神明社(保土ケ谷区) / 神奈川県横浜市

神社情報

神明社(しんめいしゃ)

御祭神:天照皇大神(本社)・豊受大御神(摂社)
旧社格:村社
例大祭:8月第4土・日曜
所在地:神奈川県横浜市保土ケ谷区神戸町107
最寄駅:天王町駅
公式サイト:http://www.shinmeisya.or.jp/

御由緒

 今から一千年以上むかし、保土ヶ谷の地が榛谷と呼ばれていた平安時代の中頃、天禄元年(970)当社の御祭神・伊勢の天照大御神が、武州御厨の庄の内、榛谷の峯に影向し、それから川井、二俣川、下保土ヶ谷の宮林へと三遷の後、嘉禄元年(1225)神託があって、神明の下宮を造り、当地を神戸と号し、神宮寺を満福寺と名付け、経蔵堂を神照寺と称したという。これにより榛谷御厨八郷の総鎮守として広大な社領を免ぜられ、宮司以下数10人の禰宜・社人・供僧・巫女が仕え、年に七十五度の祭祀を営み隆盛を極めたという。
 その後、戦乱の時代に一時衰退したが、天正十八年(1590)徳川氏入国の時、社殿の造営が行われ、四石一斗の御朱印地が安堵された。また元和五年(1619)宮居を神戸山々頂から現在の場所に遷し、社殿の造営・境内の整備が行われた。
 明治二年の修営には、明治天皇御東行の時、本陣苅部清兵衛宅に臨時に建てられた鳳輦安置所の御用材を下賜された。明治六年村社に列せられ、神饌幣帛料供進の神社に指定された。
 平成十年、鎮座1030年祭・当地遷座770年祭・伊勢神宮鎮座2000年祭を記念して「平成の大造営」が行われ、380年ぶりに本社・摂末社・神楽殿等総ての境内建物十二棟が一新された。
 平成十二年、神奈川県神社庁献幣使参向神社に指定された。(頒布のリーフレットより)

参拝情報

参拝日:2017/01/06

御朱印

初穂料:300円
授与所にて。

スポンサーリンク

考察

旧「伊勢神宮」荘園の榛谷御厨総鎮守

神奈川県横浜市保土ケ谷区神戸に鎮座する神社。
旧社格は村社で、旧神戸町(ごうどちょう)・旧程ヶ谷町の鎮守。
かつて「伊勢神宮」の荘園であった榛谷御厨(はんがやみくりや)の総鎮守とされ、そのため「伊勢神宮」同様に、本社(内宮)に天照大御神を祀り、摂社(外宮)に豊受大御神を祀っている。
現在は神奈川県神社庁の献幣使参向神社に指定されており、地域を代表する一社である。

榛谷御厨の総鎮守として隆盛を極める

社伝によると、天禄元年(970)に天照大御神が榛谷(はんがや)と呼ばれた当地周辺の峰に影向(ようごう/神仏が仮の姿をとって現れること)したと伝わる。
これが「神明社」の起源とされている。

その後、川井、二俣川、北保土ヶ谷宮林へと三度遷座。

嘉禄元年(1225)、神託によって下宮を造り、当地を神戸(ごうど)と号した。
神宮寺を「満福寺」と名付け、経蔵堂を「神照寺」と称したと云う。
神戸山と呼ばれた山の頂きに鎮座していたとされる。

当地は平安時代末期に「伊勢神宮」に寄進された事から「榛谷御厨(はんがやみくりや)」と呼ばれており、その榛谷御厨の総鎮守であった。
広大な社領を所有し隆盛を極めたと伝わっている。

榛谷御厨とは・保土ヶ谷と神戸の由来

御厨(みくりや)とは、平安時代以来、有力な神社の所領として諸国に置かれた荘園の一種。

当地は「榛谷御厨(はんがやみくりや)」と呼ばれた「伊勢神宮」の荘園であった。

保安三年(1122)、当地一帯を支配していた小山田氏(秩父氏の一族)が、当地周辺を「伊勢神宮」へ寄進。
占有権を確実なものにするために領地を寄進する事は多く見られた例であり、榛谷御厨もそういった所領安堵のために寄進されたと見る事ができる。

鎌倉時代になると、小山田家当主・小山田有重の四男である重朝が、支配を任された榛谷御厨に因んで、榛谷氏を称した。
榛谷重朝(榛谷四郎)と称し、鎌倉幕府の御家人として当地を支配したと伝わっている。

この事からも、古くから保土ヶ谷は「榛谷(はんがや)」と呼ばれた事は事実であろう。

保土ヶ谷の地名由来は諸説あるものの、この「はんがや」が転訛して「ほどがや」になったという説があり、当社ではその説を採用している。

他の説では、窪地という意味の古語である「ホト」のような谷と意味から来たと云う説もあり、こちらも有力ではある。

また嘉禄元年(1225)、当地に外宮を造営した際、当地を「神戸(ごうど)」と称した。
これは「伊勢神宮」の土地という意味合いの強い地名であるのは想像に難くない。

中世の衰退と江戸時代の再興

中世以降は、戦乱の世において一時衰退したとされる。

天正十八年(1590)、徳川家康が関東移封によって江戸入り。
その際に当社の社殿が再建され、四石一斗の朱印地を賜っている。
こうして当社は再興された。

元和五年(1619)、神戸山の頂から現在地に遷座。
社殿の造営・境内の整備が行われた。
この時の社殿が幾度も修繕されつつも平成の世まで残っていたと云う。

この頃の当地周辺は、程ヶ谷宿(保土ヶ谷宿)の一角として発展しており、そうした街道近くの神社として地域や旅人からの崇敬を集めたと云う。

浮世絵で見る江戸時代の程ヶ谷宿(保土ヶ谷宿)

慶長六年(1601)、徳川家康によって「五街道整備」が行われる。
これによって5つの街道と、それぞれの宿が制定され、街道の1つとして東海道が成立。
それぞれの宿駅は「東海道五十三次」と称された。

当地周辺は、東海道五十三次の4番目の宿場「程ヶ谷宿(保土ヶ谷宿)」であった。
保土ヶ谷宿は程ヶ谷町、岩間町、神戸町、帷子町の4つの町家からなり、当社は神戸町に鎮座。
神戸町の鎮守として崇敬を集め、現在同様に「神明社」と呼ばれていた。

(歌川広重・東海道五十三次)

こちらは歌川広重の代表作『東海道五十三次』に描かれた保土ヶ谷宿。
帷子川に架かる帷子橋という橋を描いている。

現在は川の流れが変わっており、この橋はなくなってしまっているのだが、現在の天王町駅前付近の様子。
駅前に「天王町駅前公園」(岩間町1丁目)があり、そちらにこの広重の浮世絵を模した一角がある。

東海道の宿場町として発展した保土ヶ谷宿の一角に鎮座していた当社は、伊勢詣に向かう旅人たちが立ち寄ったと思われる。

江戸時代の史料から見る当社

文化・文政期(1804年-1829年)に編纂された『新編武蔵風土記稿』には当社についてこう書かれている。

(神戸町)
神明社
神戸町の内にあり。下岩間町まで大門通れり。今保土ヶ谷及び神戸町の鎮守とす。四石一斗の御朱印は慶安元年に賜へりと云。社地も其内なれば別に歩敷も定らず。此餘田畑四ヶ所皆此近きあたりにあり。按に天文二十四年しるせしと云。當社の縁起に天禄元年庚午伊勢太神宮武州御厨屋の庄、榛谷の峯に影向あり、それより川井へうつりたまひ、又二俣川へ鎮座あり。其後又下保土ヶ谷の宮林と云所へ移りたまひしかば、同所八坂と云所に祀れり。この後二俣川の宮を假宿と號しけり。然るに嘉禄元年神託ありて宮作りのことを起こけるといへり。今神主かもとに傅ふる所はこの時始て鎮座なしけるやうにもいへり。もとより天禄の影向と云ものはいとふるき世の事なれば、果して其實をつたへしや否を知へからず。祭禮毎年六月十六日、九月十六日。
鳥居。神戸町の中ほど坤のにあり。木にて造れり。
大門。両脇にわつかの石垣あり。高さ二尺ばかり、上に竹の矢來をなせり。この所は前に今井川流れて一の鳥居より十二町ばかりをへたつ。
石鳥居。大門の内にあり。
拝殿。石鳥居より十二三丁程の間をへたててあり。
本社。二間四方、東南に向てたてり。この社へ御打入の後、再まて造営ありしと云。棟札の文に云、武蔵國榛谷御厨八郷の鎮守保土ヶ谷神戸村元和五年己未年彌生とありて、裏に但馬守越後守和田村田口平兵衛青木隼人佐星川郷和山加兵衛小帷子足立久右衛門苅部清兵衛丹解和泉守家秀小野筑後守岡崎米田皆平柏木七九郎なと交名見え、又その後に修造のときの棟札あり。權大僧都覚祐としるせり。其年代は傅へす。
末社
五坐相殿社。社地に入て左の方にあり。豊受大神宮日神天神切部見目の五座の神を祀れり。
四座相殿社。本社の左の方にあり。月神雨神風神山神等の四坐を祀れり。
御嶽社。社の後の方にあり。
神主岡部形部。(以下略)

神戸町の「神明社」と書かれたのが当社。
保土ヶ谷町や神戸町の鎮守であると記されており、上述した社伝に関する内容も詳しく記されている。

社殿は家康が入府した際に造営されたと記されており、末社「五坐相殿社」に豊受大御神を祀るとあり、これが現在の外宮という扱いになるのだろう。
この時から既に様々の神を祀った、当地の信仰の中心的な神社であった事が伺える。

また一之鳥居、大門、二之鳥居と長い参道があり、大変大きな社地を有していた。
このような様子は下の『江戸名所図会』で見る事ができる。

江戸名所図会に描かれた当社

天保年間(1834年/1836年)に発行された『江戸名所図会』に当時の様子が描かれている。

国立国会図書館デジタルコレクションより)

「神明宮」として描かれている。
2ページに渡り描かれており中々に広大な敷地、特に長い参道が特徴的だろう。

右手に見えるのが神戸町の町並み。
下の街道がいわゆる旧東海道であり、町家が並ぶ様子からも保土ヶ谷宿である事が分かる。
その旧東海道に面して一之鳥居があり、長い参道が続き二之鳥居跡の文字も見る事ができる。

大変多くの境内社を有していて、社殿はやや高台に鎮座。
かなり大規模な神社であったのが伺え、こうした様子からも崇敬の篤さが伝わる。

明治以降の歩み・平成の大造営

明治に入り神仏分離。
明治二年(1869)、明治天皇御東行の時、本陣苅部清兵衛宅に臨時に建てられた鳳輦(天皇陛下の御車)安置所の御用材を下賜され、社殿が修造された。
明治六年(1873)、村社に列し、神饌幣帛料供進社に指定。

明治二十二年(1889)、市町村制施行によって、橘樹郡の保土ヶ谷町・上岩間町・下岩間町・上神戸町・下神戸町・帷子町・帷子田町・帷子上町・岡野新田が合併して保土ケ谷町が成立。
これが後の保土ケ谷区の基礎となっていく。

国立国会図書館デジタルコレクションより)

上の写真は昭和十三年(1938)に万朝報横浜支局が発行した『神奈川県神社写真帖』。
戦前の社殿の様子を見る事ができる。
元和五年(1619)に社殿が造営されてから、修繕をしながら残っていたものである。

昭和二十年(1945)、横浜大空襲によって境内の一部が被災。
社殿は焼失を免れており、古い社殿が修繕されながらも現存していた。

平成十年(1998)、鎮座1030年祭・当地遷座770年祭・伊勢神宮鎮座2000年祭を記念して「平成の大造営」が行われ、元和五年(1619)に当地へ遷座して以来、境内の社殿が一新され現在の立派な境内となった。
平成十二年(2000)、神奈川県神社庁の献幣使参向神社に指定され、現在に至っている。

広大な境内に鎮座する本社「天照太神宮」と摂社「豊受大神宮」

最寄駅は天王町駅となり、徒歩10分圏内となっている。
計2万平方メートルにも及ぶ鎮守の社を有した広大な神社であり、市街地の近くにありながらも、優れた自然環境に恵まれている。

鳥居を潜ると長い参道となる。
とても綺麗に整備された境内となっているのが特徴的。

長い参道の先に注連柱。
この日はまだ茅の輪も置かれていた。

注連柱の先、すぐ左に手水舎。
参道正面がとても立派な社殿となっている。

社殿は平成十年(1998)の平成の大造営で新たに建てられたもの。
こちらがいわゆる本社であり、当社では「天照太神宮」と称している。
神明造になっておりとても立派な建物。
本社「天照太神宮」の御祭神は天照大御神で、いわば「伊勢神宮」の「内宮」にあたる。

その右手に摂社の「豊受大神宮」が鎮座。
こちらは拝殿と祈祷待合室を兼ねているが、この奥に「豊受大神宮」の本殿が鎮座している。
「豊受大神宮」の御祭神は、豊受大御神であり、いわば「伊勢神宮」の「外宮」にあたる。
元和五年(1619)に造営された旧本殿の木材を一部使用しているため、継ぎ接ぎのように見えるのが特徴的。

「伊勢神宮」同様に、内宮・外宮がある神明社となっているのが特徴的。
平成の大造営によって現在の形となったが、江戸時代の史料などからも、古くからこうして天照大御神と豊受大御神の二柱が祀られていた事が分かるため、「伊勢神宮」の荘園だった歴史からも、深く伊勢信仰の崇敬を集めていたのであろう。

数多くの境内末社・アワビの殻の絵馬

当社には大変多くの境内末社が鎮座している。
参拝順路が記されているのでその順に紹介していく。

手水舎の近くには水神社。
近くには小さな神池が整備されている。
こうした水場の守護を行っており、御祭神は水波能女神・御井神。

本社の左手には稲荷社。
稲荷神である宇迦之御魂神の他、素盞鳴命も合祀されている。

その先には月読社と風宮。
参拝順路としてはここから右手、本社の下を潜る形になっているのが面白い。
こうして本社の下に通路が設けられており、ここを通ると本社の右手に出る事ができる。

本社の右手には、三社が並ぶ。
日之王子社・切部之王子社・鹿島社の三社。

ここから摂社を迂回してさらに右手に天満宮。
その横に多くの境内社が並ぶ。
厳島社・見目社・山神社・山王社・白鳥社・火神社・雷神社となっている。

こうした多くの境内社、それぞれに御祭神や御神徳があるので、詳しくは下記公式サイトをご覧頂きたい。

御朱印は授与所にて。
正月の混雑する日であったが、とても丁寧に対応して頂き有り難い。

また当社の個性的な絵馬に「アワビ絵馬」がある。
アワビの殻の内側はキラキラ光っているため、目のパッチリした子供に恵まれると伝わる。
安産祈願向けにアワビの殻を使った絵馬があり、役目を終えると一箇所に集められる。

横浜市内の寿司店数店から調達したものだと云う。

広大な社地には風致保安林・リスなど動物の生息も

当社は、境内地約1万平方メートル、神社林約1万平方メートルと合わせて2万平方メートルにも及ぶ鎮守の社を有した広大な神社となっている。

特に神社林は明治時代に「風致保安林」に指定。

「風致保安林」とは、伐採を禁じ保護された地域であり、自然林としての姿が残されている。

駐車場の隣がそれで、現在は神戸緑地などと呼ばれる事が多い。
さらに背後の山は通称「神戸山」と呼ばれ、標高50-70mの丘陵地が続いている。
かつては当社もこの神戸山の頂きに鎮座していたと伝わる。

こうして自然林が保存された社地には、多くの生物が生息している。

この日は突然、リスが下りてきて境内にやってきたので驚いた。
残念ながらカメラを向けた時には走り去ってしまったのだが、こうしたの広大な社地を有しているのも、地域からの崇敬の篤さ故であろう。

当社によく参拝する方は、そうした珍しい生き物を見かける事もよくあるそうなので、参拝の折には境内や神社林の木の枝などを注目してみるのも面白いかもしれない。

所感

「伊勢神宮」の荘園であった「榛谷御厨」の総鎮守とされた当社。
保土ヶ谷宿が成立後は、その一角として発展し、有数の神社として崇敬を集めた。
平成になってからは「平成の大造営」によって、約380年ぶりに境内を一新。
新しく整備された社殿や境内はとても綺麗で、参拝者の事を考えられた造りにもなっている。
社地には古い自然林を残したままの神社林も有しており、広大な神社となっているのが特徴。
綺麗で整備された境内、広大な社地など、とても素敵な一社となっている。
現在では神奈川県神社庁の献幣使参向神社に指定されているように、横浜市を代表する見事な一社であろう。

スポンサーリンク

神社画像

[ 鳥居・社号碑 ]


[ 参道 ]


[ 手水舎 ]

[ 注連柱・茅の輪 ]

[ 茅の輪 ]

[ 本社(天照太神宮) ]






[ 水神社 ]


[ 稲荷社 ]

[ 風宮・月読社 ]

[ 参拝順路 ]


[ 日之王子社・切部之王子社・鹿島社 ]

[ アワビ絵馬 ]

[ 摂社(豊受大神宮) ]


[ 天満宮 ]

[ 厳島社・目見社・山神社・山王社・白鳥社・火神社・雷神社 ]

[ 神楽殿 ]

[ 授与所 ]

[ 絵馬掛 ]

[ 社務所 ]

[ 神社林 ]

[ 神輿庫 ]

[ 山車庫 ]

[ 案内板 ]

Google Maps