神奈川県

横浜市

伊勢山皇大神宮 / 神奈川県横浜市

横浜総鎮守。関東のお伊勢さま。大規模な創建150年記念事業・伊勢神宮内宮より譲り受けた本殿。開港により急速な発展を遂げたの精神的支柱とするため創建。明治の浮世絵・古地図・戦前の古写真。横浜港守り神の照四海・明治の注連柱。御朱印。御朱印帳。
川崎市

若宮八幡宮 / 神奈川県川崎市

大師河原総鎮守「若宮八幡宮」。かなまら様と称される境内社「金山神社」。イラスト付き御朱印。性の神・男根奉納物や国際的に知名度の高い奇祭・かなまら祭(ウタマロフェスティバル)。若宮八幡の意味・御祭神。旧別当寺は川崎大師「平間寺」。長十郎梨。
横浜市

神奈川熊野神社 / 神奈川県横浜市

神奈川郷総鎮守の熊野三社大権現。東神奈川に鎮座。苦難を乗り越えた大狛犬。平安時代に権現山に創建。権現山合戦での焼失。権現山から金蔵院のある現在地へ遷座。神奈川宿の発展・金川砂子に描かれた当社。郷社に列する。GHQに接収された戦後。御朱印。
川崎市

上平間八幡大神 / 神奈川県川崎市

上平間鎮守の八幡さま。多摩川の洪水の際に流失した府中の八幡さまを祀る。大正三年「アミガサ事件」集結の地。ガス橋通り沿いに鎮座・明治の狛犬。向拝の彫刻が素晴らしい社殿。稲荷神社・力石・旧扁額。アミガサ事件百年の碑・境内のイチョウ。御朱印。
横浜市

日吉神社 / 神奈川県横浜市

日吉のお伊勢さま。旧矢上村(日吉)鎮守。神明社として創建。明治に7ヶ村が合併し日吉村が成立。日吉の地名由来は金蔵寺の日吉権現。新町名から日吉神社に改称。境内社に学問の神・矢上天神社(日吉の天神さま)。戦前の狛犬・江戸後期の水盤。御朱印。
横浜市

師岡熊野神社 / 神奈川県横浜市

横浜北部総鎮守の熊野神社。サッカー神社として授与品や奉納品。八咫烏。奈良時代創建の古社。関東随一大霊験所の称号。5代に渡る天皇の勅願所。徳川将軍家から朱印地を賜る。「い・の・ち」の池の伝説。明治の拝殿・江戸時代の本殿。筒粥神事。御朱印。
横浜市

駒林神社 / 神奈川県横浜市

旧駒林村鎮守の天神様。江戸時代は中駒林村の鎮守を担う。別当寺は金蔵寺。日吉の地名由来は金蔵寺の日吉権現。明治になり駒林村の多くの神社が合祀・駒林神社へ改称。急坂の途中に鎮座・江戸城外濠の廃石を使った石垣。江戸後期の狛犬。御朱印。
鎌倉市

鶴岡八幡宮 / 神奈川県鎌倉市

相模国一之宮格。鎌倉武士の守護神。源頼朝により現在地に遷座・上下両宮に整備。静御前が舞った若宮廻廊(現・舞殿)。源実朝の落命の地。江戸幕府による庇護。源平池・再建された旗上弁財天社。倒伏した大銀杏。表参道の段葛・若宮大路。御朱印。御朱印帳。
中郡

相模国総社六所神社 / 神奈川県中郡

相模国総社。良縁や女性厄禍除の湯津爪櫛御守。出雲の女神・櫛稲田姫命の伝承。一之宮から五之宮までの御祭神を祀る。平安時代より続く相模国府祭。江戸時代の史料に描かれた当社。後北条氏寄進の石垣や本殿。拝殿の注連縄や美しい神池。御朱印。御朱印帳。
中郡

川勾神社 / 神奈川県中郡

相模国二之宮。延喜式内社・延喜式内相模十三社の一社。茅葺屋根の随神門と平安時代後期の随神像。磯長国の一之宮。相模国一之宮の席次争いを伝える国府祭。二宮大明神と称される。鎌倉将軍家・徳川将軍家からの崇敬。小田原城の鬼門守護。御朱印。御朱印帳。
川崎市

稲毛神社 / 神奈川県川崎市

川崎宿鎮守の山王様。健勝堅固の御朱印。武甕槌神を祀り武甕槌宮と称した古社。平安末期に山王権現を勧請。江戸時代に描かれた当社と浮世絵で描かれた川崎宿。神仏分離で稲毛神社に改称。十二支めぐりと樹齢1,000年の御神木。天地睨みの狛犬。御朱印。
川崎市

女躰大神(女躰神社) / 神奈川県川崎市

南河原守護の大女様(おおめさま)。女性守護・子宝祈願の御神徳。ラゾーナ川崎の向かいに鎮座。東日本大震災復興祈願のアンパンマン大絵馬。幼稚園が併設する境内。六郷の民が移住し開墾した南河原村。村のために多摩川に身を投じた女性の伝承。御朱印。
川崎市

大師稲荷神社 / 神奈川県川崎市

大師地区新田総鎮守。旧別当寺・川崎大師「平間寺」と同様の創建伝承が残る。稲荷新田村の成立・新田開発への霊験。穀物の神である稲荷神と大歳神。明治以降の歩み・戦後の境内整備。約140年ぶりに祀られ一般公開された十一面観音像。御朱印。
横浜市

潮田神社 / 神奈川県横浜市

潮田地区総鎮守。西潮田村鎮守の御嶽社・東潮田村鎮守の杉山社。大正時代に両社が合併し現在地へ遷座。江戸時代の史料から見る当社。関東大震災・戦災からの再建と現社殿の造営。広い境内に立派な社殿。境外の本殿裏手にある開運地蔵尊庚申様。御朱印。
横浜市

神明社(保土ケ谷区) / 神奈川県横浜市

旧「伊勢神宮」荘園・榛谷御厨の総鎮守。榛谷御厨とは・保土ヶ谷と神戸の由来。浮世絵で見る程ヶ谷宿(保土ヶ谷宿)。江戸時代に描かれた当社。平成の大造営によって一新された境内。広大な境内に鎮座する本社「天照太神宮」と摂社「豊受大神宮」。御朱印。
タイトルとURLをコピーしました