江戸切絵図

墨田区

向島秋葉神社 / 東京都墨田区

火伏せの神・向島(旧請地)の秋葉様。昭和レトロな姿が色濃く残る参道。江戸時代の隆盛を偲ぶ石灯籠の数々。江戸中一の紅葉の名所・歌川広重が描いた当社。元禄年間に社殿が造営し中興・秋葉稲荷両社と称される。鎮火・産業・縁結びの霊験。御朱印。
墨田区

牛嶋神社 / 東京都墨田区

本所総鎮守。牛御前(うしのごぜん)。病気が治る撫牛信仰。珍しい狛牛。慈覚大師が須佐之男命を祀る。源頼朝と千葉常胤の伝承。牛鬼の如き妖怪の伝説。葛飾北斎ゆかりの地。関東大震災後の復興遷座。東京スカイツリーの氏神。珍しい三ツ鳥居。御朱印。
墨田区

飛木稲荷神社 / 東京都墨田区

旧請地村鎮守のお稲荷さま。銀杏の枝が飛来した伝承により飛木稲荷。樹齢千年を超えると伝わる御神木の大銀杏。身代わり飛木の焼けイチョウ。大銀杏に隠れたお狐さま。江戸切絵図や新編武蔵風土記稿から見る当社。再建された社殿や奥社。御朱印。御朱印帳。
墨田区

高木神社 / 東京都墨田区

むすびの神を祀る旧寺島村新田の鎮守。おむすびの神社として人気。『からかい上手の高木さん』とのコラボ。室町時代に第六天社として創建。神仏分離で御祭神や社号を変更。紫色に塗装された社殿・東京スカイツリーとの対比。月替りや限定御朱印。御朱印帳。
品川区

雉子神社 / 東京都品川区

旧上大崎村・旧下大崎村・旧谷山村の総鎮守。目黒駅・五反田駅周辺の氏神様。徳川家光による命名「雉子の宮」。徳川家の庇護と葵紋。『必殺仕事人』『仕掛人・藤枝梅安』シリーズの舞台。ビルの敷地内に吹き抜けで鎮座。荏原宮・大鳥明神と称される。御朱印。
足立区

江北氷川神社 / 東京都足立区

旧江北村の総鎮守。名誉宮司による和歌の見開き御朱印。江北の五色桜と米国国会議事堂がデザインされた御朱印帳。沼田村の鎮守とされた江戸時代。江戸切絵図から見る沼田村。9か村が合併した江北村の総鎮守。江戸後期・明治に造営の社殿。地域の中核神社。
港区

十番稲荷神社 / 東京都港区

麻布十番のお稲荷様。港七福神めぐり宝船。麻布坂下町鎮守の末廣神社。麻布永坂町鎮守の竹長稲荷神社。戦後に二社が合祀。かえるの石像と火防の信仰を集めた伝承。現存する戦前の狛犬。昭和の古写真。例大祭・酉の市・麻布十番納涼まつり。御朱印。御朱印帳。
江東区

大島稲荷神社 / 東京都江東区

大島鎮守のお稲荷様。江戸時代に伏見稲荷より勧請。松尾芭蕉が当社に参詣し句を詠む。女木塚句碑・松尾芭蕉翁像。小林一茶が仮寓していた愛宕神社。江戸切絵図から見る大島村と大島町。明治以降に太郎稲荷と愛宕神社を合祀。小名木川沿いに鎮座。御朱印。
江東区

亀高神社 / 東京都江東区

旧亀高村鎮守のお稲荷様。亀高新田(亀高村)の開拓・五穀の神として祀られる。徳川吉宗が鷹狩りの際に参詣。戦後の再建と社号変更。大賑わいの砂町銀座商店街エリアに鎮座。日清戦争時の砲弾による忠魂碑・戦前の百度石。台座が立派な二対の狛犬。御朱印。
江東区

宇迦八幡宮 / 東京都江東区

千田鎮守の稲荷・八幡さま。江戸時代のゴミの埋立地を開拓・千田新田が成立。片栗八幡宮とも称される。十万坪とも呼ばれ歌川広重が浮世絵にも描いた千田新田。旧社殿と同形式で再建された社殿。有形文化財の六角宝塔・水子供養のみがわり地蔵尊。御朱印。
江東区

猿江神社 / 東京都江東区

深川猿江の鎮守。稲荷社として創建。猿藤太の伝説と猿江の地名由来。人気の高い限定御朱印・御朱印帳。都内最古級・鉄筋コンクリート造の社殿。江戸時代の猿江村と当社。関東大震災後の再建・戦後に猿江神社へ。藤森稲荷神社・馬頭観音社。御朱印。御朱印帳。
北区

瀧野川八幡神社 / 東京都北区

滝野川鎮守の八幡さま。古い地名である滝野川の由来とその鎮守。個性的なV型御朱印が人気・限定御朱印やオリジナル御朱印帳も。江戸切絵図から見る滝野川村。歌川広重の浮世絵に描かれた滝野川。彫刻が見事な明治と大正に改築された社殿。御朱印。御朱印帳。
文京区

櫻木神社 / 東京都文京区

学問の神を祀るサクラサク櫻木天神。本郷の天神様。太田道灌により江戸城内に創建。江戸時代に通称「桜の馬場」に遷座・その後当地へ遷座。江戸切絵図から見る当社。春日通り沿いに鎮座。境内で飼育されている烏骨鶏。境内社の見送り稲荷。御朱印。御朱印帳。
豊島区

駒込妙義神社 / 東京都豊島区

太田道灌が崇敬した戦勝の宮。勝負の神様。日本武尊を祀る豊島区最古の神社。太田道灌による戦勝祈願。江戸切絵図から見る妙義大権現。勝守・大吉か凶かどちらかの吉凶福みくじ。太田道灌を祀る道灌霊社。江戸初期の庚申塔。柄杓を触る人懐っこい猫。御朱印。
豊島区

大國神社 / 東京都豊島区

駒込妙義坂上のだいこく神社。大黒天(大黒様)。駒込駅前の好立地に鎮座。懐かしい10円のおみくじ販売機が健在。60日毎の甲子祭・木彫の大國像が授与。宮司の先祖・大島氏の屋敷内に奉斎。徳川家斉が参詣した出世大黒。江戸切絵図から見る駒込。御朱印。