郷社

中央区

佃住吉神社 / 東京都中央区

佃・月島・豊海・晴海の産土神。珍しい陶製の扁額・文化財の手水舎。境内社「龍神社」。レンガ造の旧神輿庫・珍しい八角神輿。徳川家康と摂津国(大阪)佃村の漁民。家康と共に移住・佃島の築島と当社の創建。浮世に描かれた当社の例祭。御朱印。御朱印帳。
中央区

鐵砲洲稲荷神社 / 東京都中央区

京橋地域の産土神。鉄砲洲富士と称される富士塚。江戸湊の海岸線と共に東へ遷座。鉄砲洲の地名由来。江戸切絵図から見る当社。江戸名所図会や浮世絵に描かれた当社。旧社殿の古写真。関東大震災からの再建。昭和初期の神社建築を残す社殿や境内。御朱印。
越谷市

越ヶ谷久伊豆神社 / 埼玉県越谷市

越谷の総鎮守。江戸時代の手水舎や本殿。美しい神池や藤棚。両前脚を縛られた狛犬。パラオ共和国の旧官幣大社南洋神社を偲ぶ境内社。徳川将軍家の庇護と越ヶ谷宿の発展。平田篤胤の仮寓。元荒川流域に分布する久伊豆神社の謎。クイズ神社。御朱印。御朱印帳。
港区

芝東照宮 / 東京都港区

芝公園内鎮座の東照宮。増上寺に造営された安国殿が起源。徳川家光によって豪奢な社殿が造営。江戸切絵図や江戸名所図会から見る当宮。神仏分離で増上寺と分離・旧本殿は旧国宝に指定。戦後に再建された社殿。家光が植えたと伝わる御神木。御朱印。御朱印帳。
北区

王子神社(王子権現) / 東京都北区

東京十社・東京の北方守護を担う。熊野信仰の神社として創建。豊島氏が王子大神を勧請・王子の地名由来。徳川将軍家からの庇護・徳川吉宗からの崇敬・飛鳥山の寄進と桜の名所。浮世絵に描かれた飛鳥山。古写真で見る当社。例大祭の槍祭。御朱印。御朱印帳。
北区

平塚神社 / 東京都北区

上中里鎮守。源義家(八幡太郎)・義綱(賀茂次郎)・義光(新羅三郎)三兄弟を祀る神社。豊島氏が築いた平塚城の鎮守として創建。平塚の由来。江戸時代の再興・徳川将軍家の庇護。浅見光彦シリーズの舞台。珍しい寄棟造の拝殿・御神紋は日の丸扇。御朱印。
品川区

品川神社 / 東京都品川区

東京十社・品川鎮守。北の天王さん・北の天王祭。都内最大の高さの富士塚「品川富士」。双龍鳥居・備前焼狛犬。源頼朝による創建。徳川将軍家からの篤い崇敬。稲荷社や牛頭天王社と記された当社。境内社の阿那稲荷神社など。東海七福神・大黒天。御朱印。
塩谷郡

安住神社(バイク神社) / 栃木県塩谷郡

高根沢鎮守。バイク神社としてライダーから崇敬を集める。朱塗りの大鳥居・黄金狛犬が安置された神門。江戸中期に造営された本殿。住吉信仰を広めるために創建。住吉三神と神功皇后の三韓征伐。「厄祓い清め祓い」「安産子育て」の御神徳。御朱印。御朱印帳。
世田谷区

喜多見氷川神社 / 東京都世田谷区

喜多見総鎮守。自然溢れる静謐な参道・区内最古の石鳥居・再建された立派な社殿。古い土地である喜多見の歴史。当地に移入した江戸氏。江戸氏が喜多見氏に改称・喜多見氏の氏神に。江戸郊外に立藩された喜多見藩。江戸名所図会に描かれた当社。御朱印。
世田谷区

世田谷八幡宮 / 東京都世田谷区

世田谷総鎮守。江戸郊外三大相撲の一社。境内の土俵や力石・奉納相撲。源義家(八幡太郎)による創建。世田谷城主・吉良頼康による再興。世田谷村の鎮守として発展。江戸時代に描かれた当宮。広く立派な境内・荘厳な社殿・綺麗な弁天池。御朱印。
新宿区

赤城神社 / 東京都新宿区

牛込総鎮守。神楽坂鎮座。赤城神社再生プロジェクトとは。近代的な社殿や蛍雪天神・個性的な狛犬。ゲゲゲの鬼太郎御守など豊富な授与品・カフェも併設。上野国出身の豪族により勧請・赤城信仰とは。江戸幕府より江戸大社に列せられる。御朱印。御朱印帳。
立川市

立川諏訪神社 / 東京都立川市

立川のお諏訪さま。平安時代初期「諏訪大社」より勧請。江戸時代になり現在地に再建。平成六年(1994)に不審火によって社殿が焼失・平成十四年(2002)に現在の社殿が再建。三社一殿の立派な社殿。随神門・目の神様・土俵。奉納獅子舞・奉納相撲。御朱印。
新宿区

四谷須賀神社 / 東京新宿区

四谷総鎮守。元は稲荷神社・江戸城の外堀普請のため遷座・牛頭天王を合祀。『君の名は。』の舞台となった男坂。金色燦然と輝く御内陣・三十六歌仙絵。切絵図と江戸名所図会から見る当社。明治維新で改称・戦後の再建。御朱印。
座間市

鈴鹿明神社 / 神奈川県座間市

座間郷総鎮守。創建と鈴鹿の由来。鈴鹿神と有鹿神の争いの伝承。座間の地名由来・中世の荒廃・江戸時代の再興。綺麗に整備された美しい境内・社殿。再建された鐘楼・境内社。御朱印。御朱印帳。
海老名市

有鹿神社 / 神奈川県海老名市

海老名総鎮守。神奈川県最古と伝わる神社・延喜式内社。神奈川県のへそに鎮座「本宮」・有鹿の池「中宮」・創建の聖地「奥宮」。有鹿の信仰・水引祭・縄文時代の勝坂遺跡。鳩川流域を祭祀圏とした広大な神域・古一之宮。最高位を賜る繁栄の絶頂期・海老名氏の崇敬。御朱印。