飛木稲荷神社 / 東京都墨田区

神社情報

飛木稲荷神社(とびきいなりじんじゃ)

御祭神:宇迦之御霊神
社格等:村社
例大祭:9月17日前後の土・日曜
所在地:東京都墨田区押上2-39-6
最寄駅:曳舟駅・押上駅
公式サイト:─

御由緒

神木 いちょう
 樹令千年をこえると言われ、戦火(昭和二十年三月九日)により、損傷を受けましたが、ご覧のように元気に繁茂しております。
 古老の言い伝えによれば、大昔のある時、暴風雨の際、どこからかいちょうの枝が飛んで来て、この地に刺さったとのことです。そしていつの間にか亭亭とそびえたので、時の人が、これは異状のことであるとして、稲荷神社をお祀りしたのが始めであると言われております。飛木稲荷の名もこれから起こったものです。
 お祀りした時代については、当地は再三の水害・火災等により旧家や円通寺等では、古い書物が失われて詳しいことはわかりませんが、旧幕社寺奉行書によれば応仁二年(西暦1468年)とありますが、おそらくそれ以前であると思われます。
お稲荷さんときつね
 稲荷神社には石ぎつねがあり、またせともののきつねがたくさんあるので、きつねがお稲荷さんと思われがちです。そのことは、稲荷神社が最初に祀られた京都伏見稲荷神社境内のお山にきつねがたくさん住んでいたことから、きつねは、お稲荷さんのお使いであるという信仰が生まれました。この信仰から神社の前に置かれるようになったものです。(境内の掲示より)

参拝情報

参拝日:2017/04/06

御朱印

初穂料:300円
社務所にて。

※御朱印を拝受した際にポストカードも一緒に頂いた。

御朱印帳

初穂料:1,000円
社務所にて。

汎用の御朱印帳を用意。
社務所に置かれている。

※筆者はお受けしていないので情報のみ掲載。

授与品・頒布品

ポストカード
初穂料:─
社務所にて。

※御朱印を拝受した際に授与して頂いた。


歴史考察

御神木の伝承が由来のお稲荷さま

東京都墨田区押上に鎮座する神社。
旧社格は村社で、旧請地村の鎮守。
御神木の大銀杏の伝承が、創建や社号の由来となっている。
現在も樹齢千年を超えるとも伝わる御神木がそびえ立ち、地域からの崇敬を集める。

銀杏の枝が飛来した伝承により飛木稲荷

社伝によると、創建年代は不詳。

明治二年(1869)の『神社明細帳』には応仁二年(1468)の創建と記されているが、当社ではそれ以前の創建であると推測している。

隣接する旧別当寺「円通寺」が、応仁元年(1469)の創建。同じく隣接している「高木神社」とその旧別当寺「正圓寺」も応仁二年(1468)創建であるため、同時期の創建ではないかと記されたものであろう。

当社の社伝には、大昔に暴風雨の際に銀杏の枝が飛来して当地に刺さり、いつの間にかそびえたので、これは瑞祥であるとして、稲荷神社をお祀りしたと伝わっている。
これが現在も御神木としてそびえる大銀杏とされる。
こうした伝承から「飛木稲荷」の名で呼ばれるようになったと云う。

かつての当地は請地村と呼ばれる村で、村の鎮守として崇敬を集めた。

別説では、鎌倉幕府滅亡後に北条氏の一門が逃れて当地に移住し、稲荷大明神を祀ったともされる。

江戸切絵図から見る当社

当社の鎮座地は江戸の切絵図からも見て取れる。

(隅田川向島絵図)

こちらは江戸後期の隅田川・向島周辺の切絵図。
下が北の切絵図となっており、当社は図の中央やや右に描かれている。

(隅田川向島絵図)

北を上(180度回転)して、当社周辺を拡大したものが上図。
赤円で囲ったのが当社で、「飛切稲荷大明神」と記されている。
「飛木」ではなく「飛切」と記されているのが興味深い。

右隣には当社の別当寺「圓通寺(円通寺)」。
その右手に「請ジ本村」と記されているように、この一角が請地村であった。

左隣りには現在の「高木神社」(旧第六天社)やその別当寺「正圓寺」も見る事ができる。こちらは寺島村の新田地区(寺島新田)だったと云い、飛地であった事が分かる。当社との境が村の境だったと思われる。
むすびの神を祀る旧寺島村新田の鎮守。おむすびの神社・御朱印やむすび石などで人気。スカイツリーとの対比が美しい社殿。第六天社として創建。関東に多く鎮座した第六天社。江戸切絵図から見る当社。明治の神仏分離で御祭神や社号の変更。御朱印。御朱印帳。

切絵図からも田地が広がる大変のどかな農村だった事が伝わる。

新編武蔵風土記稿に記された当社

文化・文政期(1804年-1829年)に編纂された『新編武蔵風土記稿』には当社についてこう書かれている。

(請地村)
稲荷社
村の鎮守なり。本地十一面観音。圓通寺の持。社前に銀杏の老樹あり。この木、元は隣村寺嶋の耕地にありしか、不測に爰に移れり。故に彼処を飛木耕地と称し、此社を飛木稲荷と号すといへり。
末社山王。

請地村の項目に「稲荷社」として記されている。
請地村の鎮守であった事が分かり、現在も隣接する「圓通寺」が別当寺であった。

当社の御神木である銀杏についても記載。
江戸時代の頃からみても老樹であり、元は隣村の寺島村の耕地にあった銀杏であったが、突然当地に移ってきたといった事から、当地を「飛木耕地」と称し、当社を「飛木稲荷」と称したとある。

当社の御由緒として伝わる事が江戸時代から伝わっていた事が分かる。

明治以降の当社の歩み

明治になり神仏分離。
別当寺「圓通寺」とは分離し「飛木稲荷神社」として崇敬を集めた。

明治二十二年(1889)、市制町村制の施行によって、南葛飾郡小梅村・押上村・柳島村・須崎村・中之郷村・請地村・亀戸村・北本所出村・南本所出村の各一部が本所区に編入。
当地は本所区の向島請地町となり、当社はその鎮守であった。

昭和八年(1933)、村社に列した。

昭和二十年(1945)、東京大空襲によって社殿が焼失。
御神木であり当社の由来にもなった大銀杏も被災し、大きな損傷を受けた。

昭和二十七年(1952)、社殿が再建。
これが現在の社殿となる。

その後も境内整備が進み現在に至る。

境内案内

戦後に再建された社殿や境内社

最寄駅の曳舟駅からは南へ徒歩数分の狭い路地の住宅街に鎮座。
途中に「高木神社」があり、その少し先に鎮座している。
入口は旧別当寺「圓通寺」と共有されており、左手が当社、右手が「圓通寺」。
一之鳥居の先に二之鳥居。
二之鳥居の先、左手に手水舎があるので、先にこちらで身を清めるのが良い。
手水舎の右隣には力石も置かれている。

社殿は昭和二十七年(1952)に再建されたもの。
旧社殿は戦時中に焼失してしまったが、仮殿で復興した後に再建された。
そう大きな社殿ではないが、状態よく管理されていて崇敬の篤さを感じる。

社殿の左手に境内社。
日枝神社は、江戸時代の頃から「山王社」として末社で鎮座しており、社殿には細かい彫刻が施されている。

その右手に鳥居があり奥社が鎮座。
本殿の裏手が狐塚になっている。
多くの神狐像が置かれ、狐穴や山頂に小祠が鎮座。
奥社として鎮座しており地域からの崇敬が篤い一角。

樹齢千年を超えると伝わる御神木とお狐さま

当社を象徴するのが、当社の創建や社号由来にもなった大銀杏。
樹齢は千年を超えるとも伝わる御神木で、墨田区指定文化財(天然記念物)。

木肌の一部が黒くなっているのだが、これは東京大空襲で被災した事によるもの。
大きな損傷を受けたため、戦後しばらくは衰えたものの、その後再び芽吹くようになり、今も力強くそびえたち、生命力の凄さを伝える御神木。

東京大空襲の際は、この御神木が我が身を焦がしながらも地域の延焼を食い止め救ったと伝わり「身代わり飛木の焼けイチョウ」と尊称され、今も篤く崇敬を集めている。

社殿側から見上げると、遠くには東京スカイツリーの姿も。
東京下町らしい姿となっている。

この大銀杏には、稲荷信仰の神使である「お狐さま」が隠れているとされる。
手水舎のやや前あたりから大銀杏を見上げると、その様子を見る事ができる。
ピンと尻尾がたち、右手を見つめる「お狐さま」の姿がお分かり頂けるだろうか。

見る角度によって偶然見れるものではあるが、当社の由来となった御神木と、稲荷信仰の神使である狐が、こうして見れるのはとても素敵で瑞祥な事である。
季節によっては葉が生い茂るので分かりにくいとは思うが、ぜひ見上げて確認して欲しい。

御朱印は社務所にて。
2枚のポストカードも一緒に頂いた。
ポストカードに「お狐さま」も描かれているので確認するのがよいだろう。

所感

請地村の鎮守として崇敬された当社。
かつて当地は飛木耕地とも呼ばれ、飛木稲荷の由来となった大銀杏は、今も力強くそびえ立つ。
東京大空襲によって被災したにも関わらず、今も力強く生い茂る姿は、生命力をひしひしと感じる事ができる。
墨田区随一の大木であり、今も大切に信仰されているのが伝わる。
境内も綺麗に整備され、小さいながらも心地よい境内。
すぐ近くの「高木神社」と共に参詣したい、良い神社である。

神社画像

[ 社号碑・一之鳥居 ]

[ 一之鳥居 ]

[ 神狐像 ]


[ 二之鳥居 ]


[ 手水舎 ]

[ 拝殿 ]



[ 本殿 ]

[ 神狐像 ]


[ 御神木(大銀杏) ]



[ お狐さま ]

[ 力石 ]

[ 日枝神社 ]

[ 奥社鳥居 ]

[ 奥社 ]


[ 西鳥居 ]

[ 神楽殿 ]

[ 案内板 ]


Google Maps

    脚注
  • 当ブログに掲載している情報は筆者が参拝時の情報です。最新のものではない可能性がありますのでご理解下さい。
  • 当ブログ内の古い資料画像は「国立国会図書館デジタルコレクション」の「インターネット公開(保護期間満了)」から使用しています。
  • その他、筆者所有以外に使用した資料画像がある場合は別途引用元を明示しています。
スポンサーリンク
御朱印ブログランキング
投票する

にほんブログ村 コレクションブログ 御朱印へ

フォローする

オススメ記事 by Google