櫻木神社 / 千葉県野田市

神社情報

櫻木神社(さくらぎじんじゃ)

御祭神:倉稲魂命・武甕槌命・伊弉諾尊・伊弉冉尊
社格等:村社
例大祭:4月17日
所在地:千葉県野田市桜台210
最寄駅:野田市駅
公式サイト:http://sakuragi.info/

御由緒

 当神社は、社記によれば平安朝の仁寿元年(西暦851年)に、大化の改新で活躍した大職冠藤原鎌足公五代の後胤で、冬嗣公三男の嗣良公が、この地に居を移した時、この処に桜の美しい大木があり、公がこれの木のもとに倉稲魂命を祀り、その後武甕槌命の神を祀ったのが始まりであると伝えています。
 「倉稲魂命、当国野原ノ中ニ創建成リ、櫻乃木ノ元ヘ座ス、神武神人皇五拾五代文徳天皇御宇、仁寿元年初午ノ日稲荷大明神奉祀ス、此時櫻木ノ中ニ座ス、名津ケテ櫻木村ト号ス、後又人皇六拾六代一条天皇御宇、永祚元年壱拾弐月初午ノ日櫻乃木ノ元ヘ宮所建立ス、時ニ桜台ト号ス、此時野原開発ノ年ナリ」正暦三年(992年)「宮司家文書より」
 その後、冬嗣公の八男良世公の孫にあたる藤原則忠氏(髙梨相模)が祭祀を継承したと伝えています。現社家はその継承から28代目、初代から31代目に当たります。
 現存する宮司家社家文書によれば、この地は古くに「桜木村」と呼ばれ、後に「桜台村」となり、桜が咲き誇る美しい里だったと考えられています。桜の宮と称へられている所以です。そして今もなお広大な御神徳により、広くこの地の開発の守護神として御神慮を示され、また野田市最古のお社としてその歴史を重ね、参詣する人みな朝に祈り、夕に感謝の誠を捧げてまいりました。
 当地御鎮座の後も「さくら咲く 櫻の宮に詣づれば 大神の恵みいただき大願開花」と、祈る者後を絶たず各地より多くの崇敬をあつめています。公式サイトより)

参拝情報

参拝日:2017/04/06(御朱印拝受/ブログ内画像撮影)
参拝日:2015/04/08(御朱印拝受)

御朱印

初穂料:300円
授与所にて。

※通常御朱印は社名印と社紋印の2種類を用意している。
※時期によっては限定御朱印あり。
※兼務社「下総野田愛宕神社」の御朱印も拝受できる。

限定御朱印情報(現在終了)
2017年3月9・19・29日のみ「さくらの日まいり」限定御朱印(全3種)を頒布。
2017年4月中は大祭月のため書き置きの「例祭限定御朱印」のみの頒布。
詳細は公式サイトにて。

[2017/04/06拝受]
(大祭限定御朱印)
桜模様が入った和紙で授与(詳細:Twitter

[2015/04/08拝受]
(通常御朱印/社紋印)

[2015/04/08拝受]
(通常御朱印/社名印)

御朱印帳

初穂料:1,500円・2,000円
授与所にて。

オリジナルの御朱印帳を複数用意。
いずれも可愛らしい桜をデザインした御朱印帳。
定期的に限定御朱印帳も用意。

限定御朱印帳情報(現在終了)
4月1日より春の大祭限定「あけぼの」さくら御朱印帳が頒布。
限定1,000部で授与所では既に頒布が終了。
大祭日の4月17日に限りネットから申し込みが可能。
詳細は公式サイトにて。

御朱印帳「爛漫」
初穂料:1,500円
授与所にて。

※2015年にお受けした際は初穂料1,000円であったが、現在は1,500円となっている。

[ 表面 ]

[ 裏面 ]

授与品・頒布品

金櫻守
初穂料:600円
授与所にて。

開運息災桜あめ
初穂料:300円
授与所にて。

交通安全ステッカー
初穂料:1,000円
授与所にて。

オリジナルしおり
初穂料:─
授与所にて。

御朱印を拝受した際に一緒に頂いた。(現在はやられていない)


歴史考察

野田市を代表する人気の一社

千葉県野田市桜台に鎮座する神社。
旧社格は村社で、桜台鎮守。
野田市最古の神社とされる。
平成になってから境内整備が進み、現在は桜の名所として知られる地域一帯の中核神社。
可愛らしい御朱印や御朱印帳は人気が高く、御朱印ブームの火付け役の一社とも云える。

野田市最古の神社

社伝によると、仁寿元年(851)に藤原嗣良によって創建とある。

藤原嗣良(ふじわらのつぐよし)は、平安時代初期に左大臣として活躍し、当時の藤原氏の長であった藤原冬嗣の三男とされている。冬嗣には子が多くいたが、記録上は長男・長良、次男・良房、三男・良方と続くため、三男として嗣良の名を見る事はできない。そのため藤原嗣良が実在した人物かは定かではないのは留意したい。

嗣良が当地に移住した際、桜の美しい大木があり、この桜の木のもとに倉稲魂命を祀り、その後、武甕槌命を祀ったのが当社の始まりであると伝えられている。

倉稲魂命(うかのみたまのみこと)は、「伏見稲荷大社」の御祭神として知られ、稲荷神(お稲荷さん)として広く信仰されている神さま。穀物の神として全国的に篤く信仰されている。
武甕槌命(たけみかづちのみこと)は、「鹿島神宮」の御祭神として知られる。雷神・武神・軍神として信仰された。藤原氏の氏神として知られる。

こうした伝承により、当社は「野田市最古の神社」とされている。

桜台村の開発の守護神

宮司家社家文書によると、当地(桜台)は古くは「桜木村」と呼ばれたと云う。
古くから桜が咲く美しい里だったとされる。

桜台には古くから人の定住があったとされ、古墳時代の桜台遺跡が発掘されている。
当社境内からは出土品が多く出ており、古くから聖地とされた当地に創建したと推測できる。

永祚元年(989)、宮所が造営。
これを機に当地は「桜台村」とされ、この時期に当地が開墾されたと伝えている。

桜台村の開発の守護神として崇敬された。

鎌倉時代には、浄土真宗の宗祖とされる親鸞が、当地に逗留し菩提樹の一顆を植え、聖徳太子像を授けたと伝わり、神仏習合の中で、神域には観音菩薩と親鸞作の聖徳太子像が安置された「観音堂」があったと云う。

以後、史料が乏しいため記録としてはほぼ残っていない。当時はまだ小さな祠や社であったと推測でき、桜台村の鎮守として崇敬されたのであろう。
当地周辺を含む現在の野田市は、江戸時代に入ると醤油産業が興り、水運を利用して江戸へ出荷し醤油の生産地として名を馳せるようになる。

江戸時代には、親鸞の足跡巡りが一部で流行し、神域にある「観音堂」には参拝者が増えたと伝えられている。

平成になってからの見事な境内整備

明治になり神仏分離。
当社は村社に列した。

大正六年(1917)、野田醤油株式会社(現在・キッコーマン)が設立される。

江戸時代から醤油産業で名を馳せた野田周辺の、高梨家・茂木家など在郷醤油醸造家が合同して設立されていた野田醤油醸造組合が株式会社となったもの。

野田市は醤油産業の中で栄え、当社の北西にはキッコーマン本社が置かれた。
キッコーマン本社内に置かれる企業内神社「琴平神社」は当社の兼務社であり、当社はそうした当地周辺の企業から崇敬を集め発展していったと見られる。

戦後まもない昭和二十八年(1953)の古地図がある。
当時の当地周辺の地理関係を確認する事ができる。

今昔マップ on the webより)

赤円で囲ったところが当社の鎮座地であるが、当時の地図では見る事ができない。
すなわち、当時は現在の鎮座地とは別の場所に鎮座していたか、地図に記されないほど小さな社であったものと推測できる。
青円で囲ったところはキッコーマンの工場(本社)で、これは現在も変わらない。

今昔マップ on the webより)

こちらは昭和四十三年(1968)の地図。
やはりまだ地図上には当社の姿を見る事ができない。

今昔マップ on the webより)

昭和五十一年(1976)、現在の鎮座地よりやや北西の位置に神社の地図記号が出現する。
現在は児童公園になっている一角で、おそらくこれが当社であろう。

平成の地図になるとようやく現在の鎮座地に神社の地図記号を見る事ができるようになる。
この事から平成になって現在の立派な境内が整備された事が分かる。
そのため新しい建造物が多く、近代的でとても美しい境内となっている。

キッコーマンを始めとした企業や氏子により見事な境内が造営された。

現在では多くの兼務社を抱え、地域の中核神社として発展。
桜の名所として知られ、美しい境内は人気が高い。
可愛らしい御朱印や御朱印帳は人気が高く、御朱印ブームの火付け役の一社とも云える。

境内案内

桜が美しい大鳥居前と整備された参道

最寄駅の野田市駅からは徒歩15分ほどだが、300台ほど駐車可能な大きな駐車場が整備されているので、自家用車などで参拝する方が多い。
駐車場の周辺には桜が多く植えられており、桜の時期になるととても美しい。

駐車場の先には大鳥居。
黒系でシックな印象を受ける鳥居で、野田市最大の鳥居となっている。

その周辺にも美しい桜。
ソメイヨシノだけでなく多くの桜が植えられている。
当社では約30種類もの桜を約400本植えており、様々な桜を楽しむ事ができる。

大鳥居を潜ると綺麗に整備された参道。
整備が行き届き実に美しい鎮守の杜を形成。
参道途中にも様々な種類の桜を見る事ができ、桜の名所として美しい境内。

参道途中には境内社や古い祠などが置かれる。
大鳥居を潜ってすぐ右手にあるのが日天社。
天照大神と大国主命を祀っている。

さらに参道途中に境内社の鳥居が立つ。
この奥には小御岳神社・浅間神社・大杉神社。
さらに雷神社・琴平神社・粟嶋神社。
いずれも小祠や石碑にて祀られている。

参道を進むとその先に神門。
この先が神域となる。

神門の左手先には小祠や庚申塔など古いものが多く置かれている一角がある。

神門を潜り右手に手水舎。
大きな手水石が置かれた手水舎でとてもよい造り。

美しく存在感のある神明造の社殿

社殿は美しくも存在感のあるもの。
記念撮影ができるように拝殿の前に椅子が置かれている。
平成になって造営された神明造の社殿。
この立派な社殿だけでも地域からの崇敬の篤さを感じる事ができるであろう。

社殿の右手には境内社の菅原神社。
その左手に音女稲荷神社。
こちらは明治十九年(1886)に創建され、野田市内の音女通りに鎮座していたと云う。

さらに健康のなで石。
その左手には御神水のお水取りができる一角。
飲用する事もできるが、煮沸推奨との事。

他にも縁結びの木や開花標準木のソメイヨシノなど実に美しい境内。
常に綺麗に整備され、参拝者の事を考えた心遣いを感じる事ができる。

境内にあるトイレは「KAWAYA HALL」と呼ばれる。
日本トイレ協会の2012年グッドトイレ審査員特別選奨を受賞したので、そちらも利用してみると良いだろう。
トイレ内には川屋神社が置かれている。

桜の可愛い御朱印・御朱印帳・授与品

御朱印は授与所にて。
通常御朱印は社名印と社紋印の2種類を用意しており、時期によっては限定御朱印も授与される。

限定御朱印情報(現在終了)
2017年3月9・19・29日のみ「さくらの日まいり」限定御朱印(全3種)を頒布。
2017年4月中は大祭月のため書き置きの「例祭限定御朱印」のみの頒布。
詳細は公式サイトにて。

また兼務社「下総野田愛宕神社」の御朱印も用意。
お受けする際は必ず参拝をする事。

野田町鎮守の愛宕神社。彫刻が素晴らしい江戸時代の本殿が現存。野田の歴史を伝える貴重な奉納物の数々。火伏せ・防火に霊験ある愛宕信仰。かつては愛宕権現を祀り、現在は迦具土命を祀る。現在も隣接する別当寺「西光院」。本務社は「櫻木神社」。御朱印。

豊富で可愛らしい御朱印帳も人気。
いずれも桜を使用したもので、大変人気が高い。

限定御朱印帳情報(現在終了)
4月1日より春の大祭限定「あけぼの」さくら御朱印帳が頒布。
限定1,000部で授与所では既に頒布が終了。
大祭日の4月17日に限りネットから申し込みが可能。
詳細は公式サイトにて。

授与品も桜をモチーフにしたものが多く用意。
公式サイトにて豊富な授与品を見る事ができるのでチェックしておくのもよいだろう。

絵馬もピンク色の桜形。
他にも桜みくじなど、当社の社号と深い関わりのある桜に対する拘りを感じる。

美しい境内、桜をモチーフにした御朱印・御朱印帳・授与品で、女性人気が高い神社となっており、特に御朱印や御朱印帳は大変な人気となっている。昨今の御朱印ブームの火付け役の一社とも云えるだろう。

所感

桜台村の鎮守として崇敬された当社。
野田市最古の神社とされるが、近年までは規模の小さな神社であったと思われる。
平成になってから境内が整備され、現在の姿へと変貌を遂げた。
常に綺麗に整備された美しい境内は、隅々までが素晴らしく、大変心地の良い境内となっている。
新しく現代的にも感じる境内ではあるが、こうした立派な境内に整備されたのは、キッコーマンなどの企業を始め、氏子の崇敬の賜物であろう。
当社の社号や社紋にもある桜を大切にしており、現在では桜の名所として知られるだけでなく、御朱印ブームを牽引する一社でもあり、神社側の努力を感じる。
様々な要素で参拝者への心遣いを感じる事ができる神社となっており、千葉県北部を代表する良社である。

神社画像

[ 大鳥居・社号碑 ]

[ 社号碑・桜 ]

[ 大鳥居 ]

[ 桜 ]



[ 参道 ]


[ 神門 ]


[ 桜 ]

[ 手水舎 ]

[ 拝殿 ]







[ 本殿 ]

[ 菅原神社 ]

[ 音女稲荷神社 ]

[ 健康のなで石 ]

[ 御神水 ]


[ 縁結びの木 ]

[ 桜開花標準木 ]



[ 絵馬掛 ]

[ 授与所・社務所 ]

[ 境内社鳥居 ]

[ 小御岳神社・浅間神社・大杉神社 ]

[ 雷神社・琴平神社・粟嶋神社 ]

[ 日天社 ]


[ 案内板 ]


[ 桜 ]

Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google