佃住吉神社 / 東京都中央区

神社情報

住吉神社(すみよしじんじゃ)

御祭神:住吉三神(底筒之男命・中筒之男命・表筒之男命)・息長足姫命(神功皇后)・東照御親命(徳川家康)
旧社格:郷社
例大祭:8月6日(3年に1度が本祭)
所在地:東京都中央区佃1-1-14
最寄駅:月島駅
公式サイト:http://www.sumiyoshijinja.or.jp/

御由緒

 「西の海阿波伎の原の潮路より顕われ出でし住之江の神」と卜部兼直の和歌にあるように住吉大神は、遠き神代の昔、筑紫の日向の橘の小戸の阿波伎原に於いて顕れた伊邪那岐大神の御子・底筒之男命・中筒之男命・表筒之男命の三柱の神です。
 神功皇后三韓征伐の際、皇后自ら御親祭をなさり住吉三神の御加護により無事達成なさりました。その帰途、摂津国西成郡田蓑島(現・大阪市西淀川区佃)にて、住吉三神を遥拝なさいました。これが大阪佃の住吉の社(現・田蓑神社)の起こりです。
 その後、天正年間より大阪田蓑島の人々と徳川家康公とが深い関わりを持つようになり、家康公の漁業の傍ら田も作れとの命により、村名を田蓑から佃へと改め、また田蓑の名を残すため神社名を住吉神社から田蓑神社へと改めることとなりました。
 その後、家康公が関東下降の際、摂津国佃の漁夫三十三人と住吉の社の神職平岡権大夫好次が分身霊を奉戴し江戸へ下り、寛永年間に幕府より鐵砲洲向かいの干潟を賜り築島しました。そして故郷の名をとり佃島とし、この地に社地を定め、正保三年(1646)六月二十九日、住吉三神、神功皇后、徳川家康の御神霊を奉遷祭祀しました。これが佃住吉神社の起源です。(頒布のリーフレットより)

参拝情報

参拝日:2017/04/13(御朱印拝受/ブログ内画像撮影)
参拝日:2016/01/28(御朱印拝受)

御朱印

初穂料:300円
社務所にて。

※境内社「龍神社」の御朱印も拝受可能。

[2017/04/13拝受]

[2016/01/28拝受]

御朱印帳

初穂料:1,000円
社務所にて。

オリジナルの御朱印帳を用意している。
縁起物が色々と記されたもので3種類用意。

※筆者はお受けしていないので情報のみ掲載。

スポンサーリンク

考察

佃・月島・豊海・晴海の産土神

東京都中央区佃に鎮座する神社。
旧社格は郷社で、佃・月島・豊海・晴海の鎮守。
江戸時代に佃島が築島される際に創建し、以後は埋め立て地域一帯の産土神として崇敬を集めた。
古くから海上安全、渡航安全の守護神として広く信仰されている。

徳川家康と摂津国(大阪)佃村の漁民

社伝によると、正保三年(1646)に創建とされる。
当社の創建には、佃島を築島した摂津国佃島の漁民たちと徳川家康の関係が深く関わってくるので、まずはその関係について述べたい。

天正年間(1573年-1592年)、徳川家康が清和源氏の霊廟「多田院(現・多田神社)」(現・兵庫県川西市)に参詣の時、摂津国西成郡田蓑島(現・大阪市西成区)の漁民たちが神崎川の渡御を勤めた縁で、家康は田蓑島に立ち寄り、島の鎮守であった「住吉神社(現・田蓑神社)」にも参詣。

「住吉神社(現・田蓑神社)」は、神功皇后が三韓征伐よりの帰途、田蓑島(現・大阪市西淀川区佃)に住吉三神を祀ったと伝わる住吉信仰の神社。

家康が漁業の傍ら、田も作れと命じた事で、田蓑村は「佃村」へ改められた。
村民たちは田蓑の名を残すために村の鎮守であった「住吉神社」を「田蓑神社」へと改称した。

他説として、本能寺の変が起こった際に堺にいた家康は、少数のお供を連れていた危機的状況にあり、その際に田蓑島の漁民たちが舟を出し、窮地を助けたという伝承も伝わっている。

以後、佃村(さらに近隣の大和田村)の漁民たちは家康から重宝されるようになり、恩賞として全国での漁業権を与えた。

家康と共に移住・佃島の築島と当社の創建

天正十八年(1590)、関東移封により徳川家康が江戸入り。
家康の命により、摂津国(現・大阪府)の佃村・大和田村の漁夫33人と「田蓑神社」の神職が江戸に移り住む事になる。

寛永七年(1630)、鐵砲洲の向かいにある干潟を幕府から下賜。
これを埋め立てて築島を行う。
正保二年(1645)、島が竣工し、故郷の摂津国佃村にちなんで佃島と命名。

佃島は江戸初期に築造された人工の島である。その隣には石川島と呼ばた島があった。江戸後期に佃島と石川島が一体となり、現在の佃地区となっている。

正保三年(1646)、故郷の「田蓑神社」でお祀りしている住吉三神と共に、息長足姫命(神功皇后)・東照御親命(徳川家康の霊)を祀り、「住吉神社」として創建。

元禄七年(1694)、講組織「佃嶋氏子中」が結成され、佃島の鎮守として崇敬を集める。

江戸切絵図から見る当社

当社の鎮座地は江戸の切絵図からも見て取れる。

(築地八町堀日本橋南絵図)

こちらは江戸後期の築地八町堀日本橋周辺の切絵図。
右が北の切絵図となっており、当社は図の中央下に描かれている。

(築地八町堀日本橋南絵図)

北を上に(反時計回りに90度回転)して、当社周辺を拡大したものが上図。
赤円で囲った箇所が当社で「住吉社」と記されている。

佃島と石川島があり、この時代には両島が一体となっているのが分かる。
佃島から橋が伸びた当社が鎮座する一角は漁師町と呼ばれた。
地域からの鎮守としてはもちろん、江戸湊(東京湾)の玄関口にあるため、船乗りから海上安全、渡航安全の守護神として広く信仰をされるようになる。

江戸名所図会に描かれた当社

天保年間(1834年/1836年)に発行された『江戸名所図会』に当時の様子が描かれている。

(江戸名所図会)

「佃島・住吉明神社」として見開きで描かれている。
本来は4ページに渡り描かれており、左の見開きには鐵砲洲と「鐵砲洲稲荷神社」が描かれている。
江戸湊にあって船が出入りする様子と、当時の佃島の様子が分かる。
遠くには上総・安房といった房総半島を見る事ができる。

(江戸名所図会)

当社と佃島を中心に拡大したものが上絵。
佃島は百間四方の干潟を埋め立てたといい、四角い地形なのが分かる。
船の往来も多く、海上安全でもある住吉信仰との相性は抜群だったのだろう。
左手に見えるのが「住吉」と記された当社。
境内の規模は今とそう変わらない。

浮世に描かれた当社の例祭

当社と佃島は浮世絵の題材としても取り上げられている。

(歌川広重・名所江戸百景)

歌川広重の『名所江戸百景』にて「佃しま住吉乃祭」として描かれている。
手前の幟には「住吉大明神」の文字。
当社の例祭で使う幟は、高さ20mに及ぶ大幟で、佃島にはこの大幟が6本立ったと云う。
その姿は、江戸城からも見えるとまで云われ、江戸の名物となっていた。

例祭時の海中渡御の様子を描いている。
神輿は八角形で「八角神輿」なのが分かり、これが現在も受け継がれている。

海中渡御と船渡御は昭和三十七年(1962)に廃止されたが、船渡御は平成二年(1990)に復活。現在は3年に1度の本祭の時に行われている。

明治以降の歩みと大正時代の古写真

明治になり神仏分離。
明治三年(1870)、幕末に類焼した社殿を再建。

明治五年(1872)、村社に列した。
明治六年(1873)、郷社に昇格している。

明治後期になると周辺地域の埋め立ても完成していく。

明治二十八年(1895)、月島が竣工。
明治三十三年(1900)、新佃島が竣工。

これら周辺の埋め立て地域も当社の氏子に編入。
さらには晴海や豊海の埋め立ても完成し、こちらも当社の氏子に編入している。

(東京市史蹟名勝天然紀念物写真帖)

上の古写真は大正十一年(1922)に東京市公園課が出版した『東京市史蹟名勝天然紀念物写真帖』より当社の様子。
屋根が現在と少し違いはあるものの、拝殿・幣殿は当時のものが受け継がれている。
現在とかなり近い姿を見る事ができ、鳥居に掲げられている扁額も受け継がれている。

昭和二十二年(1947)、講組織「佃嶋氏子中」が「佃住吉講」に変更。

昭和三十七年(1962)、東京湾の汚染などの原因で例大祭の海中渡御・船渡御が廃止。
平成二年(1990)、汚染状況の改善などから船渡御が復活。
現在は3年に1度の本祭の時に行われている。

現在は、佃・月島・豊海・晴海の鎮守となり崇敬を集めている。

珍しい陶製の扁額・文化財の手水舎

最寄駅の月島駅から佃大橋通りを進み、やや奥まった下町らしさが残る一角に鎮座。
一之鳥居は隅田川に面した位置に置かれている。
旧一之鳥居は平成二十七年(2015)に撤去され、この朱色の一之鳥居が新たに建てられた。
一之鳥居側からは佃公園を望む事ができ、桜の季節は名所となる。

住宅街の参道を進むと、その先に境内。
境内に入ってすぐ右手に手水舎(水盤舎)。
明治二年(1869)に再建され、明治四十四年(1911)に改築されたもので、欄間には当時の佃島の情景が彫られており、中央区民有形文化財に登録されている。
水盤は天保十二年(1841)に寄進されたものとなっている。

二之鳥居は扁額はとても珍しい陶製の扁額。
額字は有栖川宮幟仁親王の筆によるもの。
上述した大正時代の写真にも同じ扁額が写っており、中央区民有形文化財に登録されている。

重厚感ある社殿や龍神社などの境内社

社殿は重厚感のある神明造り。
拝殿と幣殿は、明治三年(1870)に再建されたものを修復しつつ現存。
上述した大正時代の古写真とは屋根の部分が少し違う。
木材は年季を感じさせる色合いとなっており重厚感を感じる。
本殿はその後に再建されたもので、木材の経年変化が拝殿とは少し違う。

境内の左手に境内社の「龍神社」。
文政五年(1822)、当社境内に造営。
天保九年(1838)、佃小橋にあった竜王弁財天の祠が龍神社に合祀。
白蛇縁起が伝わっており、巳の日は縁日とされ、巳成金(みなるかね)の御守が授与される。
こちらの御朱印も用意している。

境内の右手に疱瘡神社・疫神社。
嘉永三年(1850)に鎮座し、疫病を抑えるために創建された。

その左隣りに船魂神社。
文久三年(1863)に鎮座したもので、佃島の船大工が祀っていた船魂神を遷座させたと云う。

さらに奥に入船稲荷神社。
明治二年(1869)に遷座されたと伝わる。

旧神輿庫側に御祭神不詳の古河神社の祠。
川を守る神社で通称「かっぱ様」と呼ばれている。

佃島に悪さをする獺(カワウソ)がいて、その霊を祀ったという説が残る。

レンガ造の旧神輿庫・珍しい八角神輿

社殿の左隣に旧神輿庫。
明治四十三年(1910)に建てられたレンガ造となっており、現在でも倉庫として使われている。

社殿の右手に新しい神輿庫。
右手のガラス越しから納められている神輿を確認する事ができる。
関東では珍しい八角神輿で、天保九年(1838)のものと平成二十三年(2011)新調のもの2基が納められている。

佃住吉神社の例大祭である佃祭の本祭は3年に1度。
その際には船渡御も行われ、高さ20mに及ぶ6本の大幟が佃島に立つ。

御朱印は社務所にて。
「住吉神社」の御朱印の他、境内社「龍神社」の御朱印も拝受可能。
オリジナルの御朱印帳も用意している。

所感

佃島の歴史と共に歩んできた当社。
佃島が築島されると共に当社が創建され、佃島の名称由来は現在の大阪からというのも面白いエピソードである。
佃のみならず月島・豊海・晴海といった明治以降に埋め立てられた地域の氏神。
参拝者も比較的多く、地域にとって重要な存在なのがよく伝わる。
裏手に周ると水路に囲まれた境内になっているのが分かり、これは昔の佃島の海岸線の名残と思われる。
境内には明治の建物も多く、昔の名残が少し残る良社となっている。

スポンサーリンク

神社画像

[ 一之鳥居 ]



[ 参道 ]

[ 二之鳥居 ]




[ 手水舎 ]


[ 案内板 ]

[ 狛犬 ]


[ 拝殿 ]






[ 本殿 ]

[ 龍神社 ]




[ 旧神輿庫 ]


[ 古河神社 ]

[ 神楽殿 ]

[ 銅燈籠 ]

[ 石碑 ]

[ 境内の猫 ]

[ 藤棚 ]

[ 疱瘡神社・疫神社 ]

[ 船魂神社 ]

[ 入船稲荷神社 ]

[ 神輿庫 ]




[ 二宮金次郎像 ]

[ 鰹塚 ]


[ 社務所 ]

[ 案内板 ]


[ 佃公園の桜 ]

Google Maps