洲に御鎮座のいなり大神は、船員達の海上守護の神としても崇敬されました。港が横浜や芝浦に移転してしまった現在でもなお、特殊神事・冬至開運祈願祭に授与する「金銀富貴」の神札等は、全国的に篤く崇敬されて、諸諸方々の人々から拝載されています。抑も此の神社は、此の土地の氏子達は勿論のこと、全人類をして悉く「富み且つ貴からしめたい」との御神慮に基くものであります。
 さて、我等は如何にして富み且つ貴くなる事が出来るかと言うに、それには各自悉くが自分の親を大切にして先祖を供養し、子孫の為に善根を培って行けば人も自分も、先祖も子孫も、此の世にも彼の世にもみんな救われて永遠の生命に生きることが出来ます。また天地生成の恵みに感謝し、人のお蔭様に報恩の誠を捧げて行けば、必ず富み且つ貴い運命を開く事が出来ます。此の運命開拓の御催促と共に、力の不足に対する、力の根源である大御親神から愛子への愛の御力添えが、此の金銀富貴の神礼であります。(境内の掲示より)

参拝情報

参拝日:2017/04/13

御朱印

初穂料:300円
社務所にて。

歴史考察

京橋地域の産土神

東京都中央区湊に鎮座する神社。
旧社格は郷社で、京橋地域の産土神とされ、築地を除く地域一帯の総鎮守。
湊・明石町・入船の他、銀座の東側も氏子地域となり歌舞伎座や新橋演舞場も当社の氏子である。
正式名称は旧字体の「鐵砲洲稲荷神社」であるが、新字体の「鉄砲洲稲荷神社」と記される事もある。
境内には中央区内唯一の富士塚があり「鉄砲洲富士」と呼ばれ、江戸時代から人気を集めた。
冬至の開運祈願祭では「金銀富貴」の神札が配られる事でも知られる。

当地の産土神を祀り創建・開府以前の江戸湊

社伝によると、承和八年(841)に創建と伝わる。

凶作が続く中、当地の住民達が自らの産土神を生成太神(いなりのおおかみ)として祀り、日々の守護を祈願したとされる。
創建時は現在よりも奥まった海岸沿いに鎮座していたとされている。

徳川入府前の江戸は、「日比谷入江」と呼ばれる入江があり、現在とは随分と地形が違っていた。
当時の入江の様子をGoogle Mapsに重ねてみると以下のようになる。

(筆者作・日比谷入江と江戸湊)

筆者が作成したものなので正確な地図ではないが、大まかにこのような入江となっていた。

現在の東京駅と皇居の間まで海が食い込んでいたのが分かる。
半島のように伸びていたのが「江戸前島」と呼ばれた一角で、この先端が現在の新橋・銀座。
現在の東京湾を「江戸湊」と呼んだ。

現在の鎮座地などはまだ海であった。

当社は江戸湊の最も奥に鎮座していたため、船乗りたちからの崇敬が篤かったと云う。

江戸湊の海岸線と共に東へ遷座

室町時代になると少しずつ入江の埋め立てが進むようになる。
それに伴い現在の京橋付近に遷座。

大永年間(1521年-1527年)、更に埋め立てが進むと、新しく海岸となった新京橋付近へ遷座。
「八町堀稲荷神社」と称された。

「八町堀」は現在の「八丁堀」の由来となった堀。江戸の神田と日本橋との境界の堀となっていた。堀の長さが約8町(約873m)あった事から「八町堀」と呼ばれ、後に「町」が略字の「丁」となり「八丁堀」となる。

天正十八年(1590)、関東移封によって徳川家康が江戸入り。
江戸時代になると江戸湊の埋め立てが更に進む事となる。

寛永元年(1624)、南八町堀地続きとなった鉄砲洲の稲荷橋付近に遷座。
当地に鎮座していた「八幡神社」を摂社とし、現在の「鐵砲洲稲荷神社」の基礎を築いた。

鉄砲洲(てっぽうす)は、現在の中央区湊付近の旧称。幕府の鉄砲(大筒)の試射場であった事が地名由来とされている。

このように当社は江戸湊の埋め立てに伴い、海岸線の移動と共に少しずつ東に遷座した。

寛政二年(1790)、富士塚が築造。
鉄砲洲富士と呼ばれ、大変な人気を博した。

江戸切絵図から見る当社

当社の鎮座地は江戸の切絵図からも見て取れる。

(築地八町堀日本橋南絵図)

こちらは江戸後期の築地八町堀日本橋周辺の切絵図。
右が北の切絵図となっており、当社は図の中央下に描かれている。

(築地八町堀日本橋南絵図)

北を上に(反時計回りに90度回転)して、当社周辺を拡大したものが上図。
赤円で囲った箇所が当社で「イナリ」と記されている。
当社の前に架かる橋が「稲荷橋」で、稲荷橋の南東詰に鎮座していた。

当社が鎮座する一角は「本湊町」と呼ばれた一角。
江戸時代後期には神祇管領・吉田家より「湊神社(みなとじんじゃ)」と名付けられた。
そのため、「鐵砲洲稲荷」とも「湊神社」とも呼ばれ、地域や船乗りからの崇敬を集めた。

江戸名所図会に描かれた当社

天保年間(1834年/1836年)に発行された『江戸名所図会』に当時の様子が描かれている。

(江戸名所図会)

「湊稲荷社」として見開きで描かれている。
本来は4ページに渡り描かれており、右の見開きには佃島と「住吉神社」が描かれている。
江戸湊にあって船が出入りする様子と、当時の湊の様子が分かる。

(江戸名所図会)

社殿を中心に拡大したものが上絵。
左手に稲荷橋があり、海に面した神社であった事が分かる。
右奥には「富士」とあるように、社殿よりも大きくかなりの規模であった事が分かる。
立派な富士塚で当地の名所でもあった。
多くの駕籠や人が行き交う賑やかな地域の様子と、地域一帯の鎮守として栄えた当社の様子が伝わる。

浮世に描かれた当社と鉄砲洲

当社と鉄砲洲は浮世絵の題材としても取り上げられている。
特に富士塚が名物であった事が伺える。

(歌川広重・名所江戸百景)

歌川広重による『名所江戸百景』の「鉄炮洲稲荷橋湊神社」。
鉄砲洲の一角で、正面に描かれた太鼓橋が稲荷橋。
朱塗りされた壁に、その奥に当社の社殿を見る事ができる。

(歌川豊国・江戸自慢三十六興)

歌川豊国による『江戸自慢三十六興』に描かれた「鉄砲洲いなり富士詣」。
女性の後ろにある朱塗りの壁が当社で、そこに高くそびえ立つ山が当社の富士塚である。
大変な規模であった事が分かり、富士塚に登拝し江戸湊を眺める姿も見える。
寛政二年(1790)に築かれて以降、当地の名所であった事が伝わる一枚。

こうして江戸湊の海に面した当社は、江戸の入口を守る神社として人々の信仰を集めた。

明治以降の歩みと関東大震災からの再建

明治になり神仏分離。
明治元年(1868)、それまでの鎮座地が外国人居留地に指定されたため収用。
明治二年(1869)、120mほど南の現鎮座地に遷座。
明治三年(1870)、富士塚も移築されている。

富士塚は、その後も明治十八年(1885)、昭和三年(1928)、昭和十一年(1936)と境内の中で移築されて、規模は小さくなっている。

明治五年(1872)、村社に列した。
明治六年(1873)、郷社に昇格している。

(東京市史蹟名勝天然紀念物写真帖)

上の古写真は大正十一年(1922)に東京市公園課が出版した『東京市史蹟名勝天然紀念物写真帖』より当社の様子。
当時の立派な社殿の姿を見え、現在とは随分と違うのが分かる。
翌年の関東大震災で焼失する前の貴重な姿。

大正十二年(1923)、関東大震災が発生。
湊一帯は焼け野原となり、当社も殆どが焼失。

昭和十年(1935)、現在の社殿が創建。
昭和十二年(1937)、神楽殿も再建されている。
戦時中の戦火は免れたため、戦前の建物が現存している。

現在は、築地(「波除神社」の氏子地域)を除く京橋地域一帯の総鎮守として崇敬を集めている。
湊・明石町・入船の他、銀座の東側も氏子地域である。
そのため、歌舞伎座や新橋演舞場も当社の氏子となっている。

御鎮座千百八十年記念事業として「平成の大改修」が開始。
平成二十八年(2016)より、第一期工事として富士塚や社務所の解体が行われ、鳥居が閉鎖。
平成二十九年(2017)3月末に竣工し、現在は通常通りの参拝ができるようになっている。

当社の例祭は3年に1度、神輿御渡がある本祭となっていて、平成二十九年(2017)が本祭の年となる。また毎年冬至の開運祈願祭では「金銀富貴」の神札が配られる事でも知られる。

境内案内

昭和初期の神社建築を残す社殿や境内

最寄駅の八丁堀駅から徒歩数分の距離に鎮座。
通りを挟んで隣には昭和三十七年(1962)に整備された区内初の児童公園「鉄砲洲児童公園」がある。

鳥居の両脇には一対の狛犬。
普通の狛犬より2回りほど小さなサイズ。
小首をかしげるような姿も可愛らしい。

鳥居を潜ると右手に手水舎。
正面に社殿となる。

社殿は昭和十年(1932)に再建されたもの。
関東大震災で被災して再建された社殿で、戦時中の戦火は免れ現存。
状態は良いとは言えないものの、質素ながら重厚で昭和初期の神社建築を伝える造り。
中央区文化財に指定されている。

「平成の大改修」では、この社殿も改修される予定。

社殿の左手に境内社。
江戸時代に鉄砲洲に祀られていた八幡神社が摂社として祀られている。
八幡神社の他に、天満社・三輪社・浅間社・琴平神社・住吉社も祀られている。

社殿近くには力石。
この奥に富士塚が整備されている。

鉄砲洲富士と称される富士塚

社殿の右奥には富士塚が整備されている。
中央区唯一の富士塚で、富士山の溶岩を用いて寛政二年(1790)に築造された。
鉄砲洲富士と称され、江戸時代はもっと規模が大きく浮世絵に描かれるような当地の名所であった。

明治三年(1870)、当社の遷座と共に移築。
明治七年(1874)に再築され、それ以降も明治十八年(1885)、昭和三年(1928)、昭和十一年(1936)に境内の中で移築が行われ、規模は小さくなった。

平成二十九年(2017)3月に、「平成の大改造」の第一期工事として解体されていた富士塚が再築。
富士塚の周囲をぐるりと回れるように舗装されている。
江戸時代の富士講の碑などは残したまま、再築された形。

富士塚の山頂には末社「鉄砲洲富士浅間神社」が鎮座。
普段の登拝はできないが、富士山の山開きに合わせて7月1日のみ登拝が可能となる。
江戸時代の規模ではなくなったが、古くからの信仰を伝える一角。
中央区文化財に指定されている。

御朱印は社務所にて。
社務所と参集殿も平成二十九年(2017)に新しくされた。

所感

京橋地域の産土神として崇敬を集めた当社。
江戸湊の埋め立てと共に遷座をし、海に面した神社として、江戸の入口を守護し、船乗りからの崇敬が篤かったと云う。
そうした埋め立てと遷座の歴史が伝わるような氏子地域になっており、東銀座周辺まで当社の氏子地域となる。
江戸時代に築かれた富士塚は規模が大きく実に見事であったとされ、現在は規模が小さくなってはいるものの、今も当時の古い信仰の歴史を伝えてくれる。
関東大震災以降に再建された戦前の社殿などは、昭和初期の神社の姿を残していて、昔ながらの素朴な良さが伝わる神社である。

神社画像

[ 鳥居・社号碑 ]



[ 狛犬 ]


[ 手水舎 ]

[ 拝殿 ]


[ 本殿 ]


[ 狛犬 ]


[ 境内社 ]


[ 石碑 ]

[ 針塚 ]

[ 神輿庫 ]

[ 神楽殿 ]

[ 百度石 ]

[ 木桶 ]

[ 力石 ]

[ 富士塚(鉄砲洲富士) ]







[ 案内板 ]



Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google