芝東照宮 / 東京都港区

神社情報

芝東照宮(しばとうしょうぐう)

御祭神:徳川家康
社格等:郷社
例大祭:4月17日
所在地:東京都港区芝公園4-8-10
最寄駅:芝公園駅・御成門駅・大門駅・赤羽橋駅・浜松町駅
公式サイト:http://www.shibatoshogu.com/

御由緒

 当宮は、当初、増上寺境内に勧請された。増上寺は天正十八年(1590)家康公の江戸入府の折、源誉存応が公の帰依を得て徳川家の菩提寺に定められた。当時は日比谷にあったが慶長三年(1598)江戸城拡張工事に伴い、現在地に移転した。以後、幕府の保護の下、関東浄土宗寺院の総本山となり、実質的に同宗第一の実力を持った。
 この増上寺境内の家康公を祀る廟は、安国殿と称された。これは家康公の法号「一品大相国安国院殿徳連社崇誉道和大居士」によるものである。安国殿のご神体は慶長六年(1601)正月、六十歳を迎えられた家康公が自ら命じて彫刻された等身大の寿像で、公は生前、駿府城において自らこの像の祭儀を行っていた。死に臨んで公は、折から駿府城に見舞いに参上した増上寺の僧侶に、「像は増上寺に鎮座させ、永世国家を守護なさん」と仰せになり、この像を同寺にに祭るよう遺言していたもので、安国殿の創建の時に造営奉行であった土井大炊助利勝(どいおおいのすけとしかつ)(のちの大老)の手により駿府から譲り贈られたのである。
 安国殿は明治初期の神仏分離のため、増上寺から分かれて東照宮を称し、御神像を本殿に安置・奉斎した。明治六年(1873)には郷社に列し、社殿は寛永十八年(1633)の造替当時のものが維持されていたが、昭和二十年五月二十五日の戦火により、御神像の寿像と天然記念物の公孫樹を除いて社殿悉く焼失した。昭和三十八年(1963)には寿像が東京都重要文化財に指定され、昭和四十四年(1969)八月十七日、復興奉賛会により社殿の完成を見て今日に至っている。(頒布のリーフレットより)

参拝情報

参拝日:2017/03/22(御朱印拝受/ブログ内画像撮影)
参拝日:2015/06/21(御朱印拝受)

御朱印

初穂料:500円
社務所にて。

※以前は初穂料300円だったが、2017年に参拝した際は初穂料500円の掲示あり。
※その代わり日光杉並木古材を使用した「道中安寧守」も頂けるようになった。

[2017/03/22拝受]
(新御朱印)

[2015/06/21拝受]
(旧御朱印)

御朱印帳

初穂料:2,000円(御朱印代込)
社務所にて。

オリジナルの御朱印帳を用意している。
日光杉並木古材を使用した木製の御朱印帳。
神紋や印が刻印されたもの。
他に「日光東照宮」の御朱印帳も用意。(初穂料:1500円)

※筆者はお受けしていないので情報のみ掲載。

授与品・頒布品

道中安寧守
初穂料:─
社務所にて。

※日光杉並木古材を使用したもの(御朱印帳と同じ素材)で、御朱印を拝受した際に一緒に頂ける。


歴史考察

増上寺の境内に鎮座していた芝東照宮

東京都港区芝公園に鎮座する神社。
旧社格は郷社で、芝公園内の一角に鎮座。
江戸時代は「増上寺」の境内に鎮座しており、明治の神仏分離で分離独立。
日光東照宮」「久能山東照宮」「上野東照宮」と並ぶ四大東照宮の1つとされる。
現在も「日光東照宮」と繋がりが深く、一部授与品などは当宮でも授与される事も多い。

増上寺が徳川将軍家の菩提寺となり芝に移転

天正十八年(1590)、関東移封によって徳川家康が江戸入り。
家康が「増上寺」の前を通りかかった際に、源誉存応上人と対面し、源誉存応上人に帰依。
この事で「増上寺」が徳川将軍家の菩提寺とされた。

「増上寺」は、武蔵国貝塚(現・千代田区麹町付近)に建立された寺院で、明徳四年(1393)に真言宗から浄土宗に改宗し、寺号を「増上寺」としたのが実質上の創建と見られている。

その後、貝塚から日比谷へ一時的に移される。
慶長三年(1598)、江戸城の拡張に伴い、現在地の芝へ移された。

江戸城の裏鬼門に当たる芝に「増上寺」を移転。
鬼門に当たる上野に「寛永寺」を創建している。
鬼門と裏鬼門を菩提寺に守護させたのが分かる。

徳川将軍家の菩提寺とされ、浄土宗の関東総本山とされ、関東十八檀林(学問所及び養成所)の筆頭とされ、大いに隆盛を極めた。

増上寺に造営された安国殿が起源

慶長六年(1601)、60歳の還暦を迎えた家康は、還暦記念に自らの等身大の寿像を造らせ、家康自身が駿府城(静岡県静岡市)で寿像の祭祀を行った。

寿像(じゅぞう)とは、その人の存命中に作成される肖像彫刻・肖像画の事。

元和二年(1616)、駿府城で危篤状態であった徳川家康が、見舞いに訪れた「増上寺」の高僧たちに、還暦記念に造らせた寿像を「増上寺」に祀るよう遺言。

家康は遺言を残した日の数日後の4月17日に薨去(逝去)している。

遺言に従い葬儀は「増上寺」で行われ、「安国院殿徳蓮社崇誉道和大居士」という浄土宗の戒名がつけられた。

元和三年(1617)、「増上寺」境内に家康の寿像を祀る社殿を竣工。
家康の戒名「安国院殿徳蓮社崇誉道和大居士」にちなみ「安国殿」と称された。
これが当宮の起源とされる。

徳川家光によって豪奢な社殿が造営

寛永十年(1633)、模様替が行われる。
寛永十八年(1641)、三代将軍・徳川家光の命で社殿が造営され、現在の鎮座地に移転。
駿府城より総門が移築され、本殿の周囲には拝殿・唐門・透塀が造営され、豪奢な本殿であったと伝わる。
旧社殿は「開山堂」となり利用された。

この時造営された社殿は、東京大空襲で焼失するまで残っており、豪奢な本殿は大正四年(1915)に旧国宝に指定されていた。
家光は「日光東照宮」「上野東照宮」も絢爛豪華な社殿に造営・改築しており、当宮の社殿を絢爛豪華に変えたのも、自分の祖父である家康をより神格化させ徳川将軍家の威光を示すための一環だったように思う。
世界遺産。東照宮総本社。四百年式年大祭。国宝多数の境内。奥宮・鳴龍。三猿・眠り猫。徳川家康。御朱印。御朱印帳。
上野公園内に鎮座する東照宮。国指定重要文化財の社殿・唐門・透塀・銅燈籠。強運開祖の栄誉権現社。家康の遺言・天海と藤堂高虎により「寛永寺」境内に創建。「金色殿」と称された家光による社殿。明治時代の浮世絵と古写真。ぼたん苑。御朱印。御朱印帳。

江戸切絵図から見る当宮

当宮の鎮座地は江戸の切絵図からも見て取れる。

(芝愛宕下絵図)

こちらは江戸後期の芝・愛宕周辺の切絵図。
上が北の切絵図となっており、当宮は図の中央下に描かれている。

(芝愛宕下絵図)

当宮周辺を拡大したものが上図。
広大な「増上寺」の社地が描かれており、五重塔も見える。
この辺りが現在の芝公園である。

横に「御霊(ヨの下に天で霊の略字)屋」とあり、このあたりが「安国殿」、すなわち現在の当宮。
江戸市中から崇敬を集めた「増上寺」と共に崇敬を集め、この一帯は江戸の名所の一つであった。

江戸名所図会に描かれた当宮

天保年間(1834年/1836年)に発行された『江戸名所図会』に当時の様子が描かれている。

(江戸名所図会)

「三縁山増上寺」として6ページに渡り描かれている。
徳川将軍家の菩提寺として崇敬を集めた「増上寺」の全図。
とても広大な敷地であった事が分かり、当宮はそのうちの5ページ目6ページ目に見る事ができる。

(江戸名所図会)

当宮周辺を拡大したのが上絵。
「安国殿」と記されており、大変豪華な社殿を有していたのが分かる。
右手には総門があり、鳥居は福岡藩主・黒田忠之が寄進したもの。
立派な拝殿の裏手に本殿が置かれ、本殿の前には唐門と透塀を見る事ができる。
これらが家光が造営したものとなっている。

このように「増上寺」の境内に鎮座し、神仏習合の中で、家康を祀る社殿として大いに崇敬を集めた。

神仏分離で増上寺と分離・旧本殿は旧国宝に指定

明治になり神仏分離。
「増上寺」と分離する事となり、「安国殿」は現在の「東照宮」として独立。
明治六年(1973)、郷社に列した。

大正四年(1915)、本殿が旧国宝である特別保護建造物に指定される。

旧国宝(特別保護建造物)は、現在の重要文化財に相当。

(特別保護建造物集成)

こちらは大正八年(1919)に刊行された『特別保護建造物集成』に掲載されている当宮。
旧国宝の本殿を白黒写真で掲載。
透塀で囲まれ、立派な唐門の先に本殿が置かれている。
とても立派な本殿であった事が伺える。

こちらは大正十一年(1922)に刊行された『東京市史蹟名勝天然紀念物写真帖』に掲載されている当宮。
旧国宝に指定されていた本殿の素晴らしさを感じる事ができる一枚。
大変緻密な彫刻を見る事ができ、徳川の威光を知る事ができ、実に素晴らしい本殿だった事が伝わる。

昭和二十年(1945)、東京大空襲によって社殿が焼失。
御神体の寿像と、御神木の公孫樹を残して殆どを焼失してしまっている。

昭和三十六年(1961)、復興奉賛会が結成。
昭和四十四年(1969)、社殿の再建となった。

その後も境内整備が進み現在に至っている。

境内案内

戦後に再建された社殿・葵の井戸

「増上寺」の左隣、芝公園内に鎮座。
「東照宮」の社号碑が立ち、参道には一対の狛犬、その奥は駐車場として整備されている。
鳥居の先も駐車場となっていて、この辺は都心の神社という事で致し方ない事か。

その先の石段からが神域らしくなる。
石段を上ると右手に手水舎。
正面に石段があり、その先に社殿が立つ。

社殿は昭和四十四年(1969)に再建されたもの。
鉄筋コンクリート造で再建され朱色に輝く。
旧本殿は旧国宝に指定された立派なものであり、その時の面影は残っていないものの、戦後から約24年後に再建となったように、復興奉賛会など崇敬者の気持ちが伝わる。

当宮の起源となった家康の寿像は、昭和三十八年(1964)東京都指定有形文化財となり、当宮の御神体として安置されている。

社殿の左手に「葵の井戸」と呼ばれる井戸が残る。
以前は金魚やめだかが井戸で泳いでいたのだが、現在はいない様子。

戦時中、境内の殆どを焼失した当宮であるが、御神体である家康の寿像は焼失を逃れている。
東京大空襲の最中、宮司自ら寿像を奉持して、近くの井戸に入れて難を逃れたという逸話が残っていて、その井戸がこの葵の井戸であろう。

家光が植えたと伝わる御神木の公孫樹

石段を上り右手、手水舎の奥に御神木の公孫樹(いちょう)がある。
三代将軍・徳川家光が植えたと伝えられる御神木。
昭和五年(1930)から昭和二十七年(1952)まで、国の天然記念物であったが、文化財保護法の改正により指定解除となり、昭和三十一年(1956)に東京都の天然記念物に指定。

東京大空襲によって、当宮の境内は悉く焼失しており、この御神木と御神体・寿像のみ現存している。

御神木は東京タワーとの対比も楽しめる。
戦火を免れた力強い公孫樹の木と、現代の東京のシンボルでもある東京タワーの対比が素晴らしい。

御朱印は社務所にて。
以前は初穂料が300円であったが、現在は初穂料が500円。
その代わり日光杉並木古材を使用した「道中安寧守」を授与して頂ける。

オリジナルの御朱印帳も用意。
日光杉並木古材を使用した木製の御朱印帳。
日光東照宮」と関係が深く、境内には日光東照宮東京事務所が置かれていて、「日光東照宮」の御朱印帳や一部授与品なども用意している。

所感

徳川家康の遺言により、自らの寿像を祀る社殿として「増上寺」境内に造営された当宮。
徳川家光によって造営された本殿は、戦時中に焼失するまで旧国宝に指定されていたように、徳川将軍家によって庇護され大いに崇敬を集めた。
東京大空襲によって境内の殆どが焼失してしまい、境内は戦後の再建となっているが、御神体である寿像や御神木の公孫樹は残っているのが喜ばしい。
芝公園の一角に鎮座しており、東京タワーも綺麗に見る事ができる。
「増上寺」と違い、こちらまで参拝者が訪れる事はあまりないのだが、合わせて参拝するのがよいであろう。

神社画像

[ 参道・社号碑 ]


[ 参道 ]

[ 狛犬 ]


[ 鳥居 ]

[ 参道 ]



[ 手水舎 ]

[ 拝殿 ]





[ 本殿 ]

[ 日光東照宮東京事務所 ]

[ 社務所 ]

[ 葵の井戸 ]

[ 御籤掛・絵馬掛 ]

[ 方位盤 ]

[ 石碑 ]

[ 御神木(公孫樹) ]




[ 案内板 ]

Google Maps