郷社

足立区

千住神社 / 東京都足立区

足立区唯一の旧郷社。千代稲荷神社と氷川神社が合祀して明治に合祀。千住宿が成立・西の森とも称される。西森神社。三基の石鳥居と数多くの奉納灯籠。千寿七福神・願掛け祈願の廻転恵比寿像。躍動感ある神狐像・江戸時代の狛犬。火伏せ三社や富士塚。御朱印。
新宿区

新宿十二社熊野神社 / 東京都新宿区

新宿総鎮守の一社。中野長者と呼ばれた鈴木九郎が創建・熊野十二所権現を勧請。十二社(じゅうにそう)と呼ばれる由来。限定御朱印。八咫烏と社殿や高層ビルの御朱印帳。浮世絵に描かれた当社・十二社池・熊野滝。角筈村鎮守。酉の市。新宿中央公園に隣接。
大田区

磐井神社 / 東京都大田区

武蔵国八幡総社。延喜式内社。カラフルな月替り御朱印。狛犬をデザインした御朱印帳は2種類。鈴ヶ森八幡宮と称された江戸時代。磐井の由来となった井戸。鈴ヶ森の由来となった鈴石。子宝の象徴の狛犬。東海七福神・弁財天。笠島弁天社は万葉集に載る古社。
スポンサーリンク
足立区

素盞雄神社 / 東京都荒川区

荒川区最大の氏子区域を誇る千住天王。疫病除けの御神徳。瑞光石の伝説・牛頭天王と飛鳥権現を祀り創建。戦後に再建された美しい社殿。江戸時代の富士塚。お水取り可能な御神水。古い庚申塔などの地蔵堂。飛鳥の杜。松尾芭蕉『奥の細道』旅立ちの碑。御朱印。
港区

麻布氷川神社 / 東京都港区

麻布総鎮守。江戸七氷川の一社。月替りの御朱印・宮神輿巡行の御朱印帳。浮世絵にも描かれた麻布一本松。徳川将軍家からの庇護。セーラームーンに登場神社のモデル。コンクリート博士による社殿。神楽殿や神輿庫。向かい合う狛犬。港七福神めぐり・毘沙門天。
川崎市

稲毛神社 / 神奈川県川崎市

川崎宿鎮守の山王様。武甕槌神を祀る古社。平安末期に山王権現を勧請。佐々木高綱による社殿造営。神仏分離で稲毛神社に改称。十二支めぐりと樹齢1,000年の御神木。天地睨みの狛犬。川崎山王祭。大鷲神社(酉の市)。健勝堅固や和勝の御朱印。御朱印帳。
港区

芝東照宮 / 東京都港区

芝公園の一画に鎮座する芝東照宮。徳川将軍家の菩提寺「増上寺」に造営された安国殿が起源。徳川家光によって豪奢な社殿が造営。神仏分離で増上寺と分離。旧本殿は旧国宝に指定。三代将軍家光が植えた御神木の公孫樹。御朱印・道中安寧守。数多くの御朱印帳。
横浜市

師岡熊野神社 / 神奈川県横浜市

横浜北部総鎮守の熊野神社。奈良時代創建の古社。関東随一大霊験所の称号。5代に渡る天皇の勅願所。徳川将軍家から朱印地を賜る。「い・の・ち」の池の伝説。サッカー神社として授与品や奉納品。八咫烏。明治の拝殿・江戸時代の本殿。筒粥神事。御朱印。
大田区

薭田神社(稗田神社) / 東京都大田区

蒲田村鎮守。延喜式内社に比定される古社。菖蒲のカラフル御朱印。行基による創建・日蓮の開眼伝説。正史に残る蒲田神社と式内社論社の考察。江戸名所図会に描かれた当社。蒲田の中心だった戦前。江戸時代の石鳥居。蒲田菖蒲園。本務社は「蒲田八幡神社」。
品川区

品川神社 / 東京都品川区

品川鎮守・北の天王さん。東京十社。源頼朝による創建。太田道灌が牛頭天王を勧請。徳川将軍家からの崇敬。都内最大の富士塚・品川富士。双龍鳥居。一粒萬倍の銭洗い金運スポット・阿那稲荷神社。北の天王祭。古い鳥居や狛犬。東海七福神・大黒天。御朱印。
渋谷区

金王八幡宮 / 東京都渋谷区

渋谷・青山の総鎮守。社名由来となった渋谷金王丸の伝説。春日局からの崇敬。江戸時代に造営された社殿・神門。江戸三名桜の1つ金王桜。算額など無料展示している宝物館。『天地明察』の舞台。渋谷の地名由来。浮世絵に描かれた金王丸。御朱印。御朱印帳。
葛飾区

葛西神社 / 東京都葛飾区

葛西三十三郷の総鎮守。祭囃子発祥の社。葛西御厨と称された三十三郷。徳川家康より朱印地を賜る。厳島神社(金町弁天)。葛西天神社。金町富士と称する富士塚。葛飾区最古の石鳥居・古い狛犬。泣き相撲・酉の市・骨董市など数多くの行事。御朱印。御朱印帳。
新宿区

花園神社 / 東京都新宿区

新宿総鎮守の花園神社。朱色の社殿・三社の扁額。文化財に指定された銅の唐獅子像。24時間開催され大変な賑わいを見せる酉の市。徳川家康入府以前より創建のお稲荷様。花園の由来。内藤新宿の開設と総鎮守。威徳稲荷神社と芸能浅間神社。御朱印。御朱印帳。
新宿区

市谷亀岡八幡宮 / 東京都新宿区

市谷総鎮守。ペットと参拝・初詣・祈願ができる神社。太田道灌により江戸城西之鎮護として創建。桂昌院など徳川将軍家からの崇敬。広重の浮世絵の題材に。江戸時代の銅鳥居が現存・八幡造の社殿。弘法大師開山や眼病平癒・茶ノ木稲荷神社。御朱印。御朱印帳。
船橋市

二宮神社 / 千葉県船橋市

下総国二之宮・近郷二十三ヶ村総鎮守。式内社論社。丑年と未年に開催・下総三山の七年祭り。江戸時代の社殿が現存。谷を横断するように作られた参道。シンボルでもある御神木の大銀杏。嵐神社としても人気・5色の御守。ふなっしー守。御朱印。御朱印帳。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました