烏森神社 / 東京都港区

神社情報

烏森神社(からすもりじんじゃ)

御祭神:倉稲魂命・天鈿女命・瓊々杵尊
社格等:村社
例大祭:5月4-6日
所在地:東京都港区新橋2-15-5
最寄駅:新橋駅
公式サイト:http://karasumorijinja.or.jp/

御由緒

地名の由来
烏森の地は、古くこのあたりが武蔵の国桜田村と呼ばれていた時代には、江戸湾の砂浜で、一帯は松林でした。
そのため当時この地帯は「枯州の森」あるいは「空州の森」と言われていました。しかもこの松林には、烏が多く集まって巣をかけていた為、後には「烏の森」とも呼ばれるようになりました。それが烏森という名の起こりです。明治以降昭和七年まで町名として使われていましたが、その後新橋に改められ、今では新橋駅の烏森口と烏森神社にその名をとどめています。
神社の創始
平安時代の天慶三年(940年)に、東国で平将門が乱を起こしたとき、むかで退治の逸話で有名な鎮守将軍藤原秀郷(俵藤太)が、武州のある稲荷に戦勝を祈願したところ、白狐がやってきて白羽の矢を与えました。その矢を持ってすみやかに東夷を鎮めることができたので、秀郷はお礼に一社を勧請しようとしたところ、夢にまた白狐が現れて、神鳥の群がる所が霊地だと告げました。そこで桜田村の森まできたところ、夢のとおり烏が群がっていたので、そこに社頭を創建しました。それが、烏森稲荷の起こりであると言われています。
神社の隆昌
明暦の大火(世界三大大火の一つに数えられる、俗名 振袖火事)が起こった際、江戸市中は焼け野原となりました。ところが烏森稲荷社だけは不思議にも類焼を免れたので、これは神威の致すところと考えられ、以後、烏森稲荷に対する信仰は日に日に厚くなっていきました。
また、椙森神社(日本橋)柳森神社(神田)と併せ「江戸三森」として古くから崇敬されています。明治六年にはこれまでの烏森稲荷の社名を烏森神社と改め、新橋烏森の守り神として多くの人々の信仰を得ています。現在の御社殿は昭和四十六年に造営されました。(頒布のリーフレットより)

参拝情報

参拝日:2018/03/02(御朱印拝受/ブログ内画像撮影)
参拝日:2016/11/15(御朱印拝受)

御朱印

初穂料:500円
授与所にて。

※御朱印を拝受すると御守・幸飴も授与して頂ける。
※節分祭・ひな祭り・初午祭・例大祭(本祭・蔭祭)・夏越大祓・七夕まつり・新橋こいち祭・新嘗祭・年越大祓、それぞれの時期によって限定御朱印あり。(詳細は公式サイトにて)

最新限定御朱印情報
例大祭本祭特別御朱印
4月14日から大祭当日(5月6日)まで。
御朱印は書置きの一枚和紙で授与。(詳細は公式サイトにて)

[2018/03/02拝受]
(ひな祭り限定御朱印)
中央に薄いピンクの印(詳細:Twitter

[2016/06/11拝受]
(新嘗祭限定御朱印)

御朱印帳

初穂料:1,000円
授与所にて。

オリジナルの御朱印帳を用意している。
黒を基調に表面には紫の烏紋・裏面には金の社紋をデザインしている。

img_2639

※筆者はお受けしていないため情報のみ掲載。

授与品・頒布品

ひなまつり御守・ひなあられ
初穂料:─
授与所にて。

ひな祭り限定御朱印を拝受すると一緒に頂ける。

御守・幸飴
初穂料:─
授与所にて。

御朱印を拝受すると一緒に頂ける。(御守は時期によって種類の変更有り)

img_2668

歴史考察

新橋鎮守のお稲荷さま

東京都港区新橋に鎮座する神社。
旧社格は村社で、新橋烏森の鎮守。
稲荷信仰の神社で、かつては「烏森稲荷」と呼ばれた。
江戸時代には「椙森神社」「柳森神社」と併せ「江戸三森」として崇敬を集めた。
近年ではカラフルな御朱印を授与する先駆けの神社として注目を集め、御朱印ブームの火付け役の一社とも云える。

平将門を討った藤原秀郷による創建

社伝によると、天慶三年(940)に創建と伝わる。
藤原秀郷によって創建されたと云う。

藤原秀郷(ふじわらのひでさと)は、平安時代中期の貴族・武将。近江三上山に伝わる百足退治伝説で知られ、また平将門を討った人物と伝わる。末裔は源氏・平氏と並ぶ武家の棟梁として関東圏を支配する多くの武家を輩出した。

天慶二年(939)、東国(関東)にて「平将門の乱」が発生。
天慶三年(940)、平将門討伐のため東国に向かった秀郷が、武蔵国のある稲荷社で戦勝祈願したところ、白狐が現れて白羽の矢を秀郷に与えた。
秀郷はその矢を持って平将門の乱を鎮める事ができたと云う。

(月岡芳年・大日本名将鑑)

平将門の乱を鎮めた功績により朱雀天皇から鎮守府将軍に任ぜられる様子を描いたもの。幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師・月岡芳年の作。

同年、秀郷は感謝の証として、稲荷社を一社勧請しようと検討。
すると、夢にまたしても白狐が出てきて「神鳥が群がる場所が霊地である」と告げた。

秀郷が当地の森まで来たところ、お告げの通り烏が群がっていたので、そこに神社を創建。
これが当社の始まりであると云う。

元暦元年(1184)、藤原秀郷の子孫にあたる下河辺行平が、当社に祈願して弓道の奥儀を究め、その礼として社殿を修理し鰐口を奉納。
このように古くから秀郷ゆかりの神社であった事が伝わっている。

烏森の由来・烏森稲荷と称される

現在の新橋周辺は、かつて武蔵国の桜田村と呼ばれていた地域。
海が今よりも近く、当地周辺は江戸湾の砂浜であった。

徳川入府前の江戸は「日比谷入江」と呼ばれる入江があり、現在とは随分と地形が違う。

当時の入江の様子をGoogle Mapsに重ねてみると以下のようになる。

(筆者作・日比谷入江と江戸湊)

筆者が作成したものなので正確な地図ではないが、大まかにこのような入江となっていた。

現在の東京駅と皇居の間まで海が食い込んでいたのが分かる。
半島のように伸びていたのが「江戸前島」と呼ばれた一角で、この先端が現在の銀座。
当社はこの海岸沿いの砂浜に鎮座していた。

当地一帯には松林があり、そのことから「枯州(かれす)の森」とも「空州(からす)の森」と呼ばれていたと云う。
また、烏が多く集まって巣を作っていた事から、いつしか転じて「烏の森」と呼ばれるようなったと云い、これが「烏森」の由来だと伝わる。

そうした烏森の地に、稲荷社が建てられた事から、当社は「烏森稲荷」と呼ばれ、地域からの崇敬を集めた。

初代古河公方・足利成氏の祈願状が奉納

享徳四年(1455)、古河公方と呼ばれた足利成氏が当社に戦勝祈願。
祈願状は当社の社宝として現存しており、港区指定文化財となっている。

足利成氏(あしかがしげうじ)は、室町時代から戦国時代の武将。第五代鎌倉公方であり、初代古河公方。
港区の文化財保護サイトは港区の公式ページです。

この『足利成氏祈願状』にはこう記されている。

稲荷大明神神願書事
今度発向所願悉有成就者当社可遂修造願書之状
如件
享徳四年正月五日
左兵衛督源朝臣成氏

時代背景を見てみると、室町幕府の征夷大将軍が関東十か国における出先機関として、鎌倉府を設置。
鎌倉府の長官を「鎌倉公方(かまくらくぼう)」と呼び、鎌倉公方は実質的に関東を支配。
代々足利氏が担い、祈願状の主である足利成氏は第五代鎌倉公方であった。

成氏は、鎌倉公方の補佐役である関東管領や室町幕府と対立。
享徳三年(1454)、関東管領上杉憲忠を御所に呼び寄せて謀殺した。
これが「享徳の乱」として、以後約30年間もの戦乱が続く事となり、関東における戦国時代の幕開けを担った。

当社に祈願したのは正にこの「享徳の乱」での祈願によるもの。
成就した際は当社の修造を遂げる事も記されている。

当社に祈願した約15日後、成氏は「武蔵分倍河原の戦い」にて、上杉憲秋・上杉顕房を戦死させ勝利を収めている。
この祈願状通りであるのならば、成氏によって当社の社殿修造も行われたのであろう。

後に成氏は下総国古河に入り古河城を居城としたため、鎌倉公方ではなく「古河公方」と呼ばれるようになる。

古河公方(こがくぼう)は、室町時代後期から戦国時代にかけて、下総国古河(現・茨城県古河市)を本拠とした関東足利氏の事。成氏が初代古河公方となり、以後も子孫に約130年間引き継がれこととなった。

明暦の大火の類焼を免れ、徳川将軍家からの崇敬を集める

江戸時代になると、当地周辺は早くから御府内(江戸市街地)に編入。
武家屋敷と町屋が設けられ発展していく事となる。

明暦三年(1657)、「明暦の大火」が発生。

明暦の大火とは、江戸の大半を焼失させた大火事。
振袖火事・丸山火事とも呼ばれる。
江戸三大火の1つで、中でも江戸時代最大の延焼面積・死者が出た。
江戸城の天守閣を含む、江戸市中の大半が焼失し、この明暦の大火を機に、江戸の都市改造が行われる事となった。

当社の周辺も壊滅的に焼けてしまうが、当社だけは不思議と類焼を免れており、これは神威の致すところと考えられ、大いに崇敬を集めていく。

くろやきになるべき烏森なれど やけぬは神のいとく成りけり

万治元年(1658)、こうした神威が四代将軍・徳川家綱の耳に達する。
家綱は社地250坪を当社に寄進。

宝永六年(1709)、六代将軍・徳川家宣が立願成就のお礼として御戸張を寄進。
また御子息の無病息災の御祈願もしている。

御戸張(みとちょう)とは、仏像・御神体などを安置した厨子(ずし)などの上にかける美しい布で作られた覆い。

こうして徳川将軍家からも篤い崇敬を受けただけでなく、武家や江戸庶民からも篤い崇敬を集め、「柳森神社」「椙森神社」と共に「江戸三森」の一社と称された。

稲荷番付で東の関脇に位置づけられた江戸時代・江戸切絵図から見る烏森稲荷

江戸の地誌にも芝愛宕下久保町の「鳥森稲荷」として度々登場している。

天保五年(1834)に成立した『祠曹雑識(しそうざっしき)』によれば、100社程の稲荷番附の中で、烏森稲荷は「東の関脇」に位置づけられており、江戸の稲荷社の中でも特に崇敬を集めた事が分かる。

江戸時代の当社は江戸切絵図を見ると位置関係が分かりやすい。

%e8%8a%9d%e6%84%9b%e5%ae%95%e4%b8%8b%e7%b5%b5%e5%9b%b3(芝愛宕下絵図)

こちらは江戸後期の愛宕下周辺の切絵図。
現在の新橋周辺はやや北に位置している。

(芝愛宕下絵図)

北が上にくるように回転させ当社周辺を拡大したものが上図。
赤円で囲ったのが当社で、今と場所も変わらず「烏森稲荷」と記されている。

青円で囲ったのが新橋で、当地より北西に架かっており、現在の銀座側が新橋地区と呼ばれていて、当社は芝愛宕下久保町と呼ばれていた。

ほとんどが大名屋敷・武家屋敷になっており、当社の右手には橙円で囲った「日比谷神社」も見える。(緑円で囲ったのは「愛宕神社」)
当社の別当寺は「快長院」(現・廃寺)であった。

社地としては広いものではないが、稲荷番附の中で「東の関脇」に位置づけられたように、大いに崇敬を集めた。

江戸名所図会に描かれた当社

天保年間(1834年/1836年)に発行された『江戸名所図会』に当時の様子が描かれている。

%e7%83%8f%e6%a3%ae%e7%a8%b2%e8%8d%b7(江戸名所図会)

「烏森稲荷社」として描かれている。
鳥居と立派な社殿を有していた事が分かり、現在とは社殿も鳥居も違うものの、境内の配置などは当時とかなり酷似している。
参詣する人の様子が描かれているように、当時から絶える事なく参詣者が訪れたのであろう。

当時の祭礼は、稲荷信仰に従って初午に行われた。
幸橋御内外、二葉町海岸の旅所に神輿の神幸があり、氏子町は山車踊り、練物等を出し、稲荷祭としてその賑わいは江戸で1、2を争う程であったと伝えられている。

初午(はつうま)とは、2月最初の午の日。稲荷信仰の総本社である京都「伏見稲荷神社」の御祭神が伊奈利山へ降りた日が初午であった事から、稲荷信仰の神社では例祭とされる事が多い。

明治以降の歩み・戦後になりモダンな社殿造営

明治になり神仏分離。
明治五年(1872)、村社に列した。

同年、日本初の鉄道路線の起点として新橋駅(後の汐留駅)が開業。
同時に武家屋敷の多かった当社周辺が、新たに烏森町として成立。

明治六年(1873)、「烏森稲荷社」から現在の「烏森神社」に改称。
新橋烏森の鎮守として崇敬を集めた。

明治四十二年(1909)、鉄道院の烏森駅(後の新橋駅)が開業。
明治四十二年(1909)の古地図を見ると当時の様子が伝わる。

今昔マップ on the webより)

赤円で囲っているのが現在の鎮座地で、今も昔も変わらない。
地図上に「烏森町」という町名を見る事ができ、更に駅名も「からすもり」駅であった。
烏森は当地の古い地名であるが、鎮守であった当社から付けられたとも云える。

大正三年(1914)、東京駅が開業した事で初代新橋駅が汐留駅に改称され、烏森駅が現在の新橋駅に改称。

江戸時代には銀座寄りを新橋と呼んでいたが、新橋駅が設けられてからは、現在の港区側を新橋地区と呼ぶようになっていく。

(東京市史蹟名勝天然紀念物写真帖)

こちらは大正十一年(1922)に発行された『東京市史蹟名勝天然紀念物写真帖』。
「烏森神社」として、当時の写真が記録されている。
翌年の関東大震災で焼失する前の貴重な境内の様子となっている。

大正十二年(1923)、関東大震災が発生。
新橋地区は焦土と化し、当社も焼失してしまったが、すぐに再建されている。
再建にあたって社地も削られており、現在の社地となった。

昭和七年(1932)、震災復興で大規模な町名整理が行われ、烏森町など多くの町名が消滅し、新たに新橋1丁目から7丁目が成立。
町名として新橋が登場するのはこの時が最初であり、これが現在の新橋に繋がっていく。

昭和四十六年(1971)、現在のモダンな社殿を造営。
昭和五十二年(1977)、社務所が新設されている。

平成二十年(2008)前後より、四隅に四色の神紋を押したカラフルな御朱印を用意するようになっており、現在の御朱印ブームの先駆けとも云えるだろう。
現在も限定御朱印など含め、豊富な授与品など人気の高い神社となっている。

境内案内

新橋駅烏森口を出てすぐ・新橋の飲み屋街に鎮座

新橋駅烏森口から徒歩ですぐの距離に鎮座している。
飲み屋街の路地が参道。
木製の一之鳥居があり、参道の両脇は祭事などの会場にもなる。
この日はひなまつり前日という事もあり、ひなまつりの整備が行われていた。

参道途中の左手に社務所。
右手には第二授与。
いずれも平時は一般参拝者が利用する事はないが、豊富な授与品などが展示されている。

モダンで個性的な近代建築の鳥居と社殿

路地の参道を抜けると独特なデザインの二之鳥居。
平成五年(1993)に建てられた鉄筋コンクリート製の鳥居。
モダンな近代建築の様式でとても個性的。

鳥居の右手にこれまた独特な手水舎。
柄杓はなくかけ流しになっている。

社殿も実に個性的なデザイン。
昭和四十六年(1971)に造営された社殿は、建築家である郡菊夫によるデザイン。
狭い社地なりの工夫と面白い意匠による社殿でとてもユニークな造り。

力石や木遣塚といった江戸時代の奉納物

社殿の手前には一対の狛犬。
阿吽の岡崎現代型で比較的新しいもの。

社殿の手前、境内の一角には力石。
「五拾貫余 汐留兵吉 車屋英治 芝土橋久太郎」の文字を見る事ができ、おそらく江戸時代後期に力比べて使ったものが奉納されたものであろう。

その奥に「きやり塚」と記された木遣塚。
江戸時代の町火消し「め組」一番組が奉納したものと伝わり、当社は明暦の大火を免れた事から火伏せの神として、町火消しからの崇敬が篤かった事が伺える。

木遣塚(きやりづか)とは、江戸城普請の時に歌い始めた木遣節(きやりぶし)を後世に伝えるために建てたもので、江戸町内の神社に多く奉納され、今も各地で見かける事ができる。

カラフル御朱印の先駆け・限定御朱印も

御朱印は社殿左手の授与所にて。
手前と奥に授与所の窓口があり、時期によっては御朱印の対応場所が変わるので尋ねるのがよいだろう。

当社は狭い境内という規模の割に、御朱印を集印する方にとってはとても知名度と人気の高い神社となっている。平成二十年(2008)前後より、四隅に四色の神紋を押したカラフルな御朱印を用意するようになり、カラフル御朱印の先駆けとも云える神社である。現在の御朱印ブームの立役者的な一社でもあるだろう。

また限定御朱印も多く用意しているのが特徴。

節分祭・ひなまつり・初午祭・例大祭(本祭・蔭祭)・夏越大祓・七夕まつり・新橋こいち祭・新嘗祭・年越大祓、それぞれの時期によって限定御朱印を授与。

特にひな祭り時は大変人気があり、一時は行列がニュースになるほど。
2018年のひなまつり御朱印は行列回避のため、様々な施策が行われた。

最新限定御朱印情報
例大祭本祭特別御朱印
4月14日から大祭当日(5月6日)まで。
御朱印は書置きの一枚和紙で授与。(詳細は公式サイトにて)

こうした御朱印情報など最新情報や詳細は公式サイトこい吉Twitterで確認するのが良い。
なお、こい吉は当社公認のゆるキャラである。

当社の御朱印は初穂料が500円であるが、御守と幸飴(甘酒味)も一緒に頂ける。
img_2668飴や御守の種類などは時期によって変更あり。

また蛇腹の御朱印帳の場合、裏写りしないように貼り合わせた紙の間に薄紙を挟んだ状態で揮毫して下さったりと、その配慮が有り難い。他にも細やかな気の届きようで、そうした部分も人気の秘訣なのだろう。

2016年7月からは都営浅草線沿線の八社によって「東京福めぐり 開運八社さんぽ」も開催。
当社も参加している。

心願色みくじなど豊富な授与品

社殿右手には当社オリジナルの「心願色みくじ」の結び処がある。
おみくじと一緒に願掛けができるというもので、こちらも人気が高い。

色で叶える願掛け・心願色みくじ
赤:恋愛・良縁
黄:金運・幸福・商売繁盛
青:厄除・仕事・学業
緑:健康・家庭
赤・黄・青・緑の4色は当社の通常御朱印に押される印の色でもある。

他にも数多くの授与品を用意しているのが特徴。
最近では当社の御朱印をデザインした御朱印護符(初穂料:600円)というシール型の御守も授与。
こちらも限定御朱印と同じタイミングで限定のものが授与され人気となっている。

千貫神輿と呼ばれる大神輿は隔年で渡御(2018年は本祭)

当社の例大祭は5月5日に行われる。
当社と共に新橋の鎮守に「日比谷神社」があり、例大祭は当社と交互に隔年で行われる。

新橋(汐留地区含む)鎮守。「鯖稲荷」として親しまれた神社・その由来。日比谷の鎮守から芝口(東新橋)の鎮守へ。江戸切絵図と江戸名所図会から見る当社。戦前と戦後に遷座を繰り返す。新しさを感じるこぢんまりとした境内。御朱印。
江戸時代までは稲荷信仰に従って2月の初午に行われた。幸橋御内外、二葉町海岸の旅所に神輿の神幸があり、氏子町は山車踊り、練物等を出し、稲荷祭としてその賑わいは江戸で1、2を争う程であったと伝えられている。

当社の本社神輿は巨大な大神輿。
八つ棟型の大神輿は通称・千貫神輿と呼ばれる。
昭和五年(1930)に名人・山本正太郎(通称・だし鉄)によって作られた巨大な神輿で、だし鉄の最高作とも云われ、新橋駅前を宮出とし、氏子町会を渡御する。

当社の神輿渡御が行われる本祭は西暦の偶数年と覚えるのがよい。
平成三十年(2018)は神輿渡御が行われる本祭となっている。
例大祭時には限定御朱印の授与も行われ、神輿渡御をする年の本祭と、神輿渡御のない年の蔭祭で別の御朱印となる。

所感

新橋烏森の鎮守である当社。
藤原秀郷による創建という古い歴史をもつお稲荷様で、江戸時代の頃には江戸庶民から人気の高い稲荷神社として崇敬を集めていた。
そして今もなお高い人気があり、特に御朱印を集印する人からは高い知名度を誇っている。
カラフル御朱印の先駆けとも云え、御朱印ブームの一端を担っているのは間違いなく、授与品なども含めて、そうした神社側の努力が、現代の人気と崇敬にも繋がっているのだろう。
現在は大変狭い境内ではあるが、個性的な社殿や鳥居などがとても面白い神社であり、神社側の努力を感じる良い神社だと思う。

神社画像

[ 一之鳥居 ]


[ 参道 ]

[ 二之鳥居 ]




[ 手水舎 ]

[ 社殿 ]





[ 狛犬 ]


[ 木遣塚 ]
img_2627
[ 授与所 ]

[ 授与品 ]


[ 心願色みくじ掛 ]

img_2630
[ 社務所 ]

[ 第二授与所 ]

[ 案内板 ]

Google Maps