郷社

横浜市

師岡熊野神社 / 神奈川県横浜市

横浜北部総鎮守の熊野神社。サッカー神社として授与品や奉納品。八咫烏。奈良時代創建の古社。関東随一大霊験所の称号。5代に渡る天皇の勅願所。徳川将軍家から朱印地を賜る。「い・の・ち」の池の伝説。明治の拝殿・江戸時代の本殿。筒粥神事。御朱印。
練馬区

石神井氷川神社 / 東京都練馬区

石神井総鎮守。石神井城と城主の豊島氏・石神井城の守護神として創建。太田道灌によって石神井城が落城・豊島氏の没落。金の乗鞍と照姫伝説。江戸名所図会に描かれた当社。石神井公園の隣に鎮座。豊島氏の子孫が奉納した石鳥居・区内神社最古の水盤。御朱印。
稲城市

穴澤天神社 / 東京都稲城市

式内社の格式を持つ古社。紀元前創建。御祭神の少彦名命。江戸時代に菅原道真公が合祀。三沢川沿いにあった洞窟が穴澤の由来。2度目の洞窟(辨天社)・お水取り可能な御神水。多摩丘陵の中腹にある境内。国の重要無形民俗文化財の里神楽・獅子舞。御朱印。
川口市

峯ヶ岡八幡神社 / 埼玉県川口市

源氏ゆかりの峯八幡。旧谷古田領三十二ヶ村総鎮守。江戸時代の本殿が現存。天然社叢に囲まれた境内・樹齢600年の御神木。灯籠が並ぶ参道・大鳥居と神門。源経基による伝承。史実では「鶴岡八幡宮」の分社として創建。御神体・木造僧形八幡坐像。御朱印。
台東区

秋葉神社(松が谷) / 東京都台東区

秋葉原の地名由来となった東京一円火災鎮護の神社。明治に発生した大火・鎮火神社の創建。庶民の勘違いによる秋葉様の呼称と秋葉原の由来。現在地に遷座し昭和初期に秋葉神社へ改称。毎年11月6日の鎮火祭で行われる特殊神事「火渡式」。御朱印。
台東区

浅草神社 / 東京都台東区

三社様・三社権現と称される浅草神社。江戸屈指の三社祭。3人の人物による浅草寺の始まり。浅草寺本堂の東隣に鎮座。徳川家光が寄進・国の重要文化財に指定された社殿。江戸の人気任侠・新門辰五郎による被官稲荷神社。縁結びの夫婦狛犬。御朱印。御朱印帳。
さいたま市

氷川女體神社(氷川女体神社) / 埼玉県さいたま市

武蔵国一之宮。三室の女体様。武蔵一宮氷川神社の対となる神社。女体社と呼ばれた由来。一直線に並ぶ三社一体の氷川神社説。武蔵国一之宮を称する理由。武蔵野の正倉院と称される。江戸時代に描かれた当社。徳川四代将軍家綱の命で造営された社殿。御朱印。
港区

御田八幡神社 / 東京都港区

三田鎮守の八幡さま。式内社「薭田神社」論社とされる古社。久保三田に遷座・嵯峨源氏渡辺一党の氏神。頼光四天王・渡辺綱の伝説と綱八幡。江戸時代初期に当地へ遷座。江戸切絵図や江戸名所図会から見る当社。オフィス街に鎮座・鬱蒼とした境内。御朱印。
江戸川区

篠崎浅間神社 / 東京都江戸川区

江戸川区最古のせんげん様。緑溢れる鎮守の杜。石段の上に鎮座する本社・石段下の両脇に鎮座する下浅間。13社もの境内社が鎮座。平将門の乱を鎮めるために創建。篠崎村の歴史と由来。富士講が流行した江戸時代。新編武蔵風土記稿から見る当社。御朱印。
品川区

旗岡八幡神社 / 東京都品川区

旧中延村鎮守の八幡さま。国の登録有形文化財の絵馬殿。河内源氏の祖・源頼信によって創建。源氏ゆかりの神社。旗岡・旗の台の地名由来。領主荏原氏による社殿造営。徳川将軍家や武士からの崇敬。江戸名所図会に描かれた当社。朱色の社殿と桜の木。御朱印。
大田区

六郷神社 / 東京都大田区

六郷総鎮守。源氏ゆかりの八幡さま。源頼義・義家(八幡太郎)による創建。源頼朝が故事に倣い戦勝祈願。頼朝寄進の手水石・梶原景時寄進の神橋。御祭神が三柱から一柱に変更。江戸時代に描かれた当社と八幡塚の謎。七草こども流鏑馬祭。御朱印。御朱印帳。
杉並区

井草八幡宮 / 東京都杉並区

都内有数の境内を誇る八幡宮。杉並区北部一帯の総鎮守。現・別表神社。縄文時代から聖地とされた地に創建。源頼朝の伝承・遅野井と呼ばれた当地。5年に1度行われる流鏑馬。立派な楼門・趣のある神門と社殿。『〈物語〉シリーズ』の聖地。御朱印。御朱印帳。
中郡

相模国総社六所神社 / 神奈川県中郡

相模国総社。良縁や女性厄禍除の湯津爪櫛御守。出雲の女神・櫛稲田姫命の伝承。一之宮から五之宮までの御祭神を祀る。平安時代より続く相模国府祭。江戸時代の史料に描かれた当社。後北条氏寄進の石垣や本殿。拝殿の注連縄や美しい神池。御朱印。御朱印帳。
中郡

川勾神社 / 神奈川県中郡

相模国二之宮。延喜式内社・延喜式内相模十三社の一社。茅葺屋根の随神門と平安時代後期の随神像。磯長国の一之宮。相模国一之宮の席次争いを伝える国府祭。二宮大明神と称される。鎌倉将軍家・徳川将軍家からの崇敬。小田原城の鬼門守護。御朱印。御朱印帳。
川崎市

稲毛神社 / 神奈川県川崎市

川崎宿鎮守の山王様。健勝堅固の御朱印。武甕槌神を祀り武甕槌宮と称した古社。平安末期に山王権現を勧請。江戸時代に描かれた当社と浮世絵で描かれた川崎宿。神仏分離で稲毛神社に改称。十二支めぐりと樹齢1,000年の御神木。天地睨みの狛犬。御朱印。