幸稲荷神社 / 東京都港区

image

神社情報

幸稲荷神社(さいわいいなりじんじゃ)

御祭神:伊弉冉命・足仲彦命・譽田別命・息長足姫命・倉稲魂命
相殿神:豊宇迦之女命(瘡護神社)・他十柱
社格等:村社
例大祭:8月14日・15日
所在地:東京都港区芝公園3-5-27
最寄駅:神谷町駅・御成門駅
公式サイト:http://www.saiwaijinja.or.jp/

御由緒

幸稲荷神社のいわれ
 幸稲荷神社は、江戸初期の寛永年間に府内古社十三社に定められ、東京でも最も古い神社の一つと考えられています。
 当社の創立は時代を更にさかのぼる応永元年(1394年)四月、武蔵国豊島群岸之村(現在の芝大門芝公園十号地)の鎮守として勧請されたと伝えられております。
 古くから、この付近は鎌倉街道にあたり、人々の往来も盛んで、郭公の名所としても知られ、 江戸時代にいたって境内には講談寄席、大弓場、水茶屋等が常設され非常なにぎわいをみせていました。
 社号ははじめ岸之稲荷と称せられておりましたが、氏子・信者中に幸事が続出したためいつの頃からか、幸稲荷神社と尊称されるようになりました。
御祠石
 慶長年間より伝わる社宝 御祠石(みふくらいし)
 由来は増上寺観智国師夢に告あり、翌朝社頭に神拝の折、この石に腰を掛け誓約の事あり、 この石に水を注ぎ心願する 時はいかなる熱病もたちまち癒えるという。
 また子供の夜泣き等ただちに止むと言い伝えられています。(頒布のリーフレットより)

参拝情報

参拝日:2016/06/02(ブログ内の画像撮影)
参拝日:2015/09/14(御朱印拝受)

御朱印

初穂料:300円
社務所にて。

幸稲荷神社

スポンサーリンク

歴史考察

幸稲荷と瘡守神社

東京港区芝公園に鎮座する神社。
元は武蔵国豊島郡岸之村の鎮守で、旧社格は村社。
「幸稲荷神社」と、合祀された「瘡護神社」の二社の社号碑と扁額が掲げられている。
読み方は「さいわいいなり」「かさもりじんじゃ」となっている。

幸事が続いたので幸稲荷

社伝によると、応永元年(1394)に、武蔵国豊島郡岸之村の鎮守として勧請されたとある。
武蔵国豊島郡岸之村とは芝公園十号地エリアで、現在の「増上寺」黒門前付近にあたる。
当初は岸之村の地名から「岸之稲荷」と呼ばれていた。

その後、氏子・崇敬者中に幸事が続いた事から、寛永元年(1624)「幸稲荷神社」と改称されたとされる。
幸事が続いた事での「幸」の社号は、何とも縁起が良い社号であろう。

寛永年間(1624年-1645年)には御府内古跡十三社のうちの一社に定められたと伝わっている。
「御府内古跡十三社」という括り事態を初めて聞いたので、他に定められたの神社はどこかは不明。
あくまで当社の社伝によるものとなっている。

現在地に遷座・江戸の賑わい

境内の御由緒書きによると、正徳三年(1713)に、社地が徳川家用地として上地されたため、現在の鎮座地に遷座とある。
しかし、戦前に纏められた「芝區誌」によると、度々の火災に遭い、文化八年(1811)に現在地に遷座となっている。

古い文献などは失われているようなので、どうしても仕方のない食い違いなのかもしれない。
いずれにせよ、この辺りは昔の鎌倉街道だったという事。
さらに「増上寺」のすぐそこという事もあり人の往来が多いエリアだった事が分かる。

特に社地の一部を貸地として、軍書講談、寄席、上弓場、水茶屋等を設置する事が許可されてからは、大いに賑わったそうだ。

神仏分離・芝公園内の神社を合祀

明治になり神仏分離。
「増上寺」山内に鎮座していた熊野神社・茅野天満宮・松野天満宮・瘡護神社と「金地院」山内に鎮座していた稲荷神社・三峯社を合祀した。
明治七年(1874)には村社に列している。

現在の芝公園は江戸時代までは「増上寺」山内であったので、「増上寺」山内にあった小さな神社や近くの「金地院」山内の神社などが、神仏分離によって当社に合祀されていったという事情を見て取れる。
そのうちでも特に有名だったのが「増上寺」山内に鎮座していた「瘡護神社」という存在である。

合祀された瘡護神社の存在

瘡(かさ)から護るで、「瘡護神社」。
何とも興味深い社名。

この「瘡護神社」は「増上寺」の山内にあり、ここには病気の際に土の団子を供え、平癒したら米の団子を供えるという風習があったとされる。
当地に合祀された後もその風習が続き、崇拝者が多かったという。

この地には古くから「土の団子か、お米の団子か」なんて民謡が存在。
これはこの風習が元になっている。

かつて大正・昭和に活躍した噺家の三代目三遊亭金馬。
彼は東京本所生まれなのだが、1959年に発行されたエッセー「浮世断語」にて、「土の団子かお米の団子かお団子だんご」なんて文を残しており、当時知られた民謡だった事が分かる。

こういった事もあり、合祀後は「瘡護神社」への参拝者のほうが、本社「幸稲荷神社」より多かったという。
この事が現在の境内にも影響を与えているようで、それが何とも面白い。

幸稲荷神社と瘡護神社・二社の社号

東京タワーや芝公園からもほど近い奥まった路地に鎮座する当社。
現在、当社の社号碑には「幸稲荷神社」「瘡護神社」の二社の社号碑がそれぞれ置かれている。
imageまた拝殿の扁額も「幸神社」「瘡護神社」の二社が掲げているのが特徴。
imageこうした事からも「瘡護神社」は合祀され、末社の1つにも関わらず、現在も本社である「幸稲荷神社」と同格に扱われている事が見てとれる。
これらも上述した事情によるものなのだろう。

社殿は小さいながらも装飾が綺麗。
imageこの拝殿の扁額が上述の通り二社掲げられているのが特徴である。
なお、夜間は若干ながらライトに照らされていて綺麗。

境内社は社殿の右手に天満宮が二社合祀。
image茅野天満宮・松野天満宮となっている。

なお、画像の右手奥にある石柱には「萬延二年辛酉二月初午」の文字。
元号としては1年も経たずに変更となった元号であり、萬延(万延)1860年の3月18日に始まり、翌年2月19日に改元されている。
激動の幕末を思わせる石柱となっている。

社宝・御祀石

社殿の右手には「御祀石(みふくらいし)」が置かれている。
imageこれは慶長年間(1596年-1615年)より伝わると云われる社宝。

伝承によれば、観智国師(増上寺十三世)が徳川家康の帰依を受け「増上寺」が芝の地に移転してきた時、国師の夢枕に岸之稲荷大明神が現れ、この石に腰掛けて、荒廃した社殿を再建すれば、寺を守護し氏子崇敬者の繁栄を守ると託宣したと伝わる。
この事から、この石に水をかけ願い事をすると、熱病は癒え、子供の夜泣きも止むとの言い伝えが存在している。
現在も水をかけれるように水入れと柄杓が置かれている。

社務所はその脇を奥に行った先にある。
image丁寧に対応して下さった。

所感

規模はかなり小さく、いかにも村の鎮守といった境内。
場所的にも芝公園や東京タワーの近くにありながら少し奥まった場所にあり分かりにくい。
但し末社の「瘡護神社」のような逸話など興味深い事も多く、未だに崇敬されて続けているのが分かる。
二社の社号碑や扁額などの事情など、興味は尽きない。
なにより、氏子・崇敬者中に幸事が続いた事から「幸稲荷神社」という、この縁起のよい名前が嬉しい。
幸せな事が色々起こる、そんな小さな神社である。

ちなみにすぐ近く東京タワーの大展望台2階には「タワー大神宮」と呼ばれる神社が鎮座している。
東京23区で一番高いところに鎮座すると云われる神社であり、観光スポット向けの観光神社。
そちらは「伊勢神宮」からの勧請であるが、当社の兼務社となっている。
授与品などには当社の名や印が押されているので、注目してみると面白いかもしれない。
かつて芝公園にあった神社の多くが当社に合祀されたように、東京タワーを含め、今もこの地の鎮守なのが伝わってくるエピソードだろう。

神社画像

[ 社号碑・鳥居 ]
image
[ 手水舎 ]
image
[ 拝殿 ]
image
image
image
image
[ 本殿 ]
image
[ 狛犬 ]
image
image
[ 茅野天満宮・松野天満宮・石柱 ]
image
[ 御祀石]
image
[ 社務所 ]
image
image
[ 案内板 ]
image

Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google