矢口氷川神社 / 東京都大田区

img_1284

神社情報

矢口氷川神社(やぐちひかわじんじゃ)

御祭神:素盞鳴尊
旧社格:─
例大祭:8月下旬(隔年)
所在地:東京都大田区矢口1-27-7
最寄駅:武蔵新田駅
公式サイト:http://nittajinja.org/hikawa2/

御由緒

新田神社からほど近いところに鎮座する氷川神社。御祭神は、嵐や疫病を司り災いから人々を守るとされる素盞鳴尊(すさのおのみこと)。拝殿前には一対の狛犬、すぐ横には柵に囲まれた「三社稲荷」が並ぶ。隔年八月に行われる例大祭では、広い境内が大勢の人々で埋め尽くされるが、日常は静かな境内に、整備され遊具で遊びまわる子どもだちの声が響く。多摩川七福神より)

参拝情報

参拝日:2016/10/04

御朱印

初穂料:300円
新田神社」社務所にて。

※普段は神職が常駐していないため、本務社「新田神社」にて拝受できる。

%e7%9f%a2%e5%8f%a3%e6%b0%b7%e5%b7%9d%e7%a5%9e%e7%a4%be

スポンサーリンク

考察

矢口地区の氏神様

東京都大田区矢口に鎮座する神社。
旧社格は無格社で、矢口地区と称される矢口北町会(千鳥3丁目)・矢口中町会(千鳥2丁目一部)・矢口南町会(矢口1丁目)の鎮守。
正式名称は「氷川神社」だが、他との区別から「矢口氷川神社」とさせて頂く。
現在は多摩川七福神の大黒天を担っている。
神職は常駐しておらず「新田神社」の兼務社となっている。

創建や御由緒は不詳

創建や御由緒については不詳。

第二次世界大戦の戦災で、社殿など殆どが焼失したため、史料が残されていないという。
江戸時代の地誌を調べるに、少なくとも江戸時代以前には創建していたのは間違いない。

文化・文政期(1804年-1829年)に編纂された『新編武蔵風土記稿』には当社についてこう書かれている。

(矢口村)
氷川社
村の東によりてあり。宮作にて三尺四方の社なり。前に鳥居をたつ。鎮座の年代詳ならず。真福寺持。

矢口村の「氷川社」として記されている。
当時から創建年代は不詳であったようで、小さな神社であった事が分かる。
別当寺は「新田神社」と同様に「真福寺」が担っていた。(現在は廃寺)

また当社境内には、嘉永二年(1849)と彫られた狛犬が置かれている。
img_1290再建の文字も見れる事から、やはり江戸時代以前より、矢口村一部区域の鎮守として崇敬を集めていたのであろう。

当社の氏子区域に、後の旧社格も府社で規模も大きな「新田神社」がある事からも、「新田神社」が創建されるより前に、当地の氏神として当社が鎮座していたと推測する事ができる。
そのため、「新田神社」が創建した南北朝時代の正平十三年/延文三年(1358)以前から、氏神として村民たちより崇敬されていたのではないだろうか。

大田区唯一の氷川神社

当社は大田区唯一の「氷川神社」である。

東京都や埼玉県近郊の至る所に見る事ができる氷川神社。
その数200社以上と言われているが、全国的に見ると東京・埼玉といった武蔵国以外ではほぼ見ることができない神社となっている。

神奈川県には氷川神社は2社しか存在せず、千葉県では1社もない。
このように関東圏でおいても、東京都や埼玉県の一部地域にのみ見られる土着の信仰である。

特に氷川神社は荒川流域に多く見る事ができる。
荒川流域には氷川信仰の「氷川神社」、元荒川流域には久伊豆信仰の「久伊豆神社」、利根川流域には香取信仰の「香取神社」と、ほぼ境界を侵すことなく祀られているのが面白い。
この事から、旧武蔵国足立郡を中心に、荒川流域での開拓の神(出雲族が開拓したため出雲の神・素盞鳴尊が祀られている)として勧請されていたものと推測できる。

そうした氷川信仰が開拓の神として広まり、いくつかは荒川流域以外にも点在するようになるのだが、多摩川流域になると氷川神社の姿が見られなくなる。
そのため、当社は多摩川流域における大変珍しい氷川神社であり、現在は大田区唯一の氷川神社となっている。
img_1286この土地に氷川信仰が根付いた歴史が大変興味深いのだが、残念ながら御由緒などが不明のため詳細は分からない。
中々に興味深く、もっと歴史を知りたくなる神社である。

明治維新後の歩み

明治になり神仏分離。
当社は無格社であった。

なお、別当寺であった「真福寺」はこうした影響を受けて大正期に廃寺。
現在は矢口2丁目の「花光院」に合併される形となっている。

昭和二十年(1945)、東京大空襲によって社殿など悉く焼失。
戦後の昭和三十三年(1958)、社殿が再建された。
なお、この時、神輿・山車も新たに造られた。

平成二十年(2008)、老朽化が激しかった当社の神輿庫の代わりに、本務社である「新田神社」に神輿庫が造られ、当社の神輿・山車はそちらに納められるようになる。
imageこれは「新田神社」が当社の氏子区域に鎮座しているため、「新田神社」では独自の神輿を造る事はせず、当社と「新田神社」のどちらの祭礼でも神輿御渡できるようにしたため。
そのため、この神輿の正面と後部には当社の神紋「左三つ巴」、左右の側面には「新田神社」の神紋「一つ引き両(大中黒)」が付けられている。

平成二十六年(2014)には、多摩川七福神が開始され、当社は大黒天を担っている。

児童公園と一帯になった境内

本務社である「新田神社」からほど近い住宅街に鎮座している。
img_1279境内はやや広めだが、半分ほどは児童公園となっていて、地域の鎮守といった色合いが強い。
鳥居の手前左手には手水石があるのだが使用する事はできない。

社殿は昭和三十三年(1958)に再建されたもの。
img_1292造りとしては簡素ではあるが、大変綺麗に維持されており、地域からの崇敬を感じさせてくれる。

社殿の右手には境内社の三社稲荷。
img_1294手前に昭和四十七年(1972)に鎮座した旨の記念碑が置かれているので、近隣で祀られていたお稲荷様が当地に遷座したものと思われる。

社殿手前の狛犬は上述したように中々に古いもの。
img_1288嘉永二年(1849)に奉納されたもので、吽形は右足を僅かに上げるような仕草にも見え動きを感じさせてくれる。

現在当社は、神職が常駐していない無人の神社であるため、御朱印は本務社である「新田神社」社務所にて拝受できる。

新田神社 / 東京都大田区
新田義興を祀る神社。少将局の悲劇・矢口の渡しでの謀殺。破魔矢発祥の地・平賀源内による「神霊矢口渡」。御神木・義興の墳墓・唸る狛犬。石の卓球台・LOVE神社などユニークな境内。多摩川七福神・恵比寿。御朱印。御朱印帳。

所感

創建年代や御由緒が不詳である当社。
江戸時代の地誌より江戸時代以前には鎮座しているのは間違いなく、また本務社である「新田神社」が当社の氏子区域に鎮座している事からも、「新田神社」が創建される以前より当地の氏神様として崇敬をされていたのだと思われる。
多摩川流域には見られない氷川信仰の神社が、なぜ当地にあるのか。
そうした謎も含めて大変興味深い神社。
神職が常駐していない無人社ではあるが、境内は綺麗に整備されており、境内の半分近くを占める児童公園では、地域の子どもや親子が遊ぶ姿を見る事ができ、まさに地域に根付いた鎮守だろう。
すぐ近くに「新田神社」という江戸時代から江戸庶民の人気を博した神社がありながらも、こうして当社がずっと大切に維持されているのは、氏子区域からの崇敬、そして「新田神社」からの氏神様へ対する配慮を見て取れ、御由緒など不詳でありながらも、そうした紡いできた地域の歴史を垣間見る事ができる神社である。

スポンサーリンク

神社画像

[ 鳥居・社号碑 ]
img_1279
[ 鳥居 ]
img_1281
[ 手水舎 ]
img_1282
[ 社殿 ]
img_1284
img_1285
img_1292
img_1291
img_1286
[ 狛犬 ]
img_1288
img_1289
img_1290
[ 三社稲荷 ]
img_1294
img_1293
[ 倉庫 ]
img_1280
[ 児童公園 ]
img_1283
[ 案内板 ]
img_1287

Google Maps