九重神社 / 埼玉県川口市

神社情報

九重神社(ここのえじんじゃ)

御祭神:素盞鳴尊
相殿神:倉稲魂命・天照皇大御神・保食命・菅原道真公・大山祇命・伊弉諾命・伊弉冉命・日本武尊・大己貴命・市杵島姫命・木花咲耶姫命・少彦名命・大日霊貴命・彦火々出見命・応神天皇・猿田彦命
社格等:村社
例大祭:10月15日に近い日曜
所在地:埼玉県川口市安行原2042
最寄駅:戸塚安行駅・松原団地駅(いずれも距離あり)
公式サイト:http://kokonoejinja.jp/

御由緒

 大宮台地の先端部に位置し、久保山と呼ばれる丘に当社は鎮座している。この久保山は、その昔、平将門が砦を築いたという言い伝えがあるように、周囲の村々がよく見渡せ、当社境内の御嶽山に登れば筑波山や日光連山を一望することができる。また、境内には樹齢五百年以上のスダジイの大木が二本あり、市記念天然記念物になっている。
 『風土記稿』原村の項に「氷川社 本地十一面観音を安す、村の鎮守にて別に供免を附す」とあるように、当社は元来は氷川社といい、享保年間(1716-36)、境内の西に隣接する真言宗の密蔵院の中興第十六世法印栄尊が武蔵一宮氷川神社を勧請したことに始まると伝える。明治に入ると、神仏分離によって別当を離れ、原村の村社になったが、政府の合祀政策に従い、領家の神明社・慈林の氷川稲荷合社・藤八の菅原社・吉蔵の八幡社・北谷の稲荷社・花栗の稲荷社・苗塚の稲荷社・小山の氷川社という近隣の村社8社をはじめとした計32が当社に合祀された。そのため、当社は、村社が9社重なった神社ということから九重神社と改称した。
 太平洋戦争の敗戦により人心は混乱し、境内は浮浪者の塒と化し、昭和二十三年には失火により社殿が消失した。これを機に、氏子は心を一つに再建に励み、同二十六年十月十五日、現社殿を落成させた。(境内の掲示より)

参拝情報

参拝日:2017/06/20(御朱印拝受)
参拝日:2017/05/19(御朱印拝受/ブログ内画像撮影)
参拝日:2017/03/23(御朱印拝受/御朱印帳拝領/ブログ内画像撮影)
参拝日:2016/09/27(御朱印拝受)
参拝日:2015/12/09(御朱印拝受)

御朱印

初穂料:300円(通常御朱印)・600円(御神木御朱印)・400円(スダじい御朱印)
社務所(氏子会館)にて。

※見開きの「御神木御朱印」も開始し、季節限定の「御神木御朱印」も用意。
※当社のマスコットキャラ「スダじい」の月替り御朱印も用意(初穂料:400円)。
※兼務社の「三ツ和氷川神社」の御朱印も頂ける。

最新の御神木御朱印情報
「梅雨の御神木御朱印」6月10日-28日まで(Twitter
最新の限定御朱印情報
「夏越大祓特別御朱印」6月24日-7月2日まで(Twitter
神職が真菰和紙を原料から作り奉製した特別な御朱印。400体で頒布終了。
季節の御神木御朱印情報
「秋の御神木御朱印」例大祭翌日-約2週間(Twitter
「冬の御神木御朱印」1月初旬-1月末まで(Twitter
「幻の桜 安行桜 御神木御朱印」安行桜開花-東京ソメイヨシノ開花まで(Twitter
「春の御神木御朱印」東京ソメイヨシノ開花宣言-葉桜まで(Twitter
「新緑の御神木御朱印」初夏の時期(木々が芽吹いたら)-約2週間(Twitter
「梅雨の御神木御朱印」関東梅雨入り-2・3週間まで
「夏の御神木御朱印」夏の間
「通常の御神木御朱印」限定の御神木御朱印の時期以外

[2017/03/23拝受]
(通常御朱印)

[2017/06/20拝受]
(梅雨の御神木御朱印)

[2017/05/19拝受]
(新緑の御神木御朱印)

[2017/03/23拝受]
(春の御神木御朱印)

[2016/09/27拝受]
(御神木御朱印)

[2015/12/09拝受]
(旧御朱印)

御朱印帳

初穂料:2,000円(通常版)・1,800円(御神木全揃版)
社務所にて。

オリジナルの御朱印帳を用意。
表面に御神木がデザインされ、裏面に神紋の九曜紋がデザインされたもの。
2017年3月18日より頒布開始となった。

御朱印帳のデザインは同じだが中の違いで2種類用意。
通常版は、御朱印帳に神社の御朱印を押印。
御神木全揃版は、御朱印帳に神社の御朱印帳の他、御神木御朱印と他8種類の幹部分が予め押印。(Twitter
いずれも御朱印帳に名前を入れての頒布となる。(Twitter

[ 表面 ]

[ 裏面 ]

[ 中 ]

授与品・頒布品

安全安全ステッカー
初穂料:300円
社務所(氏子会館)にて。

%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%83%e3%82%ab%e3%83%bc

御守
初穂料:─
社務所(氏子会館)にて。

※御朱印を拝受した際(2015年)に授与して下さった。(現在は行っていない)

%e5%be%a1%e5%ae%88

歴史考察

安行のひかわさま

埼玉県川口市安行原に鎮座する神社。
旧社格は村社で、旧原村(後に安行村)の鎮守。
元は氷川信仰の「氷川神社」と称されていた。
明治になり近隣の村社が9社合併し「九重神社」となる。
現在でも氏子崇敬者からは「ひかわさま」と呼ばれる事が多い。

別当寺・密蔵院の僧により創建

社伝によると、享保年間(1716年-1736年)に別当寺であった「密蔵院」(現在も隣接)の中興であり第十六世法印栄尊が、武蔵一之宮「氷川神社」より勧請して創建、と伝わる

「密蔵院」は、文明元年(1469)に中興された寺院であり、二代将軍・德川秀忠より寺領11石の御朱印状を拝領し、近隣に数多くの末寺を擁していた寺院。
現在も埼玉県南部で有数の古刹であり、この寺院を中心にして当地が栄えたと云える。
江戸時代のこの地は「密蔵院」を中心に、村として大きく発展し始めたという事もあり、開拓の神として知られる氷川神を村(旧原村)の鎮守としてお祀りしたものと推測できる。大宮の「氷川神社」が氷川信仰の総本社という事もあり、川口市周辺にも大変多くの「氷川神社」があり、氷川神を勧請したのは自然な事であろう。

当時は神仏習合の時代で、別当寺「密蔵院」と一体とも云え、本地仏として十一面観音像をお祀りしていたと伝わる。

真言宗智山派の埼玉県川口市安行「密蔵院」の公式ウェブサイトです。550年の伝統と平将門所縁の寺院です。早春の安行桜の季節は多くの参拝者が訪れます。

江戸時代の史料から見る当社

文化・文政期(1804年-1829年)に編纂された『新編武蔵風土記稿』には当社についてこう書かれている。

(原村)
密蔵院
新義真言宗、山城國醍醐無量壽院の末、海壽山萬福寺と號す。寺領十一石は大猶院殿より賜はれり。開山の僧を永海と云。明應二年十月十六日寂す。本尊地蔵は慈覚大師の作なりと云。
撞鐘。鐘楼は近き頃丙丁の災にかかり再造ならず。故に假に材て立て寶永二年鋳造の鐘をかく。
氷川社
本地十一面観音を安す。村の鎮守にて別に供免を附す。

別当寺であった「密蔵院」の項目に付属して書かれており、原村の鎮守として氷川信仰の「氷川社」と呼ばれていた事が分かる。
上述の通り、本地仏として十一面観音像をお祀りしていたようだ。

原村の項目を見ると、徳川家の御料地となった後に、東叡山「寛永寺」領であったとも記されている。
別当寺であった「密蔵院」と共に、村の鎮守として多くの崇敬を集めたのであろう。

神仏分離と合祀政策・九重神社への改称

明治になり神仏分離。
別当寺「密蔵院」と分離し、「氷川神社」となる。

本地仏であった十一面観音像はこの頃に消失したようで現存しておらず、神仏分離・廃仏毀釈の影響を強く受けたと思われる。

明治六年(1873)、村社に列する。
江戸時代同様に原村の鎮守として崇敬を集めた。

明治二十二年(1889)、町村制施行によって、安行村・原村・赤山領領家村・慈林村・北谷村・苗塚村・小山村・花栗村・藤八新田・吉蔵新田の8村2新田が合併し、「安行(あんぎょう)村」が成立。

明治三十九年(1906)の古地図がある。
当時の当地周辺の地理関係を確認する事ができる。

今昔マップ on the webより)

赤円で囲ったのが当社で、現在と同じく「密蔵院」の隣に鎮座。
大きく安行村と記されており、周辺には大字の地名が残っている。
安行村には各地に鳥居の記号を見る事ができ、こうした安行村の神社の多くが当社に合祀される事となる。

明治四十年(1907)、近隣の神社(安行村のほぼ全域)の計32社が当社に合祀。

当時は一村一社の合祀政策が押し進められた時代であり、上述のように8村2新田が合併して安行村が成立したため、旧村にあった神社が当社に合祀されまとめられた。

合祀された計32社のうち、旧赤山領領家村「神明社」・旧慈林村「氷川稲荷合社」・旧藤八新田「菅原社」・旧吉蔵新田「八幡社」・旧北谷村「稲荷社」・旧花栗村「稲荷社」・旧苗塚村「稲荷社」・旧小山村「氷川社」の8社はいずれも村の鎮守として村社に列していた神社。
8社の村社と当社で、計9社の村社が当社に重なったという事から、九つ重なるで「九重神社」という現在の社号に改称。
そのため、当社には大変多くの相殿神が存在している。

多くの村が合併し、その結果、当社に神社がまとめられた歴史を見ても、当社は安行の信仰の中心であったとも云えるだろう。これはそれまで別当寺であった「密蔵院」が名刹として名高かった事も影響していたのかもしれない。

第二次世界大戦の戦火は免れる。

昭和二十三年(1948)、浮浪者のねぐらになっていたようで、その影響もあり社殿が焼失。
昭和二十六年(1951)、氏子崇敬者によって現在の社殿が再建。

昭和三十一年(1956)、川口市に編入され安行村は消滅、翌年には川口市と草加町(現・草加市)の境界変更もあり、旧安行村の一部地域が草加町に編入された。
現在は、川口市東部(安行・安行領家・安行原・安行慈林・安行藤八・安行吉蔵・安行北谷・安行小山・安行出羽・安行西立野)と、草加市西部(原町・北谷・苗塚町・小山・花栗・松原4丁目)が、ほぼかつての安行村域になる。

これらの鎮守を担っていた事もあり、崇敬の篤さを感じさせてくれる。
現在も旧社名から「安行のひかわさま」と呼ばれ崇敬を集めている。

平成二十八年(2016)、木造の旧一之鳥居が老朽化のため撤去。
img_1027画像は撤去される前の一之鳥居が残った社頭の様子。

その後も境内整備が行われ現在に至っている。

平将門の伝承が残る地・将門が使用した九曜紋

こうした当社の御由緒とは別に、この地は当社が創建する以前より平将門の伝承が残る地とされる

当地は大宮台地鳩ヶ谷支台と呼ばれる台地上。
大宮台地の南端に位置し、舌状に突き出た先端部に鎮座しているのが当社。

周囲をよく見渡せるため、かつて平将門が砦を築いたという言い伝えが残っており、将門伝説が残る地と云える。
この地の人々は、古くから久保山と呼んだそうで、現在も境内には末社・御嶽山として整備され周囲が見渡せるようになっており、当時の様子をうっすらと残している。

当社の別当寺であった「密蔵院」にも平将門にまつわる逸話が古くから言い伝えられている。
文明元年(1469)に中興された別当寺は、かつて德川秀忠より寺領11石の御朱印状を拝領し、近隣に数多くの末寺を擁していた中本寺格の寺院であった。
img_0995現在も規模としては比較的大きく川口市有数の寺院であり、崇敬を集めているのがよく分かる。

この「密蔵院」の本尊となっているのが、延命地蔵菩薩。
総高二尺一寸五分の慈覚大師の作と伝えられており、平将門の念持仏の伝承をもつと云う。

念持仏(ねんじぶつ)とは、個人が身辺に置き私的に礼拝するための仏像。

将門の死後より随分と経った話ではあるが、平将門の念持仏と伝わる延命地蔵菩薩を本尊としている事からも、この地に将門にまつわる伝承が残っていたものと推測でき、別当寺と密な関係であった当社にもそういった要素が残っている。

当社の神紋、旧別当寺「密蔵院」の寺紋は「九曜紋」となっている。
平将門が信仰した妙見信仰との繋がりも深い九曜紋。

将門は九曜紋を使用したと云われており、将門公を御祭神に置く寺社(「国王神社」「築土神社」など)には九曜紋を神紋としている事が多い。
元々は「氷川神社」であった当社が、現在の「九重神社」に改称したのは、九つの村社が合祀されたからなのは上述した通りなのだが、神紋である「九曜紋」と「九重」の文字の偶然も、何だかとても面白いものを感じてしまう。

境内案内

密蔵院の横にある小さな鎮守

最寄駅は埼玉高速鉄道の戸塚安行駅か、東武スカイツリーラインの松原団地駅になるのだが、いずれの駅からも結構な距離があるため「川口の秘境」と称される事もある。
別当寺であった「密蔵院」の横にあり、横のやや細い参道を通っていく。
以前は一之鳥居として木製鳥居が置かれていたが、老朽化のため平成二十八年(2016)秋に撤去となった。

参道には石段があり鳥居が二基続く。
一之鳥居の先に石段がありその先に二之鳥居。
鳥居を潜ってすぐ右手に手水石。
簡易な形になってはいるが、水道から水は出るので清める事ができる。

社殿は昭和二十六年(1951)に再建されたもの。
造りとしては簡素ではあるが、戦後の混乱期である昭和二十三年(1948)、浮浪者のねぐらになっていた影響で社殿が焼失してしまったものの、こうして氏子崇敬者の力で再建された社殿。
賽銭箱や向拝部分に、上述した九曜紋の神紋を見る事ができる。
近年になって社殿周辺も整備が行われており、以前よりも立派な姿となっている。

当社のシンボルである御神木のスダジイ

社殿の左手裏には2本の御神木。
樹齢500年以上というスダジイの木で、川口市指定の保存樹木になっている。
その内の1本は幹周り6.5mもあり、記録されているシイの木の中では埼玉県で最も太い。
大変立派な御神木であり、当社のシンボルとも云えるであろう。

平成二十八年(2016)には、当社のマスコットとして「スタじい」が誕生。
御朱印などにも使われ、当社の魅力を広めるために一役買っている。

安行で1番標高の高い御嶽山

御神木の先には、境内末社の「御嶽山」へと続く。
小高い塚のようになっているのが特徴。
安行で1番標高の高い場所となり、海抜32mほど。
頂上には「御嶽山・三笠山・八海山」の石碑が置かれる。
木曽御嶽山を御神体とする御嶽信仰による末社と思われ、当社氏子たちの間で、御嶽信仰の講社があったものと思われる。

ここがかつて久保山と云われ、平将門が砦を築いたという言い伝えが残る場所。
木々によって視界が遮られてしまうため、現在はそこまで見晴らしがよい訳ではないのだが、よく晴れた日は筑波山や日光連山などを望める。

冬の晴れた日には筑波山など遠くまで見渡す事ができる事が多い。

社殿の裏手には凱旋碑。
御嶽山から回り込む事もできるが、道が不安定なので注意。

御神木御朱印などの限定御朱印・御朱印帳

御朱印は社務所(氏子会館)にて。
大変丁寧に対応して下さった。
呼び鈴ではなく、ラッパを勢い良く鳴らす形となっているのが面白い。

2015年に参拝した際は、御朱印を拝受した際に御守も一緒に頂いたが、現在は行われていない。

兼務社である「三ツ和氷川神社」の御朱印も拝受できる。

旧三ツ和村鎮守。中居村・上新田村・小渕村が合併により三ツ和村が成立。江戸時代の本殿が現存・正一位氷川社。三ツ和地区の歴史・鳩ヶ谷市から川口市へ。本務社は「九重神社」。御朱印。

2016年9月中旬より、御神木のスタンプを押した見開きの御神木御朱印を開始。
左が春の御神木御朱印で、右が通常の御神木御朱印。
季節に応じて限定の御神木御朱印となり、1年間を通して複数の御神木御朱印を用意する予定。

季節の御神木御朱印情報
「秋の御神木御朱印」例大祭翌日-約2週間(Twitter
「冬の御神木御朱印」1月初旬-1月末まで(Twitter
「幻の桜 安行桜 御神木御朱印」安行桜開花-東京ソメイヨシノ開花まで(Twitter
「春の御神木御朱印」東京ソメイヨシノ開花宣言-葉桜まで(Twitter
「新緑の御神木御朱印」初夏の時期(木々が芽吹いたら)-約2週間(Twitter
「梅雨の御神木御朱印」関東梅雨入り-2・3週間まで
「夏の御神木御朱印」夏の間
「通常の御神木御朱印」限定の御神木御朱印の時期以外

最新の御神木御朱印情報
「梅雨の御神木御朱印」6月10日-28日まで(Twitter
最新の限定御朱印情報
「夏越大祓特別御朱印」6月24日-7月2日まで(Twitter
神職が真菰和紙を原料から作り奉製した特別な御朱印。400体で頒布終了。

2017年1月からは、当社のマスコット「スダじい」の月替り御朱印(初穂料:400円)も用意。
こちらは月替りの御朱印となっている。

2017年3月18日よりオリジナル御朱印帳の頒布を開始。
表面に御神木がデザインされ、裏面に神紋の九曜紋がデザインされたもの。
御朱印帳には名前と授与日を揮毫しての授与となる。
転売防止や取り違え防止といった意味合いでも興味深い対応。

御朱印帳のデザインは同じだが中の違いで2種類用意。
通常版は、御朱印帳に神社の御朱印を押印。
御神木全揃版は、御朱印帳に神社の御朱印帳の他、御神木御朱印と他8種類の幹部分が予め押印。(Twitter
いずれも御朱印帳に名前を入れての頒布となる。(Twitter

御神木全揃版の御朱印帳は、このように幹部分が予め押印してある。
全9種類の御神木御朱印が予定されており、当社専用の御朱印帳として使うと良いだろう。

御神木御朱印は季節に応じて葉色が変化するが、実際のスダジイは常緑樹であるため、一年中青々とした葉色であり、力強さを感じる事ができる。
立派な御神木をシンボルに、御朱印などを使い当社の魅力をアピールする事で、新規の参拝者を開拓したいという努力を感じられ、こうした活動は素晴らしい事だと思う。

密蔵院にかけて咲く幻の安行桜

当社の境内ではないのだが、当社にかけての「密蔵院」の参道に安行桜が植えられている。
こちらは当社の境内から見下ろしたもの。

安行桜(あんぎょうざくら)は、ソメイヨシノよりも早く咲く早咲きの桜。
ピンクの色彩がやや濃く、花がやや小ぶりなのが特徴。

例年、3月中旬から下旬にかけて楽しむ事ができる。
春のお彼岸の季節と重なる事で、花見や参詣者で賑わう。
安行桜の生みの親である沖田雄司氏にちなみ、沖田桜とも呼ばれる。

安行桜の生みの親である沖田雄司氏は、2017年3月にお亡くなりになり「密蔵院」で葬儀が行われた。

当社でも安行桜にちなみ「幻の安行桜 御神木御朱印」を用意していた。
当社へ向かう参道にあるので、早咲きの桜を楽しむ事ができる。
旧別当寺「密蔵院」と共に、参詣されるのがよいだろう。

所感

安行の鎮守として崇敬を集める当社。
旧別当寺「密蔵院」は現在も規模が大きいのだが、当社はその隣にひっそりと鎮座している。
それでも「九重神社」の名の由来にあるように、安行原の村社が集まり氷川信仰だけでなく、多くの御祭神が合祀され、この地域の信仰を一手に担っていた事が伺える。
また、平将門の伝承が残る地で、後年に出来た神社と旧別当寺ではあるが、九曜紋の紋など色々と興味深いところが多い。
御朱印をお受けした際の対応も心地よく、またスダジイの御神木や社殿裏手の御嶽山など見どころがあり、最近は氏子崇敬者を大切にしつつも、御朱印で新しい層を開拓したいという意欲を感じる事もできる。
様々な努力を感じる事ができ、小さいながらも雰囲気の良い良社である。

神社画像

[ 一之鳥居・社号碑 ]


[ 石段・二之鳥居 ]

[ 二之鳥居 ]

[ 参道 ]

[ 手水石 ]

[ 拝殿 ]






[ 本殿 ]

[ スダジイ・社殿 ]



[ スダジイ ]





[ 御嶽山 ]



[ 半縄坂開墾記念碑 ]


[ 御嶽山 ]



[ 凱旋碑 ]

[ 社務所 ]



[ 御籤掛 ]

[ 絵馬掛 ]

[ 境内より安行桜 ]

[ 案内板 ]

[ 安行桜(密蔵院参道) ]




Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google