田園調布八幡神社 / 東京都大田区

image

神社情報

田園調布八幡神社(でんえんちょうふはちまんじんじゃ)

御祭神:誉田別命
旧社格:村社
例大祭:9月上旬の土・日曜
所在地:東京都大田区田園調布5-30-16
最寄駅:田園調布駅・九品仏駅
公式サイト:http://yukigaya.info/denen/

御由緒

創建
 田園調布八幡神社の創建は鎌倉時代の建長年間(西暦1249〜1256)と伝えられる。この時代、鎌倉幕府は執権の北条氏が実権を握り、国内基盤固めを行っていた。各地で武士達はもとより村人達も幕府に忠誠を尽くす意味もあり、源氏の氏神を祀る八幡信仰が盛んで、多くの八幡神社が建てられた。
 当時、この村の西側、現在の雙葉学園南側の盆地は篭谷戸(ろうやと…今もそう呼ぶ年配者もいる)と呼ばれる入江で、多摩川の水が滔々と打ち寄せる自然の良港であり、物資を積んだ舟が盛んに出入りしていた。また、この村の高台部分には東より西へ貫いて鎌倉街道が通り、篭谷戸の港に接続していた。港を中心としてこの一体には多くの鎌倉武士が駐屯し、鎌倉街道の要衝の地となっていた。そして、この八幡神社の地は港の入口に突き出した台地で、舟の出入りを監視できる重要な場所であった。鎌倉武士はその重要な場所に祠を建て、八幡神社を勧請した。以来、この八幡神社の地は聖地となり、人々に崇められてきた。
中興
 天正十八年(西暦1590)小田原北条氏滅亡後、八王子城主、北条氏照の旧臣、落合某がこの村に庵を結び、主家の冥福を祈った。そして、寛永年間(西暦1624〜1644)、落合某の孫、落合弥左衛門らによりこの聖地に新たな社殿が創建され、ご神体が祀られた。
 江戸時代、この神社は武蔵国荏原郡世田谷領上沼部村に属し、明治中期の四村合併まで村社であった。寛政四年(西暦1792)には、この村の知行主となった神谷縫之助も氏神とするなど、今日まで常にこの地域の人々の心の拠り所として崇敬されて来たのである。(境内の掲示より)

参拝情報

参拝日:2016/09/14

御朱印

初穂料:300円
雪ヶ谷八幡神社」社務所にて。

※普段は神職が常駐していないため、本務社「雪ヶ谷八幡神社」にて拝受できる。

%e7%94%b0%e5%9c%92%e8%aa%bf%e5%b8%83%e5%85%ab%e5%b9%a1%e7%a5%9e%e7%a4%be

スポンサーリンク

考察

田園調布の八幡さま

東京都大田区田園調布に鎮座する神社。
旧社格は村社で、旧上沼部村(現在の田園調布の一部)の鎮守。
現在は神職は常駐しておらず「雪ヶ谷八幡神社」の兼務社となっている。

鎌倉武士による八幡信仰

社伝によると、鎌倉時代の建長年間(1249年-1256年)に創建とある。

当地はかつて上沼部村という村であった。
上沼部村の西側(当社よりやや北側)にある盆地は篭谷戸(ろうやと)と呼ばれる入江があり、当時は現在と多摩川の位置や流れも違い、その場所が自然の港であったようだ。

更に上沼部村の高台部分には鎌倉街道が通り、篭谷戸の港に接続していた。
鎌倉との行き来には必ず多摩川を渡る必要があったため、物資や人を積んだ舟が盛んに出入りしていたとされ、篭谷戸の港は鎌倉街道の要衝の地として、多くの鎌倉武士が駐屯していた。

当社の鎮座地は、篭谷戸の港の入口に突き出した台地(現在も高台に鎮座している)であり、舟の出入りを監視できる重要な場所であった。
そのため、鎌倉武士がこの地に祠を建てて、源氏の氏神である「八幡神社」を勧請したと伝わる。

当時は神社というよりも、小さな祠があるだけだったようだが、鎌倉幕府が倒幕された後も、聖地として村民たちによって崇敬されていたとされる。

江戸時代に入り鎮守として中興

天正十八年(1590)、豊臣秀吉による小田原征伐によって、関東を支配していた後北条氏が滅亡。

その中には、北条氏康の三男で八王子城主であった北条氏照という人物がおり、敗戦後は切腹を命じられている。
その北条氏照の旧臣であった、落合某が上沼部村に落ち延び、村に庵を結び、主家の冥福を祈ったという。

江戸時代になり、寛永年間(1624年-1644年)に落合某の孫である落合弥左衛門らにより、村内で聖地とされていた当地に、新たに社殿を造営、御神体が祀られた。
現在のように神社の形となったのは、この頃と見る事ができるだろう。

寛政四年(1792)、村の知行主となった神谷縫之助も当社を氏神として篤く崇敬しており、上沼部村の鎮守として崇敬を集めた事が分かる。

当時の多摩川は良く氾濫・洪水をする河川であり、高台に鎮座していた当社への崇敬が篤かった事は想像に難くない。

江戸時代の史料から見る当社

文化・文政期(1804年-1829年)に編纂された『新編武蔵風土記稿』には当社についてこう書かれている。

(上沼部村)
八幡社
除地5段畝、村の中央にあり。上屋2間四面、中に宮作りの祠を置。坤の方に向へり。神体は束幣にて馬上にのり弓筒を幣せし像なり。長6寸あまり。尤新作にて古像にあらず。此村の鎮守なり。毎年9月14日祭礼なり。隣村東光院の持。
石華表。幅6尺、鳥居の外に石階あり。6級、7級、又鳥居の内にも6級あり。
末社稲荷社。本社の左にある小祠なり。

「八幡社」として記されており、上沼部村の鎮守だったとある。
御神体は新しいものとあり、これが御由緒にある寛永年間(1624年-1644年)に社殿を作った際に祀った神像なのであろう。

石華表とは石鳥居の事であり、鳥居の先に石段が続き当社が今と同様に高台にあった事と、境内末社に稲荷社があった事が記されている。
このように現在とかなり近い規模の境内だった事が推測できる。

隣村(下沼部村)の「東光院」(大田区田園調布本町)が別当寺であった。

明治維新とその後の歩み

明治に入り神仏分離。
当社は上沼部村の鎮守として、村社に列した。

明治二十二年(1889)、町村制の施行に伴い、上沼部村、嶺村の全域と、下沼部村、鵜ノ木村の大部分が、合併し調布村となる。
この頃は、東京府荏原郡調布村大字上沼部という住所表記になっていた。

4村の合併により調布村となったため、この頃には村社からは外れ、無格社となった。

大正に入り、当地が田園調布となって以後(後述)は、日本有数の高級住宅街である田園調布の鎮守として崇敬を集める。

当社は、田園調布1丁目64番・3丁目・4丁目・5丁目の氏神様として現在に至っている。

田園調布の歴史と由来

当社は田園調布の一部区域の鎮守であるため、田園調布の歴史にも少し触れたい。

大正七年(1918)、日本資本主義の父ともいわれる渋沢栄一を中心として立ち上げられた「田園都市株式会社」によって、旧上沼部村と旧下沼部村の周辺は「理想的な住宅地である田園都市の開発」が行われる。
これが、現在の「田園調布」である。

大正十二年(1923)、田園都市株式会社が開発した当地を「田園都市多摩川台」として分譲を始める事となり、同年には目蒲線が開通し「調布駅」が開業した。
大正十五年(1926)、田園都市の意味合いを持たせるために「田園調布駅」へ改名。

この「田園調布駅」の駅名が、次第に地域名として使用されるようになり、日本有数の高級住宅街である田園調布が成立する。
こうした駅名が新しい地名として使用されるのは、新興住民の多い土地によく見られる。

かつては「上沼部村」「下沼部村」であった地が、明治以後に周辺の村と合併し「調布村」となり、都市開発の事業名と駅名から「田園調布」という名で浸透していったという経緯になる。
こうした経緯があるため、上沼部村の鎮守であった当社は、現在も田園調布の一部地域を氏子区域としている。

なお、下沼部村の鎮守は「多摩川浅間神社」であり、こちらも田園調布(ほぼ残りの区域)を氏子区域としており、この2社が「田園調布鎮守」と云う事ができるであろう。

多摩川浅間神社 / 東京都大田区
田園調布(旧下沼部村)鎮守。都内唯一の浅間造社殿。月替りのカラフル御朱印。富士山を眺望できる眺望スポット。『シン・ゴジラ』のロケ地。富士登山を模した溶岩参道。田園調布の歴史と由来。古墳の上に鎮座。北条政子にまつわる創建の伝承。御朱印。

丸子川の先の高台に鎮座する八幡さま

田園調布駅からは徒歩15分の距離にあり、田園調布らしい高級住宅街の一角に鎮座。
image御由緒にもあるように台地に鎮座しており、石段が続いている。

一之鳥居の先には小さな橋が架けられ丸子川が流れる。
imageかつての六郷用水であり、暗渠になっている部分も多いのだが、当地の近くでは開渠となっており、今ではほぼ見る事ができない幻の六郷用水の面影を見る事ができる。

石段が続き石段の先には二之鳥居。
image二之鳥居を潜ると右手に手水舎となっている。
普段は無人の兼務社であるが、手水舎はしっかりと水が出るようになっていた。

社殿は小さめながら年代を感じる造り。
image造営時期は不明ながら戦前のものと思われる。
image状態もよく整備されていて、地域からの崇敬を感じる事ができる。

社殿の前にある狛犬には大正十年(1921)奉納と記されている。
image大正七年(1918)に田園調布の元となる田園都市の開拓が行われており、大正十二年(1923)に土地の分譲が始まった事から、まだ田園調布ができる前の奉納物である。

社殿の右手には境内社の稲荷社。
image『新編武蔵風土記稿』にも末社として記されており、古くから当地に祀られていたお稲荷様なのだろう。
今も氏子崇敬者からの幟旗が多く並び、崇敬されている事が伝わる。

境内の左手には新しく立派な社務所がある。
image大変立派な社務所であるが、こちらは普段は氏子の寄合所・参集殿のようになっており、無人の事も多く、神職の常駐はしていない。
当社は、現在「雪ヶ谷八幡神社」の兼務社となっているため、御朱印も「雪ヶ谷八幡神社」の社務所にて拝受できる。

雪ヶ谷八幡神社 / 東京都大田区
旧雪ヶ谷村(南雪谷・東雪谷)の鎮守社。太田康資による創建。「昭和の大横綱」大鵬による出世石と逸話。民間信仰を伝える江戸時代の庚申供養塔群。戦後再建の存在感ある社殿。御朱印。

所感

田園調布の一部区域の鎮守である当社。
現在も高台に鎮座し、氾濫の多かった多摩川から、上沼部村を守る鎮守として崇敬を集めたのであろう。
現在は神職が常駐しない兼務社であるが、境内はとても綺麗に整備されている事からも、定期的な手入れが行われている事が伺える。
高級住宅街として発展した田園調布の氏神様であり、立派な社務所など、境内はこうした氏子によって維持されているのが分かる。
状態の良い社殿や、境内社の稲荷社にも多くの幟旗が立ち、今も氏子によって大切に崇敬されている事が伝わる良い鎮守である。

神社画像

[ 一之鳥居 ]
image
[ 橋・石段 ]
image
[ 丸子川 ]
image
[ 石段・二之鳥居 ]
image
[ 二之鳥居 ]
image
[ 手水舎 ]
image
[ 拝殿 ]
image
image
image
image
[ 拝殿・本殿・稲荷社 ]
image
[ 本殿 ]
image
[ 狛犬 ]
image
image
[ 稲荷社 ]
image
[ 倉庫 ]
image
[ 社務所 ]
image
[ 案内板 ]
image

Google Maps