六所神社(六所之宮) / 千葉県市川市

image

神社情報

六所神社(ろくしょじんじゃ)
六所之宮(ろくしょのみや)

御祭神:大己貴尊・伊弉諾尊・素盞嗚尊・大宮売尊・布留之御魂・彦火瓊々杵尊
社格等:下総国総社・村社
例大祭:10月20日
所在地:千葉県市川市須和田2-22
最寄駅:市川真間駅・市川駅
公式サイト:─

御由緒

当六所之宮は、いまを去る1881年前人皇十二代景行天皇の勅願によって
大己貴尊 伊弉諾尊 素盞嗚尊
大宮売尊 布留之御魂 彦火瓊々杵尊
六神を祭礼した宮と伝えられ国府台字府中の六所の森(現在の国府台スポーツセンター内市民体育館)北に鎮座していました。
その後下総国の総社として国守による祭礼が行われて来ましたが戦国時代には里見氏、北条氏、千葉氏の各諸将の守護を受け、さらに徳川氏からは朱印賜り、篤崇敬されていました。
御神徳勇武の神として宏く、幸運招来、厄払い、縁結びさらに学問の神として須和田、真間、根本、市川の四カ村の鎮守として古くから崇められて来ました。
明治十九年境内が陸軍用地となったため此の地に遷座されました。

平成八年七月吉日(境内の掲示より)

参拝情報

参拝日:2016/08/09(ブログ内画像撮影)
参拝日:2015/06/15(御朱印拝受)

御朱印

初穂料:300円
葛飾八幡宮」社務所にて。

※本務社の「葛飾八幡宮」にて御朱印を拝受できる。

六所神社

スポンサーリンク

歴史考察

下総国の総社と伝わる神社

千葉県市川市須和田に鎮座する神社。
旧社格は村社で、須和田の鎮守。
現在は大変規模の小さな鎮守となっているが、下総国の総社に比定される神社であり、かつては「六所の森」と呼ばれる場所(現在の国府台公園・市川市スポーツセンター)に鎮座していた。

大変歴史の古い土地・国府台に創建

社伝によると、12代景行天皇(在位71年-130年)の勅願による創建と伝わる。
image現在も石碑には「景行天皇勅願所」の文字を見ることができる。

創建地は、現在の市川市国府台(こうのだい)にある「国府台公園」の「市川市スポーツセンター」付近に鎮座していたとされている。
現在も小さな「下総総社跡」の碑が建っており、かつてこの一帯は大樹が多く「六所の森」と呼ばれていた。

この旧鎮座地や国府台周辺の歴史は大変古い。

国府台の北部には現在は宅地化されているものの、丸山遺跡という旧石器時代の遺跡があり、弥生時代には規模の大きな環濠集落があったことが発掘調査によって明らかになっている。
古墳時代には、国府台周辺に数十もの古墳が築かれたと推定されており、旧鎮座地からも竪穴住居の遺構が見つかっている。

このように大変古い時期から人々の生活が営まれていたのが、国府台という土地であり、古くから祭祀など行われた神聖な土地が、旧鎮座地であったものと推測できる。

その後、律令国となると下総国の国府は、国府台に置かれる。
国府台の地名は正に国府が置かれていた事による。

国府が置かれた土地

日本に律令制が成立し、律令国となると当地周辺は「下総国」に属する事になる。
下総国の国府は、当時の葛飾郡(現在の千葉県市川市の国府台)に置かれ、国府台周辺からは国府関連施設と思われる遺跡が発掘されている。

国府とは、国司が政務を執る施設が置かれた都市であり、いわば下総国の政治的な中心が市川市国府台周辺であった。
当社は正に下総国の政治的な中心地に鎮座した事になる。

総社の成立と役割

国府の近くには「総社(そうじゃ)」と呼ばれる神社が置かれる事が多かった。
特定地域内の神社の御祭神を集めて祀った神社を「総社」と呼ぶ。

当時の律令制において、国司が着任後に行う最初の仕事は、任国内の諸社に神拝する事であった。
なお、この時に巡拝する順番が、現在も残る「一之宮」といった格式である。
国司が赴任後、一番最初に神拝していた神社が一之宮と云う事ができるだろう。

しかしながら、各国は大変広く移動などには多大な労力がかかる。
そこで平安時代になると、国府の近くに有力な御祭神を集めて祀った「総社」を設け、総社を詣でることで各社の巡拝を省く事が制度化された。
正に効率化によって誕生したのが「総社」と云う事ができるだろう。

総社として新たに創建する事もあれば、既に国府近くに鎮座していた神社を総社とする事もあったようで、当社は恐らく後者であったと思われる。

当社の御祭神と一之宮「香取神宮」の関係

下総国総社とされた当社の御祭神を見てみると、大己貴尊・伊弉諾尊・素盞嗚尊・大宮売尊・布留之御魂・彦火瓊々杵尊の六柱が祀られている。
imageこの事から「六所之宮」とも「六所神社」とも呼ばれた。

一方で下総国一之宮「香取神宮」の御祭神は、経津主大神である。
国司が赴任後、一番最初に神拝していた神社が一之宮であり、上述のように効率化によって誕生した総社の役割を考えるのであれば、一之宮「香取神宮」の御祭神が祀られていないのは不思議に感じる。

これにはいくつかの理由があったのであろう。
まず「香取神宮」は古代より朝廷へ名が届き、非常に力の大きな大社であった。
正に別格という扱いであり、「香取神宮」への参拝を効率化で省く事はできないという事情があったのではないかと思われる。

さらに、当社に祀られる六柱は、関東圏の総社で良く祀られる神々である。
代表的なのが武蔵国総社「大國魂神社(六所宮)」であり、江戸時代以前の「大國魂神社(六所宮)」の古い御祭神は、まさにこの六柱がお祀りされている。
香取神宮」と対になる「鹿島神宮」がある常陸国の総社「常陸國總社宮」でも、この六柱がお祀りされている事が分かる。

武蔵国総社。武蔵国の国魂神・一之宮から六之宮を祀る六所宮。くらやみ祭と淫靡な風習。国府が置かれた府中の歴史。馬場大門のケヤキ並木。広大な境内と見事な随神門・社殿。御朱印。御朱印帳。
常陸国総社。関東三大祭り「石岡のおまつり」。手塚治虫「火の鳥」コラボ。御朱印。御朱印帳。

いわばこの六柱が当時の関東圏での代表的な神々であり、これらをまとめて祀ったのが総社であったと云えるだろう。
力の強い「香取神宮」といった一之宮へは、総社とは別に参拝が行われていたものと思われる。

このように国府の近くに鎮座していた当社は、下総国の総社として、国府台の鎮守として崇敬を集める事になる。

戦乱による荒廃と再興

平安時代には、平将門などの豪族が国府と直接交渉を持ち、そうした状況下の中、国府台が戦火に遭う事も多く、関東豪族の脅威にさらされていた。

特に長保三年(1003)には、平維良の乱が発生。
平維良は下総国府を焼き討ちにし、官物を掠奪している。
まさに当社を含め国府台の土地は灰燼に帰したと伝えられている。

こうした戦乱により国府自体が荒廃していく事になる。
律令制が崩壊すると、荒廃が加速していったのは想像に難くない。
それでも当社は当地周辺を治めた豪族により崇敬を集め再興され、周囲も復興していく事となる。

中世には江戸城を築城した事でも有名な、太田道灌が国府台に仮陣を置き、弟の太田資忠らが国府台城を築いた。
その後、下総国一帯を治めた千葉氏の支配下に置かれるが、戦国時代に同氏が衰退。
すると里見氏・後北条氏などの介入が相次ぎ、国府台合戦の舞台となる。
こうして幾度も戦火による荒廃を繰り返し、次第に疲弊していった事が伺える。

当社は総社として上述したような有力な豪族達より崇敬を集めたようだが、地域の住民からすると総社という役割よりも、国府台の鎮守としての意味合いが強くなっていたように思う。

江戸時代の国府台

徳川家康が関東移封によって江戸入りすると、当社は朱印を賜る事となる。
以後、徳川幕府の世になっても徳川将軍家より朱印を賜った。

泰平の世となり、戦乱によって疲弊した国府台も復興を遂げる。
歌川広重が国府台にある現在の里見公園付近(かつての国府台城跡地)を描いているので紹介したい。

鴻の台利根川風景(歌川広重・名所江戸百景)

歌川広重の代表作『名所江戸百景』から「鴻の台利根川風景」として描かれたもの。
この利根川とは江戸川の旧称であり、小高い崖が里見公園あたりになる。
里見公園付近を描き、江戸時代の国府台ののどかな様子である。
『名所江戸百景』に描かれた中では最も江戸から遠い一枚でもある。

こうしたのどかな国府台の鎮守として、当社は地域からの崇敬を集めた。
特に須和田村と六反田村の二村の鎮守であったと伝わる。
この頃には村の鎮守といった色合いがかなり強くなっていたのであろうし、戦乱の世の荒廃によってかなり規模の小さな神社となっていたものと思われる。

明治維新と現在地への遷座

明治になり神仏分離。
当社は村社に列した。

明治十八年(1885)、国府台に陸軍省が陸軍教導団(陸軍練兵場)を設置。
当社の旧鎮座地も押収される事となり、そのため明治十九年(1886)に現在地へ遷座している。

当地・須和田村が選ばれたのは、神主の屋敷地があったためとされている。
以後、須和田村の鎮守として崇敬を集め、須和田村が国分村に合併後は、須和田地区の鎮守となり、現在に至る。

規模の小さな村の鎮守

現在は大変規模の小さな神社となっている当社。
image須和田の住宅地にひっそりと鎮座する形となっている。
image鳥居前には由緒書きと、上掲した「景行天皇勅願所 府中六所宮」の社号碑が総社としての歴史を伝えている。

鳥居を潜ると参道があり右手には、ブランコが置かれた小さな児童公園。
imageその先の右手に手水舎があり、正面に社殿となっている。

社殿は比較的簡素な造りとなっている。
image荒廃や遷座による諸事情もあり致し方ないところもあるのだろう。
image本殿は歴史を感じさせるもので遷座時に造られたものであろうか。

参道の左手には古い石碑や祠、庚申塔などが並ぶ。
image古い信仰を伝える祠となっており、その左手には境内社。
image御由緒や御祭神が不明ではあるが、遷座前には末社が4社あったと史料にあるため、そういった末社や祠がこうして一緒に遷ってきたと思われる。

以前参拝した時は、境内にある須和田自治会館が古びた建物であったが、現在は新しい建物になっている。
imageこの他、鳥居前には消防団倉庫があったりと、正に鎮守として、小さいながらも地域交流・鎮守の場として、氏子より崇敬を集めている事が伝わる。

御朱印は本務社である「葛飾八幡宮」にて。
下総国総社の文字が嬉しい。

下総国総鎮守。33年に1度の式年大祭。国指定天然記念物・千本公孫樹。入ったら出られない禁足地「八幡の藪知らず」。平将門・源頼朝・徳川家康からの庇護。随神門・鐘楼堂など立派な境内。秋の境内と千本公孫樹・ライトアップイベント。御朱印。御朱印帳。

所感

下総国総社と伝わる当社。
現在はかつての規模を想像できない、とても小さな神社となっている。
それでも各国の総社は一部を除き廃れている神社も多く、総社に比定される神社が見つからない例もあるため、現在もこうして鎮守として残っているのは貴重であろう。
幾度もの荒廃を経ながらも、国府台の鎮守として、遷座後は須和田地域の鎮守として、氏子による崇敬が篤かったからこそ再興され残っている云えるかもしれない。
下総国の古い歴史と信仰の一端を伺う事ができる貴重な神社である。

神社画像

[ 案内板・社号碑 ]
image
image
[ 鳥居 ]
image
[ 参道 ]
image
image
[ 手水舎 ]
image
[ 拝殿 ]
image
image
image
image
[ 本殿 ]
image
[ 狛犬 ]
image
image
[ 境内社 ]
image
[ 祠・石碑・庚申塔 ]
image
[ 須和田自治会館 ]
image
[ 児童公園 ]
image
[ 消防団倉庫 ]
image
[ 案内板 ]
image

Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google